内田直の名言

内田直のプロフィール

内田直、うちだ・すなお。日本の精神科医。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。滋賀医科大学卒業。専門は神経精神医学、睡眠医学、臨床精神医学、スポーツ精神医学。そのほか日本スポーツ精神医学会理事長などを務めた。

内田直の名言 一覧

「部下の特質に合わない仕事をふること」と「仕事の目的を部下が理解していないこと」。この二つは効率を著しく下げます。誰にでも得意不得意はありますから、それぞれの特質を知って上手に活かす。ただし、これにはこまやかなコミュニケーションが前提となります。


口に出したり、紙に書いたり、アクティブなトレースをすることで情報は脳に定着されます。特にプレゼンなどは相手の反応を何パターンか想定しながらリハーサルすることで、不安にならず、落ち着いて本番に臨めます。


睡眠の質が大事なことはもちろんですが、睡眠時間の長さは、どうやら質では補えない脳本来の潜在的な能力を引き出すようなのです。また、快適な睡眠をとるために適度な運動は必要です。


一日を細かく区切って、仕事の計画を作成してみることをお勧めします。最初は実行できない無理な計画を立ててしまうかもしれませんが、まず自分の仕事量を知ることが大切です。


睡眠でリセットされて脳にキャパの余裕があるので、部下への指示を目的とする会議は午前中に済ませるのがお勧めです。


内田直の経歴・略歴

内田直、うちだ・すなお。日本の精神科医。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。滋賀医科大学卒業。専門は神経精神医学、睡眠医学、臨床精神医学、スポーツ精神医学。そのほか日本スポーツ精神医学会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

熊切直美

当社は「取締役の60歳定年制」を設けています。人は権力を持つとどうしても手放したくなくなるもの。その意味では組織硬直化を防ぎ、新陳代謝を起こす仕掛けとして、メリットは大きいでしょう。


田坂広志

速読や多読によって多くの知恵を得ても、実はそこに大きな落とし穴があります。たとえば、「ドラッカーはこう言っている」「いま、アメリカの最先端はこうなっている」など、その博識に感心させられる人が、重要な企画会議でよいアイデアを出すかというと、必ずしもそうではありません。速読や多読の能力が、必ずしも創造性や洞察力につながらないからです。


山田邦雄

実はあまり数値目標は出していません。数値目標のために何かをやるのは、物事の順序が逆のような気がしますから。やることをやれば、結果はついてくる。むしろ、数字のために何かおかしなことをしないように注意しています。


中村獅童(二代目)

他人を気にするより、むしろ最大のライバルは自分だと思った方が力が湧く。弱い自分に負けないために、精神を鍛えて稽古をして、精進していきたい。


箭内道彦

僕の場合、思いつきは口から、人とのコミュニケーションから生まれます。話している間に、自然に言葉が、アイデアが出てきます。言い換えれば、思いつきをいろいろな人に引き出してもらっているんです。目の前に新しい人が現れる限り、アイデアや企画のネタには困りません。


藤田晋

ネットサービスにおいて小さいベンチャー企業は、自社サービスを個人運営のサービスのように危機感を持って、手間暇を掛けて開発・運用します。大企業が小さなベンチャー企業に負けるのはその点です。ですから、同様の危機感や責任感を感じてもらうために、「ユーザー視点で良いものを作る=プロデューサーの評価」としています。


前田勝之助

何千年と受け継がれた過去の知恵に秘められた思想からは、何か得るものがあるはず。まず先人を尊び、彼らがたどってきた歴史的、知的所産をなぞってこそ、本当に新しい道を見出していけるのだと思います。


佐藤優

僕から言わせれば、怪しい人物やきわどい仕事をする人ほどキチンとした格好をするという法則がある。たとえば詐欺師は、見た目はごく普通の真面目なビジネスマン風を装っている。暴力団構成員だって、いまどきはビジネススーツでパリッとしている人が多い。怪しさとかきわどさを抱えている業種の人物ほど、身なりを整えるという傾向はあると思う。つまりカムフラージュするのです。


山岡荘八

家康は、自分の財産というものはない、そういう考え方をしていた。徹底した仏教信者でもあったので、一切の財産は預かりもの、必ず国民の生活にプラスになるように使わなければならない。そういうことから、この金はお前に渡すけれど、お前のものではないのだから、自分のために使ってはいけないということを、いつも3度繰り返すのが常であったということです。ですから貯蓄をすることは自分のためであると同時に、いつでも国の繁栄のため、家の繁栄のため、ということにつながっていたわけです。それがかなり徹底していたと思うんです。


菊原智明

万年ダメ営業マンだった私がトップセールスマンになれた理由の大きな1つは、「いま実は奥さんに怒られていて……」とか「この前、お酒でとんだ失敗をしちゃって……」というトホホ話をお客様に積極的にするようになったこと。やはり完璧な人より、少し抜けているくらいの人のほうが人間味があって親近感がわくものです。


柳井正

われわれは大型店をつくっているので、既存店への影響大きくなり、不必要な店舗が出てくる。大型店は既存店の2倍以上売るところもある。既存店は建て替えている。小売業なので、いつも最強の店舗布陣にしないといけない。われわれは出店費用をかけないようにしているので、気楽に撤退できる。誰にも迷惑をかけないようにしている。【覚書き|出店に対する閉店の割合が増えてきているのでは?という記者の質問に対するコメント】


安部修仁

仮説ってものほどあてにならないものはないから、仮説検証には相当ボリュームをかけます。280円のときは4タイプの価格実験を30店舗でやりました。粗利が一番大きくなる合理的なプライスポイントは一直線には出てこなくて、跛行性(はこうせい。つり合いのとれていない状態のまま進行すること)がある。たとえば、270円と280円で客数は変わらないが、290円と300円の間には壁がある。つまり、とびとびに出て来る。その中から、あるレンジ(範囲)に収まる価格を選び出すのです。


江崎玲於奈

挑戦した結果が失敗であれば、そのことを踏まえて新しい方向へ頭を切り替えることができるという利点が発生します。私自身もたくさんの失敗を繰り返し、そこから学ぶ人生を送ってきました。


川淵三郎

壁を乗り越えるには、批判されたとき、立ち向かうエネルギーが必要。僕の場合は、反対する人、傍観者となって動かない人、足を引っ張ろうとする人がいればいるほど、燃えてしまう。


カルロス・ゴーン

企業の中であるポストから上になると、人間としての力が問われることになります。専門知識などよりも、状況を理解し、人の話を聞き、やる気を起こさせ、物事を明確にし、大勢の力を結集させるといった能力が問われるのです。


ページの先頭へ