名言DB

9425 人 / 110833 名言

内田俊雄の名言

twitter Facebook はてブ

内田俊雄のプロフィール

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

内田俊雄の名言 一覧

自他ともに認めるチームの大黒柱とは、目立たないところで仲間の何倍もの努力を重ね、周囲の信頼を獲得していく努力が欠かせない。あいつで負けたなら仕方ないと仲間も指導者も思える大黒柱を抱え、かつチームワークを最大限に発揮できるなら、結果はおのずからついてくるものです。


私自身は、スタープレーヤーをつくってはいけないと肝に銘じていました。確かに運動能力や技術面で優れたプレーヤーはいるでしょう。指導者がその選手ばかり頼りにするようになると、特定の選手が目立つから、結果としてスターが出来上がってしまう。一人のスターに頼りすぎた集団は、いざという時に踏ん張りが利かず、真の意味でのチームワークも発揮できません。いたずらにスタープレーヤーを作り上げてしまうのは、指導者の責任なのではないでしょうか。


単なる精神論でチームワークを強調してきたつもりはありません。野球は記録に残らないプレーが勝敗を左右するスポーツです。盗塁のときに、打者が走者を助ける空振りをする。平凡な内野ゴロでも全力疾走を怠らず、守備では味方の暴投に備えて必ずバックアップに入る。選手一人一人が自分の適性や役割を理解して、チームワークを優先することができるなら、その強さは少しのことでは決して揺るぎません。練習中から挨拶や全力疾走をおろそかにしないように心がけているのも、記録に残らないプレーこそ、学生野球の基本だからです。


勝負の世界では勝ち星こそ最大の良薬と言います。しかし、勝つことによって組織の中に垢がたまってくることもある。見せかけの勝利とでも言えばいいのでしょうか。普段目指している成果が出ないのに、なぜか勝ち星が転がり込んでくる。そんなときは、往々にしてチーム全体に慢心が広がって、結果が長続きしないものです。


内田俊雄の経歴・略歴

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

他の記事も読んでみる

柿木隆介

予想外のことでパニックに陥ったとき、思考を整理するために一度立ち止まる。直感でこれだと思っても、罠がないか確認することが重要。


田村恵子

常に緊張を強いられる仕事のため、生活には意識してメリハリをつけるようにしています。私はどこでも眠れる体質で、疲労をためこまずに済んでいますが、精神のコンディションを整えることも大事ですからね。


横田南嶺

特に上に立つ人は孤独です。孤独との戦いといってもいいでしょう。常に全体を感じ取り、何事も腹で受け止めて、腹で考えていく覚悟が必要。


太田肇

ジェネラリストになるかスペシャリストを目指すべきかという議論は、これまた古くからある議論だが、一見汎用性の高い能力を備えた人材より、守備範囲は狭くとも、質の高いアウトプットを出す人材の方が、実は汎用性が高いというパラドックス(逆説)が存在する。


ながやす巧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


吉尾弘

山では人にできないことが自分の力でできる。努力さえすれば、それ相応に得られるものがあるのだ。目標とするルートの困難さが大きければ大きいほど、可能性を期待する楽しみも大きい。


楠木建

担当がなく、365日仕事に邁進するのが経営者だと言ったら、そんなことは誰もできないということになる。それをこなす。すべてのことはできないから、どういう仕事についてはハンズオフ(やらないこと)にするか。どこまでをハンズオン(やること)にするか。まさにそこに経営者のセンスが出る。その仕分けには固有のロジックがあるはず。何をオンにしオフにするかでそのロジックが見て取れる。


野田稔

じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


三田紀房

ある程度こなせるジャンルをいくつかつくって、ひとつを描き終えたら、昔やった別のジャンルにまたチャレンジするというように、ローテーションで回すことを意識しています。一度取り組んだジャンルやテーマでも、そのすべてをやり尽くしたなんてことはそうあるものではない。とくに若いころは構想力もテクニックも未熟ですから、いま振り返ると十分に描き切れていない部分が結構あるものです。それを克服する意味も込めて、また同じテーマに取り組むわけです。


田中和彦

ワークライフバランスという言葉が普及した成果、自分の時間を仕事とプライベートの二つに分けて考える人が増えてきました。しかし人生は二分法で切り分けられるほどシンプルではありません。会社で働く自分、遊んでいる自分以外にも、もっと多様な自分がいるはずです。