名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

内田魯庵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田魯庵のプロフィール

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

内田魯庵の名言 一覧

日本の政治家という奴は、政治で飯を食おうというのじゃから、良心の切り売りをするのが公然の商売となりおる。


内田魯庵の経歴・略歴

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

他の記事も読んでみる

森川亮

エンジニアの技術で最高のクオリティーに作り込むことは可能。しかし、それをユーザーが求めていないなら、作り手のエゴや自己満足に過ぎない。本質を見失い、ムダに時間をかけているだけになってしまう。


大宮英明

経営改革とは、組織に定着した概念を根底から変える文化革命ともいえます。習慣を変え、仕組みを変える。容易ではないのも事実です。ただ世の中、15%ルールといって、普及率が15%を超えると急に広まる法則があります。いまはそのラインを越えつつあります。


嶋浩一郎

最近はムダなく事を進める効率化がもてはやされていますが、アイデア創出の世界ではムダこそ必要で、迂回路にこそヒントが隠されている。


吉田忠裕

研究開発だけではなく、営業も一体となってイノベーションを起こさなければならない。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「自立」のためには、「自律」が必要であり、自分が失敗しがちなことや、苦手なことを克服したいとき、また逆に何かをやりきらなくてはいけないというときに、自分なりのルールをつくることができる人こそが、自立した人なのだと言えるでしょう。


秋元久雄

実は建築などを学ぶ子の中で「大工の仕事をしてみたい」「大工が夢だった」という子は多いんだ。それは大工という仕事が本来、魅力的で楽しい仕事だからですよ。大工さんって、いまでは地位を下げられたけど、本当は違うんだ。江戸時代以前なんて設計家なんて職業がほとんどない。大工の棟梁が設計もして、現場監督もして、作業もすべて手がけたわけだよ。そりゃあ、楽しいし、ずっと「やりがい」がある仕事だったんだ。それを取り戻そうとしているから、うちには人財が集まるんだよ。そう、皆が豊かになったいま、日本人が仕事に求めるものは、この「やりがい」なんじゃないかな。


宮沢俊哉

なぜ失敗したのかを考えて反省するのもいいですが、そればかりでは気持ちが沈んでしまいます。中身をよくよく見れば良い点も必ずあるはず。結果は出せなかったがこんな発見があった、このプロセスはうまくいった、などの成功ポイントを分析すれば、次につながるアイデアも出やすくなります。


塚越友子(水希)

「ちゃんと責任を取れ」と指示すると、上司としての責任逃れと取られかねません。自信がなく、甘えで逃げようとする人に対しては、本人を成長させるしか解決方法はありません。ある仕事を一挙に任せるのではなく、細分化してその人ができる範囲内の仕事を任せる。それができたら次も任せて、少しずつ自信を与えていく。面倒ではありますが、彼を成長させないといつまで経っても組織のお荷物のままですし、ちゃんと責任を果たしている人の士気も下がるので、致し方ありません。


後田良輔

社会人として先を行く者の役割は、次の走者に自分が持つ知恵のエッセンスを渡すこと。次代を担う存在を育てることです。


ベンジャミン・ディズレーリ

しっかりとした目的を持つ人間は、それを実現させなければならない。その実現のために、実在しようとする意志に対して何者も抵抗しうるものではない。


渡辺捷昭

意見と意見がぶつかり合い、火花が散ることも珍しくありません。しかし、議論をしているうちに問題意識が次第に共有され、部署ごとの垣根を越えてチームとしてベストの選択をすることができるのです。これを私は「仲良く喧嘩する」と呼んでいます。役員も常日頃からこの「仲良く喧嘩する」をやっています。常務や専務が大部屋に集まって侃々諤々(かんかんがくがく)議論を展開するのです。


野村克也

大人になってからの恥は、屈辱的だ。プライドはずたずたになり、気持ちも揺さぶられる。しかし、そうやって深く沈んだ時こそ、人は高く飛び上がれるものだ。恥を存分にかいたのなら、存分に取り戻さなければ損だろう。