名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

内田俊雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田俊雄のプロフィール

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

内田俊雄の名言 一覧

自他ともに認めるチームの大黒柱とは、目立たないところで仲間の何倍もの努力を重ね、周囲の信頼を獲得していく努力が欠かせない。あいつで負けたなら仕方ないと仲間も指導者も思える大黒柱を抱え、かつチームワークを最大限に発揮できるなら、結果はおのずからついてくるものです。


私自身は、スタープレーヤーをつくってはいけないと肝に銘じていました。確かに運動能力や技術面で優れたプレーヤーはいるでしょう。指導者がその選手ばかり頼りにするようになると、特定の選手が目立つから、結果としてスターが出来上がってしまう。一人のスターに頼りすぎた集団は、いざという時に踏ん張りが利かず、真の意味でのチームワークも発揮できません。いたずらにスタープレーヤーを作り上げてしまうのは、指導者の責任なのではないでしょうか。


単なる精神論でチームワークを強調してきたつもりはありません。野球は記録に残らないプレーが勝敗を左右するスポーツです。盗塁のときに、打者が走者を助ける空振りをする。平凡な内野ゴロでも全力疾走を怠らず、守備では味方の暴投に備えて必ずバックアップに入る。選手一人一人が自分の適性や役割を理解して、チームワークを優先することができるなら、その強さは少しのことでは決して揺るぎません。練習中から挨拶や全力疾走をおろそかにしないように心がけているのも、記録に残らないプレーこそ、学生野球の基本だからです。


勝負の世界では勝ち星こそ最大の良薬と言います。しかし、勝つことによって組織の中に垢がたまってくることもある。見せかけの勝利とでも言えばいいのでしょうか。普段目指している成果が出ないのに、なぜか勝ち星が転がり込んでくる。そんなときは、往々にしてチーム全体に慢心が広がって、結果が長続きしないものです。


内田俊雄の経歴・略歴

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

他の記事も読んでみる

北島康介

僕だけじゃ無理。同じ目標に向かって、一緒に喜んで、泣いてくれる仲間が応援してくれるからこそ、頑張れるんです。勝った時の喜びは何十倍にも膨れ上がるし、僕を動かす原動力なんですよ。


神田有宏

結局マーケティングは統計学ですから、サンプリングが増えれば増えるほど精度が上がってくる。


猪瀬直樹

ハナから買う気のないお客さんに対して、セールストークを連発して相手の心を動かそうとしている営業マンがいますが、あれは典型的なダメな例。デキる営業マンは、その間に見込みのあるお客さんにアプローチして、より多くの契約を取っています。


新井見枝香

昔からずっとすべてに「向いてない」というか、どこにいても違和感がぬぐえなくて。たとえば誰かに好きになってもらえたとしても自分のことを本当に理解されることはないんだろうなと思ってしまう。それでも理解できないなりに面白いと思ってもらえることが大事なんじゃないかと思います。向いてないからこそどうにか頑張っていける、ということもありますからね。


楠木新

スクールや社外勉強会に参加するような社外活動も否定はしませんが、多くの時間・労力を費やして、現実的なスキルを身につけるという意味では、会社の仕事に勝るものはないと思います。入社後10年間はとにかくガムシャラに仕事をしてみる。私生活を多少犠牲にしたとしても、それだけの価値はあると思います。人生の持ち時間はその後もたくさんあるからです。


村田諒太

メンタルが強くなかったので、専門書や哲学書を読んで実践してきました。メンタルの弱さには先天性のものと後天性のものがあって、僕は先天性のものでした。いまだに高いところは苦手だし、ジェットコースターにも乗れないビビリです。何事も慎重派ですしね。でも鍛えたおかげで、今は普通の人よりはメンタルが強くなりました。


佐藤龍雄(経営者)

単なに物を売るという感覚ではなく、その商品の価値を売るという意識が必要。


藤井孝一

人に頼めるならそれは、必ずしも自分がやらなければならない仕事ではないので、抱え込まずに頼むこと。それが本当にやるべきことの時間を確保する秘訣といってもいいくらいです。


田原総一朗

僕は酒もタバコもゴルフもやらない。一番、楽しいのが仕事。だから、どんどん仕事に貪欲になれる。


里見多一

捨てる神あれば拾う神ありなので、社員には決して諦めるなと伝えています。創業者精神である運・鈍・根を大切に、これからもやっていきたい。


成毛眞

私はマイクロソフト日本社長時代、新入社員に「入社して3年は365日、24時間働け」と言っていました。私自身、最初に入ったメーカーでがむしゃらに働いた経験が30代で活きました。たとえば、毎日英文テレックスを1時間くらいかけて打つのですが、これが英語の契約書を読む能力につながった。だからこそ30代で「手を抜くところは抜く」ことができたし、同じことを若手にも伝えたかったのです。


野村克也

野球は「意外性のスポーツ」。弱者が強者を倒す、番狂わせが大いにありえる世界なんだよ。経済と天気と野球の予想は当たらないという。番狂わせが多いから、野球は面白いんだ。経済と天気は当たるほうがいいがな。