名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田勝巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田勝巳のプロフィール

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

内田勝巳の名言 一覧

会社を上場まで持って行ける経営者は、自分の情念をうまくコントロールできると同時に、世間の怖さを知っている人。


株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。


社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。


上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。


立てた計画を翌期末にちゃんと達成することが大切。そのためには、計画が社長の頭の中にあるのではなく、組織に下していくことが大切。


内田勝巳の経歴・略歴

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

手倉森誠

日本サッカーを強くするために必要なのは自分たちは弱小国なんだという意識です。海外でプレーする選手が増え、ワールドカップも五大会連続出場したけど、日本が強豪国かといえば、決してそうではない。「俺たちは強いんだ」と思った時点で間違えると思うんですよ。日頃から高いレベルで戦っている海外組の選手には、すごく謙虚な選手が多いですよ。


ジョセフ・アディソン

正義ほど偉大にして神聖な美徳はない。


猪塚武

なぜカンボジアかというと、東南アジアで外資に対して開かれているのはシンガポールとカンボジアくらいのもの。シンガポールは発展していますが、その分競争は激しい。その点カンボジアは発展途上ですが可能性があるだけでなく、親日国家です。それが決め手となりました。


猪子寿之

英語を社内公用語にしようなんて、ただのバカ。英語が不要とは言わないけど、日本人が日本語で話し、考えなくてどうすんの。


野口敏(話し方)

雑談しかしていないような営業マンがどんどん注文を取ってくる、なんて例を見聞きすることがあるかもしれませんが、その営業マンにとっては決して雑談ではなく、顧客との信頼関係を築くうえで、欠かせない会話だとも言えるでしょう。


松岡真宏

産業再生機構では法律、会計、金融など、他分野の専門家と一緒になります。毎日新しいことを学ぶことができて非常に刺激的でした。


山田敏夫

事業を軌道に乗せられたのは、私の思いが「沸点」を超えていたからでしょう。喜び、哀しみ、憤りといった感情から生まれる「絶対に実現したい」という思いの強さが、あるレベルを超えていた。そして、「やれるんだ」という前提で、自分に何ができるかを考えた。これが、あらゆる分野で、起業が成功するかどうかのポイントだと思うのです。


ジェリー・ヤン

成長に必要なのはテクノロジーなエンジニアリングではなく「ソーシャルエンジニアリング(人の心理を読んで活動すること)」である。


山崎種二

私は清算取引と名のつくもので勝負をやらないものはない。しかし、いまもって競馬、競輪は一度もやったことがない。兜町の先輩の中に、金山や銅山などを手掛けた人も多いが、私はまったくやったことがない。これは自分の方向を律していく一つの主義である。【覚書き:清算取引とは売買対象になったものの現物を受け渡ししないで行う取引のこと。先物取引やオプション取引などで使われる】


茂木友三郎

米国に留学して驚いたのは、学生によく勉強させることである。私の場合は経営大学院だったが、留学して2年間で体重が10kgも減った。朝は8時に起きて9時に学校に行く。午後3時までの授業の後、間に夕食を取って夜11時ごろまで図書館で勉強する。さらに寄宿舎に戻り、論文や事例研究などの準備をすると朝3時か4時になる。起きるのが8時だから、体重が自ずと減ってしまう。土曜も一日中勉強し、休むのは日曜の午前中だけ。学期が始まったら終わるまでマラソンレースのように走り続けなければならない。アルバイトや運動などの時間はなかった。


北方謙三

その人の創造性を左右するのは、潜在能力にかかっている。いわゆる「火事場の馬鹿力」。その潜在能力を引き出には、もう、ひたすら自分を追い詰めるしかない。


下村博文

大事なのは、労働力がもっと向上するようにという、上から目線の労働生産性向上のための教育の場ではなく、あらゆる世代の一人一人が自らの人生の豊かさを共有できるようにするための教育の場を作らなければならない。