名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田魯庵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田魯庵のプロフィール

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

内田魯庵の名言 一覧

日本の政治家という奴は、政治で飯を食おうというのじゃから、良心の切り売りをするのが公然の商売となりおる。


内田魯庵の経歴・略歴

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

他の記事も読んでみる

塚越寛

会社が永続することは社員や社会への貢献になります。永続するためには、周囲の好意が必要です。あそこはいい会社だね、と思ってもらわなくてはなりません。庭園を開放し、毎朝、環境整備をやっているのもそのためです。


野村雅男

当社が冠スポンサーになっている「鳥人間コンテスト」には若手社員チームも出場し、私を含め多くの社員が応援で盛り上がっています。


野村克也

現役時代にホームラン王を獲得した翌年、スランプに陥りました。そのとき先輩に言われました「野村よ、ぶん殴ったほうは忘れても殴られたほうは忘れないぞ。勝負だから、相手から自分を見ることも大事なんだ」と。殴られたら殴り返すという当たり前のことに気づかなかった。自分ばかりでなく相手も変わることに気づかなかった。先輩の、あの言葉は未だに耳に残っています。このときからですよ、データに夢中になったのは。相手の自分に対する攻め方が変わったのか変わらないのか。それを知るにはデータしかなかった。


木部智之

出張のときは「仕事をしない時間」もまた重要です。たとえば私は、同僚や取引先と食事を楽しんだり、観光や街歩きをする時間をなるべく取るようにしています。現地の同僚や取引先と食事をすることで、有益な情報を得やすくなり、商談がまとまりやすくなる。また、街歩きを通じ、現地の様子を知り、知見を深めることもできる。これは、出張先だからこそできる立派な「仕事」です。


武田邦彦

自力で稼がずに受信料で食べているNHKのような古い組織はみんな潰してしまえばいい。残したいなら、借金してでも新しい事業や自己変革に取り組むようにする。ところが、今は小学校でも節約が美徳で借金はダメだと教えているし、経営者の会合でもそう。投資や消費なくして発展はあり得ません。ガッカリしますよ。


大前研一

多くの人間と、さまざまなタスクを動かしながら、納期までに全体を完成させるプロジェクトがうまくいくかどうかは、まさに段取りが命運を握っているといってもいい。


川端克宜

当社の基本的な販売戦略は、人口ではなく世帯数を意識しているということです。日本の人口は緩やかに減少していますが世帯数は増えている。殺虫剤は家庭に一つかもしれませんが、殺虫剤にしろ、入浴剤にしろ、防虫剤にしろ、世帯数が増えれば数は出る。そういう考え方がベースにあるのです。


出口治明

僕は人生は偶然の産物だと思っていて、「川の流れに身を任す」がモットーです。もちろん与えられた役割を全力でこなすのが前提ですが。その方が何が起きるかわからないし楽しいですよね。


志賀俊之

企業はイノベーションで、あるいは付加価値を高めることで競争しなきゃ絶対にダメ。


村瀬治男

海外に行くとよくわかると思いますが、英語圏以外の出身者は平気な顔でめちゃくちゃな文法の英語を話す人が結構います。


孫正義

我々の業界には、一世を風靡して脚光浴びて、ぱっと散ってしまうベンチャー経営者もたくさんいます。困難を乗り越えていくには本当の底力を身につけなければいけません。小さい段差を何回も乗り越えて勝ちグセを身につけること、成功体験を積むことが必要です。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

私なども、たとえば商人としては絶対成功していなかっただろう。実際、何度かやってみたがダメだった。私は山師のような性分なので、毎日決まった給料をもらうようなサラリーマン的な生活は耐えられなかった。もちろん、私とは正反対に毎月安定した収入がなければ嫌だという人も世の中にはたくさんいる。自分に合わない仕事は避けたほうがいい。