名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田雅章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田雅章のプロフィール

内田雅章、うちだ・まさあき。営業支援サービスの「TOP CONNECT」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、三和銀行などを経て「TOP CONNECT」を設立。著書に『1000人の社長人脈を築く自分の磨き方』『手強い相手の懐に入る技術』『20代で社長になる7つのステップ 起業力入門』『3年間は「言いなり」になりなさい』。

内田雅章の名言 一覧

人脈は熟成期間が必要です。いわば、長期的な投資だと考えて、目先の利益だけにとらわれない視野の広さが大切です。


会話を進める中で大切なのは、「相手が何に興味があるか」「何を欲しがっているか」を相手の言動からよく読み取ること。


仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。


人脈作りとは自分の価値を棚卸しして、自分を磨いていくことです。また、格上の人物と触れ合うことで、さらに成長を遂げていくチャンスでもあるのです。


格上の人と人脈を作るには勇気は必要。うちの発行する学生新聞に安倍元総理やフジモリ元大統領に出ていただきました。必要なのはそんな人にでもアポをとる勇気です。


また会いたい人には、すぐ手紙を書きます。「この間名刺交換させていただいた内田です。是非またお会いしたいです」と。そして3日後には電話します。


人脈を広げるには、「自分が得をしたい」という気持ちはまず脇に置いて「自分は何ができるか」という視点から、人と関わっていく姿勢を身につけること。


まずは、自分が人に紹介されるとしたら、どんなメリットや売りがあるのだろうと客観的に考えてみてください。そして、人に紹介されやすい人になるために、その知識を深めたり、新しいことにチャレンジをして提供できるものを増やしていくことが大切です。


親しくなった人から、お客さんや優秀な人材を紹介してもらう――これは人脈がビジネスチャンスを広げた好例です。こうした流れを作るには、自分自身が「人に紹介したい」と思われるだけの信頼のおける、見どころのある人物になることが前提です。たとえば、キャリアがある、話が面白い、多趣味、顔が広い、約束を守る、礼儀正しい、好感が持てるなど、その方向性はさまざまです。


人脈がなかなか続かない人にありがちなのは、人脈を自分が何かを得るためだけの一方通行のチャンスと捉えていることです。頼みたいことがあるときだけ連絡する。これでは、相手も快く動いてくれません。日頃から公私を問わず、相手に提供する気持ちや気遣いがあるからこそ、困ったときに手を差し伸べてくれたり、人を紹介してくれたりと、親身になって便宜を図ってくれるのです。


もし相手にメリットを提供することができなくても、少なくとも「この人とまた会いたい」と思われる人物になれるよう心がけましょう。「この人と話していると楽しい」「自分のことを褒めてもらって、自信が湧いた」などのプラスの感情を抱いてもらえれば、相手の印象に強く残り、人脈はつながっていきます。


人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供すること。


人脈を継続していくうえで重要なキーとなるのは、「相手にメリットを与える」ことです。必ずしもビジネス上の利益である必要はありません。たとえば、プライベートの名刺からカメラの話で盛り上がったのなら「今度、仲間内で撮影会を開くのですが、ご一緒しませんか?」と、自分が相手に提供できることを示すのです。


社外人脈を広げるには「出会いにお金をかける」感覚が大切です。出会いや紹介はダダだと思ってはいけません。会費3千円の異業種交流会より、会費3万円の食事会に参加するほうがはるかに人脈になりそうな人との出会いは多いはずです。


実りある出会いが生まれやすいのは、勉強会や講演会後の交流の場です。同じ分野やテーマに関心を持つ人が一堂に集まるので話が合いやすく、売り込みよりも向上や学びを目的にしているので「質の高い」人材に出会える確率が高いのです。


人脈作りとは、たくさんの人と名刺交換して顔見知りを増やすことではありません。出会ったすべての人と仲良くなる必要はないのです。「この人」と思う人を見極め、関係を深めていくことが本当の人脈を構築する秘訣です。


大きなビジネスを成し遂げるには、一人だけでは到底不可能で、人の力が必要です。そんなとき、喜んで応援する手を差し伸べてくれる人がいる――それが人脈のなせるわざです。


成功者と呼ばれる人は、おしなべて人間関係の構築が上手。ゴルフを通じて気遣いを見せ、人脈作りをうまくやってきたから、成功者になれたとも言えるでしょう。


昔は私も「お前はつまらない」と相手にされませんでした。そこで相手が関心のあることや喜ぶことを探すようにしたんです。昔といまの自分の大きな違いは、その能力がついたことでしょうね。例えば、企業の社長さんに売上げが上がるような提案や改善点などを考える。たとえそれが売上げに繋がらなくても、「自分のことを真剣に考えてくれているんだな」という誠意は伝わり、喜んでくれるものですよ。


ゴルフは人脈作りに役立つ。人間関係をより良くするための最高の武器です。「プレー歴を遡ると、父の強い勧めに従って入った大学のゴルフサークルから20年以上ですね。社会人になってから現在に至るまで、東京証券取引所の上場企業も含め、500社の社長たちと即アポイントメントが取れる人間関係を築いてきました。ゴルフの貢献度は計り知れません。仕事が円滑に進みます。


内田雅章の経歴・略歴

内田雅章、うちだ・まさあき。営業支援サービスの「TOP CONNECT」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、三和銀行などを経て「TOP CONNECT」を設立。著書に『1000人の社長人脈を築く自分の磨き方』『手強い相手の懐に入る技術』『20代で社長になる7つのステップ 起業力入門』『3年間は「言いなり」になりなさい』。

他の記事も読んでみる

鳥原隆志

謝るときは、常に「あなた」が主語である「YOU(ユー)メッセージ」であることが大事。


山川博功

お客様が何か一言返してくれるように話を振ることは意識していました。たとえば「車検いつですか」と聞くと警戒されて何も情報をくれませんが、「車検、来月でしたよね?」と言うと「何言ってんだ、違うよ。次の車検は秋だ」と教えてくれます。もちろん一言もらえただけでは商談になりません。でも、ドアを開けてくれた方のところには繰り返し通っていました。お客様は「またかよ」と冷たい反応ですが、そのうちそれが快感になってくるんです。

【覚え書き|営業マン時代を振り返って】


小林大輝(小説家)

エンターテインメントって、読者に、こういう反応をしてほしいという狙いを持つもの。僕はそれをしたくない。したところで、読者は見抜けるだろうと。僕は常に読む人の方が上だと思っているんです。この小説にもしエンターテインメント性を感じていただけるのだとしたら、エンターテインメントを意識しないことが、僕のエンターテインメントということなのかなと。


中田誠司

こういう時代だからこそ、もう一回原点に返っていこうと。社長就任以降、一貫して言っているのですが、真の意味でのクオリティ・ナンバーワンの会社にしたいというのが、一番強い思いです。


宮田昇始

今後も、ユーザーとヒアリングを重ね、機能拡張に力を入れていきます。多くの店舗を持つ企業は、人事・労務機能を本社に集約して管理することが多いのですが、本社と各店舗間はファクスや郵送でのやり取りが中心となっています。社会保険の手続きが煩雑なため、各店舗の店長の中には苦手とする方も多く、本社としても情報を守り吸いあげることには大きな労力がかかるので、こうした悩みの解決に応えていきます。あくまでも他のジャンルには手を出さず、労務分野を集中的に開発し、便利にしていきます。


藤山寛美

役者は舞台の上だけで稼ぐもんや。それ以外のことでおカネを儲けたら、余計なものが入り込んで汚れてしまう。


荻田伍

会社の最大の目標は存続だといわれます。アサヒビールは来年、創業120周年を迎えます。先輩方がしっかりとつないでくださった会社を、いい形で次世代に引き継いでいく。これが私たち現役世代の役割だと考えれば、商品開発も営業も収益構造の改善もおろそかにはできません。


栗木契

市場とは不確実な場である。未来の結果はわからない。だから、マーケティング・リサーチが必要となる。しかし科学的なマーケティング・リサーチが、あらゆる不確実性に有効であるかはよく考えてみる必要がある。


楠木建

戦略の本質は「(他社との)違いをつくって、(その違いを)つなげる」ということです。違いがなければ、経済学的には完全競争の状態になって利潤はゼロになります。だから、競争他社に対する打ち手として違いをつくるのです。様々な打ち手を因果論理でつなぎ、それらを相互作用させながら、長期的な利益を実現していく。それが戦略の本質なのです。


マリッサ・メイヤー

私はいつも一番頭が良くて面白い人たちと仕事をするようにしていた。そして、私はいつも自分にはまだちょっと早いかもしれないと思うことに挑戦した。


藤原洋

顧客の幸せを第一に考えるべきです。お客さんが自分たちの製品やサービスを買ってくれるから、社員は給料をもらえるわけです。社長がポケットマネーで給料を払っているのではありません。ですから、顧客の幸せを最初に考えるべきです。


酒井誠(経営者)

データをきちんとコード付けし、それを整理しています。その整理の仕方も、自動車メーカーや部品メーカーが実務で使えるように専門的な視点で整理しています。ですから、使い勝手が良いということになります。このデータの整理は非常に労働集約的で手間がかかりますが、これが強みとなって同業がいないのです。