名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内田久美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田久美子のプロフィール

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

内田久美子の名言 一覧

我々の仕事は戦うことが目的なのではなく、お客様の悩みを解決することが最大の目的。戦いというのは手段の一つですが、戦わずに解決できれば、それが一番ですね。


私は会社を見る時はトップの思想や行動も見ています。不正をしないことは当然として、社外の目から見てこれはどう見えるか、という視点から見ることも、社外役員の役目だと思います。


特に要となるのはトップです。企業は業績がいい時もあれば、悪い時もある。ですが、悪い時に不正や隠ぺいに走ったり、違法行為に手を染めたりということはもっての外です。倫理的に間違ったことをして社会の信用を失えば、会社は一瞬にして潰れてしまう。その怖さこそ、肝に銘じて頂きたいですし、トップの考え方や姿勢はそれだけ重要ということだと思います。


マスコミの試験は受けたのですけれど就職活動は結局、失敗しまして、大学4年生の秋ごろに、これからどうしようか悩んでいました。その頃、たまたま司法試験予備校の、憲法の初回の授業を録音したテープを聴く機会があったんです。そこで聴いた「価値相対主義」という言葉にとても興味を持ちました。憲法99条の憲法尊重擁護義務の主体に「国民」は入っていません。自由の基本法である憲法は、憲法を否定する自由・価値ですら認めているのだと。つまり、日本国憲法は、これが唯一正しい、他の価値は一切認めないという態度をとっていないというわけです。そこで、例えば、Aという考えもありますし、Bという考えもある。でも、私はこの問題をBという考えていくのが良いと思います、なぜならこういう理由があるからです、というように、異なる価値の存在を前提としながら、こちらの考えを理解してもらえるよう説得していくのが法曹の仕事であると。それから法曹の仕事に一気に興味を持つようになりました。


難しいことを分かりやすく伝えるということを心がけています。例えば、私は、手がける弁護士の少ない税務の事件や訴訟を、前事務所時代から数多くやってきました。ところが、税務実務の詳細や、最先端の議論などは、専門の税理士さんや学者さんでないとご存じないということもままあります。ですが、こうした専門家のお話を生でぶつけてしまうと、裁判官に理解して頂けないこともあります。しかし、裁判官に理解して頂けないことには、裁判に勝てません。そこで、裁判官にどう伝えれば理解して頂きやすいか、どのような証拠があったら認定して頂きやすいのかを考えて、いかにお客様の主張を橋渡ししていくか。そういう意味では、弁護士業務というものは通訳の側面もあると思っています。


内田久美子の経歴・略歴

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

他の記事も読んでみる

高杉良

連載が始まった『最強の経営者小説・樋口廣太郎』では、アサヒビールの中興の祖と言われる樋口廣太郎さんのことを書いています。どの作品でもそうですが、今回も重きを置いているのは取材によるリアリティです。しかし、樋口さんご本人はお亡くなりになっているので、取材できません。そこで、ご健在である奥様にお話をうかがい、過去のインタビュー記事に目を通す。すると、自身を「瞬間湯沸器」と評していたという発言があり、「部下をすごい勢いで叱りつけていた」と。その代わり、「悪い。さっきは言い過ぎたと、褒めながらフォローするのも早いんだ」とも言っているわけです。こうした逸話を知ると、今度は当の部下たちはどう感じていたのかを聞きたくなるでしょう。それで、樋口さんの薫陶を受けた人たちに会いに行く。そんなふうにして事実にこだわり、書き進めていくのが僕の小説の作法です。


織畠潤一

日本人は日本人であることを誇りにすべきだし、それを誇りにできるコミュニケーションができるように努力すべき。そうなれば、自信が持てるんです。


山本一力

仕事も遊びも中途半端は何もやっていないことと同じ意味なんだ。やるなら極める気持ちでやる。そうすると、貪欲になれるし、人からの評価もあがるもの。


岩田松雄

カリスマ性や大きな声は必要ありません。大事なのは「素直さ」や「謙虚さ」です。


池上彰

「週刊こどもニュース」を担当したとき、収録前のリハーサルでは子供たちの思わぬ質問によって、気づかされることがたくさんありました。


久米信行

仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。


土光敏夫

年寄りは先に死んでいくんだから、どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメだ。


ロバート・インガソル

幸福は唯一の善であり、理性は唯一の案内灯であり、正義は唯一の崇拝物であり、人道は唯一の宗教であり、愛は唯一の僧侶である。


海老根智仁

自分の目標を持っていない人は、目標と現実のギャップさえ感じることができません。日々流される人間がギャップも感じないまま問題にぶつかると、「ああ、どうしよう」と挫折してしまうわけです。自分の現状を把握し、「このままでは駄目だ」と奮起するためにも、目標を持つことは大事なのです。


野村忠宏

しばらくは2連覇の余韻に浸りながら流れに任せてみたのですが、1年経っても何も変わらない。それで、語学留学のためにアメリカへ。金メダリスト、柔道選手という自分が長年背負ってきたものをいったん降ろしてみたかったのです。練習で体をいじめ抜く必要もない、プレッシャーもない。人生で初めて経験する、とてもやさしい時間でした。最初は本当に楽しかった。ただ、楽しいだけの毎日は飽きるんですね(笑)。徐々に、戦う選手たちの活躍がうらやましく思えてきたんです。これまで柔道を続けてきて、楽しいと思えることってほとんどなかったのですが、それよりも大事なことがあることに改めて気づいたのです。


鍵本忠尚

新しい技術はリスクがある。やるなら腹を据えて最後までやり切る必要がある。


岡野雅行(岡野工業)

日本人っていうのは黙っていると、どういうわけか、周りと同じことをしようとするだろ。じつはこれは、農耕民族の特徴なんだ。田植えや刈りいれっていうのは集団作業だから、一人だけ時期をずらすわけにはいかない。その習慣が身体に染みついているので、両親の家がクラウンを買ったら、じゃあうちもという発想になってしまう。だけどこれからの仕事は、これじゃあ通用しない。人が歩いたあとにはペンペン草も生えていないと思って、絶えず開拓し続けられる人間でなければ、もともと狩猟民族の欧米人にみんなやられちゃう。だから、隣がクラウンなら俺は戦車だっていう人間になれ。