名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内田百間(内田百閒)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田百間(内田百閒)のプロフィール

内田百間(内田百閒)、うちだ・ひゃっけん。日本の小説家、随筆家。夏目漱石の弟子。岡山県出身。東京帝国大学独文科を卒業。陸軍士官学校、海軍機関学校でドイツ語を教える。法政大学教授陸軍士官学校教授などを務めながら執筆活動を行った。

内田百間(内田百閒)の名言 一覧

臆病ということは不徳ではない。のみならず場合によれば野人の勇敢よりも遙かに尊い道徳である。


サービスとは愛想顔、御機嫌取りの意味ではないはずである。


内田百間(内田百閒)の経歴・略歴

内田百間(内田百閒)、うちだ・ひゃっけん。日本の小説家、随筆家。夏目漱石の弟子。岡山県出身。東京帝国大学独文科を卒業。陸軍士官学校、海軍機関学校でドイツ語を教える。法政大学教授陸軍士官学校教授などを務めながら執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

金子慎

社員の本来持つ力を発揮させ、それを統合する。鉄道会社はヒット商品を次々生み出す会社ではない。安全やサービスを地道に磨き続ける仕事で、その力を社員に発揮させるのが私の役割だと思っている。


佐々木常夫

私はよく講演などで「運命を受け入れなさい」という話をします。たとえ理不尽な運命でも受け入れて、いったん腹をくくってしまえば、そのほうが生きやすいからです。


村上龍

ひと頃、「自分探し」というのが流行りました。私は、まったく意味がわかりませんでした。自分なんか探しても絶対に見つからない、というか、「自分」は常に、自宅とか会社とか公園とかコンビニとか、どこかにいるわけで、探す必要などないわけです。「自分探しをしたい」という無職の友人に対し、私は、「自分なんか探さないで仕事を探せ」と言ったことがあります。


和田完二

うちの会社もこれまで技術者や技術要員の獲得にはずいぶん悩まされてきた。しっかりした頭脳の持ち主なんてなかなかいないし、あったとしても精神の方がひねくれていたのではかえって困る。精神も健全で頭のいい者を採りたいのはやまやまだが、それには募集の方法がない。そこで私は、これは人任せや人頼みではいつまでたっても解決できないから、ひとつ自分の手で学校をつくろうということに踏み切った。


松井忠三

海外でビジネスをする上でブランドほど大事なものはありません。私たちには「わけあって安い」に象徴されるような禅や茶道という簡素を旨とする哲学が流れています。こうした価値観は、実は世界中に受け入れられる考え方だと思っています。


山田昇(ヤマダ電機)

英語の社内公用語化で本当に企業理念を理解できるかというと、どうなんでしょうか。やっぱり日本の市場で、日本語で育った会社ですから。その理念や文化を外国語で教育するのは、なかなか難しいよね。理解できないでしょう。日本語の実態が分からなければ。


朝倉千恵子

わが社はこれまで毎年夏に、社員に「家族旅行手当」を渡しています。家族で旅行にいって思い出づくりをしてほしいという願いからです。お小遣いを渡したり物をプレゼントしたりすることも大事。でも、思い出はお金で買って渡して終わり、ではありません。まさにプライスレス。だから、一泊でも二泊でもいい、家族で一緒に旅行をしてたくさん話をし、多くの思い出を残せるように、写真もいっぱい撮ってほしいのです。私の母は北海道に行ったことがありません。「北海道に一緒に旅行しようね」と話していたちょうどそのころ、病気を患い、治療のために遠方への旅行ができない体になってしまいました。だから部下たちには、ご両親が健康であるうちに、できるだけたくさんの思い出づくりをしてほしい。そんな思いで始めた家族旅行手当なのです。


篠原あかね

よい宴会をするためには事前準備と観察が重要です。宴会の趣旨を明確にしてよく分析しきっちりと段取りすること、当日はよく観察すること。


近藤宣之

「ヒト、モノ、カネ、情報」の関係は、ヒトが頂点、残りが底面をつくる三角錐の関係です。この関係を間違えると、ヒトをカネに変えるリストラを平気でやってしまう。どれだけヒトに投資できるかで、企業の成長は決まります。


分林保弘

京都は伝統と革新の街です。私は京都御所の近くの室町で生まれました。父は能楽師、母はお茶の先生ですが、家の周りは呉服屋だらけ。そんな環境で育ちました。でもその一方で、京都には島津製作所やオムロン、京セラ、日本電産、ロームなど、最先端の電子機器メーカーも数多くあります。古いものと新しいものが混在しているのが京都です。


塚原光男

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


平林実

揺らぐことのない野心と希望さえあれば、夢は実現する。