名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田士郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田士郎のプロフィール

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

内田士郎の名言 一覧

心がけているのは時間を無駄にしないことです。私自身の時間だけでなく、経営者としては社員やお客さまの時間も含めて大切にしたい。


お客さまが本当にお困りになっていることは直接聞かないと分からない。実際に顔を合わせて、同じ目線、同じ立ち位置、同じ気持ちで取り組むことを大切にしています。


仕事で一番大切にしているのがインテグリティー(一貫性、誠実さ)です。人間関係も同じで、真摯に相手に向き合い、ありのままの自分を理解してもらうのが結果的に一番いい関係になれる。


素の自分でいるためには自分を知ることが必要です。私は40年以上、毎朝20分ほど瞑想をしている。瞑想することで自分の本来の姿と対峙する。自分の生き方を貫くために欠かせない習慣です。


効率性ばかりではダメですが、なにが本当に大事なのかを判断する。重要視しているのは時間の質です。


仕事の時間の3分の1は社内、3分の1はお客さま、残りの3分の1は社外のネットワークや情報収集のために使う。この割合を保つように心がけています。


日本企業が海外で成長するためには、日本版の製品を海外に輸出するだけでは上手くいかない世の中になりました。いかにローカルに溶け込んで、その地の文化や生活習慣を理解し、その国のニーズにマッチした商品を提供できるか。その力が問われてくる。


日本企業が海外に進出する場合、相手国の文化や習慣、人柄といったものを理解しなければなりません。そして、相手の文化を理解するためには、まずは我々日本人が日本の文化に誇りを持ち、日本の文化を説明する力が求められるのです。


グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


日本企業を取り巻く環境はグローバル化の波に呑まれ、否応なしに日本企業は世界の企業と競争しなければならない時代になりました。したがって、日本企業が自ら世界で市場を切り拓かなければならなくなった。


内田士郎の経歴・略歴

内田士郎、うちだ・しろう。日本の経営者、公認会計士。米系大手コンサルティングファーム「ベリングポイント」日本法人社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、米国ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所勤務、米国プライス・ウォーターハウス・クーパース勤務、PwCコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)取締役常務執行役員などを経てベリングポイント日本法人社長に就任。長い海外勤務の経験を活かし、日本企業の国際化に尽力。著書に『グローバルで成功するプロの仕事術』。

他の記事も読んでみる

井上智治(コンサルタント)

スポーツビジネスをする以上、球団は自立し黒字になるべきだというのが三木谷(浩史楽天オーナー)さんの考えです。とはいえ、さすがに参入直後は経費もかかりますから、初年度は営業利益を20億円の赤字に抑えるのが目標でした。


澤部肇

歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれたトップとしての心構えは要約すると5つです。(1)フェアであれ。(2)努力せよ。(3)スピードを重視せよ。(4)数字には限界がある。それを知らないと大変な間違いを犯す(5)企業は芸術だ。


平野敦士カール

私は「目標を達成するに、道筋をきちんと決めて、準備も万端にする」というやり方はあまりしていません。達成できなかったとき悲しくなるので。ある程度方向性を決めたら行動してみます。すると、知らなかった世界や人に出会ったり、予想もしていなかった展開が起きます。そうやって世界が広がるほうが楽しいですよね。


岩田松雄

経営者には、一見相矛盾することの両方に折り合いをつけることが大切です。「長期か、短期か」「品質か、コストか」「利益か、ミッションの実現か」など、一見相矛盾しそうな選択肢同士の折り合いをどうつけるのかが経営者の仕事だと思います。


井上和幸(経営者)

新卒採用で入った日本人の社員には早い段階で海外の現場を経験させて、広い視野を持たせるようにしている。海外の現地スタッフについては、優秀な方は総合職として採用するよう門戸を広げている。日本の本社などで働いてもらい、清水建設のノウハウを身につけてもらう取り組みにも力を入れている。


根本二郎

的確な時代認識を持ち、その中でどういう価値を企業として追求するかを決め、その処方箋(計画)を立て、実行し、チェックする。これを正しく繰り返すことを肝の銘じて行えば、盤石だと思います。


了徳寺健二

両親から特別に何か言われたわけではありませんが、「義理を果たせ」という言葉は印象に残っていますね。要するに、人に感謝して、恩には報いよということですね。


臼井由妃

自己紹介は本来、相手に自分の名前を覚えてもらうことが目的です。そのうえで、相手が話しやすい雰囲気を作り、相手に心を開いてもらうことが、その後の関係を良好に続けていくための基礎となります。


ジョセフ・ジューベル

人の不幸の大半は、過去を顧みることで発生する。


瀬島龍三

神なき教育は、知恵のある悪魔をつくることにつながる。


井上ひさし

読者の3割は絶賛するし、他の3割は批判する。だから残りの4割だけを考えなさい。


坂本史郎

インドはこれからさらに盛り上がってきますし、現時点でも手ごたえを強く感じています。海外からもヒントを得ながら、国内市場の動向もしっかりと見極めていきます。開発の段階からトレンドに敏感になることが重要です。常にマーケティングの意識を持って既存のレッドオーシャン市場に固着しない健全なビジネスを心掛けていきます。