内田俊雄の名言

内田俊雄のプロフィール

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

内田俊雄の名言 一覧

自他ともに認めるチームの大黒柱とは、目立たないところで仲間の何倍もの努力を重ね、周囲の信頼を獲得していく努力が欠かせない。あいつで負けたなら仕方ないと仲間も指導者も思える大黒柱を抱え、かつチームワークを最大限に発揮できるなら、結果はおのずからついてくるものです。


私自身は、スタープレーヤーをつくってはいけないと肝に銘じていました。確かに運動能力や技術面で優れたプレーヤーはいるでしょう。指導者がその選手ばかり頼りにするようになると、特定の選手が目立つから、結果としてスターが出来上がってしまう。一人のスターに頼りすぎた集団は、いざという時に踏ん張りが利かず、真の意味でのチームワークも発揮できません。いたずらにスタープレーヤーを作り上げてしまうのは、指導者の責任なのではないでしょうか。


単なる精神論でチームワークを強調してきたつもりはありません。野球は記録に残らないプレーが勝敗を左右するスポーツです。盗塁のときに、打者が走者を助ける空振りをする。平凡な内野ゴロでも全力疾走を怠らず、守備では味方の暴投に備えて必ずバックアップに入る。選手一人一人が自分の適性や役割を理解して、チームワークを優先することができるなら、その強さは少しのことでは決して揺るぎません。練習中から挨拶や全力疾走をおろそかにしないように心がけているのも、記録に残らないプレーこそ、学生野球の基本だからです。


勝負の世界では勝ち星こそ最大の良薬と言います。しかし、勝つことによって組織の中に垢がたまってくることもある。見せかけの勝利とでも言えばいいのでしょうか。普段目指している成果が出ないのに、なぜか勝ち星が転がり込んでくる。そんなときは、往々にしてチーム全体に慢心が広がって、結果が長続きしないものです。


内田俊雄の経歴・略歴

内田俊雄、うちだ・としお。アマチュア野球の指導者。亜細亜大学野球部総監督。拓殖大学野球部監督。亜細亜大学野球部を経て社会人野球三協精機で活躍。その後、亜細亜大学野球部のコーチ・監督に就任。同大学で26年間監督を務め、同チームを強豪へと育てた。在任中、東都大学野球リーグで13回、全日本大学野球選手権大会で3回、明治神宮野球大会で2回の優勝を飾った。日米大学野球選手権大会日本代表監督を2度務めた監督

他の記事も読んでみる

小山昇

私は腕時計をしていない。時計に時間を教えてもらうようになると、勘が鈍るからだ。同様に、自分で車を連転していた時はカーナビもつけなかった。機械に頼らず勘で動いてみてほしい。最初のうちは転んで痛い目に遭うかもしれないが、転ぶうちに勘が鋭くなって、リスクを見極められるようになるんじゃないかな。


藤沢武夫

生産企業では、つくっている商品で儲けているということで、技術者にしても、現場の人たちにしても誇りを持つことができる。俺たちが一生懸命働いているから会社が成り立っているんだということです。


細川馨

悪癖を一度にすべて直すことは不可能なので、焦点を絞り、「××のクセを私は直す」と公言して行動する。それだけでも、自分や周りに大きな変化が表れるはずです。そしてクセが出た行動を取った時に指摘してもらいましょう。


山本憲明

年に一度などたまにしかやらないけれど、確実に定期的に発生する仕事こそ、マニュアルを作っておく必要がある。


東国原英夫(そのまんま東)

いつも上着のポケットにA6判の小さなノートを入れています。とくに勉強しようと構えなくても、人と話をしていたり雑誌を読んで興味を持ったことなどを気軽に書きとめることができるから便利です。気づいたことを片っ端から書き続けた雑学ノートは、あとで見返せば、僕にとってすごくいい参考書になっています。


平本あきお

人が何かに「とらわれる」のは、ある意味でしかたのないこととも言えます。しかしまず、自分が一体何にとらわれているのか。それを考えるだけでも、人生を変えるきっかけになります。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

本物の強い精神に必要な要素は、「勇気」「自立」「誠意」「寛大さ」「思いやり」の5つの美徳です。これらがなければ、真の自由と喜びを知らない揺らいだ心のまま、人は、その場の状況によって姿かたちを変えられる粘土細工のような存在になってしまうでしょう。


加藤俊徳

脳の中には、感情系脳番地があります。この感情系の働きによって、人は人の気持ちを感じ取ったり、自分の気持ちを生み出すと考えられています。ですから、人と接することだけで、人は会話による伝達系脳番地だけでなく、感情系脳番地も鍛えていることになる。


佐々木常夫

上司はごますりだけでは評価しない。「担当部署の成績を上げること」を会社から求められていますから。では、どうして「ごますり」が出世するか。仕事の実力が周囲と大差ないから、ごますりがプラス評価になっている。頭1つ抜けた成果を出すか、ごますりをするかは、あなた次第です。


福原正大

アメリカのリベラルアーツカレッジを訪問したときに、ある学長さんが「コミュニティをつくれる人間を育てることが、大学のあるべき姿だ」と話していて、非常に印象に残りました。コミュニティは上から与えられるものではなく、一人一人が教育を通して考え、つくっていくものだと思います。


中西大介

これだけ環境が激しく変わっているので、体系化された学問だけを学ぶだけで通用することはありません。むしろ、環境の変化のスピードに適応していける力が必要。


松沢幸一

私はちょっとした時間があれば、これといった用事がなくても社内をウロウロしています。そのとき、いろいろな情報を得ることができます。社員の声、つまり現場の第一線の声は、とても有益です。いろいろな人たちの話を聞くために、本社内だけでなく、グループ・関係会社などにも、できるだけ出向くように心がけています。


野村亮太

落語の業界には「人(にん)」という言葉があります。「キャラクター」というような意味です。自分の「人(にん)に合った」方法を考えることが大事。


鍵山秀三郎

私は、みずからの才能がなかなか発揮できないことを、環境のせいにしたり時代のせいにしたりしている限り、その人は絶対に日の目を見ないのではないかと思います。まずは自分を取り巻いている条件をすべて受け入れる。そしてその中で自分は何ができるかを焦らずに考えることが必要です。


出光佐三

人の頼みがたきを言うは、人その人を得ざりし所以にして、人その人を得れば必ずや好結果を得る。


ページの先頭へ