名言DB

9419 人 / 110788 名言

内田樹の名言

twitter Facebook はてブ

内田樹のプロフィール

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

内田樹の名言 一覧

まだ先駆者がいない分野の仕事というのは誰にも理解されないし、逆風も多い。でも誰かがやらなきゃならない。だからやるんです。


僕たちは誰かをマネることでしか成長のきっかけをつかめない。ですから、まず私淑(ししゅく)できる大人を探すことですね。「自分探し」よりも、まず「師匠探し」。


誰もやっていないことだから研究しがいがあるわけで、研究者がたくさんいる領域をやってもしかたない。


ギリギリ追い詰められた状況では、「生まれてきたときから、すべてこうなると運命で決まっていた」と割り切ってしまいましょう。追い詰められた状況でも、気持ちが落ち着いて先手に回れるようになります。


重要な会議などでは「こういった質問が出たら、こう答えよう」ではなく、「こういう質問をさせよう」と180度逆に思考で先手をとればいいのです。同じ内容のことを応答するのであっても、質問されるのと質問させるのではその場の支配する力が決定的に違ってきます。


危機的状況に直面しても身体能力を下げない胆力を鍛えることが大切です。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、危機的状況に直面したら自分から驚いてしまえばいいのです。驚かされることは受け身の姿勢だから胆がつぶされてしまいます。逆に驚くことは能動の姿勢で、そういったことが起こらないのです。


ネットで書くというのは僕にとってはごく自然な立ち位置なんですよ。中学生のときはガリ版で個人的なニューズレターを刷って、友達に配っていました。大学でも、同人誌を出して配ったりした。ホームページをはじめたときも、50人くらいの知り合いを読者に想定して書いていた。やっていることはいつも一緒なんです。


「もう日本はダメだ」とか「先がない、崖っぷちだ」と、ここ20年ほど、メディアは人々の不安を煽ってきました。危機感を煽って情報の価値を高めようとするのはメディアの本性ですけれど、本当に日本はそんなに危ないのか? 「そんなことないよ」と僕は言いたいわけです。たしかに安全保障もエネルギーも心配だし、地震もあるかもしれない。システムはあらゆるところで破綻している。でも、日本には豊かな国民資源がある。「国破れて山河あり」の「山河」がまだあるのです。森林率は68%だし、きれいな水がいくらでも湧き出ている。飲料水を輸入に依存しているシンガポールのような国から見たら、うらやましいほどの豊かさですよ。


内田樹の経歴・略歴

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

他の記事も読んでみる

理央周

全方位ではなく、特定のグループに買ってもらうことを考えてマーケティング戦略を立てるべき。


安藤宏基

守れば守るほど弱くなり、競えば競うほど強くなる。物事はそういう原理なのです。


天坊昭彦

現在我が社は、有機ELの材料やアグリ(農業関連)バイオ事業などの新規事業に力を入れています。石油に代わる一次エネルギーはそう簡単に登場しないでしょう。しかし、いまのペースと値段で誰もが石油を使えるかといえば、それは難しいでしょう。いま新規事業の種をまかなければ、手遅れになってしまいます。


樽見茂

多くの会社は製造原価を下げ、販売管理費を上げる。わかりやすく言えば、材料費にお金をかけずに、宣伝を打ったり営業攻勢をかけてモノを売ろうとする。これではモノは売れません。僕はまるっきり逆で、販売管理費を下げて製造原価を上げた。材料費の方にお金をかけてダントツにおいしい豆富(豆腐)をつくり、安い値段で提供したわけです。


森澤篤

突拍子もないアイデアを誰かが突然ひらめいて、会社が丸ごと変わってしまうこともあるだろう。だが、ビジネスパーソンが目指すべき創造性のレベルは、必ずしも大それたものである必要はない。むしろ、大それたことを狙わない方がいい。ポテンヒットでいいからつなぎ、次のヒットで点が入る、それを繰り返していくぐらいの感覚で構わないのだ。そして、繰り返していくうちに、気がついたら長打力が身についていくという形だ。


古賀稔彦

与えられた目標ではなくて、自らが課した目標じゃないと意味がない。いまの自分がどうなりたいのかを本人に考えさせ、自分の口からしっかり言わせる。それを自分の手で書いて、日常で目につく場所に置く。常に目標を意識することが、自分を変える力になるはず。


松岡修造

完璧な人間などいないのですから、自分に対して「小さな失敗はしょうがないか」と思える寛容さがないと、息苦しくなってきます。ミスはミスとして認め、次に向かっていけばいいのです。


細谷功

アイデア出しのように全員が発言することが大事な会議もあれば、本当は落としどころが決まっていて、キーパーソンを説得して合意してもらうことが目的の会議もあります。あるいは、結論の方向性が明確で、それに向かって一気に収斂させて結論を出したいのか、ブレーンストーミングのように、そもそも脱線するのが前提で発散したまま終えてもいい会議なのか、明確にすることで出席者にベクトルは揃います。


伊藤隆行

バカな自分をさらせば相手も素直に接してくれるようになります。以前、当時の社長のところに行って、「社長、悩み聞いてあげましょうか?」と言ったこともあります(笑)。最初は、「この野郎、何言ってんだ」と言われましたが、最後には「いや、周りがなかなか言うこと間いてくれないんだよ」なんてホンネがこぼれたり(笑)。


桑原豊(経営者)

私は何かを話すときは、常に相手の立場になって考えるように心がけています。