名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内海桂子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内海桂子のプロフィール

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

内海桂子の名言 一覧

小学3年の時に東京・神田にあるおソバ屋さんに奉公に出ました。以来80年、私は自分でお金を稼いできました。学問なし、師匠なし。世間様のこと、芸のこと、お金のこと、すべて見よう見まねで勉強してきました。人が失敗すれば、気をつける。人がうまくいけば、より良いものをと工夫する。私、怒られるのが大嫌いだったから、周りを見てきたんです。


今も浅草で都々逸などを披露しています。ゲストの方と漫才をやることもあります。同じネタでも全く違う雰囲気になるし、相手を思う心ひとつで、最高にも、最悪にもなる。それが芸も人生も、面白いところね。


相方の(内海)好江ちゃんとギクシャクしていたとき、マセキ芸能社の社長とリーガル万吉師匠が「時の氏神様」になってくれ、仲を取り持ってくれたんです。そこで「コンビ永続法」を教えてもらいました。その中に「相手の立場でまず動く」という言葉がありました。相手のことを見て配慮して、先回りして動いてあげる……。確かに、それぐらいでちょうどいいのよ。舞台ではお客様の様子を見て、相方を考える。あたしと相方とお客様。三角形で話すのが漫才。最近の子はお客様を無視して2人で話しているのは困るわね。


(内海)好江ちゃんとコンビを組んだとき最初は相当きつく当たりました。そのとき彼女は何もできなかったので、「ばか」とか「間抜け」とか言いました。でも、あたしゃ江戸っ子だから、そう言っても「こうだからダメなんだよ」とちゃんと理由も説明しましたよ。


これまで10人以上と漫才をしてきたけど、一番長かったのが(内海)好江ちゃん。彼女とコンビを組んだのは、終戦から5年たった1950年。私が28歳の時です。本当は別の相手と姉妹漫才をするつもりだったんだけど、それがダメになり、仲介してくれた人が連れてきたのが、当時14歳のあの子。三味線は弾けない。踊りもダメ。着物も自分では着られなかった。私には夫も子供もいた。こんな若い子と一緒にやって家族を養っていけるかしら…。さすがに一度断ったんだけど、彼女がどうしても「頑張る」と言うから始めることにしたんです。気持ちがなければ、続きませんからね。


内海桂子の経歴・略歴

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

長谷川博己

仕事などで悪いことが続いたとき心が折れてしまうのは、好きな気持ちが足りないのではないでしょうか。好きなものであれば、どこかに必ず喜びは見つけられます。


小林陽太郎

私は44歳で社長になったが、もともとあまのじゃくのところがあって、社内のさまざまな決まり事について納得できず、「なぜそれをやらなければいけないのか」とか「なぜそれが決まったのか」と質問してスタッフを困らせたものだ。いまあらためて自分をふり返ってみると、そのような根本を問いただす質問を投げかけることで、改革を引き起こそうという意図も確かにあった。だが、それがスタッフの仕事を必要以上にやりにくくしていたのではないか。あるいは、質問の投げかけ方にも、もう少し違った配慮があったのではないか。そんな反省を、さまざまな機会をとらえて重ねていったのも事実である。


前刀禎明

タイムマネジメントは、自分を見つめ直すチャンスでもあります。どういうふうに時間を使うか、あるいは使いたいかは、自分がどういう人間になりたいか、どういうキャリアを歩みたいかとイコールだからです。


坂根正弘

社長に就任した年、建機需要の低迷とITバブル崩壊で806億円の最終赤字を計上しました。そこで私は、経営の抜本的な構造改革に踏み出す決意をしました。最初に、いくつかのキーワードを練り上げました。まずは、「経営を見える化する」などの4点を打ち出し、問題点の指摘と今後の方向性を示し、そのうえで「ダントツ商品をつくろう」と呼びかけました。ダントツ商品。いまひとつ洗練には遠い言葉かもしれませんが、そのためにかえって力強く、印象的でもあります。


エルバート・ハバード

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


前田安正

ひと昔前なら、まずは商品の性能やスペックをアピールすることが最優先でした。しかし現在は、性能の良さだけをアピールしても、よほど他社との差が大きくない限り、消費者には響きません。消費者が買いたいと思うのは、「なぜ私たちの会社はこの商品を作るのか」という「Why」に共感したときです。「Why」に共感した人は、その会社のファンになります。そして、今の時代にビジネスで勝るのは、ファンを獲得した企業です。


松本幸夫

まず間違いを犯しやすいのが、仕事の内容をリストアップするときです。このとき、やるべきことを羅列するだけでは、締め切りを守れるようにはなりません。仕事には「自分だけで完結できる仕事」と「ほかの人が関わる仕事」の二種類があります。前者は自分でコントロールできますが、後者は関わる人の都合によって左右される流動的なものです。突然の予定変更が起きる可能性もありますから、「自分だけで完結できる仕事」と同じように段取りを組むと、スケジュールが遅れる要因になります。ですからあらかじめ、この2つを区分しておく必要があるのです。手帳に書き込む際には、色分けをするとより分かりやすいでしょう。


齋藤勇(齊藤勇)

お詫びをするときは、できるだけ早く、そして大きな声でミスを全面的に認めて謝罪。その潔い姿勢と素直さが逆に評価されることになります。上司である自分が失敗したときも同じです。立場がないからといって隠さず、こちらも素直に頭を下げる。自らの失敗を打ち明けることで、部下からの信頼を得られることにもなります。


児玉光雄

価値観や嗜好など、これまでの自分の人生から湧き出たもの、直感で決断したほうが自分の幸せに近づける。


出光佐三

人を育てるのに、手間暇を惜しむな。


羽鳥成一郎

指示待ち社員が絶対にダメかというと、そんなことはありません。むしろ指示を忠実にこなしてくれる社員はありがたい。


玉塚元一

実際に見聞きして、確認した意見こそ重要。空想や机上の空論には耳を貸さないような企業カルチャーが求められる。