名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田樹のプロフィール

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

内田樹の名言 一覧

まだ先駆者がいない分野の仕事というのは誰にも理解されないし、逆風も多い。でも誰かがやらなきゃならない。だからやるんです。


僕たちは誰かをマネることでしか成長のきっかけをつかめない。ですから、まず私淑(ししゅく)できる大人を探すことですね。「自分探し」よりも、まず「師匠探し」。


誰もやっていないことだから研究しがいがあるわけで、研究者がたくさんいる領域をやってもしかたない。


ギリギリ追い詰められた状況では、「生まれてきたときから、すべてこうなると運命で決まっていた」と割り切ってしまいましょう。追い詰められた状況でも、気持ちが落ち着いて先手に回れるようになります。


重要な会議などでは「こういった質問が出たら、こう答えよう」ではなく、「こういう質問をさせよう」と180度逆に思考で先手をとればいいのです。同じ内容のことを応答するのであっても、質問されるのと質問させるのではその場の支配する力が決定的に違ってきます。


危機的状況に直面しても身体能力を下げない胆力を鍛えることが大切です。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、危機的状況に直面したら自分から驚いてしまえばいいのです。驚かされることは受け身の姿勢だから胆がつぶされてしまいます。逆に驚くことは能動の姿勢で、そういったことが起こらないのです。


ネットで書くというのは僕にとってはごく自然な立ち位置なんですよ。中学生のときはガリ版で個人的なニューズレターを刷って、友達に配っていました。大学でも、同人誌を出して配ったりした。ホームページをはじめたときも、50人くらいの知り合いを読者に想定して書いていた。やっていることはいつも一緒なんです。


「もう日本はダメだ」とか「先がない、崖っぷちだ」と、ここ20年ほど、メディアは人々の不安を煽ってきました。危機感を煽って情報の価値を高めようとするのはメディアの本性ですけれど、本当に日本はそんなに危ないのか? 「そんなことないよ」と僕は言いたいわけです。たしかに安全保障もエネルギーも心配だし、地震もあるかもしれない。システムはあらゆるところで破綻している。でも、日本には豊かな国民資源がある。「国破れて山河あり」の「山河」がまだあるのです。森林率は68%だし、きれいな水がいくらでも湧き出ている。飲料水を輸入に依存しているシンガポールのような国から見たら、うらやましいほどの豊かさですよ。


内田樹の経歴・略歴

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

他の記事も読んでみる

御立尚資

日本人が議論や説得を苦手とする一番の理由は、トレーニング量の違いでしょう。アメリカの幼稚園では、やっと言葉をしゃべりはじめた2歳児に対して、家からお気に入りのものを持ってきて、それについてみんなの前で3分間スピーチしなさいという課題が出ます。文化の違いと言ってしまえばそれまでですが、これからグローバル化が進めば、日本人もそういう人たちと、同じテーブルで議論をしていかなければならなくなります。そのとき議論が苦手なんて言ってられません。


ムーター・ケント

世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


鬼丸トシヒロ

企業が、お客様になにを伝えたいかを整理するのが僕の仕事。まずはメッセージを固める。すると、デザインは後でついてくるんです。


三木泰雄

英語を使うのはネーティブだけではありません。中国人やインド人などネーティブではない人たちの英語は発音も聞き取りにくいし、文法的におかしな言い回しもたくさん出てきます。でも、それでちゃんとコミュニケーションが成り立っている。要するに通じればいいのです。


小山龍介

いつ何時でも即時対応することが求められる時代に必要な整理術とは、物事をリアルタイムに処理していくために、プロセスを究極までシンプルにしていくことなんです。つまり、プロセスそのものを整理することが大事です。


久保正行

捜査一課は刑事の中でもプロ中のプロ。酸いも甘いも知り、経験も体力も精神力も兼ね備えた人間たちです。自分自身をコントロールする術を持っていて、ある意味で自分の思い通りにことを進める「ずるさ」もある。そうでないと、自分の体をいたわれないですからね。


周防正行

観客動員数が増えるから主演を人気タレントに変えろといわれても、イメージに合わなければ僕は絶対に承諾しません。今回も、2時間23分という長さを含め、僕のやり方に納得していただけないのであれば、自主制作映画として自分で全国の公民館を回るつもりでした。そのくらいの覚悟はいつもしています。僕だって興行が成功してお金持ちになれるなら、それに越したことはありません。でも、「やりたいようにやって、お金もう入って」などという虫のいい話は、そう世の中にはないでしょう。


藤田聰

ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


出口治明

日本の労働者の仕事時間が減らないのは、ひとえにマネジメントの問題だと思っています。まず、本来は結果をこそ重視すべきなのに、それを評価することができないから、労働時間や忠誠心で判断する。これは上司の怠慢にほかなりません。


三枝匡

ミスミの社長を任されたあと、現場を歩き回りながら、ハタと気づきました。「この会社は商社なのに、こんなに外注してしまったら会社に何が残るのか」と。お客様のニーズを肌感覚で吸い上げ、クレームで叱られたらその学びを最大限に生かすという「お客様との貴重な接点」をすべて人任せにしていました。そこで社長就任後、長く続いてきたアウトソーシング方針をひっくり返しました。「持たざる経営」から「持つ経営」に大きく振り子を戻したのです。


家田美智雄

私はYTB運動をしているんだ。上も下もなく、寄って(Y)たかって(T)、ビジネス(B)をする。これが楽しいんだ。


田原総一朗

誰にでもコレというのはあるんです。ただし、「好き」と「職業」を結びつけることが大切。そのためには迷いながら、自分で考えないといけない。考える習慣を作ることが大事なんです。与えられた仕事と自分のやりたいことを、どうつなぎ合わせるかは、仕事をしながら、考えていくしかないんです。