名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内田和俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田和俊のプロフィール

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

内田和俊の名言 一覧

ただ一回ガツンと言っただけで、部下が「その通りです。来週から心を入れ替えます」などと改心することは絶対にありえません。それどころか、逆ギレしたり、開き直ったりします。上司としては注意するのもバカバカしくなるでしょう。しかし、もし上司が何も言わなかったら、部下はそのままでいいと思ってしまいます。一回逃げて楽をした「成功体験」を身につけてしまうと、その後も同じことを繰り返すようになります。


マネジメント経験の長い支社長、支店長クラスの方は、よく「管理職の仕事は、部下に『言う』ことではなく、『言い続ける』ことだ」と話します。「内田さん、3年間言い続けてようやく聞いてもらえるようになった」「やっと言い続けてきたことが浸透した」などなど。まさにその通りで、部下を変えるには「言い続ける」しかありません。


部下の失敗はほとんどの場合、上司の想定内で起こります。決して後から挽回できないものではありません。だから、上司を見ているのは失敗そのものではなく、失敗したときの対応です。そこに部下の本性が出ます。上司は、失敗を隠したりごまかそうとするから怒るのです。逃げる、隠れるは最もやってはいけない行為です。


最初にガツンと怒らないと、部下は自覚しません。言葉は悪いですが、犬や猫と一緒です。言わずに我慢して、我慢して、最後に注意しても、「だったらもっと早く言ってくれればよかったのに」などと平気で言うのが失敗すると「逃げる」タイプの部下の典型なのです。


ビジネスにおける「ゴールデンエイジ(吸収力・成長力が格段に高い時期)」は、私は入社1~2年目だと確信しています。二度目はありません。上司や先輩のコントロールが利きやすいこの時期に徹底して基礎から教育しないと、プライドが高く自己主張が強い部下の上から目線は直りません。上司は心を鬼にして、厳しく接する必要があります。嫌われたり、辞められることを恐れてはいけません。


現場で部下を注意する際は、言い方には気を付けてください。見ている人が不快に感じたら、ハラスメントになってしまいます。たとえば、「あなたは○○だ」と「you」が主語だと反発を招きますが、「僕から見ると○○に感じる」と「I」を主語にして伝えれば、ソフトな表現になります。


多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


内田和俊の経歴・略歴

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

他の記事も読んでみる

原田武夫

まずは相手に信頼されることが大切。信頼関係を築ければ、交渉は自ずと成立します。外交に限らず、ビジネスの世界でも同じでしょう。


岡野雅行(岡野工業)

仕事っていうのは、成功するまでは失敗の連続なんだよ。失敗するのが嫌だなんていっていたら、成功なんてあるわけがない。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

副業を認める企業も増えて働き方が多様になってきた今、いろんなリソースがつながりやすくなり、新しい世界を創造しやすくなりました。僕の会社にも広告代理店の社員が副業として働いています。代理店のリソースを使って僕たちが提供するチームビルディングの考え方を新しいプロジェクトにし、飲料メーカーに販売する仕事につなげました。AI時代はテクノロジーに目がいきがちですが、人を巻き込んで協業する力も、より大切になると思います。


大原孝治

決して当社も油断はできない。明日は我が身ではないですけど、我々も次の若者にダサイと言われないような店づくりをしていくことが、これから100年企業を目指していく上で非常に大切。


高岡浩三

食品だけでは競合他社に必ず真似されますが、絶対に真似されないような仕組みを作ります。


古森重隆

優秀な上級マネジャーは時に部下を厳しく指導する。部下を成長させることは会社の成長につながると分かっているからだ。本当に部下のことを考えているからこその行動で、どうでもよかったら優しいだけの上司になる。


岡崎慎司

頑張るだけの選手はどこにでもいるけど、そこから先のプラスアルファ。体を張ったゴールという結果が、オレの最大のアピールです。


内藤由治

私は本来、代表取締役会長はあってはならないと考えていました。欧米のようにCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)がわかれているのなら納得できますが、日本ではどっちつかずの二頭政治になってしまうからです。代表権を持つのは一人でいいのです。若い人の方が力もあるし、踏ん張りもきくでしょう。


磯崎功典

出向して違う会社で飯を食うという経験は自分を強くしてくれます。まったく違うカルチャーの人と仕事をしていくことに慣れますから。考え方が違って当たり前だと思えるようになるんです。


中川政七・13代目(中川淳)

まず中小メーカーの経営者がすべきなのは、「数字を読むこと」。会社の現状を把握して、中期経営計画を作成すること。


北尾吉孝

努力を尽くした後の最後の最後には、運に身を任せることも必要。最後は、任運・任天。


下田進

採用して店長になるまでに5年はかかりますし、私としては店舗数増加をあまり急ぎすぎたくない。