名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内田有希昌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田有希昌のプロフィール

内田有希昌、うちだ・ゆきまさ。日本のコンサルタント。「ボストン・コンサルティング・グループ」シニア・パートナー、マネージング・ディレクター。東京大学文学部卒業、カーネギーメロン大学経営大学院でMBAを取得。三和銀行を経てボストン・コンサルティング・グループに入社。BCGジャパンオフィス・アドミニストレーターなどを務めた。

内田有希昌の名言 一覧

多様な働き方を認める寛容さがなければ、多様なタレントを維持できません。昇進・給与の調整なども含め、企業側には様々な工夫が必要。


会社は何のために存在しているのか、どんなことをしようとしているのか、「目的」「願望」を明確にすること。どんなに多様な立場にある人たちでも、これらを持つリーダーには引き付けられるはずです。


社内にどんな人材がいるかを明らかにした人材マップをつくっておくことも重要。社員に「何ができるか」「どんな経験をしたか」を振り返る履歴書を書かせ、それをマッピングすることで会社側は人材の能力の棚卸しができます。


社員が明らかな専門性を持っていれば、会社に「こういう働き方をしたい」という主張もできるでしょう。組織になくてはならない能力であれば、会社側もそれを許容できる。


内田有希昌の経歴・略歴

内田有希昌、うちだ・ゆきまさ。日本のコンサルタント。「ボストン・コンサルティング・グループ」シニア・パートナー、マネージング・ディレクター。東京大学文学部卒業、カーネギーメロン大学経営大学院でMBAを取得。三和銀行を経てボストン・コンサルティング・グループに入社。BCGジャパンオフィス・アドミニストレーターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

北上弘明

個人起業でも上場企業と取引できたのは、「誰ならつき合えるか」よりも、「誰とつき合いたいか、どうすればつき合えるか」を考えたから。


アユカワタカヲ

大事なのは、「○○歳までにいくら」という目標数字を明確にすること。私は50歳で独立したいと考えており、そこから逆算して投資を進めました。ただ、老後のお小遣い程度でよければ、月5万円もあればいい。そこを明確にしておかないと、焦って失敗したり、逆にタイミングを逃したりします。


新将命

経営者が絶対に権限を委譲してはいけないことが3つある。「企業理」「企業戦略」、そして「わが社が求める人材像」だ。これれらは社長が一人で決めなくてはならない。


永井荷風

僕は自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。楽しんだことは後悔しない。


吉山勇樹

上司がどんなときに機嫌がいいか、悪いかという法則を見つけるのも効果的です。「納期前はイライラ」「会議が終わると上機嫌」などのパターンがわかれば、それに合わせて動くことができます。機嫌のよいときに話しかけたり、仕事を突然押し付けてきそうなタイミングを見計らったりといった対策がとれます。先読みのテクニックの磨きどころです。


佐々木豊(アートディレクター)

ロングヒット商品「アサヒ・スーパードライ」が生まれた背景には、「新生アサヒ」を表現したいという強い想いがありました。


藤本篤志

営業マンにとってもはや不要なスキルがあります。レイアウトに凝った企画書・提案書を作成するスキルです。企画書や提案書は、「相手のニーズを叶え、ネックを潰している」ことが伝われば、箇条書きでも良いのです。極論すれば、それをうまく伝えることができれば、企画書や提案書はなくてもいいと私は考えます。大事なのは体裁ではなく中身です。にもかかわらず、企画書や提案書に膨大な時間を使っている営業マンは多いものです。私は営業コンサルタントとして、営業マンの仕事についてリサーチしていますが、多くの営業マンが商談に費やすのは1日90分~120分だけ。かたや、企画書作りやメールを含めたデスクワークには200分~300分も費やしています。営業担当が、商談よりも書類作成に時間を取られていたのでは、契約が取れるわけがありません。


古川裕倫

部下が失敗した時は、「死んでしまえ」と人間性を否定したり、「君の考え方は間違っている」と価値観を否定したり、「能力がない」と言い放ったりする。そんなことを言われれば、相手に深い傷を負わせるだけ。同僚をなぐさめる時でも、価値観や能力などに触れないよう気をつけましょう。


松下幸之助

人間の心は孫悟空の如意棒のように伸縮自在で、大きくも小さくもなる。要は各人の心の持ち方次第。


辻野晃一郎

工場でつくった製品を流通させていく世界では、やるリスクの方が大きいです。大型設備投資をして失敗したら、取り返しがつかないこともあります。しかし、ウェブの世界では逆です。まずやってみて、ユーザーが支持してくれればそれでよし。駄目ならすぐに撤退すればいいのです。大事なのはスピードです。


和田裕美

いわゆる飲みニュケーション、私は大切だと思っています。もし、行きたくないのなら、断る前に嫌な理由を挙げてみてください。と同時に、自分が人づき合いのなかで得たいものを並べてみる。飲む以外の目的が明確であれば、自分にとって飲み会に行く意味が見いだせるので、面倒じゃなくなります。気づいたら、嫌だったはずの飲み会も楽しいものに変わっているかもしれません。


笹氣健治

自分の意見をアピールできない人は、「つまらない意見を言うな」と思われるんじゃないかという恐れや、過去にネガティブなことを言われて傷ついた経験があるのかも。うまく表現できないなら、文章にして提出するとか、アプローチの仕方を変える方法もある。アピールの成功実績を少しずつ重ねていくことで、自信がついていきます。