内田篤人の名言

内田篤人のプロフィール

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

内田篤人の名言 一覧

成長って、その環境に慣れることだと思う。だからレベルの高いところへ行った方がいい。


ドイツでは、超・頑張らないとやっていけない。周囲からどう思われているかなとか、そんなことを考える余裕はない。うまくなりたいとかじゃなく、僕は勝ちたいから、欧州へ来たんだと思う。


僕は敵サポーターからのブーイングやヤジを聞くと、むしろやる気が出るんです。敵からのブーイングはある意味、褒め言葉でもありますよね。


試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。


日本人、やるじゃないかと思ってもらいたい。日本人は「もっとやれるんだ」という気持ちを持つべきなんだ。


相手との距離感や間合いを見ながら、タイミングを考えてプレーした。頭を使いながらね。精神的にキツいし、面倒くさいけど、それができないと勝てないから。


もともと海外のサッカーに強い興味を持っていたわけでもないし、欧州でプレーしたいという夢があったわけでもない。ただ、周りが「行った方がいい」と言ってくれるから、行くべきなんだろうと。僕は厳しい環境じゃないとサボっちゃうから、マガトさん(フェリックス・マガト監督)のもとでプレーしたいと思った。


サッカーでは監督が戦術を考えるより、コーチが考えるチームの方が上手くいくことが多いんです。具体的な作戦はコーチに任せ、監督は選手に「行ってこい」と言うだけ。それで選手が動くカリスマ性があれば、監督はサッカーを知らない人ですらいいと思います。


僕はなるべく「人のために」という意識が強くなりすぎないようにしています。ファンの方の応援はもちろん嬉しいのですが、「ファンのために絶対勝たねば」と考えると、かえってプレッシャーに負けてしまう。頑張るのはあくまで自分であり、その結果を負うのも自分。期待を背負い込みすぎないほうがいいというのが、僕の行き着いた結論です。


プロである今は仕事でもありますから、悩むことはあります。それが続いてスランプになると、ボールを受けるのも怖くなる。ただ、あるとき「あ、これ以上悩むのは無駄だな」と気づいた瞬間があったのです。以来、だいぶ心は強くなったと思います。


サッカーは集団行動のスポーツですから。自分から仲間の中に飛び込んでいかなくてはならないから、人と仲良くなれる。僕も、子供の頃からサッカーを中心に友達が広がっていきました。


シャルケには十カ国以上から選手が集まっているので、言葉でコミュニケーションを取るのは大変です。でも、そんなバラバラな人たちが一つのスポーツで競い合える、というのは、サッカーの醍醐味だと思います。


アントラーズ時代も今のシャルケでも僕は仲間に恵まれている。仲間が自分の良さを出してくれるし、自分の短所を消してくれる。個人の力を引き出し、ひっぱり上げてくれるのが仲間なんだ。でも、その中で自分の欠点と向き合い、個人のレベルを上げないといけない。生かし合うのと、助けられるのは、ちょっと違うから。そこは勘違いしちゃダメなんだ。


内田篤人の経歴・略歴

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、凡人には難しいという人がいる。そんなことはウソだ。やろうとしないから、やれないんだ。それだけのことだ。


成毛眞

私は、読むに値する「おすすめ本」をキュレーター集団が紹介する書評サイト「HONZ」を主宰しているが、運営のためのリアルのオフィスは存在しない。フェイスブックの「クローズドグループ」が、その役割を担っている。さらに、原稿やキュレーターの連絡先の管理などは、「ドロップボックス」を活用している。


渡部昇一

「自分は運がいい」と思い込める人は本当に運が良くなる。


関谷英里子

何かを学ぼうと思ったら、そのために身銭を切って投資するのを避けることはできません。しかし、お金をかければかけるほど、高い学習効果が得られるわけではないというのもまた事実です。大事なのは費用対効果、いかに効果的な投資を行うかではないでしょうか。それも、費用というよりは、投資した時間の費用対効果だと思います。


唐池恒二

豪華寝台列車「ななつ星」に乗車されるのは、偶然集まったというのではなく、「ななつ星」を目一杯楽しみたいという方ばかりです。お客さま同士が楽しさを高め合っていくようなところがあります。


米澤穂信

叫び声でしか届かないものもあると思う。


澤上篤人

有力誌ビジネスウィークが「株式の死」と題した大特集を組むほど米国の株価が長期低迷した時代。1960年代に始まるボックス相場でダウが700ドルから1000ドルの間を行ったり来たりした16年半においても、個別企業を選別する我々長期投資家は、そこそこの運用成績をあげていた。


青野慶久

せっかく読んだ本を無駄にしないために、読みながら気になる部分があるとポストイットを貼るようにしています。それを、週末など時間があるときにパソコンに入力して、オリジナルのデータベースをつくっています。この作業をすると、読んだときだけでなく、入力時にも大切だと思う内容がもう一度頭に入ってきますし、デジタル化することで必要なときに検索して簡単に取り出すこともできるようになります。


谷口祥子

相手の名刺がシンプルなときは、肩書きに注目。「イメージコンサルタント」などのカタカナ職業や、「○○第一部○○推進室」など漢字が長々と並んだ部署名は、「どんなお仕事なんですか」と質問するチャンスです。


三枝匡

経営リーダーが戦略を明確に打ち出し、それに共感した社員がダンゴになって本当に走り始めたら、これが同じ会社なのかと思うくらい何倍もの働きを始めます。


大山健太郎

効率的に働くためには、「集中」と「休息」の適度な切り替えが必要。


猪瀬直樹

一見して難しいと思えることでも、視点を変えてみれば、自分の能力や経験値、持ち時間の範囲内でできる解決策があるはずです。それを考え出すには、「できない、どうしよう」というネガティブな思い込みを捨てる頭の切り替えも必要でしょう。


チャールズ・ディケンズ

「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】


浅川芳裕

開国と成長は両立可能。守りを固めるより外へ出よう。


神田昌典

近年、いわゆる「本離れ」が進んでいると言われます。しかし、私が「本離れ」を感じることは、ほとんどありません。私の周囲にいる意識の高いビジネスパーソンはみな、いまでも多くの本を読み続けているからです。


ページの先頭へ