内田和俊の名言

内田和俊のプロフィール

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

内田和俊の名言 一覧

ただ一回ガツンと言っただけで、部下が「その通りです。来週から心を入れ替えます」などと改心することは絶対にありえません。それどころか、逆ギレしたり、開き直ったりします。上司としては注意するのもバカバカしくなるでしょう。しかし、もし上司が何も言わなかったら、部下はそのままでいいと思ってしまいます。一回逃げて楽をした「成功体験」を身につけてしまうと、その後も同じことを繰り返すようになります。


マネジメント経験の長い支社長、支店長クラスの方は、よく「管理職の仕事は、部下に『言う』ことではなく、『言い続ける』ことだ」と話します。「内田さん、3年間言い続けてようやく聞いてもらえるようになった」「やっと言い続けてきたことが浸透した」などなど。まさにその通りで、部下を変えるには「言い続ける」しかありません。


部下の失敗はほとんどの場合、上司の想定内で起こります。決して後から挽回できないものではありません。だから、上司を見ているのは失敗そのものではなく、失敗したときの対応です。そこに部下の本性が出ます。上司は、失敗を隠したりごまかそうとするから怒るのです。逃げる、隠れるは最もやってはいけない行為です。


最初にガツンと怒らないと、部下は自覚しません。言葉は悪いですが、犬や猫と一緒です。言わずに我慢して、我慢して、最後に注意しても、「だったらもっと早く言ってくれればよかったのに」などと平気で言うのが失敗すると「逃げる」タイプの部下の典型なのです。


ビジネスにおける「ゴールデンエイジ(吸収力・成長力が格段に高い時期)」は、私は入社1~2年目だと確信しています。二度目はありません。上司や先輩のコントロールが利きやすいこの時期に徹底して基礎から教育しないと、プライドが高く自己主張が強い部下の上から目線は直りません。上司は心を鬼にして、厳しく接する必要があります。嫌われたり、辞められることを恐れてはいけません。


現場で部下を注意する際は、言い方には気を付けてください。見ている人が不快に感じたら、ハラスメントになってしまいます。たとえば、「あなたは○○だ」と「you」が主語だと反発を招きますが、「僕から見ると○○に感じる」と「I」を主語にして伝えれば、ソフトな表現になります。


多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


内田和俊の経歴・略歴

内田和俊、うちだ・かずとし。日本の人材育成コンサルタント。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。大手不動産会社を経て、コンサルタントとして活動。人材育成を専門とし、ビジネスマン、プロスポーツ選手、経営者まで広くコーチングを行う。PHP認定ビジネスコーチ上級。日本コーチ協会全国大会で、「日本において成功したパイオニア的コーチ」に選ばれる。主な著書に『依存する人を変化を起こす人にどう育てるか』『ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる』『仕事耳を鍛えるビジネス傾聴入門』『俺様社員をどうマネジメントするか』『あなたの邪魔をする壁が小さくなる方法』など。

他の記事も読んでみる

安永竜夫

既に7月は海外3つ、国内2つの出張が入っていましたからスケジュールが空いていたのは海の日の3連休だけでした。土曜に出て海の日の月曜日に帰ってくる強行軍でした。社長の人使いが荒いほうが普通なのですが、当社は社長使いが荒い(笑)。


鈴木久仁

ややもすると、政治を批判して「国は何もしてくれない」という人が出てきたり、そうした状況に日本人は慣れてしまいましたが、そうではなく、そういう状況になったときに、自分自身は何をするのかということを考えていかなければならない。


堀之内九一郎

会社は自分を認めたから採用して、給料もくれている。だから、できる限り会社に貢献しなくちゃいけない。これは基本中の基本ともいうべき当たり前の考え方。


奥田務

私は運良く2度海外で経験を積み、日本を外から見る機会に恵まれました。だから日本の百貨店が抱える矛盾に気づけたのでしょう。


千田琢哉

顧客へのお礼のハガキを続けるためには、あまりきちんと書きすぎないことも大切です。模範解答通り「拝啓」や「敬具」で書こうとしたり、長い文書を書こうと頑張ったり、字が下手なことを気にしすぎたり。こうした「かくあるべし」を極力なくし、カッコつけずに書くことが長続きのコツです。


富田直美(経営者)

我々の強みは、ロボットをつくらないと宣言したことで、ロボットの会社がコンペティターにならないことです。そしてわずか10か月でパートナー100社が集まってくれた。この100社の技術を集めたら、スゴイことができます。足りないものは世の中から探してくるし、なかったら自分たちでつくれば良い。これは天井という限界のないブルーオーシャン。究極のアーキテクチャー、それを設計し組み立てることができる。世界一の能力を集められる可能性がある会社です。我々はプロデューサーとして皆さんが持っているボーダーを取っ払うことができる。ノーサイドという発想です。


和田秀樹

他人の好意をあてにする、いわゆる甘えは立派なスキル。素直に甘えられる人は、コミュニケーション能力が高く、ビジネスの場で多くの人に可愛がられる。甘え上手は必ず出世する。実際に成功している人の多くは、甘え上手なんです。よくベンチャーの若手社長が「ジジ殺し」なんて呼ばれ、目上の大物から可愛がられていますよね。


ケリー・マクゴニガル

つまずきに直面したときに、カギとなるのは再び目標に向かっていくのだという意志を持つこと、そのために役立つ助言を受け入れ、必要な情報を入手して、必要ならばほかの人たちの助けを借りることをためらわないことです。


本田宗一郎

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。拝む心がなければ人は動かない。つねに素直に。


生田正治

課長時代の上司には、すぐ上に副部長がいて、部長、副本部長、本部長、そしてその上に副社長がいました。社長とその副本部長が何週間も平気で書類をため込む人だったんです。そのたびに仕事が滞るので対抗策を考えて実行したんです。本部長の決裁が必要な書類をコピーして副社長と本部長以下、副本部長、部長、副部長に一斉に配ったんです。そうしたら副本部長が真っ赤な顔をして飛んできて「本部長に上げるかどうかは俺が判断するんだ。貴様の行為は越権行為だ。今すぐやめろ」って怒るんですよ。そもそもの原因は副本部長が書類を貯めるからでしょう。だから宛名はあなただ。あとは同時進行でもコピーであると一歩も譲りませんでした。同僚はビビッていましたけど、一年ぐらいしたら社内中の多くの課長が真似していましたね。


小林弘幸

毎年、「今年はこの手帳をこう使おう」とルールを決めていますが、毎年失敗していますよ。1年間、すべてのページに関して継続できてはいません。忙しいときには適当なところにメモしてしまったりもします。きっと皆さんもやってしまっているでしょう(笑)。書き方のルールは、9割の完成度では失敗するのです。10割までルールを作り上げることを目指して、毎年、改善を繰り返しています。


竹田和平

僕が見るのは人材だ。人材に厚みがあるかどうか。


岡田光信

大きな宇宙船をつくって移動させながら1個ずつ獲っていくより、小さな捕獲衛星を打ち上げて1回1個のほうがコストを抑えられます。具体的な額はまだいえませんが、10億円を切る額にしたい。衛星を小型化しているので、お客様の衛星を打ち上げるときに一緒に横に乗っていく「相乗り」が可能です。そうすればコストを抑えられます。


川村隆

「ザ・バック・ストップス・ヒア(責任のどん詰まり)」という言葉がある。第二次世界大戦時のアメリカ大統領のトルーマンがラストマン(決断する人)の重責を表した言葉だ。バックはポーカーで親の位置を示す印で、転じて「責任」の意味で使われている。部下は上司にバックを回すことができる。しかし、トップの前でバックは完全に止まる。


岡本純子

日本ではコミュニケーションについて戦略的にふるまうと、「狡猾だ」「あざとい」という言い方をされてしまい、コミュニケーションの技術を軽視する傾向があります。しかしアメリカではどのような表情やしぐさをすればコミュニケーションがうまくいくのか、大学の学問としてエビデンスを積み重ねながら真剣に研究されている分野です。心からの謝罪をするためには、思いが伝わるコミュニケーションの技術を軽視することはできないのです。


ページの先頭へ