内藤加奈子の名言

内藤加奈子のプロフィール

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

内藤加奈子の名言 一覧

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。


仮に、勧める商品がほかのお客様と同じでも、そのお客様の情報があれば、たんに「いいですよ」ではなく、「○○様は~だから、これがいい」と特別に勧める理由が見つかります。するとお客様は、自分のために選んでくれていると感じて、喜んでくださるのです。


たとえば「お客様の靴いいですね。その色は初めてみました!」などと、何でもかまいません、お客様について気づいたことをボールとして投げるのです。するとお客様からも、特別なボールが投げ返ってくるのです。


商品説明は、お客様がどんな方でも同じ話ができます。だから特別感ゼロなんです。それに、売り場を訪れたお客様にいきなり、「それはカシミア100%です」などと声をかけても、お客様は警戒してしまうでしょう。お店にくるお客様は、心のどこかで「売り込まれる恐怖」を感じているもの。だから、商品とは関係ない話をあえてしますね。


内藤加奈子の経歴・略歴

内藤加奈子、ないとう・かなこ。日本のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)コンサルタント。東京出身。オンワード樫山グループに入社。都内百貨店で専属VMDを務め、メンズスーツのフロアで売上ランキング1位を獲得。ヴィジュアル・マーチャンダイザーとして同社に7年在籍し、3ブランド全国120店舗を統括したのち独立。大手企業に対してセミナーやコンサルティングなどを行っている。著書に『売れるスタッフになる!』『売れる販売員とダメ販売員の習慣』ほか。

他の記事も読んでみる

山西健一郎

三菱電機という会社が成長してきた理由のひとつは、「風通しの良さ」にあったと思っています。社内の風通しが悪ければ、悪い情報ほど隠したり、わからないことをわからないと言えない部下が増え、本質的な問題が見えなくなってしまうのです。


小嶋光信

両備グループの経営理念は「忠恕」。真心からの思いやりという意味です。お客様のために公共交通を存続させたいという一念で、和歌山電鉄などの再生に携わってきました。


柏本湊

男性が節約をしたがらないのは、「せこい」「みみっちい」という感覚があるからでしょう。確かにかつては「男がお金を稼いで家に入れ、あとは口出ししない」という感覚でよかったかもしれません。でも、定期的なベアもなければ雇用も不安定な今のような時代に、同じ金銭感覚でいいわけがありません。


榊原清則

古い構造、体質にしがみついていると会社は十年で潰れる。日本の企業は本業にこだわりすぎ、赤さび企業に転落しないうちに異分野の柱を立てておけ。ライバルはどこから出現するかわからない。その中で自社が生き残り、勝ち残るためには狭い世界で本業を墨守しているだけでは駄目。思いもよらない分野に進出してこそ本業倒壊のリスクを回避できる。


野中正人

有名大学を出た人でも、たくさんの資格を持っている人でも、どの仕事を任せたら成果を出せるのかは、いろいろやらせてみなければわかりません。バイヤーとしてとても優秀な人が開発部隊に異動になって新規出店地の契約交渉の担当になったら全然契約が取れないというケースもあるし、前の部署ではパッとしなかった人が開発部隊に入った途端どんどん新規出店の契約をまとめてしまうというようなこともよくあるのです。だからこそ、いろいろな職場を経験してもらうことが大切なのです。


田岡信夫

人間は考えることがあまりにも多くなると、かえって単純労働に逃避するものである。


村上太一

「リブセンス」という社名の由来は「リブ(生きる)」「センス(意味)」です。ちょっと大げさかもしれませんが、私の生きる意味は、「あったらいいな」と思える面白いサービスで世の中を変えることです。


アルバート・アインシュタイン

私に畏敬の念を抱かせるものはふたつあります。星が散りばめられた空と、内なる倫理的宇宙です。


鈴木敏文

一番良くないのが、過去の成功体験で物事を考えるということです。実際、おにぎりやカップラーメンなど、新しくて付加価値の高い商品は、既存の商品よりも高い価格設定でも売れました。


作田久男

ネガティブに考えるわけではなく、見極めが必要です。投資が必要なところには投資をしますが、投資をしたとしても回収できる見込みのある事業に行います。


石黒成直

お客様が実現したいことを察知し、先回りしてソリューションを提案する、マーケットインの事業体制による「コトづくり」のビジネスモデルが重要。既に、横断的な取り組みとして、10を超える開発プロジェクトが動き出しています。


山内英嗣

怒りや不安など、ネガティブな精神状態になると、身体が固くなってガチガチになります。そんな身体の状態から、気持ちを切り替えていくには、ストレッチで身体をほぐすことが効果的です。


プラユキ・ナラテボー

「今」というこの瞬間に恐ろしい未来のイメージを描けばその自ら描いたイメージや物語によって苦しむことになり、逆に希望のイメージや物語を紡ぐことができれば、それによって明るい気分になってくる。


船津浩三

一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


日比野隆司

朝から夜まで5分刻みで予定が組まれているので、移動時間も貴重です。私はその時間を情報収集にあてています。マーケットは森羅万象、あらゆることが反映されますから、幅広く情報を集めなければいけません。マーケット部門が長かったので情報を集める習性がついてしまいました。


ページの先頭へ