名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

内藤剛志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤剛志のプロフィール

内藤剛志、ないとう・たかし。日本の俳優、タレント。大阪府出身。日本大学芸術学部映画学科に入学し、自主映画制作に没頭。文学座研究所を経て映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、司会者として活躍。

内藤剛志の名言 一覧

もうダメかなと行き詰まったときは、とにかくシンプルなことを限界まで、何度もくり返すことが大事。


仕事が上手くいかないことって誰にでもある。そのとき、才能のせいにするか、自分の努力不足のせいにするかで、その後が決まる。


僕がこの仕事で大事にしているのは「縁」。縁によって人生は大きく変わるもの。


人生なんて、楽しいか、楽しくないかのどっちかなんですから。楽しくなかったら、すぐやめるというか、ほかに楽しいものを見つけられる自信だけはありますよ。


30代後半に体を壊すまでは結構飲んでいたんだけどね。役者は体が資本だから。そう考えると酒を止めるのは簡単だった。


今日、この瞬間に人生が閉じたとしても、ひと言だけ自信を持って言えます、「ああ、楽しい人生だったよな」って。


はっきり言えるのは、やりたくないことは何もやってこなかったということ。


「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


よくここまでやってきたと思いますよ。いくら懸命に生きてきたといって、運というか、自分の力だけじゃどうにもならない世界です。


僕は現場で人と人が生む力が大事だと思っています。与えられたことでもビジネスライクにやっていたら、いいものはできないんじゃないかな。そのためにはやっぱり手間をかける必要がある。


僕はたいした役者じゃないですけど、こうやって飯が食えているというのは、意外と「逃げなかった」から。実際、撮影の現場に入って横目で見ていると、「アイツ、楽しているな」っていうヤツが結構、いますから。そういうヤツは、結局、この世界からいなくなっている。


僕は天才じゃない。凡庸な俳優だと思っています。天才なら10回練習すれば、上手く演じられるかもしれない。でも僕は1千回練習しなければ演じられない。だから、自分の部屋にこもって、ひたすら台本を読み、芝居の練習をくり返す日々。必死で打ち込めば不安も減ってくるし、結果に対してこれだけやったんだと受け入れられるものです。


あえて悪役にもトライした。不愉快な性格や、人を恐怖に陥れるようなキャラクターを演じてみようと。でも、いままで僕がやってこなかった役だから勉強になった。悪徳弁護士なら、こんなメガネをかけるのかなと研究したりね。ありとあらゆる役を演じました。今週、悪人を演じたら、翌週は平凡なサラリーマン、その次の週は寡黙な武士のようにね。20代の僕の演じる役は熱血、素朴といった青年を演じることが多かった。その意味では30代前半は苦しかったけど、演技の幅を広げる時間として必要でしたね。


30歳を過ぎたあたりから、自分の勢いが失速してきた感じがしたんです。ふと、周囲の映画やドラマの世界を見渡すと、俳優としての自分が座りたい座席にはすでに他の俳優が座っていることに気がついたんです。そこで、考えを切り替えました。主演やその周辺の役に僕の座る椅子がないのなら、いままでとは違う役をやってみようと。


徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。


自分で言うのもなんですけど、僕に才能があるとしたら「一度こうと決めたら諦めない」ことと、「あっ、いまの芝居ダメだったな」って「自分でダメだったときのことをわかっている」ということじゃないでしょうか。普通、監督からOKが出ると、「まあ、いいか」って忘れるんですけど、僕は、そのことをずっと思い続けるようにしてますから。


そのころ(大学時代)は、役者というよりプロデュースをするとか、「どっちかというと自分は裏方のほうだろうな」と思っていたんですけど、どっちにしても、もう少し芝居の勉強をしたほうがいいだろうって思って、文学座に入ったんです。3、4000人の応募があって、通ったのは50人もいなかった。いま思うと、よく受かったなと思うけど、当時は「こうしよう」と思ったら、落ちることなんかを考える余裕もなく(笑)、ただがむしゃらに走り抜けていくっていう感じでした。


数字はありがたいけど、視聴率だけを気にしてはいません。一回一回しっかり番組をつくっていくことが大事。


いろんな先輩のやり方を見て、いいものを吸収してきました。とくにその姿勢で影響を受けたのはダウンタウンの浜田(雅功)さん。ドラマで共演した時、「全然NG出ないじゃないですか」というと、「本職じゃないからこそ、ちゃんとせなあかんのです」と答えられた。僕の本業は役者。でも、MCの時は、本職じゃない分、まず当たり前のことをちゃんとやる必要があるんですよ。


内藤剛志の経歴・略歴

内藤剛志、ないとう・たかし。日本の俳優、タレント。大阪府出身。日本大学芸術学部映画学科に入学し、自主映画制作に没頭。文学座研究所を経て映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、司会者として活躍。

他の記事も読んでみる

長尾裕

中期経営計画にも明確に「地域」という言葉を入れており、我々の経営資源をオープン化することで、地域課題の解決の一助になればと考えている。本業を通して、地域の課題解決を生み出すビジネスモデルをつくるチャレンジを続けています。


北島祐治

独立前に子供の進学や住宅ローン完済などの時期を書き出し、これかの人生でいくらお金が必要か再確認するのもいい。いつまでにどの程度の蓄えが必要なのか分かれば、事業に対してどの程度のリスクが取れるのか確認できますから。


猪瀬直樹

仕事を依頼をするときは、アウトプットの目標を明示するのも大切。「資料を作ってほしい」という漠然とした言い方では、要点をまとめた1枚の資料でいいのか、それとも詳細なデータが揃ったものでいいのかよくわかりません。その結果、相手は作業負担が多い分厚い資料を思い浮かべ、逃げ腰になる。相手が悪い想像を膨らませる前に、こちらの求めるレベルを示さないと、即座に断られるハメになります。


大橋徹二

目標は大変チャレンジングな数字を設定している。「大丈夫か」と聞かれるのですが、常に高い目標に向かって頑張っていったほうがいい。


矢島里佳

私はずっと日本で暮らしていたので、国に伝統や文化があることはあたりまえだと思ってきました。けれども、海外に行くと、そうではありませんでした。海外の現状を目の当たりにして、先人たちの知恵が蓄積している国で生まれ育った私は、幸運だったなと。


ロイ・キーン

間違った心構えでプレーしている限り、能力があっても負け犬だ。


天野暢子

私がアドバイスしているのは、プレゼン資料には「表紙を含めて、必ずビジュアルを入れるように」ということです。写真をはじめとするビジュアルなら、物事を正確に、簡単に、そして迅速に伝えられる。文章だと読む人によって解釈が異なる場合もありますが、ビジュアルであればそうしたことも防げます。また、表紙に訴求力のある写真などが入っていれば、聞く側も次のページをめくりたくなるでしょう。


岡田康豊

職種や業種など軸(長く関わっていきたい方向性)を1つ決め、それに関連した仕事は何でも主体的に取り組んで経験の幅を伸ばしていく姿勢が、今後のキャリア形成には大事。


大山健太郎

ペットの抜け毛がとれないという不満を解消すべく、ヘッド部分にエチケットブラシをつけて抜け毛を取るサイクロンクリーナーを出しました。同様に、1口では足りないという声に応えて、2口のIHクッキングヒーターを開発し、いずれも好評を得ています。こういったアイリスが培ってきたユーザーイン(顧客の不便解消)の発想で開発をすれば、海外の格安商品にも勝てる。伸びシロがないと世間が諦めたところに、まだ伸びシロがある。その開拓こそが、いまのアイリスの好調の原動力になっている気がします。


山本卓眞

技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


森泉知行

正確な判断をするには、判断を歪めるものにとらわれないことが大切です。そうでないと、いくら正しい思考のプロセスをたどっても、判断を誤ります。まず挙げられるものは、成功体験です。成功体験の呪縛は、誰でも陥りやすいことです。


和田秀樹

上司に起業そのものの相談を持ちかける関係まで深めれば理想。会社を辞めてほしくないと思えば、あなたに選択肢が提示されるはず。それは待遇の改善かもしれないし、新規事業の立ち上げや、出資など起業そのもののバックアップもありえます。上司が将来、自分のビジネスの顧客になることだってあり得るのですから。