内田勝規の名言

内田勝規のプロフィール

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

内田勝規の名言 一覧

奄美大島の物産展をした時、黒糖をそのまま売りたがる生産者に、黒糖ロールケーキを作ってもらうと大ヒット。自分の強みを生かせる商品に仕上げることで、売上は段違いにかわる。


東武百貨店で物産展の担当に抜擢されたとき、実は現場でものを売った経験はゼロだったんです。ど素人でしたが、それを活かし、誰もしていないことをしようと考えました。


目玉商品の横にある商品は目に触れる頻度が高くなる。ですから、そこに本当に売りたい商品を置いておきます。すると「これも良さそう」と買ってもらえる。


現地に足繁く通うことで、「実はこれが美味しい」「この材料を使いたい」など、商品開発のヒントが出てくる。現代は効率が求められますが、付加価値は手間暇をかけなければ生まれないと思っています。


北海道物産展で、1万2600円のステーキ弁当を売りました。周囲からは「高すぎて誰も買わない」と反対されましたが、いまや定番商品になりました。普段ステーキを食べ慣れた人にとっては普通の額。様々なお客様の視点を持つことが大切。


内田勝規の経歴・略歴

内田勝規、うちだ・かつのり。日本のカリスマバイヤー。「オフィス内田」代表。東京都出身。中央大学卒業後、東武百貨店に入社。エグゼクティブバイヤーなどを務めた後、オフィス内田を設立。数々の物産展をヒットさせた。

他の記事も読んでみる

野津基弘

企業を人にたとえるなら、業績(P/L)は体調を、資産(B/S)は体質を表している。経営は体調に目が向きがちだが、健康な体質があれば不測の事態にも対応でき、成長の可能性は広がる。


江島祥仁

権限委譲をどんどん行っていく。そうすることで、社員には早くその立場にふさわしい人材に成長してもらいたいというメッセージにもなる。


北沢敬二郎

とにかくいったん入社した以上、十年間は辛抱する覚悟が必要だ。十年経ってもうだつがあがらないなら、不当な扱いをされているか、無能力のどちらかだ。前者なら潔く住友を去ればよし、後者なら会社には迷惑だろうがそのまま置いてもらうほかない。
【覚書き|住友本社の新入社員時代、東京帝国大学を出たのに帳簿付けをやらされ続けていることに対して同期の仲間が「辞めてやる」と言い出したことに対する返答】


中山勇

美味しいお弁当づくりには、種も仕掛けもあるんです。ご飯の盛り付け一つでも、機械が無理やり押し込んだような仕上がりより、手で立体的に盛り付けたようなビジュアルのほうが美味しそうに感じていただけるはずです。


山海嘉之

クリエイターというのは生まれにくくて、育ちにくくて、壊れやすい。彼らを育てるにはいじらず、かき回さず、じっくりと見守ることですね。


C・W・ニコル

テレビや本で環境保護について訴えかけましたが、自然破壊のほうは一向に止まりませんでした。徐々に「大好きな自然をだしにお金儲けをしている」ような気分になってきて、絶望の日々を過ごしました。40代半ばのことです。そして、「森を保護せよ」と言うだけでなく、みずから森づくりを実践すると発想転換したことで、私は生き返りました。


下地寛也

資料作成に必要なのは「相手はどう思うか」という想像力です。そのために、構成と視点という軸で思考してから、作業に取りかかることが大切。


高田明(ジャパネットたかた)

業績が悪化したら人員削減、経費削減。これもある種の固定観念だと思います。私たちは、経費を絞るどころか、東京オフィスの開設など、むしろ投資を増やしました。先のことを心配するより「今」に集中することを選んだのです。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

当社はハードウェア、家電も手掛けています。大手電機メーカーが手掛けているのはリビングを想定した高機能・多機能・高価格のいわゆる「リビング家電」ですが、我々は書斎や寝室、ワンルームなどがそこまで大きくない部屋で使用する家電、つまり「ルーム家電」を製造しています。機能を絞ることで、よりコンパクトに、よりお手頃価格になるため、需要がある。


ゆうきゆう

怒りを抑えるには、自己肯定感を高め、他人の言動によって自己の価値を左右されないようにすることが大切です。


冨田智夫

ニューバランスのファンの方々は、他のブランドと違うユニークさを買ってくださっています。それが消費者から見て他のブランドと同じように映ってしまうと駄目だと思っています。


茂木友三郎

経済人の役割は、事業の創造。とにかく事業を作り出し、付加価値を高めること。


ムーギー・キム(金武貴)

いわゆるフォーチュン500に入っている世界に冠たる大企業のCEOたちに自分の成功の要因を聞いた時、一番多かった答えが、「単に自分が好きなことをやっていたら、いつの間にかCEOになっていた」というものである。自分が好きなことをやっていると、そもそも脳内物質ドーパミンが分泌されて脳の働きが活性化されるので、没頭して脳の生産性が上昇しているのだ。また好きなことをやっていると長時間集中しても苦ではないし、失敗して挫折しても、結局は好きなことなので長く続けることができる。


冨安徳久

私は日々死というものを見てきて感じるのですが、死をしっかりととらえている人ほど生を充実させられる人だと思います。


前川孝雄

雑談力の源となるのは相手への好奇心です。そして、その好奇心の奥にあるものは「素直さ」だと私は考えています。「若い人の考えることはわからない」「彼の考え方は偏っている」などと決めつける前に、素直な興味を持ってみる姿勢です。相手が何を考えているのか、なぜそう思うのかを考えること。この姿勢があってこそ、何気ない雑談は大きな意味を持ち、信頼関係を築く基礎となるでしょう。


ページの先頭へ