名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内田勝規の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田勝規のプロフィール

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

内田勝規の名言 一覧

奄美大島の物産展をした時、黒糖をそのまま売りたがる生産者に、黒糖ロールケーキを作ってもらうと大ヒット。自分の強みを生かせる商品に仕上げることで、売上は段違いにかわる。


東武百貨店で物産展の担当に抜擢されたとき、実は現場でものを売った経験はゼロだったんです。ど素人でしたが、それを活かし、誰もしていないことをしようと考えました。


目玉商品の横にある商品は目に触れる頻度が高くなる。ですから、そこに本当に売りたい商品を置いておきます。すると「これも良さそう」と買ってもらえる。


現地に足繁く通うことで、「実はこれが美味しい」「この材料を使いたい」など、商品開発のヒントが出てくる。現代は効率が求められますが、付加価値は手間暇をかけなければ生まれないと思っています。


北海道物産展で、1万2600円のステーキ弁当を売りました。周囲からは「高すぎて誰も買わない」と反対されましたが、いまや定番商品になりました。普段ステーキを食べ慣れた人にとっては普通の額。様々なお客様の視点を持つことが大切。


内田勝規の経歴・略歴

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

他の記事も読んでみる

松下正幸

「自分自身をもっと高いところから見下ろしている自分」というものを意識し、その高いところから見下ろしている自分の気持ちをみずからに取り入れていけば、少しは素直になれるのではないかなという思いがしています。


アンジェラ・ダックワース

進んで一生懸命やりたいと思い続けられるような、得意なものを選ぶべき。やり抜く力は情熱の問題。目標に向かって創造性を発揮するには、絶えずそのことを考えているくらい好きでなければダメ。


福嶋康博

いつも新入社員には、上司に自分の企画を提案して一度ダメだと言われても、3度までは修正して提案し続けるように話していました。この過程で、十分に考えを巡らせることで自分が考えていた企画の不備が見えてくるようになるからです。


美輪明宏

時間の使い方で、最近、私がとりわけ浪費だと感じているのはデジタル・ツールです。私自身はインターネットもスマートフォンも一切使いません。確かに、検索やメールは便利な機能ですが、それは思索の時間を奪うことでもあります。自分の頭で考えたり感じたりするのをサボれば、当然、脳が退化してしまう。仕事中の空き時間や通勤時間など、みな一様にデジタル・ツールを手にしますが、もう少し自分自身と向き合う時間にしてはいかがでしょうか。


田中角栄

バカ野郎ッ。どこを見て政治をやっているんだ。お前たちは、日本のために政治をやっている。私情で動いてどうする。


和地孝

私は社員に「人は財産だ」と訴えました。人の価値はバランスシートには直結しませんが、人の努力の結果は必ずバランスシート上の数字に表れます。社員の半分をクビにすればたしかに人件費は半分になるかもしれない。しかし、社員のモチベーションが上がれば2倍3倍の価値を生むんです。いってみれば人は固定費ではなく含み資産なんです。


森正文(経営者)

人間、刺激がないと、なかなか行動を起こしません。とくに僕のようにのんびりしている人間は、なおさらです。「自分で黙々と通信教育をやります」といって東京大学に入れる人は、ごくわずかだと思います。


石川善樹

男性は、「つながり」は手段になっても、目的にはなりにくい。利益を求めて「つながり」に参加すると、ストレスの発散の場でなく、溜めこむ場になってしまいます。


小川理子

耳を鍛えるには、とにかくいい音を聴くことですね。音響研究所に入ったばかりの頃、始業時間まで一時間視聴室に籠もって音を聴いていました。


津賀一宏

お客様が何を選ばれるかが一番大事です。プラズマテレビは昨年度の半分の250万台に設定しています。量を追うのではなく、お客様のニーズにフィットする良い商品だけを提供しようと腹を括っています。


長島徹

オンとオフの切り替えを上手くやるコツは、仕事のことをパッと忘れて、自分の好きな世界に入っていく。二時間でも三時間でもいいから、好きなことをやる時間をつくることでしょうね。


石坂典子

私は創業者の娘ですから、父親の背中を見て育ってきています。裸一貫から、ダンプ1台から始めてきた父です。すごい仕事だなというのは、この会社に入るときまで分からなかった。人様が嫌がる仕事、汚いゴミを分ける仕事をする社員さんたちを見たんですね。当時は露天ですよ。屋根もかかっていない。冬は寒い。夏は暑い。雨の日もカッパを着て仕事をしてゴミを分けているんですよ。普通の人はやりたがらない仕事ですね。そういう仕事をやって、社会に埋める廃棄物を減らしていくという、この人たちの報われる環境というのがあるのかって思ったのが最初でした。