内田魯庵の名言

内田魯庵のプロフィール

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

内田魯庵の名言 一覧

日本の政治家という奴は、政治で飯を食おうというのじゃから、良心の切り売りをするのが公然の商売となりおる。


内田魯庵の経歴・略歴

内田魯庵、うちだ・ろあん。明治時代の評論家・翻訳家、小説家、エッセイスト。丸善の書籍部門顧問なども務めた。ドストエフスキーやトルストイの翻訳も行った。明治時代の文豪たちの人物評伝が今なお高い評価を受けている。

他の記事も読んでみる

中西宏明

製造業の商売が「売ってなんぼ」じゃなくなっている。これまでは製品を販売した時点で利益が確定できた。今は製造業もサービスで儲ける時代です。お客さんと一緒に色々とたくらんで、(サービスを)使った分だけお金を払ってもらう。こうなると、プロジェクトが本当に利益を生むのはいつなのか、ということが見えにくくなる。何かでつまずくと、もうからなくなるのです。逆の言い方をすれば、しっかりお客さんと手を握ると安定的に成長できます。


岩澤俊典

いま日本企業が「グローバル人材が足りない」と言っている理由は明確で、海外売上比率が経営者の思ったほど伸びていないからです。


大平浩二

不祥事は人間の問題であり、また、複数の要因が絡み合っています。ですので、まずは防止策の評価を40点から50点に、そして60点、さらに70点、80点へというように少しずつよりよい改善策にしていくという考え方が大切で、そのためには継続的な努力が欠かせません。


堀内信之(経営者)

ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


星野佳路

所属する部署にかかわらず、スタッフ全員で接客や顧客満足の向上に取り組むことが大事。


坂根正弘

大事なのは守るばかりではなく、攻めに転じることです。私がコマツに入社したころ、外資系企業の国内参入という事件が起きました。コマツはこれで終わりだと言われました。当時のコマツの社長、河合良成さんは「もう守りは一切しない、攻撃あるのみだ」と宣言しました。攻撃は最大の防御なりという彼の言葉を今でも覚えています。結局、その戦いにコマツは勝ちました。


紗栄子

女優としての転機となったのは、『ドラゴン桜』かな。麻紀という女の子は、6人の生徒のなかでも。セリフが少なく、そのままだとあまり印象に残らない役だったんです。それは悔しいし、せっかくのチャンスだからアピールしたいけどあまり勝手なことはできません。でも、途中で気づいたんですね。言葉を少しだけ加えたり、表情やリアクションにちょっと変化をつけるだけで、見ている人に与える印象はガラッと変わる。すると、次の台本では私のセリフが増えていて、演じることがさらに楽しくなり、すべていい方向に流れ出したんです。


織田信長

およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。


松尾静磨

昔はお客さんが1人か2人しかいないことがあった。それでも当時の社員諸君は1人のお客、1つの貨物や郵便物を心から大事にした。それは、本当にありがたいと思う感謝の気持ちからだ。そうした真心の積み上げが、今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ。
【覚書き|日航の創業期を知らない若手社員たちに語った言葉】


菅義偉

歴史問題などの非常に微妙な問題は、慎重に考える必要があります。私の発信が国の発信ですから、たとえばアメリカが、それから中国、韓国がどう受け取るかを、常に念頭に置いています。


澤田秀雄

1年後より3年後、世界がどう変わっていくか、予見しないと厳しい。デジタルカメラが誕生した時、解像度が良くないからフィルムの時代は続くと考えたコダックはつぶれてしまった。完全に予測することはできないけれど、大きな流れをまずつかむ。


大西洋

我々は消費環境が悪いからとか、業績が悪くなったから価格を下げようとは思っていません。我々は人口減少時代に入ったということもあって、入店客数は3%ずつ減少していくという仮説を立てています。そうすると、お客様お一人当たりの購買額が上がってこないと売上は伸びません。そのためには、当社にロイヤリティを持っていただいているお客様に対するアプローチを今まで以上に強めていかないといけません。


森下篤史

ビジネスは打つべき手を打たなくてはいけないと判っていても、やりたくない自分の気持ちとついやりやすい事をやってしまう気持ちとの戦いが毎日発生する。自分の気持ちを優先しているうちは趣味か家庭人である。


立石義雄

創業家以外から社長を出したことも社員の意識を変えたと思います。頑張れば社長にもなれるんだという意識の変化は、大きなモチベーションにつながります。こういったことは時代の変化に合わせて進化させていく必要があるのです。


堀切功章

その国に合ったレシピ、商品の開発をいかに進めていくかがカギになる。地域の人たちが日常的に食べている料理の中にしょうゆを使ってもらえるようになれば、さらに飛躍できるはず。


ページの先頭へ