名言DB

9419 人 / 110788 名言

内田勝規の名言

twitter Facebook はてブ

内田勝規のプロフィール

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

内田勝規の名言 一覧

奄美大島の物産展をした時、黒糖をそのまま売りたがる生産者に、黒糖ロールケーキを作ってもらうと大ヒット。自分の強みを生かせる商品に仕上げることで、売上は段違いにかわる。


東武百貨店で物産展の担当に抜擢されたとき、実は現場でものを売った経験はゼロだったんです。ど素人でしたが、それを活かし、誰もしていないことをしようと考えました。


目玉商品の横にある商品は目に触れる頻度が高くなる。ですから、そこに本当に売りたい商品を置いておきます。すると「これも良さそう」と買ってもらえる。


現地に足繁く通うことで、「実はこれが美味しい」「この材料を使いたい」など、商品開発のヒントが出てくる。現代は効率が求められますが、付加価値は手間暇をかけなければ生まれないと思っています。


北海道物産展で、1万2600円のステーキ弁当を売りました。周囲からは「高すぎて誰も買わない」と反対されましたが、いまや定番商品になりました。普段ステーキを食べ慣れた人にとっては普通の額。様々なお客様の視点を持つことが大切。


内田勝規の経歴・略歴

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

他の記事も読んでみる

橋下徹

新聞の社説も、コメンテーターや学者の意見も自分の意見こそが絶対的に正しいといわんばかりですが、どれも一つの意見にしかすぎず、どの意見が正しいかなんてわからない。


堀之内九一郎

私は、困ったときには、動物としての本能に戻れとよく言います。自然の摂理に従えば、人間、少々のお金がなくても生きていけることがわかります。自然の摂理、つまり、本能に従って、自分にはどんなことがやれるだろうかと必死に考え、生きるためだけにやった経験は、多ければ多いほど、あなたにとっての糧になります


ジェームズ・マックナーニー

競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。


喜多あおい

情報収集は、「書籍」「新聞」「雑誌」「サイト」「人物」の5つの基本ソースを順に当たっていくと効率がいい。


萩本博幸

トヨタのハイブリット車プリウスの発電機とモーターに使われている角度検出器は、当社が独占的に供給していてライバルがありません。トヨタは初め、これの自作を試みたようですが、上手くいかなかったみたいで、当社が全品供給することになりました。そうしたら、ホンダや米国のGMなどへ行って、トヨタが当社の製品を使っていますと宣伝して来いというのです。普通なら中核部品を他社へ出すなと言うはずですが、逆なんです。トヨタが作れない以上、世界中のメーカーが当社の製品を使った方がコストが下がるだろうというわけです。トヨタの徹底したコスト追求の精神には驚かされました。


金井誠太

ある程度の「枠」の中ならば、「理想のプラットフォーム」「理想のエンジン」「理想の足回り」「理想のデザイン」……といったものは、ほとんど共通しています。基本を作り込んで、サイズや重さの大小による差分を調整すればいいのです。ミソは、ここで言う「共通」とは、「部品の共用化」ではないこと。もちろん構造は相似ですが、それに加えて、たとえばエンジンなら燃焼の特性、サスペンションならタイヤの動かし方、プラットフォームなら衝突時の特性、という、「性能の共通化」であることがミソです。車種によってサイズや重さが変わりますから、たとえばセダンとSUVでは、形は似ていても違う部品を使わねばならないことがあります。ここが理解してもらいにくいところで、「違う部品を作ったら、コストが上がってしまうではないか」とよく言われるのですが、決してそうではありません。なぜなら、部品代はかかっても、特性を共通にすることで開発のコストを下げることができ、トータルでは安くなるからです。


アリストテレス

失敗する方法ならいくらでもある。しかし。、成功する道はたった一つしかない。


山本ケイイチ

運動は、必ず自分自身の成長につながり、仕事の成果にもつながる。


理央周

本当の意味で時間を有効に使いたいなら、「成果を挙げるためにやるべきこと」を明確にする必要があります。では、やるべきこととは何か。それは新しい価値を生み出す仕事、つまり創造する仕事にほかなりません。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

浅い眠りであるノンレム睡眠は肉体疲労を、深い眠りであるレム睡眠は心と脳の疲労を取るための睡眠。ノンレム睡眠とレム睡眠は交互に訪れますが、どちらが欠けてもダメ。両方がそろって体、心、脳が回復する。