名言DB

9490 人 / 112001 名言

内藤加奈子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤加奈子のプロフィール

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

内藤加奈子の名言 一覧

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。


仮に、勧める商品がほかのお客様と同じでも、そのお客様の情報があれば、たんに「いいですよ」ではなく、「○○様は~だから、これがいい」と特別に勧める理由が見つかります。するとお客様は、自分のために選んでくれていると感じて、喜んでくださるのです。


たとえば「お客様の靴いいですね。その色は初めてみました!」などと、何でもかまいません、お客様について気づいたことをボールとして投げるのです。するとお客様からも、特別なボールが投げ返ってくるのです。


商品説明は、お客様がどんな方でも同じ話ができます。だから特別感ゼロなんです。それに、売り場を訪れたお客様にいきなり、「それはカシミア100%です」などと声をかけても、お客様は警戒してしまうでしょう。お店にくるお客様は、心のどこかで「売り込まれる恐怖」を感じているもの。だから、商品とは関係ない話をあえてしますね。


内藤加奈子の経歴・略歴

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

お客さんも気づいていない問題を発見するために考え抜き、解決策を提案するのが、リーダーの仕事。


大野直竹

今のビジネスモデルを踏襲するだけでは成長は難しい。どう事業領域を広げるかが大事。新領域はひょっとしたら隣の事業部に関わっているかもしれない。


マックス・ピカート

人間が人間として生存しうるのは、言葉によるものであって、沈黙によるのではないのである。しかし言葉は、沈黙との連関を失えば萎縮してしまう。沈黙とは単に「語らざること」ではない。沈黙はひとつの積極的なもの、ひとつの充実した世界として独立自存しているものなのである。


佐藤一郎(コンサルタント)

交渉の先に何があるのか。相手がその商品で何がしたいのか。そこを知ろうとすることが、交渉のテーマを別次元に移す糸口になるんです。


仲暁子

自分自身の健康管理に気を配り安定的にパフォーマンスを出し続けることは、ビジネスパーソンの大事な仕事の1つです。健やかな心身という基盤があってこそ、発想力や決断力が磨かれるというもの。だから、私は健康管理にはかなりのこだわりを持って生活しています。


原田隆史

人格や心を磨くことが大事。どんなに能力が優れていても、人間的に嫌われる相手を高く評価できますか? 多くの人から好感を持たれ、応援したいと思わせるような人間性を磨くことが、成功体質になるための最低条件。


澤口俊之

人間はどんなときに「やる気」を出すのか。それは「報酬への期待を感じたとき」に尽きる、と言えます。


塚越寛

木は寒さや暑さ、干ばつなどの環境によって成長の幅は変わりますが、前年よりも必ず太くなる。決して成長を止めず、確実に年輪を一つずつ増やしていく。これこそが企業のあるべき成長の姿ではないか。


大竹美喜

人々を大切にすれば、ビジネスはあとからついてくる。人々とは、当社を支持してくださるお客様、社員、代理店や株主、地域のことです。


内田和俊

ただ一回ガツンと言っただけで、部下が「その通りです。来週から心を入れ替えます」などと改心することは絶対にありえません。それどころか、逆ギレしたり、開き直ったりします。上司としては注意するのもバカバカしくなるでしょう。しかし、もし上司が何も言わなかったら、部下はそのままでいいと思ってしまいます。一回逃げて楽をした「成功体験」を身につけてしまうと、その後も同じことを繰り返すようになります。


冨山和彦

30代後半や40代にもなれば、選択肢が狭まることは当たり前。それをうじうじと考えていても、時間が過ぎていくだけです。


カルロス・ゴーン

開かれた議論をすることによって、多くの人々が自分の考えを表明することができました。納得がいくまで議論を重ねたのです。解決策について自由に討論できたからこそ、ひとたび発表されれば、人々はもはや選択の余地がないと思うようになったのです。