名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田和俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田和俊のプロフィール

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

内田和俊の名言 一覧

ただ一回ガツンと言っただけで、部下が「その通りです。来週から心を入れ替えます」などと改心することは絶対にありえません。それどころか、逆ギレしたり、開き直ったりします。上司としては注意するのもバカバカしくなるでしょう。しかし、もし上司が何も言わなかったら、部下はそのままでいいと思ってしまいます。一回逃げて楽をした「成功体験」を身につけてしまうと、その後も同じことを繰り返すようになります。


マネジメント経験の長い支社長、支店長クラスの方は、よく「管理職の仕事は、部下に『言う』ことではなく、『言い続ける』ことだ」と話します。「内田さん、3年間言い続けてようやく聞いてもらえるようになった」「やっと言い続けてきたことが浸透した」などなど。まさにその通りで、部下を変えるには「言い続ける」しかありません。


部下の失敗はほとんどの場合、上司の想定内で起こります。決して後から挽回できないものではありません。だから、上司を見ているのは失敗そのものではなく、失敗したときの対応です。そこに部下の本性が出ます。上司は、失敗を隠したりごまかそうとするから怒るのです。逃げる、隠れるは最もやってはいけない行為です。


最初にガツンと怒らないと、部下は自覚しません。言葉は悪いですが、犬や猫と一緒です。言わずに我慢して、我慢して、最後に注意しても、「だったらもっと早く言ってくれればよかったのに」などと平気で言うのが失敗すると「逃げる」タイプの部下の典型なのです。


ビジネスにおける「ゴールデンエイジ(吸収力・成長力が格段に高い時期)」は、私は入社1~2年目だと確信しています。二度目はありません。上司や先輩のコントロールが利きやすいこの時期に徹底して基礎から教育しないと、プライドが高く自己主張が強い部下の上から目線は直りません。上司は心を鬼にして、厳しく接する必要があります。嫌われたり、辞められることを恐れてはいけません。


現場で部下を注意する際は、言い方には気を付けてください。見ている人が不快に感じたら、ハラスメントになってしまいます。たとえば、「あなたは○○だ」と「you」が主語だと反発を招きますが、「僕から見ると○○に感じる」と「I」を主語にして伝えれば、ソフトな表現になります。


多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


内田和俊の経歴・略歴

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

他の記事も読んでみる

佐藤尚之

私は「聞きまくり調査」を行っています。若者向けの新車を企画するのでも、どんなことに関心を持っているのか彼らに聞いてみる。すると「車はデートの必需品ではない」「携帯電話の支払いで精一杯で車など買えない」など意外な答えが返ってくる。そうやって「これでもか」と思うくらい相手を観察していくと、予想外の「落としどころ」「切り口」が浮かんできます。


本間正人

効果的な叱り方は「ビジョンを示す」こと。「ミスをするな!」ではなく、「こうするとミスが減るね」と提案する。あるいは「どうすればミスが減るかなあ?」と質問し、部下の意見を引き出す。それが効果的な指導につながります。


星野佳路

運営と所有が一体ですと、やはり馴れ合いが起こりやすいと思っています。自分が持っている施設ですので、利益率が多少低くてもいいじゃないか。そういった甘えが出てしまいます。だからこそ、目指すはリゾート運営の達人なのです。


谷口恒

自動運転技術開発車両を提供する事業を始めましたが、自動運転の技術が社会に必須の技術であるという確信はまだ持っていませんでした。お酒を飲んでも自動車に乗って家に帰れるなど自動運転がもたらす利点は思い浮かべていましたが、いずれも必ずしも社会に必要な技術というわけではありません。「あったらいいな」という技術だったのです。この考えが大きく変わったのは2013年のことです。キッカケは、体の具合を悪くした父を見舞うために実家に帰った時、地方の交通弱者が置かれている深刻な状況に気づいたことでした。いつもなら最寄りの駅まで父が自家用車で迎えに来てくれますが、その時はそうはいきません。そこでタクシーを利用しようとしたところ、利用者が減ったという理由で、いつも駅前で待機していたタクシーを運営していた会社が廃業していました。そうなると駅から実家まで移動する手段がもうありません。こうした事態に直面して、過疎地で交通手段がなくなることが、大きな問題であることに気づきました。この時に私の中で自動運転が、「あったらいいな」という技術から、「実現しなくてはならない技術」に変わったのです。


木村達央

「若者のニーズがわからない」最近は様々な業界でこんな悩みを耳にします。ですが、ここで語られる「若者」とは一体誰を指すのでしょうか。いま、この瞬間に店頭で買い物をしている彼女たちが何を求めているかが重要です。ここで大雑把に「若者」と括ってしまうと、真の姿を見誤る危険性があります。


小山昇

突然の部署異動は、武蔵野では当たり前です。成績の悪い社員には「3分で移れ」と命じ、引き継ぎもさせません。ダメな社員が引き継ぎをすると、優秀な社員の成績まで落ちてしまうことが、長年の経験からわかったからです。


大山元彦

成績が伸びない営業マンには必ずきちんとした原因があるはずです。まずはその営業マンの話を心から「寄り添う」気持ちで聞くことから始めます。そこから原因を探り、問い掛け、考えさせ、本人が気付いていない原因を自ら気付かせます。自ら気付くことで、人が変わったように成績が伸びる営業マンも多いですね。


伊東孝紳

先進国を念頭に開発していると、新興国では採算が悪くなる。当初から新興国でも展開することを想定すれば、各地域で安い部品を調達でき、それらを全世界でも適用することで採算性はずっとよくなる。数量を増やす効果も大きい。


冨安徳久

「業界の常識は非常識」と考えると新たなビジネスチャンスが生まれる。


酒巻久

ピンチをチャンスに変えることはできます。私がキヤノンで設計の総責任者だったとき、アメリカで製品にトラブルが発生し、営業マンから、「向こうの代理店の社長がもう取引停止だとカンカンに怒っている」とSOSがきました。急いで現地に赴いて謝ると、「わざわざ日本から責任者が来てくれたのか」と逆に感謝され、その後さらにビジネスが拡大しました。


橋下徹

いちいち言われなくてもちゃんとできる人はもちろんいるだろうけど、でもいちいち言わなければできない人もたくさんいる。「自由が大事だ!」と単純に言う人たちは、あらゆる人間が何もしなくてもルールを守り、自らを律する人間であり、そんな人間を信じることが重要だと、きれいごとばかり言う人。こういうきれいごとを言う人たちは、善人ぶっているのか、世間を知らないのか。自由を謳歌できる社会を維持するためには、各人が必死に努力して他人の自由を侵害しないようルールを守る必要がある。自由を享受するためには自らルールを遵守する努力が必要なんだよ。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。