名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤加奈子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤加奈子のプロフィール

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

内藤加奈子の名言 一覧

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。


仮に、勧める商品がほかのお客様と同じでも、そのお客様の情報があれば、たんに「いいですよ」ではなく、「○○様は~だから、これがいい」と特別に勧める理由が見つかります。するとお客様は、自分のために選んでくれていると感じて、喜んでくださるのです。


たとえば「お客様の靴いいですね。その色は初めてみました!」などと、何でもかまいません、お客様について気づいたことをボールとして投げるのです。するとお客様からも、特別なボールが投げ返ってくるのです。


商品説明は、お客様がどんな方でも同じ話ができます。だから特別感ゼロなんです。それに、売り場を訪れたお客様にいきなり、「それはカシミア100%です」などと声をかけても、お客様は警戒してしまうでしょう。お店にくるお客様は、心のどこかで「売り込まれる恐怖」を感じているもの。だから、商品とは関係ない話をあえてしますね。


内藤加奈子の経歴・略歴

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

他の記事も読んでみる

南雲吉則

告知義務違反で訴えられては困るなどと考えると、「麻酔事故や出血多量で死ぬ場合もあります」といった、最悪の場合の話から始めてしまうことになります。しかし、これでは告知義務というより、たんなる医者の保身にすぎません。自分が保身に走れば、相手の心に寄り添うことなどできませんし、本当に自分のことを考えてくれているのだろうかと、相手を不安にさせるだけです。


メンタリストDaiGo

知識不足のまま、信頼できると判断した人や会社の儲け話にお金を預けてしまう。これが騙される典型的なパターン。


細谷英二

後継者育成は企業風土を変える経営戦略作成よりも大事だと考えています。後継者の指名を間違えて衰退した企業もたくさんあるわけで、どう選抜するかが大きな焦点なのです。


野路國夫(野路国夫)

当社はハイブリッド油圧ショベルや無人ダンプトラックのような、他社の追随を許さない高付加価値の商品をつくることで値段を上げてきました。今後も高付加価値のモノづくりを実践していきます。


塚越寛

一人の人間の人生において、たとえ小さくても周りの人を幸せにすることができて、感謝され、人に迷惑をかけず、さらに自分の好きなことを楽しむことができれば、その人は十分に成功したと言えるのではないでしょうか。


小阪裕司

お客さんと店との絆づくりはエネルギーが必要ですし、成果が出るまで時間がかかるので、企業はやりたがりませんが、顧客との関係や顧客同士の関係が強まればクレームはなくなります。選ばれる存在になるのです。


中本晃

京都には優れたものづくり企業がたくさんありますが、その歴史的な背景としては、元々京都は職人が多い町で、職人文化が伝統として根付いていることが考えられます。一つの技術をとことんまで究めるという職人気質が引き継がれている部分があるので、京都のものづくり企業は倦まず弛まず技術を磨き、互いにレベルを高め合っているのではないかと思います。


川田修(ライフプランナー)

私には行動を選択する基準となる3つの軸があります。「新しいか」「想像してワクワクするか」「人の役に立つか」です。実は私には非常に苦しい時期がありまして、この軸はそのつらい時期を乗り越えてできたものです。これからは自分に得はなくても、3つの軸に当てはまったら、「はい」と答えると決めました。そして、それを実践し始めたら、いろんなことが変わってきたのです。


尾崎元規

マーケッターには調査はもちろん、販売や広告、経理など様々な知識が必要です。真のマーケッターになるには、むしろ専門性を持ちながら、いろいろな分野を経験して最後にマーケッターになるのがいいのではないかと、いまは思います。


鍵山秀三郎

いい人生とは何でしょうか。お金儲けに成功して、大豪邸に住み、立派な車に乗り、ブランド物を身につけて、おいしいものを食べられる。これがいい人生、勝者の人生だと思っている人が多いことでしょう。しかし、それが本当にいい人生なのでしょうか。


沢渡あまね

メンバーが独自のやり方で仕事を進める傾向にある会社は、人によって仕事のスピードが違ったり、目標達成までの時間が読めなかったりと、数々のムダが生じます。さらに各々が感覚的に仕事を進めているため期限を守れなかったり、突然のトラブルによって大混乱が起こる危険もあります。対策は「業務プロセス」を整えて共有すること。業務ごとに、最短距離でゴールに到達するためのプロセスを設定し、それをメンバーに伝えて統一を図るのです。こうすることでムダな作業が減るのはもちろん、メンバー間の比較が可能となり、仕事の遅い人が何に時間を取られているかが見えてきます。


渡邉美樹

厳しい現実の渦中にいる時には、これからもずっと同じ状況が続くように思ってしまうかもしれません。しかし、「禍福はあざなえる縄のごとし」という言葉があります。まるで潮の満ち引きのように、物事には良い時も悪い時もあります。