名言DB

9419 人 / 110788 名言

内田久美子の名言

twitter Facebook はてブ

内田久美子のプロフィール

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

内田久美子の名言 一覧

我々の仕事は戦うことが目的なのではなく、お客様の悩みを解決することが最大の目的。戦いというのは手段の一つですが、戦わずに解決できれば、それが一番ですね。


私は会社を見る時はトップの思想や行動も見ています。不正をしないことは当然として、社外の目から見てこれはどう見えるか、という視点から見ることも、社外役員の役目だと思います。


特に要となるのはトップです。企業は業績がいい時もあれば、悪い時もある。ですが、悪い時に不正や隠ぺいに走ったり、違法行為に手を染めたりということはもっての外です。倫理的に間違ったことをして社会の信用を失えば、会社は一瞬にして潰れてしまう。その怖さこそ、肝に銘じて頂きたいですし、トップの考え方や姿勢はそれだけ重要ということだと思います。


マスコミの試験は受けたのですけれど就職活動は結局、失敗しまして、大学4年生の秋ごろに、これからどうしようか悩んでいました。その頃、たまたま司法試験予備校の、憲法の初回の授業を録音したテープを聴く機会があったんです。そこで聴いた「価値相対主義」という言葉にとても興味を持ちました。憲法99条の憲法尊重擁護義務の主体に「国民」は入っていません。自由の基本法である憲法は、憲法を否定する自由・価値ですら認めているのだと。つまり、日本国憲法は、これが唯一正しい、他の価値は一切認めないという態度をとっていないというわけです。そこで、例えば、Aという考えもありますし、Bという考えもある。でも、私はこの問題をBという考えていくのが良いと思います、なぜならこういう理由があるからです、というように、異なる価値の存在を前提としながら、こちらの考えを理解してもらえるよう説得していくのが法曹の仕事であると。それから法曹の仕事に一気に興味を持つようになりました。


難しいことを分かりやすく伝えるということを心がけています。例えば、私は、手がける弁護士の少ない税務の事件や訴訟を、前事務所時代から数多くやってきました。ところが、税務実務の詳細や、最先端の議論などは、専門の税理士さんや学者さんでないとご存じないということもままあります。ですが、こうした専門家のお話を生でぶつけてしまうと、裁判官に理解して頂けないこともあります。しかし、裁判官に理解して頂けないことには、裁判に勝てません。そこで、裁判官にどう伝えれば理解して頂きやすいか、どのような証拠があったら認定して頂きやすいのかを考えて、いかにお客様の主張を橋渡ししていくか。そういう意味では、弁護士業務というものは通訳の側面もあると思っています。


内田久美子の経歴・略歴

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木茂晴

最近、ワーク・ライフ・バランスが注目されるようになりました。これはとてもよいことだと思います。我々の世代が若かった頃は、人生のすべてを会社に捧げる時代でしたが、もはやそれではダメです。働き方も持続可能でなければいけません。


早川徳次

早暁4時を期して起床した。すぐ作業だった。1日の経費を朝食までに稼ぐという計画を立てて、休みの時間というと食事の間だけ、夜業をやって10時にしまう。なおそれで済むのではなく、雑用と外交はそれからの仕事になっているという寸法である。私の創業時代のこれが風景だった。


中嶋茂夫

社会人が新たに友人をつくるのは、学生時代よりも難しいと感じませんか。社会人の人間関係は、学生と違って会社が中心になりがちです。仕事でたくさんの人に会っても、それはビジネス上の人間関係です。そこから友人や人脈と呼べるような関係になるには、なかなか高いハードルがあります。しかし、インターネットの世界では、あらゆる垣根を越えた議論や交流が昼夜を問わず活発に行われています。しかも、情報交換の場が無数にあり、趣味を通じて同好の士と仲良くなれる可能性も高い。人脈をつくりたいのであれば、これを活用しない手はありません。


鹿島守之助

私は北海道開発庁長官として公明正大に行うことが必要だと考えたので、鹿島建設に対する北海道開発局関係の請負工事の指名停止を命令した。これには、次官もまったく前例がないと困った顔をしていたが、とにかく指名停止をすることにした。だからのちに私が大臣を辞めたとき、一番喜んだのは鹿島建設の札幌支店長であった。


牧野正幸

IPOに目的を合わせるのではなく、志を高く持って果敢に挑戦していただきたい。IPOに目的を合わせてしまうと、達成したとたんに社員が辞めてしまいます。夢も希望もないと感じるからです。夢が社会貢献だからこそ、社員は一生懸命働いてくれるのです。


細谷英二

修羅場を上手く乗り越えられれば自信がつきます。けれども、失敗することもある。そのときは謙虚になって「なぜできなかったか」を反省すればやはりプラスになります。ともかく修羅場にぶつかるということが重要だと思います。


笠井伸啓

かつて電気工学や電子工学といえば大学でも花形でしたが、残念ながら現在は学生の人気も下がり、なかなか優秀な人材が育たなくなってきています。また、こうした学科を卒業したとしてもIT企業や銀行などに就職してしまうことが多く、電気・電子系の会社に学生がなかなか集まりません。そこで、短期的な利益を見込むのではなく、長期的に日本社会に貢献して優秀な人材の育成を支援しようと、大学の研究室に当社の高性能デジタル・オシロスコープを寄贈して研究に役立ててもらうために「デジタル・オシロスコープ寄贈プロジェクト」を開始しました。さらに、優秀なレポートを執筆した学生5名をドイツのミュンヘンにあるローデ・シュワルツ本社に招待して、最先端の技術開発を担当するエンジニアとの交流を通じて刺激を与えたいと考えています。


朝倉千恵子

素直さとは、自分の知識や経験、主観などにとらわれず、何事も吸収できる心の状態を言うと思いますが、知識や経験を積めば積むほど、知ったかぶりをしたり、こうだと決めつけてしまったりしがちです。以前には気づいたことも、「でも」「だけど」「そうは言っても」などといった感情が出て、素直な吸収を妨げてしまうのです。慣れは素直さの敵です。


山元峯生

お客様には常に新しいものを提供したいと考えています。数年に一度ぐらいは「世界で初めて」の革新的なものをつくりだそうと、従来部署のひとつであったANA総合研究所を会社化しました。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師を辞めて独立したとき、なんとか希望を実現しようと、周囲に「辞めました。科学の楽しさを伝える仕事をしたいと思っています」と報告ついでに伝えていった。すると、「本当に辞めたのか!」という応援もあったんでしょう。いきなり思わぬ話が舞い込んできたんです。教員時代から教育番組のお手伝いをしていたプロダクションから、社会問題化している理科・科学離れの現状を追うドキュメンタリー制作が決まった。そこで、僕の活動を追いかけて、撮影したい、と。これがNHK総合の夜9時から放送されたんです。すると、講演やサイエンスショーの依頼が次々舞い込んできた。まったくの青天の霹靂ですよ。企画制作の裏方仕事を始めるつもりが、自分が人前に出る側になってしまったという。慌てましたが、ここで10年間、生徒を喜ばせるためにあれこれ調べ、がむしゃらに作ってきた実験の経験、その蓄積が支えになってくれました。