名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田毅彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田毅彦のプロフィール

内田毅彦、うちだ・たかひろ。日本の医師(内科・循環器科医)、経営者。「日本医療機器開発機構(JOMDD)」社長。群馬県出身。福島県立医科大学医学部卒業、ハーバード公衆衛生大学院修士、ハーバード経営大学院GMP修了。東京女子医科大学循環器内科臨床医、FDA医療機器審査官、ボストン・サイエンティフィックなどを経て日本医療機器開発機構を設立。

内田毅彦の名言 一覧

現場の医師には、いろいろなアイディアがある。だが、日々の仕事が忙しく、そうしたアイディアを実用化する時間がない。そこで、その部分を我々が手伝おうと考えた。


裾野を広げなければ、産業は育たない。まずは成功事例が必要。それを自分たちで作っていこうと起業を選んだ。


ペースメーカーの電池は日本のメーカーが作っているが、主体となって製品開発をしていない。つまり、リスクを取っていない。リスクを取って事業化しなければ、医療機器産業は育っていかない。


医者時代は、使っている機器がすべて米国製でも何とも思わなかった。だが、FDA(米国食品医薬品局)で開発の現場を知り、日本が医療機器では貿易赤字と知って驚いた。なぜ、自動車や家電でできたことが医療機器でできなかったのか。気付いてしまった以上、問題を片付けなければいけないと思った。

【覚え書き|日本医療機器開発機構を創業したことについて】


内田毅彦の経歴・略歴

内田毅彦、うちだ・たかひろ。日本の医師(内科・循環器科医)、経営者。「日本医療機器開発機構(JOMDD)」社長。群馬県出身。福島県立医科大学医学部卒業、ハーバード公衆衛生大学院修士、ハーバード経営大学院GMP修了。東京女子医科大学循環器内科臨床医、FDA医療機器審査官、ボストン・サイエンティフィックなどを経て日本医療機器開発機構を設立。

他の記事も読んでみる

岩佐実次

背伸びしないで、内容を充実させて大事に育てていくことが重要。


ルイス・バークスデール

科学というものは好奇心を持つ人が取り組む学問。人間が持っている好奇心を壊さない教育こそが大切。


メンタリストDaiGo

集中しないほうがうまくいくことだってあります。注意を散漫にしたほうが面白いアイデアを思いつくことがあるので、集中力が発揮できない時間帯を他人と雑談をしながらアイデア出しをする時間に充てるのもいいでしょう。


ジョン・A・ソルハイム

もともと父(創業者カーステン・ソルハイム)は、GE(ゼネラル・エレクトリック)のエンジニアで、飛行機などの開発に携わっていました。飛行機の燃料は両翼に積まれ、この燃料が入っている状態は、飛行中も安定しましたが、燃料がカラになると飛行姿勢が崩れるということをエンジニアの視点から父は熟知しておりました。つまり、重量の配分によって重心位置をコントロールすることが、安定につながるということであり、この理論をパターの製作にもあてはめ、トゥとヒール(ゴルフクラブの両端)にウエートを配することで、ストローク中のヘッドの挙動を安定させるトゥ・ヒールバランスを生み出していったのです。


中村勇吾

僕が仕事をしていて「そうなると怖いな」と思うのは、目の前の雑務に追われ、同じ方法を繰り返してしまうことです。そこで、長いときには半年ぐらいはあえて仕事をなくして、表現方法の開発だけをやる時期をつくるようにしています。


土橋章宏

老若男女、誰もが楽しめる物語を僕は書きたいと思っているんです。たとえ「本を読むのはあんまり……」という人でも、いったんページを開いたら読み切ることのできるもの、「面白かったなぁ!」と、思いっきり満足してもらえるものを。


岡藤正広

会議で話すよりも、飲み屋で腹を割って話す方が役に立ちます。会議で話したところで誰も聞いてはいません。私は会議の回数は減らしたほうがいいと思っています。


小宮一慶

一人前と一流は違います。一流になりたければ、人が見逃しがちな基礎や本質を自分の頭と体にきちんとたたき込まないといけません。


金子源

メニューを見た方からは「安い」という声を多く頂きます。流通の仕組みを知っているため、他店よりも安く食材を仕入れることができているのは確かですが、それほど大きく値段が違うかと言えば、実はそうではありません。これは印象の問題でもあるのですが、他店では刺身は3人盛りとか5人盛りというふうにしか注文できないことが多いと思います。しかし当店に来られるお客様は一人客が中心ですので、食べ物はすべて1人前で提供するようにしています。だから刺身の値段だけを単純に比較すると安く感じるのです。ただ、そのまま1人分で提供すると少なく見えてしまうこともあるので、お得感を出すために量は1.5人前にしています。


竹田和平

僕はどこの会社のトップにも言うんです。社長会長で終わりじゃないぞ。引退したあと、花咲爺という、人生で一番楽しい時が待っているんだぞ、とね。


鈴木亜久里

夢を叶えるために一番必要なのは人です。自分の力では絶対にここまで来られなかった。チームがF1に参戦できたのも、僕の夢にみんなが賛同してくれたから実現したわけだし。


森正文(経営者)

最初からうまく行くはずありませんよ。とにかく行ってみるしかない。担当者も自分も人間です。それぞれ個性がありますから、相性が合ないこともあります。全部の会社から契約は取れないのが当たり前と覚悟することです。そのうえで、やはり営業の分母を広げる努力は不可欠です。