名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田士郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田士郎のプロフィール

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

内田士郎の名言 一覧

心がけているのは時間を無駄にしないことです。私自身の時間だけでなく、経営者としては社員やお客さまの時間も含めて大切にしたい。


お客さまが本当にお困りになっていることは直接聞かないと分からない。実際に顔を合わせて、同じ目線、同じ立ち位置、同じ気持ちで取り組むことを大切にしています。


仕事で一番大切にしているのがインテグリティー(一貫性、誠実さ)です。人間関係も同じで、真摯に相手に向き合い、ありのままの自分を理解してもらうのが結果的に一番いい関係になれる。


素の自分でいるためには自分を知ることが必要です。私は40年以上、毎朝20分ほど瞑想をしている。瞑想することで自分の本来の姿と対峙する。自分の生き方を貫くために欠かせない習慣です。


効率性ばかりではダメですが、なにが本当に大事なのかを判断する。重要視しているのは時間の質です。


仕事の時間の3分の1は社内、3分の1はお客さま、残りの3分の1は社外のネットワークや情報収集のために使う。この割合を保つように心がけています。


日本企業が海外で成長するためには、日本版の製品を海外に輸出するだけでは上手くいかない世の中になりました。いかにローカルに溶け込んで、その地の文化や生活習慣を理解し、その国のニーズにマッチした商品を提供できるか。その力が問われてくる。


日本企業が海外に進出する場合、相手国の文化や習慣、人柄といったものを理解しなければなりません。そして、相手の文化を理解するためには、まずは我々日本人が日本の文化に誇りを持ち、日本の文化を説明する力が求められるのです。


グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


日本企業を取り巻く環境はグローバル化の波に呑まれ、否応なしに日本企業は世界の企業と競争しなければならない時代になりました。したがって、日本企業が自ら世界で市場を切り拓かなければならなくなった。


内田士郎の経歴・略歴

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

他の記事も読んでみる

中嶋常幸

諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


高田明(ジャパネットたかた)

技術なくして思いは伝わらない。


出原洋三

日本人は、日本的な経営を価値あるものとして、その価値観で全体を見がちです。日本の経営は素晴らしくて、欧米の経営は大したことがないと。同じ製品の利益率で比較すると、明らかに欧米勢よりも日本の方が低い。セメントも紙も同じです。日本的な価値観に縛られると、欧米から取り入れるべき良いものを捨てることになりかねません。


小池恒

私は特異な家庭に育ち、またメディアの中枢にいる人間だからこそ、情報の発信過多は、出る杭は打たれる危険性があると本気で思っています。


高田明(ジャパネットたかた)

商品は生き物だと思うようにしています。デジタルカメラは画素数だけを言っても仕方がありません。「お母さん、撮影したお子さんの写真を1年に1回大きく引き伸ばして渡してあげてください」と話すのです。その商品が持つ目的を、お客様に明確に伝えなければなりません。


葛西敬之

クリエイティブな人間は、会社の組織の中ではなかなか育てられません。計画や企画の立案というのは教育可能な分野ですが、人心掌握やクリエイティブなものの考え方は人為的に養成することは難しいのです。マニュアル通りに行動すればいいようなことは誰にでも教えられますが、いざという事態に直面したときに自由自在な発想ができるというのは、天性のものであるだろうし、幼児期からまだ比較的人格が形成される前、すなわち大学を卒業するまでの間くらいの人生体験から生まれてくるものではないでしょうか。


マイケル・サンデル

既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


松山英樹

遼(石川遼)は何年先にはこうなって20歳でマスターズ優勝、とか計画的じゃないですか。でも自分は未来の姿を思い浮かべるよりも、目の前の課題を頑張るだけ。それが1か月かかってもいいし、1年かかってもいい。いままでもひとつひとつを頑張っていくことだけを考えてきたんで、それを変えるつもりはない。


ピエール・ナンテルム

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


高城幸司

「このノルマは自分にとっては高すぎる。無理です」というだけでは、あなた個人の問題のままです。「この数字を達成できるように頑張りたいです。でも、達成できなければチームの皆に迷惑がかかってしまいます」と、チーム全体の問題に引き上げてしまうのです。そして、確実にできる数字を自己申告するのです。


須原清貴

古典は、読み手の置かれているフェーズによって、様々なメッセージを発信してくれる。


朝比奈一郎

青山社中のリーダー塾では、吉田松陰の「松下村塾」みたいなものを思い描いています。大事にしているのは、自分のような比較的若い講師が教えるということ。一人の講師が教える、というのも大事なポイント。多くの大学では、キラ星のように著名な講師陣が代わる代わる教える特別クラスが設置されていますが、そういう網羅性だけでは火がついたようにはなりません。吉田松陰も一人で教えていました。彼の専門は兵学だが、敵が攻めてきたときの陣形について教えていたわけではないんです。彼なりに学んだ陽明学などを、彼の言葉で語ったからこそ、弟子たちに深く伝わったのでしょう。