内藤剛志の名言

内藤剛志のプロフィール

内藤剛志、ないとう・たかし。日本の俳優、タレント。大阪府出身。日本大学芸術学部映画学科に入学し、自主映画制作に没頭。文学座研究所を経て映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、司会者として活躍。

内藤剛志の名言 一覧

もうダメかなと行き詰まったときは、とにかくシンプルなことを限界まで、何度もくり返すことが大事。


仕事が上手くいかないことって誰にでもある。そのとき、才能のせいにするか、自分の努力不足のせいにするかで、その後が決まる。


僕がこの仕事で大事にしているのは「縁」。縁によって人生は大きく変わるもの。


人生なんて、楽しいか、楽しくないかのどっちかなんですから。楽しくなかったら、すぐやめるというか、ほかに楽しいものを見つけられる自信だけはありますよ。


30代後半に体を壊すまでは結構飲んでいたんだけどね。役者は体が資本だから。そう考えると酒を止めるのは簡単だった。


今日、この瞬間に人生が閉じたとしても、ひと言だけ自信を持って言えます、「ああ、楽しい人生だったよな」って。


はっきり言えるのは、やりたくないことは何もやってこなかったということ。


「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


よくここまでやってきたと思いますよ。いくら懸命に生きてきたといって、運というか、自分の力だけじゃどうにもならない世界です。


僕は現場で人と人が生む力が大事だと思っています。与えられたことでもビジネスライクにやっていたら、いいものはできないんじゃないかな。そのためにはやっぱり手間をかける必要がある。


僕はたいした役者じゃないですけど、こうやって飯が食えているというのは、意外と「逃げなかった」から。実際、撮影の現場に入って横目で見ていると、「アイツ、楽しているな」っていうヤツが結構、いますから。そういうヤツは、結局、この世界からいなくなっている。


僕は天才じゃない。凡庸な俳優だと思っています。天才なら10回練習すれば、上手く演じられるかもしれない。でも僕は1千回練習しなければ演じられない。だから、自分の部屋にこもって、ひたすら台本を読み、芝居の練習をくり返す日々。必死で打ち込めば不安も減ってくるし、結果に対してこれだけやったんだと受け入れられるものです。


あえて悪役にもトライした。不愉快な性格や、人を恐怖に陥れるようなキャラクターを演じてみようと。でも、いままで僕がやってこなかった役だから勉強になった。悪徳弁護士なら、こんなメガネをかけるのかなと研究したりね。ありとあらゆる役を演じました。今週、悪人を演じたら、翌週は平凡なサラリーマン、その次の週は寡黙な武士のようにね。20代の僕の演じる役は熱血、素朴といった青年を演じることが多かった。その意味では30代前半は苦しかったけど、演技の幅を広げる時間として必要でしたね。


30歳を過ぎたあたりから、自分の勢いが失速してきた感じがしたんです。ふと、周囲の映画やドラマの世界を見渡すと、俳優としての自分が座りたい座席にはすでに他の俳優が座っていることに気がついたんです。そこで、考えを切り替えました。主演やその周辺の役に僕の座る椅子がないのなら、いままでとは違う役をやってみようと。


自分で言うのもなんですけど、僕に才能があるとしたら「一度こうと決めたら諦めない」ことと、「あっ、いまの芝居ダメだったな」って「自分でダメだったときのことをわかっている」ということじゃないでしょうか。普通、監督からOKが出ると、「まあ、いいか」って忘れるんですけど、僕は、そのことをずっと思い続けるようにしてますから。


そのころ(大学時代)は、役者というよりプロデュースをするとか、「どっちかというと自分は裏方のほうだろうな」と思っていたんですけど、どっちにしても、もう少し芝居の勉強をしたほうがいいだろうって思って、文学座に入ったんです。3、4000人の応募があって、通ったのは50人もいなかった。いま思うと、よく受かったなと思うけど、当時は「こうしよう」と思ったら、落ちることなんかを考える余裕もなく(笑)、ただがむしゃらに走り抜けていくっていう感じでした。


徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。


数字はありがたいけど、視聴率だけを気にしてはいません。一回一回しっかり番組をつくっていくことが大事。


いろんな先輩のやり方を見て、いいものを吸収してきました。とくにその姿勢で影響を受けたのはダウンタウンの浜田(雅功)さん。ドラマで共演した時、「全然NG出ないじゃないですか」というと、「本職じゃないからこそ、ちゃんとせなあかんのです」と答えられた。僕の本業は役者。でも、MCの時は、本職じゃない分、まず当たり前のことをちゃんとやる必要があるんですよ。


内藤剛志の経歴・略歴

内藤剛志、ないとう・たかし。日本の俳優、タレント。大阪府出身。日本大学芸術学部映画学科に入学し、自主映画制作に没頭。文学座研究所を経て映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、司会者として活躍。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

仕事とは、本来、社会貢献。自己満足ではいけない。


菅谷信一

大企業に勤めていた人は、会社の看板を使って簡単に集客していたことでしょう。だから、どうしても集客を軽視し、商品の向上や優秀な人材の採用などに力を入れがちです。ところが、起業するときは優先順位が間違っています。社内の体制づくりより、集客の方が業績への影響力が大きいのです。


田原総一朗

G7などの国際会議で、日本の大臣は発言が非常に少ないですね。でも、僕もそれは英語かできないせいじゃないと思う。欧米では発言しない人が馬鹿にされるけど、日本では「正解を言わないとダメ」と教えられるから、正解がないことがあたりまえの国際会議で発言ができなくなってしまう。日本人は、どうも正解にこだわりすぎるところがある。


ヘンリー・フォード

お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。


藤井美保代

部下からの報告や相談で業務が細切れになりがちな場合は、定期的に「報連相タイム」を設けましょう。アポも会議も入れず情報共有に徹する時間を持つことで、進捗状況を俯瞰的に見られますし、一人のメンバーがひそかに業務を抱え込む「タコツボ化」も防げます。


前中ひろみ

日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。


倉本聰

人を喜ばせる、人の役に立つということが最後の生きがいだと思うし、それをやったかどうか、自分の一生を納得してあの世へ逝きたいと思う。その仕事をやっていると体内にドーパミンとかアドレナリンが出てきて、人間は生き生きする。


鈴木久仁

多くの人と接することで、それまで自分になかった発想や考え方を吸収することができます。一人で部屋にいては妄想しかできません。


林野宏

働き方ももっと多様化したほうがいいと思います。働き方を状況に合わせて選択できる事が重要。


金子達仁

「小説みたいな作品ですね」と言われるのが一番うれしい褒め言葉かもしれません。前作の『ラスト・ワン』を書いた時もそうでしたが、ノンフィクションだって小説のような読後感を出せるのではないか、ということにチャレンジしているんです。そもそも、ノンフィクションのつもりで書いてすらいない。僕の好きな作家は、スティーブン・キング。彼の作品を読んだ時に感じる「画が浮かぶ」ということを意識して、一流のエンターテインメント小説に挑戦するつもりで書いたんです。


ジョセフ・スティグリッツ

日本は少子高齢化社会に突入しています。しかし、若者が減少したとしても、経済成長は可能なはずです。若年労働者がゼロになるわけではなく、調整が必要なだけです。


津田秀晴

売れる営業マンに共通するのは、自分が売りたいからという「自分都合」の理由ではなく、あくまでも顧客のためを思う「顧客都合」の視点から営業しているということである。これは、たんなるきれいごとの話ではない。どんな場面であれ、相手の気持ちを考えられる人が好印象をもたれ、信頼されるのは当然のことだ。


内田恒二

見える化は絵などのイメージを使うと直感的に課題を把握でき、記憶に残りやすく効果的です。たとえば、職場の問題点を家事に例えて絵を描いてみる。管理職とスタッフでは火事の原因や燃え方などまったく違った絵になって、そのギャップから問題点が浮かび上がったりします。


丹羽宇一郎

信頼を得るにはどうすればいいのか。私の考えを言えば、その基本は、「誠実さ」と「言行一致」。この2つに尽きます。


田中健介(経営者)

戦後の教育は叱ることをタブー視されていて、わがままな人間が育ちました。当社に入る社員には、私が先生代わりになって、倫理観や道徳、今でいうコンプライアンスを徹底的に叩き込みます。それが信用を作る基盤になるからです。


ページの先頭へ