名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田隆(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田隆(コンサルタント)のプロフィール

内田隆、うちだ・たかし。日本のコンサルタント。「フォロードリーム」会長。東京都出身。北海道大学大学院修了、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。大手電気メーカー、外資系ソフトウェアメーカーなどを経てフォロードリーム会長に就任。

内田隆(コンサルタント)の名言 一覧

ビジネスで必要なのは、「最上の選択」をすることではなく「最上の結果」を出すこと。


70点の選択でも、早く動き出せば、「結果」を100点に近づけることができる。逆に、動くのが遅れると、いい選択をしても、行動する時間が足りずに、期待通りの結果を出せなくなります。


内田隆(コンサルタント)の経歴・略歴

内田隆、うちだ・たかし。日本のコンサルタント。「フォロードリーム」会長。東京都出身。北海道大学大学院修了、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。大手電気メーカー、外資系ソフトウェアメーカーなどを経てフォロードリーム会長に就任。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

ヤオコーが目指す「豊かで楽しい食生活とはこういうものだ」と店長が理解するには、それがきちんと実現できているお店で勉強するのが近道です。そこで、店長塾では店長たちを成功しているお店に派遣。1日売り場を見てもらって、疑問点や気づいたことをその店舗の店長にぶつけてもらう。こうすれば、漠然としていた目指す店舗の姿を、具体的に理解できます。


ヘレン・フォン・ライス

大学生時代、アルバイトとしてイケアの店舗で働き始めました。仕事が気に入ったのは、店長が私の意見を取り入れてくれたことがきっかけです。テキスタイルと呼ばれるカーテンの布などの売り場を担当していたのですが、荷物が多いお客様を見かけたら手が空いているスタッフが手伝ってはどうか、といった提案です。うまく役割分担したいという思いを、快く受け入れてもらえました。


川村隆

人材のグローバル化、つまりダイバーシティー(多様性)について、私が最初に取り組んだのが取締役会改革です。取締役会メンバー13人のうち、社外取締役を4人から7人に増やし、外国人も2人増やして3人にしました。そうした結果、率先垂範、象徴的変革というだけでなく、実質的な変革も起こったのです。質の違うもの同士がぶつかることで変革が起こる――。ダイバーシティーについてよく教科書に書かれていますが、なるほどこれが実際に起きることか、と私自身が納得したくらいです。


北川登士彦

社員はすぐに結果に結びつかない仕事だとその価値がわからず、つい自分のことを過小評価してしまいがちです。そのときは、「君がやった仕事は、たとえフィーが小さくても、必ず将来会社に大きな利益をもたらすきっかけになる」などと、真の価値を伝える。リーダーの最も大切な役割はそこにある。


西田文郎

否定的な脳になって苦しんでいる人でも、簡単に変えることができます。それは脳と心のスイッチを切り替えることで可能です。パソコンでいえば、否定的なソフトを肯定的なソフトに入れ替えればいいのです。感情脳が人を動かすことがわかってきました。感情脳が快の状態になれば肯定的な思考ができるようになります。そのためには「言葉」「イメージ」「ボディランゲージ」の3つを変えることが有効です。


木川眞

正しいと思ったら、失敗を恐れずにやっていこう。やらないで文句や言い訳するのはやめよう。


吉川元春

数多の人たちに対して、えこひいきなく、よく目をかけてやって頂きたい。人びとに行きわたらない情けは、なんの役にも立たぬものです。


藤原洋

自分が欲しいものを作る、ジョブズ的な考えの人が成功する。


平山夢明

書店には素敵な出会いが転がっている。これだと思って失敗することもよくあるけどね(笑)。ひとめぼれっていうのは、自分の知らない自分に気づく機会になる。こういう本も面白がれるんだって知ると、感性が成長するからね。ネットは便利だけど、なかなか自分の傾向や好みから外れた買い物ができない。みんなもっと書店に行って、どんどんひとめぼれをするべきだと思うよ。


小原鐵五郎

60年以上もこうした仕事をしていると、話をしただけで、この人は立派だとか、まじめだとかわかる。中小企業の社長さんでも、豪華な車を乗り回し、派手な服装をしている人が多いが、こういう人のいる企業は概して将来が暗いね。


谷原章介

人からは、よく多才だと見られがちですが、そんなことはまったくないんですよ。一見、幅広く見えるキャリアも、いただいたオファーを懸命に取り組んできた結果なんです。


小野寺佑太

建設業のころも、いまも変わらない私の信条は、義理と感謝を大切にすること。そして、我ながら一生懸命でストイックな生き方は変わっていません。そういう姿に共感してくださる方々に、いろんな場面で助けていただき、ご支持もいただいてきました。