名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

内田士郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田士郎のプロフィール

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

内田士郎の名言 一覧

心がけているのは時間を無駄にしないことです。私自身の時間だけでなく、経営者としては社員やお客さまの時間も含めて大切にしたい。


お客さまが本当にお困りになっていることは直接聞かないと分からない。実際に顔を合わせて、同じ目線、同じ立ち位置、同じ気持ちで取り組むことを大切にしています。


仕事で一番大切にしているのがインテグリティー(一貫性、誠実さ)です。人間関係も同じで、真摯に相手に向き合い、ありのままの自分を理解してもらうのが結果的に一番いい関係になれる。


素の自分でいるためには自分を知ることが必要です。私は40年以上、毎朝20分ほど瞑想をしている。瞑想することで自分の本来の姿と対峙する。自分の生き方を貫くために欠かせない習慣です。


効率性ばかりではダメですが、なにが本当に大事なのかを判断する。重要視しているのは時間の質です。


仕事の時間の3分の1は社内、3分の1はお客さま、残りの3分の1は社外のネットワークや情報収集のために使う。この割合を保つように心がけています。


日本企業が海外で成長するためには、日本版の製品を海外に輸出するだけでは上手くいかない世の中になりました。いかにローカルに溶け込んで、その地の文化や生活習慣を理解し、その国のニーズにマッチした商品を提供できるか。その力が問われてくる。


日本企業が海外に進出する場合、相手国の文化や習慣、人柄といったものを理解しなければなりません。そして、相手の文化を理解するためには、まずは我々日本人が日本の文化に誇りを持ち、日本の文化を説明する力が求められるのです。


グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


日本企業を取り巻く環境はグローバル化の波に呑まれ、否応なしに日本企業は世界の企業と競争しなければならない時代になりました。したがって、日本企業が自ら世界で市場を切り拓かなければならなくなった。


内田士郎の経歴・略歴

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

他の記事も読んでみる

藤原銀次郎

自分が入り用でないことは、みな忘れてしまえばよい。


亀井民治

社風をよくするためにしなければならないことは、さほど多くはない。乱雑な職場をきれいにして、元気な挨拶が飛び交う職場にする。これだけで、必ず社風はよくなるものだ。やるべき目の前のことを見過ごして疎かにし、あれこれ手をつけるから、結局遠回りすることになる。


ロジャー・イボットソン

5年、10年を考えたら、株は債券よりも高い利回りが期待できます。そうですね……国債を4~5%くらいアウトパフォームすると考えています。ただ、これは年率の話。年率4~5%の期待リターンがあるといっても、毎年平均的に上がるわけではなく、どの年、どの月に、それだけのものを投資家が享受できるかは分からないわけです。だからこそ、長期的な投資をすることに意味があるのです。


片野坂真哉

資料は多く作るなと言っています。ほかにも、営業本部長の時、稟議書の回覧にすごく時間がかかっていましたので、ある時、判を押すところに日付けを入れました。そしたら、驚くほど早くなりました。


丸山学

いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。


小野田寛郎(小野田少尉)

先のこと、毎日ことは自分で何とかしなくちゃいけない。だって、自分以外は誰も何もしてくれないんですから。


猪瀬直樹

90年代後半に4000万個以上を販売したバンダイの「たまごっち」を覚えていますか? 数十万個でヒットといわれるおもちゃ業界では異例のモンスター商品です。一度下火になった商品に再び火をつけるのは難しいですが、同社は2004年に「たまごっち」を復活させる新プロジェクトをスタート。復活後は3500万個を販売して、第一次に匹敵するヒット商品になりました。新プロジェクトが成功したのは、第一次ブームの検証から出発したからです。第一次では供給過剰になって、消費者に飽きられるのも早かった。そこで今回は販売動向を見ながら生産量を決定。その都度デザインを変えたため、コレクターが生まれて息の長いヒットにつながったのです。


山村章

我々の作る商品には、すべて商品寿命がある。ハイテク製品は特に商品寿命が短い。技術革新が本当に早いので、30年先の変化は頭に浮かばない。


小林浩(経営者)

スタッフ同士の双方向コミュニケーションが問題解決につながる。


マルティン・ブーバー

新しく始めるということを忘れてしまわないならば、老年というのはひとつの素晴らしい事柄である。


樋口卓治

放送作家として番組づくりに参加していますが、担当する番組が何本も重なると、それらすべてのアイデアを、いつもゼロから考えていたのでは間に合いません。そのため、ネタ帳を活用して、アイデアの井戸が涸れないようにしているのです。


椎名武雄

「日本IBMは人材育成が上手いね」と言われることが多いんです。先日、ある地方の伝統ある老舗会社にお邪魔したときにも、そんな話が出ました。たまたま僕のそばに8年前に我が社に入社した男が座っていたんですよ。先方の社長が言うんです。「この子が最初にあいさつに来たときは驚いちゃったよ。よくこんなやつ採用したな、日本IBMはどうなっているんだと思った」と。よほど悪い印象だったんでしょう。でも、その社長は続けてこう言いました。「いまになって、同じ年に我が社に入った8年生社員と比べてみると、うちの社員よりもはるかに出来がいいんだ。どうしてなんだろうか、おたくは面白い会社だ」変な褒められ方ですね。