名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

内田篤人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田篤人のプロフィール

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

内田篤人の名言 一覧

成長って、その環境に慣れることだと思う。だからレベルの高いところへ行った方がいい。


ドイツでは、超・頑張らないとやっていけない。周囲からどう思われているかなとか、そんなことを考える余裕はない。うまくなりたいとかじゃなく、僕は勝ちたいから、欧州へ来たんだと思う。


僕は敵サポーターからのブーイングやヤジを聞くと、むしろやる気が出るんです。敵からのブーイングはある意味、褒め言葉でもありますよね。


試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。


日本人、やるじゃないかと思ってもらいたい。日本人は「もっとやれるんだ」という気持ちを持つべきなんだ。


相手との距離感や間合いを見ながら、タイミングを考えてプレーした。頭を使いながらね。精神的にキツいし、面倒くさいけど、それができないと勝てないから。


もともと海外のサッカーに強い興味を持っていたわけでもないし、欧州でプレーしたいという夢があったわけでもない。ただ、周りが「行った方がいい」と言ってくれるから、行くべきなんだろうと。僕は厳しい環境じゃないとサボっちゃうから、マガトさん(フェリックス・マガト監督)のもとでプレーしたいと思った。


サッカーでは監督が戦術を考えるより、コーチが考えるチームの方が上手くいくことが多いんです。具体的な作戦はコーチに任せ、監督は選手に「行ってこい」と言うだけ。それで選手が動くカリスマ性があれば、監督はサッカーを知らない人ですらいいと思います。


僕はなるべく「人のために」という意識が強くなりすぎないようにしています。ファンの方の応援はもちろん嬉しいのですが、「ファンのために絶対勝たねば」と考えると、かえってプレッシャーに負けてしまう。頑張るのはあくまで自分であり、その結果を負うのも自分。期待を背負い込みすぎないほうがいいというのが、僕の行き着いた結論です。


プロである今は仕事でもありますから、悩むことはあります。それが続いてスランプになると、ボールを受けるのも怖くなる。ただ、あるとき「あ、これ以上悩むのは無駄だな」と気づいた瞬間があったのです。以来、だいぶ心は強くなったと思います。


サッカーは集団行動のスポーツですから。自分から仲間の中に飛び込んでいかなくてはならないから、人と仲良くなれる。僕も、子供の頃からサッカーを中心に友達が広がっていきました。


シャルケには十カ国以上から選手が集まっているので、言葉でコミュニケーションを取るのは大変です。でも、そんなバラバラな人たちが一つのスポーツで競い合える、というのは、サッカーの醍醐味だと思います。


アントラーズ時代も今のシャルケでも僕は仲間に恵まれている。仲間が自分の良さを出してくれるし、自分の短所を消してくれる。個人の力を引き出し、ひっぱり上げてくれるのが仲間なんだ。でも、その中で自分の欠点と向き合い、個人のレベルを上げないといけない。生かし合うのと、助けられるのは、ちょっと違うから。そこは勘違いしちゃダメなんだ。


内田篤人の経歴・略歴

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

他の記事も読んでみる

天野篤

医者として認められるには、結果を出すしかなかった。「やってやるぞ!」という本気の覚悟があれば、深夜の縫合練習なんか苦ではなかった。


安川英昭

経営者として心がけたことは、他社がやらない技術と製品を、他社より早く手がけさせ、他社よりも早く結果を出させることでした。開発に必要な装置はすべて買い与えました。現場から要求がなくても、必要な装置は私自ら提案しました。


遠藤宏治

カミソリは品質向上で長持ちするようになり、出荷量自体はあまり増えていません。ただし、女性用のムダ毛剃りなど部位別のカミソリ市場のボリュームは大きく、当社はここではトップシェアです。少子高齢社会で国内は市場拡大が望みにくいですが、高付加価値化、新たな用途の提案など刃物を軸に提案して行けば可能性は広がると思います。


富野由悠季

何事にも、偶然上手くいくことはあるものです。しかし、偶然に上手くいくことなどは、二度三度と起こるものではありません。


原典之

私自身は営業から人事、営業推進と経験し、異なる仕事の仕方を学んだ。個々人が自分なりのスタイルで能力を発揮できる多様性のある組織をつくっていきたい。


関口康

私が仕事で「粘る」大切さを学んだのは、商社に勤めていた20代です。都市開発部門にいた私は、香港のマンション建設プロジェクトで、現場の所長を務めていました。当時、日本の企業は海外の建設工事に不慣れだったため、建築図面の表記の商習慣巡ってトラブルが続出していました。なかでも施主とのトラブル処理が熾烈を極めました。施主の要望に応じて施工した途端、「書面にしていないから」と支払いを拒否され訴訟に発展したのです。証拠書類がなく、ほとんど勝ち目がないといわれていましたが、私の手帳のメモと証言の一貫性が認められて、幸運にも勝訴しました。このときに学んだのは、どんなに困難な状況があっても、どこかに突破口があることを信じて考え抜けば、必ず道は開けるということでした。


清水正孝

荒木さん(荒木浩社長)の頃から東電は変わりました。千葉火力発電所の建て替えのときは、徹底的に競争の世界に持ち込みました。結果、長年取引していたGEではなく、三菱重工さんにお願いすることになりました。価格は信じられないほど下がりました。東電は、荒木さんの時代から徹底的にコストを削ってきたのです。


浅野秀則

経営者にとって必要なことは、自分が興味を持ち続けること、気付き続けること。経営では一つの現象が起きたら、それで終わりではなく、その後ろには何が隠されているのか、そのもとが何なのかということを見極めていかなくてはいけません。そのためには、経営者自ら気づき続けていないとだめですね。


村上龍

映画『フィラデルフィア』で、弁護士に扮したデンゼル・ワシントンが何度も使う台詞があります。「私を6歳の子供だと思って説明してください」というセリフです。要するに、「もっとわかりやすく説明してくれ」ということです。6歳の子供に何かを教えるのは大変です。6歳児の知識は限られていますし、むずかしい言葉もわからないし、つまらないと思うとすぐに飽きて話そのものを聞こうとしなくなります。覚えが悪い2人の部下に対し、折れるとか、持ち上げるとか、そんなことではなく、一度、「6歳児に教える」つもりで、話してみてはどうでしょうか。


長谷川穂積

努力しない人には運も味方しない。一生懸命に練習するとか、そういう努力は必要でしょうね。


澤上篤人

どうして「買いも売りも早め早めで」か、その意味分かる? 実は、それが相場というものなのよ。「この辺りが底だろう」という読みは大体一致する。そして、その価格近辺で買おうとする差し値注文が分厚くなっていく。買い注文が分厚くなると、その少し上で買おうという注文が必ず入ってくる。すると、さらにその一歩手前で買おうといった動きも出てくる。そうした「せめぎ合い」が下げ相場で重ねられているうちに、どこかで株価は底を打つ。結果的には、皆が読んでいた底値よりずっと手前で底を打つなんて、よくあること。これは多くの投資家が少しでも安く買いたい、されど買い逃したくはないと願うが故の相場模様である。天井圏で売ろうとするのも同じこと。いや、もっと瞬間的である。どの投資家も売りそびれたくないから、上昇相場が下げに転じたとみるや、すさまじい売りが殺到する。それを見てから、ノコノコと売りに行っても遅いのだ。


吉田尚記

コミュニケーションは「ゲーム」だと考えればいい。このゲームのルールは、「敵味方に分かれた対戦型ゲームではなく、参加者全員による協力プレーである」「敵は気まずさである」ということ。目の前にいる人は対戦相手ではなく、一緒にプレーするチームメイトだと考えてください。「相手を言い負かそう」とか「面白いことを言って笑わせてやろう」と考える必要はありません。相手と協力して気まずさという敵を回避し、互いに気持ちよくなればこのゲームは勝ちです。