名言DB

9413 人 / 110706 名言

内田隆(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

内田隆(コンサルタント)のプロフィール

内田隆、うちだ・たかし。日本のコンサルタント。「フォロードリーム」会長。東京都出身。北海道大学大学院修了、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。大手電気メーカー、外資系ソフトウェアメーカーなどを経てフォロードリーム会長に就任。

内田隆(コンサルタント)の名言 一覧

ビジネスで必要なのは、「最上の選択」をすることではなく「最上の結果」を出すこと。


70点の選択でも、早く動き出せば、「結果」を100点に近づけることができる。逆に、動くのが遅れると、いい選択をしても、行動する時間が足りずに、期待通りの結果を出せなくなります。


内田隆(コンサルタント)の経歴・略歴

内田隆、うちだ・たかし。日本のコンサルタント。「フォロードリーム」会長。東京都出身。北海道大学大学院修了、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。大手電気メーカー、外資系ソフトウェアメーカーなどを経てフォロードリーム会長に就任。

他の記事も読んでみる

鎌田富久

失敗に関して言えば、私はかなり経験していますから敏感です。失敗しそうな施策は大体分かりますし、危険な予兆も察知できる。そういう時には、積極的にアドバイスします。成功には運やタイミングなど様々な要素が関わっていますから、他人の事例はあまり参考になりません。しかし、失敗をするのは大抵同じ理由なので、防ぐことは難しくないのです。


ブッダ(釈迦)

「因果関係によってつくりだされたすべてのものは無常である(諸行無常である)」と、智慧によって見るとき、人は苦しみを厭い離れる。これが人が清らかになるための道である。


山里亮太

「トークの邪魔になるかもしれない」って躊躇するのは、ときに最大のサボり理由で、何もしない自分を肯定しちゃうんだよね。本当は自ら打席を手放しているだけなのに。だって調子のいいときは、「どうしたら邪魔にならずに入っていけるか」を考えるはずだもの。


瀬戸内寂聴

私は、いい母になる才能、いい妻である才能、そうした才能をひとつひとつ摘み取ってきました。そして、小説を書く才能だけを残したのだから、これだけたくさんの才能を犠牲にしたのだから、せめて小説を書く才能だけはちゃんとしてくださいとお釈迦様にお願いしています。


鈴木喬(経営者)

いわゆる勉強は体に悪いんですよ。詰め込めば詰め込むほどアイデアが出てこなくなります。だから僕は、多少不義理をしてでもなるたけ頭をカラッポにする、考え事をする時間をつくっています。何かこれまでと違うこと、面白いことないかなあ、と。


川村元気

隣の人を説得できない企画は、大勢の観客も説得できない。


和崎信哉

上質にこだわった成果の1つとして、「ドラマW」というシリーズをはじめ良質なオリジナルドラマが生まれてきていました。最初は監督も脚本家も、地上波や映画の仕事の合間にWOWOWの仕事をしていたのです。それが「WOWOWのドラマは好きなことをやらせてくれる」と話題になってきました。地上波とは差別化を図ったドラマがいくつも作られて、監督から企画が持ち込まれるケースも出て来ました。


遠藤功

何かを感じれば、そこから頭が回り始める。なぜこうした事異象が起きるのか、なぜ変化しているのか。何も感じなければ、問題意識は生まれず、思考は始まらない。


久保田隆(経営者)

日本人に必要なのが、リベラルアーツ、教養です。戦後の歴史教育のせいか、考え方や主張に軸がない。自国、そして相手の歴史を知らなければ、パートナーの文化や考え方を尊重しようと思ってもできません。


南場智子

チーム内の議論が時にオーバーヒートし、新入社員などがどん引きすることもあります。私もついつい穏やかな農耕型の人格を忘れてしまうことも。でもこれこそ醍醐味。あれこれ新しいアイデアを試しては、市場からのリアルなフィードバックに飛び上がって喜んだり、がっかりしたり、そして次はこれだ! と勝負する。このヒリヒリ感がたまりません。


小宮山宏

部分を集めても全体にはならない。


新野隆

従来、NECは事業部門が強い縦割りの経営をしてきた。けれども、グローバル化に対応するためには全社的な合意を形成しないといけない。そこで数年前から執行役員が合宿して、当社の将来を話し合ってきた。


鎌田富久

成功する秘訣はただひとつ、成功するまで続けられるかどうかだと思っています。エンジェル投資家にとっても、起業家が途中で諦めるというのが一番のリスクです。成功するまで辛抱強く頑張る、というのは一番重要です。


ゆうきゆう

失敗と落ち込みを繰り返すと、「もう何をやってもダメだ」という気持ちになる「学習的無気力感」に駆られてしまいます。失敗経験を活かして誰かのために役立てよう、という考え方をもつことが、新たな局面を開きます。苦い経験を味わった人ならではの、きめ細やかなフォローができるでしょう。周囲からは、「困ったときに頼れる人」と、感謝されます。


松下信武

会議のファシリテーター(進行役)は、課長クラスには会議の目的を明確に伝え、部長クラス並びに係長・主任クラスには、結論を具体的にわかりやすくした形で示し、一般社員のためには自由に発言できる雰囲気をつくることを心がけるべきだと思います。