名言DB

9412 人 / 110637 名言

内田勝巳の名言

twitter Facebook はてブ

内田勝巳のプロフィール

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

内田勝巳の名言 一覧

会社を上場まで持って行ける経営者は、自分の情念をうまくコントロールできると同時に、世間の怖さを知っている人。


株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。


社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。


上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。


立てた計画を翌期末にちゃんと達成することが大切。そのためには、計画が社長の頭の中にあるのではなく、組織に下していくことが大切。


内田勝巳の経歴・略歴

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

戦略は細部に宿る。その細部を管理できないと組織は駄目になる。


山田真哉

売上げというのは、もう過去の結果ですから、むしろ重要なのはその前。モノを売る市場の情報を把握しなければダメ。たとえば出版社なら、他社の雑誌の発行部数よりも、日本全国の書店の数がどれくらいという情報のほうが大事。取次を通して自社の雑誌が何店舗に置かれているか。どれぐらいの読者がいる市場にアプローチするのかが見えなければ、何十万部をめざすと言っても説得力がない。マーケティングの基本です。


一戸明美

成長著しいベトナムでブライダル事業をまもなく開始する予定です。現地のサロンに行き、持ち前の明るさを生かして身振り手振りでスタッフとコミュニケーションしたり、専門の調査チームを動員したりするなど、現地攻略作戦は順調です。今年もいろいろなことに挑戦していきます。


オグ・マンディーノ

忍耐によって運命を支配できることを学びなさい。忍耐をすればするほど、あなたに返ってくる報いが確かなものとなることを知りなさい。いかなる偉大な業績も、忍耐強く努力し、待ち続けた結果としてもたらされるのである。


御手洗冨士夫

新卒採用で入って長く会社にいるからこそ愛社精神が育つ。日本の愛社精神は、不正を防ぐコーポレートガバナンスの機能を果たしていると考えることもできます。ひとりが自分の家族を思うように会社を愛せば、ルールがなくても不正は自然となくなる。それから、役員と社員の距離が近いことも経営のチェック機能になる。流動性の高い社会ではありえないことです。


山田進太郎

メルカリより前にもCtoCのサービスはありました。ただ、パソコンなどのガジェットや本、女性のファッションなどの取引が中心で、僕はそれをオールジャンルでやれば、すごく大きなビジネスになると考えました。実際、次第にトイレットペーパーの芯を集めて出品する人や、子供が拾ったドングリを売る人なども出てきて、とんでもなく面白いことが起こりつつあると実感しました。その良さをできるだけ殺さないように、自由なプラットフォームとして運営してきたのが、すごく良かったところだと思っています。


水谷佑毅

当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


河原春郎

事業を取捨選択する時だけは自らの判断を貫きましたが、それ以外では、社員が送ってくれた提言はできるだけ会社の戦略に採り入れるようにも心がけました。


齋藤孝(教育学者)

自分のことをコミュニケーションが上手なほうだと思いますか? 自信のない人は、その認識がある分改善できる余地があります。むしろコミュニケーションが得意だと思っている人の方が危ない。本当はほとんどできていないのに、それすら気づいていないことも多いのです。


貞末良雄

お客様の評価を獲得しさえすれば、自動的に会社は伸びる。


井上礼之

大きなものを背負えば背負うほど、決断力は鈍るものです。そこに、わずかでもネガティブな情報や意見が並びはじめると、さらに決断に迷いが生まれてきます。そこで、自分の決断に確信を得るために、他の人の意見に耳を傾けることになるかと思いますが、これがまた決断を鈍らせることになります。私が決断の基準にしてきたのは、「六分四分の理」。どちらにも理があり、どちらとも正しいことのほうが多いものです。それでも一方に六分の理があれば実行に移し、必要であれば戦略を軌道修正するという考え方です。


熊本浩志

東芝という会社にとっては失敗だったというのはもちろん理解しています。でもアテハカが世に出たことで、明らかに何かが変わった。僕らは言ってみれば荒波に浮かぶ船なんです。みんなが止めたのも聞かずに漕ぎ出してしまった。でも、止めた人たちも決して僕らのやろうとしたことに否定的ではなかった。だから失敗したまま船を戻すわけにはいかないんです。
【覚書き|東芝時代、デザイン家電のアテハカシリーズを企画し、脱量販店を目指したが見込んだほど売れなかった。熊本氏は諦めず東芝を飛び出しデザイン家電ベンチャーを立ち上げた】


小川善美

健全に会社を回していくという、それに尽きるんです。思わぬ事態が思わぬタイミングで発生したりする中で、どうやったら少しでも会社を長く継続できるかを考えること。社員にとっては、安定した環境の中で面白い仕事ができたり、自分の成果に合わせてきちんとお給料が上がるということが一番だと思うんです。ですから、それをまずちゃんとできるようにしていかなくちゃいけない。今はそれが最大のリーダーシップなんじゃないかと思います。


ロバート・キヨサキ

勤務評価が、10段階評価で「5」の社員がいたら、その人の評価が「7」や「8」になるように励ますのが、リーダーとしてのあなたの役目だ。評価を上げるために、さらにトレーニングが必要になる場合もあるし、降格や解雇という厳しい結果になる場合もあるだろう。


キャロル・バーネット

私の人生を変えられるのは私だけ。誰も私のためにそんなことやってくれないわ。