名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内田樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田樹のプロフィール

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

内田樹の名言 一覧

まだ先駆者がいない分野の仕事というのは誰にも理解されないし、逆風も多い。でも誰かがやらなきゃならない。だからやるんです。


僕たちは誰かをマネることでしか成長のきっかけをつかめない。ですから、まず私淑(ししゅく)できる大人を探すことですね。「自分探し」よりも、まず「師匠探し」。


誰もやっていないことだから研究しがいがあるわけで、研究者がたくさんいる領域をやってもしかたない。


ギリギリ追い詰められた状況では、「生まれてきたときから、すべてこうなると運命で決まっていた」と割り切ってしまいましょう。追い詰められた状況でも、気持ちが落ち着いて先手に回れるようになります。


重要な会議などでは「こういった質問が出たら、こう答えよう」ではなく、「こういう質問をさせよう」と180度逆に思考で先手をとればいいのです。同じ内容のことを応答するのであっても、質問されるのと質問させるのではその場の支配する力が決定的に違ってきます。


危機的状況に直面しても身体能力を下げない胆力を鍛えることが大切です。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、危機的状況に直面したら自分から驚いてしまえばいいのです。驚かされることは受け身の姿勢だから胆がつぶされてしまいます。逆に驚くことは能動の姿勢で、そういったことが起こらないのです。


ネットで書くというのは僕にとってはごく自然な立ち位置なんですよ。中学生のときはガリ版で個人的なニューズレターを刷って、友達に配っていました。大学でも、同人誌を出して配ったりした。ホームページをはじめたときも、50人くらいの知り合いを読者に想定して書いていた。やっていることはいつも一緒なんです。


「もう日本はダメだ」とか「先がない、崖っぷちだ」と、ここ20年ほど、メディアは人々の不安を煽ってきました。危機感を煽って情報の価値を高めようとするのはメディアの本性ですけれど、本当に日本はそんなに危ないのか? 「そんなことないよ」と僕は言いたいわけです。たしかに安全保障もエネルギーも心配だし、地震もあるかもしれない。システムはあらゆるところで破綻している。でも、日本には豊かな国民資源がある。「国破れて山河あり」の「山河」がまだあるのです。森林率は68%だし、きれいな水がいくらでも湧き出ている。飲料水を輸入に依存しているシンガポールのような国から見たら、うらやましいほどの豊かさですよ。


内田樹の経歴・略歴

内田樹、うちだ・たつる。日本の思想家、大学教授。東京出身。東京大学文学部仏文科を卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修了。院生時代から友人とともに学習塾、翻訳会社を立ち上げ成功。東京都立大学人文学部助手、神戸女学院大学文学部助教授、同・総合文化学科教授を務めた。合気道6段、居合道3段、杖道3段の武道家でもある。専門はフランス現代史、そのほか幅広く、様々な分野の著作を出版した。

他の記事も読んでみる

小倉広

いいことも悪いことも、結局は自分のしたことが回りまわって戻ってくるのです。


貝沼由久

買収防衛策を持つだけですぐさまダメという議決権行使助言会社や機関投資家の紋切り型の判断はいかがなものか。はっきり言えば勉強不足ですよ。最近のコーポレートガバナンス・コードで言えば、ステークホルダーの保護や、企業の持続可能性について重要視している。じゃあ買収防衛策もなしに、アクティビストがやってきて、配当可能利益を全額出せとなったらどうするのか。短期的に株価が上がって売り抜けた人は得をするかもしれないが、その短期保有者を優遇したあと、残された従業員や債権者といったステークホルダーは困る。これではコーポレートガバナンス・コードに矛盾する。


五十嵐久也

企業も学校も、ガバナンスによって方向性や形が決まる。その組織を形づくるのがガバナンス。


坂野尚子

たくさんのTODOを抱えてストレスを感じないように、いろいろと工夫しています。たとえば、手を抜いてもいいところは徹底的に手を抜く。家の掃除には自動掃除機『ルンバ』を使うことがよくありますし、人付き合いでもメリハリは大切にしています。


村田昭治

創造の源は経営理念であり、時代適応のために会社内に議論をたぎらせて、大きなエキサイトメントを引き出すことが必要。


進藤孝生

従業員が「社長がまた同じことを言っている」と思ってくれたらしめたもの。その言葉が従業員の記憶に残っている証拠。


青野慶久

仕事は確かに忙しいと思います。朝8時から夜10時まで予定が詰まっていることも日常茶飯事ですから。でも、ここ数年でこれまでの仕事のやり方を改善してきたおかげで、以前よりだいぶ時間に余裕を持つことができるようになりました。日に一時間は一人で考える時間がとれていますし、ときには早く帰る日もあります。


高田明(ジャパネットたかた)

ある商品を500個売るという目標を立て、500個売れたとしても私は満足しません。本来は1000個、1500個と売れたかもしれません。


荒木飛呂彦

鳥山明先生みたいに「あの漫画だ!」とサッとわかる絵を描きたかったんですけど、自分の中では全然できていなくて。個性的で、しかも他にない新しい絵を求めて悩んでいましたが、『ジョジョ』の第一部が始まる前かな、イタリア旅行に出かけたのが大きかったんです。イタリアの美術の実物って、彫刻でも絵画でも、写真で見るよりずっとすごいんですよ。作品が醸し出す雰囲気、飾られている現場を支配する迫力。建物も、歩いても歩いても近づいてこなくて、遠近感がわからなくなる騙し絵みたいで、すごくいいんです。こういうものは日本の漫画にはないし、これを漫画にすれば、日本にも欧米にもなかったものになるのでは、と目指すものが見つけられたような気がしました。


ダニエル・ピンク

感性や感覚は誰かに命令されて身につくものではありません。自律性を高めなければ、クリエイティビティは生まれないのです。


孫正義

60歳の誕生日の夜、パーティを開き、「明日から社長をニケシュ(アローラ副社長)に譲る」と発表して皆を驚かそう、本気でそう思っていた。ところが、残すところ1年余りとなり、妙な欲が出てきた。ニケシュには「あと5~10年は社長を続けたい」と率直に話した。今回は本当に悩みました。彼が一番の被害者なんです。なかには高給すぎるという声もありますが、グーグルにいればうちが払っている程度の報酬は得られた。それでもリスクを冒して、人生を賭けてうちに来てくれた。彼には申し訳ないことをしてしまった。


三原淳雄

バフェットの有名な言葉に「買うのは企業であって株ではない」があります。ピーター・リンチも同じような発言をしているので、これを株で資産形成するための鉄則と位置づけてもいいでしょう。ほとんどの投資家は、株価の動きや経済動向に目を奪われ、発行している会社の価値をきちんと把握していない。バフェットは自分がオーナーになったつもりで徹底的に調べます。そして将来性があるとなれば、一生持ち続けることを前提に買うのです。