名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田篤人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田篤人のプロフィール

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

内田篤人の名言 一覧

成長って、その環境に慣れることだと思う。だからレベルの高いところへ行った方がいい。


ドイツでは、超・頑張らないとやっていけない。周囲からどう思われているかなとか、そんなことを考える余裕はない。うまくなりたいとかじゃなく、僕は勝ちたいから、欧州へ来たんだと思う。


僕は敵サポーターからのブーイングやヤジを聞くと、むしろやる気が出るんです。敵からのブーイングはある意味、褒め言葉でもありますよね。


試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。


日本人、やるじゃないかと思ってもらいたい。日本人は「もっとやれるんだ」という気持ちを持つべきなんだ。


相手との距離感や間合いを見ながら、タイミングを考えてプレーした。頭を使いながらね。精神的にキツいし、面倒くさいけど、それができないと勝てないから。


もともと海外のサッカーに強い興味を持っていたわけでもないし、欧州でプレーしたいという夢があったわけでもない。ただ、周りが「行った方がいい」と言ってくれるから、行くべきなんだろうと。僕は厳しい環境じゃないとサボっちゃうから、マガトさん(フェリックス・マガト監督)のもとでプレーしたいと思った。


サッカーでは監督が戦術を考えるより、コーチが考えるチームの方が上手くいくことが多いんです。具体的な作戦はコーチに任せ、監督は選手に「行ってこい」と言うだけ。それで選手が動くカリスマ性があれば、監督はサッカーを知らない人ですらいいと思います。


僕はなるべく「人のために」という意識が強くなりすぎないようにしています。ファンの方の応援はもちろん嬉しいのですが、「ファンのために絶対勝たねば」と考えると、かえってプレッシャーに負けてしまう。頑張るのはあくまで自分であり、その結果を負うのも自分。期待を背負い込みすぎないほうがいいというのが、僕の行き着いた結論です。


プロである今は仕事でもありますから、悩むことはあります。それが続いてスランプになると、ボールを受けるのも怖くなる。ただ、あるとき「あ、これ以上悩むのは無駄だな」と気づいた瞬間があったのです。以来、だいぶ心は強くなったと思います。


サッカーは集団行動のスポーツですから。自分から仲間の中に飛び込んでいかなくてはならないから、人と仲良くなれる。僕も、子供の頃からサッカーを中心に友達が広がっていきました。


シャルケには十カ国以上から選手が集まっているので、言葉でコミュニケーションを取るのは大変です。でも、そんなバラバラな人たちが一つのスポーツで競い合える、というのは、サッカーの醍醐味だと思います。


アントラーズ時代も今のシャルケでも僕は仲間に恵まれている。仲間が自分の良さを出してくれるし、自分の短所を消してくれる。個人の力を引き出し、ひっぱり上げてくれるのが仲間なんだ。でも、その中で自分の欠点と向き合い、個人のレベルを上げないといけない。生かし合うのと、助けられるのは、ちょっと違うから。そこは勘違いしちゃダメなんだ。


内田篤人の経歴・略歴

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

他の記事も読んでみる

玉川勝

給与もキャリアも大事ですが、リコグニションというのが最も大事だと思っています。ソニー・インディアでは支店長会議を毎月3日間かけてやっています。初日と最終日は各支店からの報告、中日はジェネラルセッションということで本社幹部のメッセージを伝えます。ブランチとの適切なコミュニケーションが大事なんです。マーケティングや宣伝、商品はまた別にもプロダクトマーケティング会議というものを行っていますし、ほかにもアフターセールス等機能別に毎月やっています。


日下部淑美

合計17年間、医薬品業界に身を置いていたのですが独立しました。もともと独立心が旺盛なこともありましたが、生活習慣病などの慢性疾患は薬だけでは解決できないのではないか、まず優先するべきは食事の改善ではないかと思ったのです。


中山愼一

心がけているのは上から押しつけないこと。まずは自分で考え、判断してもらいたい。そのために挑戦しやすい環境を整えています。


堀紘一(コンサルタント)

仕事の能力ばかりが高くても、それだけで部下の心を動かせるわけではない。加えて人間的魅力こそが、チームを率いるリーダーには不可欠な要素なのである。


波多野陽子

まず自分が好きなもの、興味があるものを選びましょう。事業を続けていれば、必ず苦しい時がありますが、好きなものなら頑張れますし、知識やノウハウの習得も身につきやすい。


小森哲郎

負の遺産の生みの親は、新任者としては一番会いたくない人です。しかし、一番会いたくない人に、一番最初に会いに行くのが鉄則です。一番厳しいことを言ってくれるからです。そこでちゃんと仁義を切って「どういう前提でそういう方法を採ったのか」「いまはどう状況を認識しておられるか」を聞き、自分が考えている方向性を示します。


佐藤綾子(心理学者)

リーダーの引き際は実に難しいものがあります。これまで、引き際が本当に見事な経営者リーダーは何人もいました。そして、その人たちは辞めてからも引き際の立派さゆえに、多くの人の心をとらえています。ところが、引き際を間違えると「結局あの人はリーダーの器ではなかったのだ」ということに遡って判断されます。


小杉俊哉

「絶対に成功させます」「絶対にこの売上を達成させます」といった断定的な発言は、自分の行動を縛ることにもなりかねません。プレッシャーが強すぎると、確実に結果を求めるがあまり、リスクを伴う新しいチャレンジができにくくなります。そのため、いままでのやり方に固執することになり、環境の変化への柔軟な対応ができず、成果が出せなくなってしまうのです。


西任暁子(西任白鵠)

「いまからプレゼンしたいと思います」など、確定していることにまで「と思います」をつける人がいます。あるいは「私はですね」というように、語尾にすべて「ですね」をつける。物事をはっきり断定せず、「~である、と」「~みたいな」といった言い方をする。これらはすべて、防衛心理の表れです。平たく言えば、自分の言葉の責任を取りたくないのです。そんな心構えでは、信頼が得られるはずはありません。


田中孝司(経営者)

企業はユーザーから離れると必ず堕落します。それはスマホシフトに出遅れた2007年前後の当社の経験からも明らかです。私はユーザーが欲しいものを先回りして提供し、満足感と驚きを提供することにこだわりながら、KDDIの経営を舵取りしていきたいと考えています。


岡崎嘉平太

私のとくに気になっているのは、現在わが国の主要企業の資本構成は極めて悪く、借入金など他人資本が8割近くを占めていることです。このように自己資本が少なくて果たして自主独立、果敢な企業経営が可能であろうか疑わざるを得ません。自己資本の充実を第一義とすべきなのに、実際は企業の経費という名のもとにいろいろ無駄な出費が行われている。個人の力では考えられない贅沢が行われています。


福井威夫

安易な間違いはしないよう厳しく伝えてはいますが、必死に考えてもどうしようもない間違いはある。だから、思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。