名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

内田直の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田直のプロフィール

内田直、うちだ・すなお。日本の精神科医。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。滋賀医科大学卒業。専門は神経精神医学、睡眠医学、臨床精神医学、スポーツ精神医学。そのほか日本スポーツ精神医学会理事長などを務めた。

内田直の名言 一覧

「部下の特質に合わない仕事をふること」と「仕事の目的を部下が理解していないこと」。この二つは効率を著しく下げます。誰にでも得意不得意はありますから、それぞれの特質を知って上手に活かす。ただし、これにはこまやかなコミュニケーションが前提となります。


口に出したり、紙に書いたり、アクティブなトレースをすることで情報は脳に定着されます。特にプレゼンなどは相手の反応を何パターンか想定しながらリハーサルすることで、不安にならず、落ち着いて本番に臨めます。


睡眠の質が大事なことはもちろんですが、睡眠時間の長さは、どうやら質では補えない脳本来の潜在的な能力を引き出すようなのです。また、快適な睡眠をとるために適度な運動は必要です。


一日を細かく区切って、仕事の計画を作成してみることをお勧めします。最初は実行できない無理な計画を立ててしまうかもしれませんが、まず自分の仕事量を知ることが大切です。


睡眠でリセットされて脳にキャパの余裕があるので、部下への指示を目的とする会議は午前中に済ませるのがお勧めです。


内田直の経歴・略歴

内田直、うちだ・すなお。日本の精神科医。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。滋賀医科大学卒業。専門は神経精神医学、睡眠医学、臨床精神医学、スポーツ精神医学。そのほか日本スポーツ精神医学会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ヒューバート・サニエレス

ローカルに認められ、強固な信頼関係を築くことが、持続的な成長につながる。


和田秀樹

こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。


篠原欣子

当社の成功の秘訣は、本業に徹し、お客様のニーズに忠実に応えてきたことです。


阿刀田高

人生において「よい出会い」はめったにない。同じメンバーであっても、本当に充実した1時間なり2時間なりを過ごすということは極めて少ない。双方の心理状態、健康状態、天候など、いろんなことが影響しているからだ。そうである以上、良い出会いは大切にしなければならないし、良い出会いを持つために努力することは、生きていくうえで最も大切なことだと言っていい。


小林陽太郎

学生時代は別にして、社会人になってから正面を切って古典にふれる人は、おそらく少ないのではないか。極端な話、古典はホコリをかぶって本棚に置かれているようなイメージを抱いている人が多いが、決してそうではない。現代に生き続けている古典とは、いくつもの時代を越えて、非常に長い「旬」を持ち続けている考え方であり、思想なのである。


佐藤治子(madame H)

おしゃれに服を着こなす前提は、自分の「軸色」を見つけて、「オンとオフ」で服装を分ける習慣をつけること。できれば、いいものには少々の投資を惜しまないことに尽きます。


今井登茂子

好感度アップのための言葉や話し方について考える前に、「言葉に心を込める」「相手の立場を考える」ことが大前提です。そのうえで、気の利いた言葉、センスのいい言葉がつかえればコミュニケーションが楽になり、仕事も自然と広がっていくはずです。


戸塚隆将

先輩や上司、同僚との「飲みニケーション」は貴重で大事な機会。上司や先輩は、積極的に後ろを追いかけ、アドバイスをもらうべき目標となる存在。そのためにもいい関係を築くべき。


大竹文雄

注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


篠原欣子

大きな目標を掲げるのもいいけれど、小さな改善、毎日の積み重ねがもっと重要です。


内永ゆか子

グローバルリーダーには独力でなれるわけではありません。強力な人脈があればこそ、大きな仕事ができるのです。個人でできることなど限られています。グローバルリーダーにとって人脈づくりは欠かせない仕事です。


加藤俊徳

30代から40代は、脳が自分らしく個性化していく時期です。その一方で、仕事に慣れ、徐々に新鮮味がなくなってくる時期でもあります。この大事な時期に、いかにいろいろな経験を積み、脳を鍛えられるかが、その後の人生を決めます。