名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

内田久美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内田久美子のプロフィール

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

内田久美子の名言 一覧

我々の仕事は戦うことが目的なのではなく、お客様の悩みを解決することが最大の目的。戦いというのは手段の一つですが、戦わずに解決できれば、それが一番ですね。


私は会社を見る時はトップの思想や行動も見ています。不正をしないことは当然として、社外の目から見てこれはどう見えるか、という視点から見ることも、社外役員の役目だと思います。


特に要となるのはトップです。企業は業績がいい時もあれば、悪い時もある。ですが、悪い時に不正や隠ぺいに走ったり、違法行為に手を染めたりということはもっての外です。倫理的に間違ったことをして社会の信用を失えば、会社は一瞬にして潰れてしまう。その怖さこそ、肝に銘じて頂きたいですし、トップの考え方や姿勢はそれだけ重要ということだと思います。


マスコミの試験は受けたのですけれど就職活動は結局、失敗しまして、大学4年生の秋ごろに、これからどうしようか悩んでいました。その頃、たまたま司法試験予備校の、憲法の初回の授業を録音したテープを聴く機会があったんです。そこで聴いた「価値相対主義」という言葉にとても興味を持ちました。憲法99条の憲法尊重擁護義務の主体に「国民」は入っていません。自由の基本法である憲法は、憲法を否定する自由・価値ですら認めているのだと。つまり、日本国憲法は、これが唯一正しい、他の価値は一切認めないという態度をとっていないというわけです。そこで、例えば、Aという考えもありますし、Bという考えもある。でも、私はこの問題をBという考えていくのが良いと思います、なぜならこういう理由があるからです、というように、異なる価値の存在を前提としながら、こちらの考えを理解してもらえるよう説得していくのが法曹の仕事であると。それから法曹の仕事に一気に興味を持つようになりました。


難しいことを分かりやすく伝えるということを心がけています。例えば、私は、手がける弁護士の少ない税務の事件や訴訟を、前事務所時代から数多くやってきました。ところが、税務実務の詳細や、最先端の議論などは、専門の税理士さんや学者さんでないとご存じないということもままあります。ですが、こうした専門家のお話を生でぶつけてしまうと、裁判官に理解して頂けないこともあります。しかし、裁判官に理解して頂けないことには、裁判に勝てません。そこで、裁判官にどう伝えれば理解して頂きやすいか、どのような証拠があったら認定して頂きやすいのかを考えて、いかにお客様の主張を橋渡ししていくか。そういう意味では、弁護士業務というものは通訳の側面もあると思っています。


内田久美子の経歴・略歴

内田久美子、うちだ・くみこ。日本の弁護士。千葉県出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、司法試験に合格。鳥飼総合法律事務所パートナー、青山学院大学大学院法学研究科講師、和田倉門法律事務所マネージングパートナーなどを務めた。

他の記事も読んでみる

松岡浩(経営者)

我々の主力商品の特徴は、化学合成の殺虫成分を使わず、天然素材が由来のものばかりです。ですから、当社は環境にも人にもやさしい殺虫・虫除け製品をつくることで人が安心して暮らせる環境をつくる。言ってみれば、環境企業だと思います。たとえば虫除けスプレー「ナチュラルハーブバリア」は忌避成分にディートなどの化学合成の成分は使わず、植物由来の忌避成分のみからできております。エタノール・防腐剤も無添加で、子供から大人まで使える、自然派志向の商品です。


笹氣健治

毎年のように英語の勉強を始めようと決意しては、そのたびに挫折しているビジネスパーソンって、ものすごく多いのではないでしょうか。答えは簡単です。やるべきことの中で、優先順位が低いからです。もっと言ってしまえば、心の底から勉強したかったのかどうかということです。


岡野雅行(岡野工業)

技術は盗むもんだと思ってる。給料払ってるのはこっちなんだ。なんで、給料払う方が懇切丁寧に教えて差し上げなきゃならない?そんな間尺に合わないことはないじゃねえか。腕のいい職人の技術を盗んで一丁前になるには、なんていったってやる気だね。いまは俺が修業した時代とは違うし、褒めてやる気を出してくれるんなら、いくらだって俺は褒めるね。気前にゃ自信があるし、大盤振る舞いは得意なんだ。


川名浩一

自分たちの製品を売るのではなく、その国が欲しているものを提案していきたい。


泉谷直木

私どもは人を喜ばしてなんぼの商売。お客様に喜んでもらうことが、商品を買っていただくことにつながる。


松本晃(経営者)

原点は、松下幸之助さんの教えですよ。ある部下が新しい事業を立ち上げたいと提案してきたとき、幸之助さんは3つだけ質問したというんです。

  1. 「それは世のためになりまっか?」
  2. 「その仕事やって、あんたウキウキしまっか?」
  3. 「その仕事、儲かりまっか?」

この3つでおしまい。僕は幸之助さんみたいに頭が良くないんで、2番目は省略させてもらっていますが、要するにビジネスで本当に重要なのは、この3つだけなんですよ。


佐治敬三

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。


塚本昌彦

僕はずっと「これはスゴイでしょ?」と友達に伝える行為が大好きだった。一貫しているのは自分でモノをつくり、誰かに見せる。そして喜ばれる満足感が好きだということ。


出路雅明

「理念」という難しい言葉はいりません。「こうなったらいいよれ」ということをみんなが分かるように示すこと。それが、ぼくが今考える「ちょっとアホ」なことであり、常識にとらわれることなくいい会社をつくるのに、必要なことだと思っています。


河野真矢子

入社後、半年間は自分の担当エリアを持つことはできなかったのですが、何度も、「私、いつ担当させてもらえるんですか」なんて質問もしました。怖いもの知らずでしたね。


松下幸之助

軍師の言うとおりにしているのでは、大将はいらない。軍師の言うとおりやるか、こういうふうにやれとか、それを決定する才能が経営者の条件。


齋藤孝(教育学者)

たとえば企画書を書いて上司に提出する。どうもいい顔をしない。そこで自分の考えを主張するのではなく、どこに問題があるかポイントを指摘してもらう。即座にその点を修正して企画書を書きなおし、「これで大丈夫ですか」と確認をする。こういう人は印象がいいですよ。まじめに改善しようという素直さと前向きさ。上司からしたら可愛い人物に映ります。新しい職場や人間関係の中に入ったら、修正力があることを逆にアピールしましょう。うちのスタイルはこうなんだと言われたら、それに合わせて、修正し確認する。すると周囲はこの人は修正力と適応力がある人だということで安心するのです。