名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田雅章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田雅章のプロフィール

内田雅章、うちだ・まさあき。営業支援サービスの「TOP CONNECT」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、三和銀行などを経て「TOP CONNECT」を設立。著書に『1000人の社長人脈を築く自分の磨き方』『手強い相手の懐に入る技術』『20代で社長になる7つのステップ 起業力入門』『3年間は「言いなり」になりなさい』。

内田雅章の名言 一覧

人脈は熟成期間が必要です。いわば、長期的な投資だと考えて、目先の利益だけにとらわれない視野の広さが大切です。


会話を進める中で大切なのは、「相手が何に興味があるか」「何を欲しがっているか」を相手の言動からよく読み取ること。


仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。


人脈作りとは自分の価値を棚卸しして、自分を磨いていくことです。また、格上の人物と触れ合うことで、さらに成長を遂げていくチャンスでもあるのです。


格上の人と人脈を作るには勇気は必要。うちの発行する学生新聞に安倍元総理やフジモリ元大統領に出ていただきました。必要なのはそんな人にでもアポをとる勇気です。


また会いたい人には、すぐ手紙を書きます。「この間名刺交換させていただいた内田です。是非またお会いしたいです」と。そして3日後には電話します。


人脈を広げるには、「自分が得をしたい」という気持ちはまず脇に置いて「自分は何ができるか」という視点から、人と関わっていく姿勢を身につけること。


まずは、自分が人に紹介されるとしたら、どんなメリットや売りがあるのだろうと客観的に考えてみてください。そして、人に紹介されやすい人になるために、その知識を深めたり、新しいことにチャレンジをして提供できるものを増やしていくことが大切です。


親しくなった人から、お客さんや優秀な人材を紹介してもらう――これは人脈がビジネスチャンスを広げた好例です。こうした流れを作るには、自分自身が「人に紹介したい」と思われるだけの信頼のおける、見どころのある人物になることが前提です。たとえば、キャリアがある、話が面白い、多趣味、顔が広い、約束を守る、礼儀正しい、好感が持てるなど、その方向性はさまざまです。


人脈がなかなか続かない人にありがちなのは、人脈を自分が何かを得るためだけの一方通行のチャンスと捉えていることです。頼みたいことがあるときだけ連絡する。これでは、相手も快く動いてくれません。日頃から公私を問わず、相手に提供する気持ちや気遣いがあるからこそ、困ったときに手を差し伸べてくれたり、人を紹介してくれたりと、親身になって便宜を図ってくれるのです。


もし相手にメリットを提供することができなくても、少なくとも「この人とまた会いたい」と思われる人物になれるよう心がけましょう。「この人と話していると楽しい」「自分のことを褒めてもらって、自信が湧いた」などのプラスの感情を抱いてもらえれば、相手の印象に強く残り、人脈はつながっていきます。


人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供すること。


人脈を継続していくうえで重要なキーとなるのは、「相手にメリットを与える」ことです。必ずしもビジネス上の利益である必要はありません。たとえば、プライベートの名刺からカメラの話で盛り上がったのなら「今度、仲間内で撮影会を開くのですが、ご一緒しませんか?」と、自分が相手に提供できることを示すのです。


社外人脈を広げるには「出会いにお金をかける」感覚が大切です。出会いや紹介はダダだと思ってはいけません。会費3千円の異業種交流会より、会費3万円の食事会に参加するほうがはるかに人脈になりそうな人との出会いは多いはずです。


実りある出会いが生まれやすいのは、勉強会や講演会後の交流の場です。同じ分野やテーマに関心を持つ人が一堂に集まるので話が合いやすく、売り込みよりも向上や学びを目的にしているので「質の高い」人材に出会える確率が高いのです。


人脈作りとは、たくさんの人と名刺交換して顔見知りを増やすことではありません。出会ったすべての人と仲良くなる必要はないのです。「この人」と思う人を見極め、関係を深めていくことが本当の人脈を構築する秘訣です。


大きなビジネスを成し遂げるには、一人だけでは到底不可能で、人の力が必要です。そんなとき、喜んで応援する手を差し伸べてくれる人がいる――それが人脈のなせるわざです。


成功者と呼ばれる人は、おしなべて人間関係の構築が上手。ゴルフを通じて気遣いを見せ、人脈作りをうまくやってきたから、成功者になれたとも言えるでしょう。


昔は私も「お前はつまらない」と相手にされませんでした。そこで相手が関心のあることや喜ぶことを探すようにしたんです。昔といまの自分の大きな違いは、その能力がついたことでしょうね。例えば、企業の社長さんに売上げが上がるような提案や改善点などを考える。たとえそれが売上げに繋がらなくても、「自分のことを真剣に考えてくれているんだな」という誠意は伝わり、喜んでくれるものですよ。


ゴルフは人脈作りに役立つ。人間関係をより良くするための最高の武器です。「プレー歴を遡ると、父の強い勧めに従って入った大学のゴルフサークルから20年以上ですね。社会人になってから現在に至るまで、東京証券取引所の上場企業も含め、500社の社長たちと即アポイントメントが取れる人間関係を築いてきました。ゴルフの貢献度は計り知れません。仕事が円滑に進みます。


内田雅章の経歴・略歴

内田雅章、うちだ・まさあき。営業支援サービスの「TOP CONNECT」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、三和銀行などを経て「TOP CONNECT」を設立。著書に『1000人の社長人脈を築く自分の磨き方』『手強い相手の懐に入る技術』『20代で社長になる7つのステップ 起業力入門』『3年間は「言いなり」になりなさい』。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

世界中で高まる健康志向は日本食の拡大にとって大きなチャンス。家庭の中に入り、現地の食文化に入り込むことも大切だ。日本食レストランだけでは限りがある。現地の食文化と融合していけば、普及に弾みもつく。


松井道夫

この先の時代がどう動くかは誰も教えてくれない。社会が直面している問題は何か、企業としてどう動くべきなのかを考える、つまり「時代を読むこと」が、経営者としての私の仕事。


ハワード・シュルツ

夢想家には、他の人たちと違うところが一つある。夢を追う人は単調な日常生活とは全く異なる魅力的な世界を創造しようとする。私の個人的な体験からすれば、生い立ちが貧しければ貧しいほど想像力を働かせて、あらゆることが可能な世界を夢想するようになるのだと思う。私の場合は、確かにそうだった。


吉永泰之

変化の時代だから、いろいろなことを変えていかなければならないのですが、一方で変えてはいけないこともあります。当社の場合はまさに「信頼」です。


野口悠紀雄

Gメールは容量が巨大で、検索機能が非常に強力、目的のメールに短時間で苦もなくアクセスすることが可能です。つまり容量を気にして情報を取捨選択する手間もいらないし、後で探しやすいように整理する必要もないのです。ですから、様々なデータを自分宛にメールすれば、非常に有効で使い勝手のいい個人のデータベースをつくることができます。しかも、ネット上でいつでもどこからでも引き出すことができます。


小笹芳央

楽観的に考えるか、悲観的に考えるか。ものごとの捉え方が重要です。これは10年以上、会社を経営してきた中で学んだ経験則です。


太田肇

個人のモチベーションが上がれば生産性も上がる。一つひとつの仕事の品質も向上する。ひいては企業の業績も上がっていく。


小松節子

経営者がお金の工面で走り回ることほど無益なことはありません。儲かった分をどんどんみんなに配分すれば一時的には喜ばれますが、配分するにも限度があります。会社継続のための内部留保はしっかり確保するという考え方でずっとやってきました。


ロバート・キヨサキ

今日、私たちが手にしている紙幣の一枚一枚は借用証書だ。そしてその借金の返済を保証しているのは、通貨を発行している国の納税者たちだ。米国の納税者たちが勤勉に働いて「お金」と呼ばれているこの借用証書の支払いをしてくれるものと世界が信用している間は、米国ドルは世界に通用する。その「信用」というキーファクターが消滅すれば、米国経済はトランプで作った家のように一瞬にして崩壊する。


中村信仁

商談でのプレゼンテーションは長くても5分が限度でしょう。30分も延々と商品説明を聞かされるなんて、お客様にしてみれば苦痛以外の何ものでもありません。商品の基本性能や特性は、パンフレットやカタログを読めばわかることです。売れる営業をめざすなら、パンフレットには書けない、もっと立体的な話をしなくてはなりません。立体的な話とは、この商品を購入したらどんな効果が得られるのか、「お客様にとってのメリット」を感じさせる話のことです。


横山清

業績好調で競争力があり、負の資産を抱えていない企業をパートナーに選ぶことが大切。


岩佐実次

本物の指導を目指していると、講師の採用基準も厳しくなります。優秀な学力の高い先生ほど報酬が高く、その結果授業料も高くなりました。だからスタートした時は世間に受け付けてもらえなかった。でも我慢強く努力していったら、やっぱり値段じゃなく、内容で選ぶというお客さんが増えて、成長させてもらっています。