名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田毅彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田毅彦のプロフィール

内田毅彦、うちだ・たかひろ。日本の医師(内科・循環器科医)、経営者。「日本医療機器開発機構(JOMDD)」社長。群馬県出身。福島県立医科大学医学部卒業、ハーバード公衆衛生大学院修士、ハーバード経営大学院GMP修了。東京女子医科大学循環器内科臨床医、FDA医療機器審査官、ボストン・サイエンティフィックなどを経て日本医療機器開発機構を設立。

内田毅彦の名言 一覧

現場の医師には、いろいろなアイディアがある。だが、日々の仕事が忙しく、そうしたアイディアを実用化する時間がない。そこで、その部分を我々が手伝おうと考えた。


裾野を広げなければ、産業は育たない。まずは成功事例が必要。それを自分たちで作っていこうと起業を選んだ。


ペースメーカーの電池は日本のメーカーが作っているが、主体となって製品開発をしていない。つまり、リスクを取っていない。リスクを取って事業化しなければ、医療機器産業は育っていかない。


医者時代は、使っている機器がすべて米国製でも何とも思わなかった。だが、FDA(米国食品医薬品局)で開発の現場を知り、日本が医療機器では貿易赤字と知って驚いた。なぜ、自動車や家電でできたことが医療機器でできなかったのか。気付いてしまった以上、問題を片付けなければいけないと思った。

【覚え書き|日本医療機器開発機構を創業したことについて】


内田毅彦の経歴・略歴

内田毅彦、うちだ・たかひろ。日本の医師(内科・循環器科医)、経営者。「日本医療機器開発機構(JOMDD)」社長。群馬県出身。福島県立医科大学医学部卒業、ハーバード公衆衛生大学院修士、ハーバード経営大学院GMP修了。東京女子医科大学循環器内科臨床医、FDA医療機器審査官、ボストン・サイエンティフィックなどを経て日本医療機器開発機構を設立。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

1年後の自分をイメージすることによって、いまの自分には何が足りないのか、どういうスキルを持てばイメージ通りの自分になれるかがわかってきます。ところがほとんどの人は、目先の仕事に追い回されているだけで、未来を見つめていません。しかしこの手本がない時代だからこそ、1年先、半年先の自分を明確にイメージしていないと時代の荒波にのまれてしまいます。それほど、状況の変化が激しい時代なのです。


砂山起一

「ディズニーランドの顧客満足度が高いのはマニュアルがしっかりしているからだ」。そんなイメージを持つ人もいますが、事実は違います。私たちは、マニュアルをほとんど使っていません。「あなたの家族を連れてきたとしたら、どんなサービスをしてあげると喜びますか。それを考えて働いてください」とキャスト(従業員)に言っています。


山本昌(山本昌広)

これくらいでいいやと自分に妥協すると、そこで止まってしまう。


スティーブ・ヴァンアンデル

私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


新田信行

当組合に来てから、金融業界をメガバンクの立場だけでなく、信組の立場と両方から見ているわけです。金融業界としてできていない部分、もっと頑張らなければならない部分が非常によく見えてきました。


西川光一(経営者)

駐車場事業で03年から無人駐車場管理システムTONICの運用を開始した。これにより、売上高はもちろん、どこに何台、何時間停まっていたかといったデータをセンターで一括して収集できるようになった。例えば、データからあまりクルマの停まらない駐車スペースを把握できる。その情報をもとに現場へ行きレイアウトを改善することで収益改善につながったりする。カーシェアにおいても、車両が得たデータをセンターへ吸い上げる仕組みはすでに整っている。TONICは我々が持つ大きなアドバンテージだ。


二宮尊徳(二宮金次郎)

世間の人は、とかく小事を嫌って大事を望むけれども、本来、大は小を積んだものである。だから、小を積んで大をなすほかに方法はない。


天坊昭彦

ビジネスマンは、不得意なジャンルはつくらないほうがいい。とくに、事務系の場合はそうです。ですから、たとえ苦手な仕事でも、興味を持てる部分を探してそこから攻めていくというように、自分自身で意欲を持てるような取り組み方を考えていくといいでしょう。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

まだ金持ちにはなれていないけれど、お金を追いかけるような生き方はしたくないと思っている。それは、古典や先人たちの生き方が教えてくれているんだ。「お金が欲しい」という夢を追いかけて世の中で成功した人間なんか、ひとりもいないんだから。


黒鉄ヒロシ

大切なのは自分で決めて守ること。自分の約束を守ることで、フォームがかたどられていく。そうやって身につけたフォームは死ぬまで残る。


藤原和博

規模の大小に関係なく、組織にいることの大きなリスクは「上司」の存在です。サラリーマンである以上、上司が間違いなく幸せの半分のカギを握っていると私は考えています。そして40歳よりも45歳、45歳よりも50歳と、年齢が上がれば上がるほど、リスクは大きくなります。若いうちは、たとえ直属の上司と気が合わなくても、異動や組織改革で環境が変われば、新しい上司からチャンスをもらうことができます。しかし、昇進につれて異動できる場所は限られていき、評価を下す上司の顔ぶれもだんだん決まってきます。そして晴れて部長になったとき、常務や専務と合わなければ、「あいつはダメだ」と烙印を押されて「終わり」。一度下された評価は二度と覆らないまま、退職までの長い時間を過ごすことになります。そう考えると、「転職」「独立」のリスクと「留まること」のリスクは、45歳以上からは実はほぼ同じと考えてもいいのではないでしょうか。


小林惠智

自分を知るのは簡単なことではありません。自分の思考や行動パターンを客観的に分析し、嫌な面も直視することが必要だからです。