内田勝巳の名言

内田勝巳のプロフィール

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

内田勝巳の名言 一覧

会社を上場まで持って行ける経営者は、自分の情念をうまくコントロールできると同時に、世間の怖さを知っている人。


株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。


社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。


上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。


立てた計画を翌期末にちゃんと達成することが大切。そのためには、計画が社長の頭の中にあるのではなく、組織に下していくことが大切。


内田勝巳の経歴・略歴

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる


竹中半兵衛

要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。
【覚書き|要害=堅固な城塞。】


オグ・マンディーノ

子供が大きくなったらというのを思い出してください。しかしそれはなんでしょう?大きくなった少年は言います。大人になったらと。大人になると結婚したらと言います。でも、結婚したからってそれがなんだというのでしょう?結婚すると考えが変わり、退職したらといいます。退職の時が来ると、自分の人生をつかみ損ねたことに気付きます。今日のこの日を楽しみなさい。明日は明日楽しめばいいのです。


藤田弘道

バブルの時代には、本業以外絶対に手を出しませんでした。それでバブルがはじけて本業以外に手を出した企業は相当痛い目にあいました。でも、わが社の進むべき道はデジタル化を迎えて印刷というコア技術をどのように利用して、その市場の変化に対応するか。ほかの事業に手を出さずに、印刷会社は印刷技術をどう利用して、事業を確立するかということが経営の基本だったと思うんです。


山本恵一(快眠アドバイザー)

睡眠を「無駄な時間」と考えている人は、まず認識を改めてほしいのです。眠りは、日中に疲れた身体を癒す大事な「修復の時間」。成長ホルモンの分泌により肌や筋肉が再生するだけでなく、記憶や経験も脳内で整理されます。この時間を充実させると、思考がまとまりやすく、アイデアもわきやすくなります。


クリス・アンダーソン

フリーと競争するには、潤沢なものを素通りしてその近くで希少なものを見つけることだ。ソフトウェアが無料なら、サポートを売る。電話が無料なら、遠くの労働者と能力をその無料電話を使って届ける(インドへのアウトソーシングがこのモデルだ)。


高城幸司

仕事をする中で「やりたいこと」を実現するためには、周囲の協力が不可欠です。この、目的を達成しやすくするためのアクションが「根回し」です。


角和夫

バランス感覚は経営者にとって重要な素養だと思います。私も100%できているとは思いませんから、これからもバランス感覚を磨くことを継続していきたいと思っています。


ページの先頭へ