名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤加奈子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤加奈子のプロフィール

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

内藤加奈子の名言 一覧

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。


仮に、勧める商品がほかのお客様と同じでも、そのお客様の情報があれば、たんに「いいですよ」ではなく、「○○様は~だから、これがいい」と特別に勧める理由が見つかります。するとお客様は、自分のために選んでくれていると感じて、喜んでくださるのです。


たとえば「お客様の靴いいですね。その色は初めてみました!」などと、何でもかまいません、お客様について気づいたことをボールとして投げるのです。するとお客様からも、特別なボールが投げ返ってくるのです。


商品説明は、お客様がどんな方でも同じ話ができます。だから特別感ゼロなんです。それに、売り場を訪れたお客様にいきなり、「それはカシミア100%です」などと声をかけても、お客様は警戒してしまうでしょう。お店にくるお客様は、心のどこかで「売り込まれる恐怖」を感じているもの。だから、商品とは関係ない話をあえてしますね。


内藤加奈子の経歴・略歴

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

父は、同族企業特有の苦労をさせたくないという親心からでしょうか、私の入社を反対。決意から一年がかりで父を説得し、入社することとなりました。


白石康次郎

心・技・体を整えて、大胆なことを慎重に――これが成功の秘訣ですね。


辻村深月

本作(『青空と逃げる』)では、担当してくださっていた記者さんの存在も大きくて。原稿をお渡しするたびに感想とともに「こんな展開はどうでしょう」という提案をくださったんですが、それが全部、私が普段心がけているリーダビリティとは違っていて。引きの強さや構成の面白さではなく、感情を情景とともに読ませてほしいという彼の要望が新鮮で、毎回ヒントをもらいながら最後まで書ききることができたんです。自分ひとりでは書くことができなかった物語だと思いますし、描写を中心に物語を引っ張っていくことができるんだという自信にもなりました。


宮田昇始

少しでも早く当てるためには、「なるべく早く、たくさんの、小さい失敗」をする機会を設けることが肝要。


大西洋

私は社長になったいまでも、店舗を見回る際に思わず、接客に夢中になってしまうことがあります。百貨店の仕事の面白さは、なんといっても目の前のお客様に喜んでいただけることに尽きます。どんなに疲れていても、店頭に立つと元気が出てくる。この気持ちは、業界に入ってから今日まで、変わらずに持ち続けてきました。


大平喜信

一度本気で死を覚悟してしまうと、死以外のことはストレスでなくなる。どんな逆境に遭遇しても、怖くなくなる。嘘だと思う人は試してみるといい。私は、トラックに乗って崖から転落すれば心中ではなく事故死に見えると考えて、転落に最適な場所を探しに行った。そして、失敗したらこの崖から谷底に突っ込むのだと決心したとき、死以外のすべてが怖くなくなってしまった。以来、どれほど大胆な決断をしても平気になったし、異様に活力が湧き上がってくるようになった。
【覚書き|雪国まいたけ以前に創業したもやし屋がうまく行かず極貧生活をしていた頃、親族に迷惑がかからないよう一家四人で心中する場所を探しに行ったエピソード】


江口洋介

答えはひとつに限らないけれど、今という時代を反映させてこそ、いい作品になっていく。


窪島健悟

不動産投資で最も重要なことは、入居者が途切れないことです。そこで当社では、単身者の人気が高い東京、横浜、川崎の中古ワンルームマンションをご紹介しています。しかも、駅から徒歩7分圏内の物件だけです。そして、物件によっては、銀行評価額よりも100万~150万円も安く販売しています。不動産は、他の商品と違い、同じものでも販売会社によって販売価格が違います。同じマンションの同じフロアの同じような部屋なのに、価格が全然違うなんて、よくあることです。その価格差は、販売会社が仕入れ値にどれだけの額を上乗せして売るかによって生じています。


廣瀬光雄

今の政治や社会を見ていると、つくづく基本軸というものがブレているのではないかと感じます。それは個人の生き方の基本軸であり、国としての基本軸です。日本はそうしたものを取り戻す必要があると思います。


小林佳雄

本音を言えば、一人ひとりが自分のことを「企業家」と思っている状態が一番良いですね。会社で働く人が半分でも「自分の力でその功績を手に入れた」と思えるようになれば、「右肩上がり」と「業績に貢献できている実感」という両方の宝物が手に入ります。そして、それが「自己実現」に繋がる。私は弊社で働く社員の一人ひとりに個人で生きる力を身につけ、生きている喜びを感じてもらいたいと思っています。


青野慶久

経験値やスキル、ちゃんと金を出してもらえる「ウリ」がなければ、市場性は低くなる。自分が転職市場でどのぐらいの価値があるか、意識した方がいい。


小林せかい

今回の本は当初、実はあんまり執筆に乗り気ではなかったんです。これまでに2冊本を出させていただいたのですが、本を出してから本屋さんに行くと改めて、「世の中にはなんとたくさんの本があるんだろう!」と驚いて。「こんなにたくさん出ているのに、また似た趣旨の本を出したら迷惑かも……」と思ってしまったんです(笑)。でも、編集さんに本書はまた新しい切り口で作りたい、と提案していただいて、よし、それならとこれまでにない本を作ろうと取り組み始めたんです。