名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内海桂子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内海桂子のプロフィール

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

内海桂子の名言 一覧

小学3年の時に東京・神田にあるおソバ屋さんに奉公に出ました。以来80年、私は自分でお金を稼いできました。学問なし、師匠なし。世間様のこと、芸のこと、お金のこと、すべて見よう見まねで勉強してきました。人が失敗すれば、気をつける。人がうまくいけば、より良いものをと工夫する。私、怒られるのが大嫌いだったから、周りを見てきたんです。


今も浅草で都々逸などを披露しています。ゲストの方と漫才をやることもあります。同じネタでも全く違う雰囲気になるし、相手を思う心ひとつで、最高にも、最悪にもなる。それが芸も人生も、面白いところね。


相方の(内海)好江ちゃんとギクシャクしていたとき、マセキ芸能社の社長とリーガル万吉師匠が「時の氏神様」になってくれ、仲を取り持ってくれたんです。そこで「コンビ永続法」を教えてもらいました。その中に「相手の立場でまず動く」という言葉がありました。相手のことを見て配慮して、先回りして動いてあげる……。確かに、それぐらいでちょうどいいのよ。舞台ではお客様の様子を見て、相方を考える。あたしと相方とお客様。三角形で話すのが漫才。最近の子はお客様を無視して2人で話しているのは困るわね。


(内海)好江ちゃんとコンビを組んだとき最初は相当きつく当たりました。そのとき彼女は何もできなかったので、「ばか」とか「間抜け」とか言いました。でも、あたしゃ江戸っ子だから、そう言っても「こうだからダメなんだよ」とちゃんと理由も説明しましたよ。


これまで10人以上と漫才をしてきたけど、一番長かったのが(内海)好江ちゃん。彼女とコンビを組んだのは、終戦から5年たった1950年。私が28歳の時です。本当は別の相手と姉妹漫才をするつもりだったんだけど、それがダメになり、仲介してくれた人が連れてきたのが、当時14歳のあの子。三味線は弾けない。踊りもダメ。着物も自分では着られなかった。私には夫も子供もいた。こんな若い子と一緒にやって家族を養っていけるかしら…。さすがに一度断ったんだけど、彼女がどうしても「頑張る」と言うから始めることにしたんです。気持ちがなければ、続きませんからね。


内海桂子の経歴・略歴

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

サミュエル・ジョンソン

好奇心は、力強い知性の最も永久的な特性のひとつである。


ゆうきゆう

悪口を聞くときはあいづちを打たず、視線はそらし気味に。話が尻すぼみになったところで、新しくできたお店の話など、話し手が興味を持ちそうな話題を提供しましょう。イヤな雰囲気になることなく流れを変えられます。


川又三智彦

新聞8紙、雑誌30冊とネット情報にも目を通します。時間は毎日3時間くらいでしょうか。時間をきちんと管理すれば、そのくらいの時間はつくれます。僕はお酒もゴルフもやりませんから、これくらいの時間を情報整理に充てることはまったく苦ではありません。むしろ、仕事の速さと質を高めるために必要なことだと思っています。


村口和孝

半分も上場すれば凄いと言われ、華々しい成功だけがマスコミから取り上げられるVC(ベンチャーキャピタル)の世界は、裏を返せば、最低半分は苦悩の末、投資に失敗することを意味する。これがVC世界の現実である。成功の影には失敗があり、また成功と失敗とは紙一重である。10社も投資先があれば、例外なく、今日もどこかの投資先が大小のトラブルを抱えて、ベンチャーキャピタリストは頭を悩ませている。


岡野喜太郎

銀行は営利法人であるから、ある程度の利益を得なければならないが、非常の場合はとにかく、常に借金をしないで営業することに心がけている。私はいまでも、非常の場合のことを考えずには店舗建築ひとつ、金庫の扉の開閉の仕方、そのほか、営業の雑事に至るまで考えることができなくなってしまっている。


丹下大

テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


田口弘

私はミスミで33年間務めた社長を退き、代表権も返上しました。後任は経営コンサルタント出身の三枝匡社長です。「思い切った抜擢」とよく言われていますが、会社を変えるには、私とはまったく違うタイプの人がトップになる必要がありましたから、そういう意味では自然な人事です。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。


上田準二

いま成功しているお店は、お客様に対してメッセージを明確に打ち出している店ばかり。


加賀見俊夫

ゲスト(お客様)が体験したアトラクションの数にかかわらず、「非常に満足」だった絶対数が1日で4つくらいあると再来園意向は90%前後まで高まることが分かっています。たとえ「満足」していても、最上位の「非常に満足」でなければ再来園意向の底上げにはつながらない。そこで、リピーターを育むためにアトラクションごとに魅力を高めていくように、具体的な経営戦略を立て現場のオペレーションに落とし込んでいくのです。


松村厚久

社員をスピーディに動かす秘訣は、仕事を任せること。私から社員に店のコンセプトを伝えたら、そのあとどう実現するかは社員に任せます。要所要所での判断は私がしますが、細かな指示はいっさいしません。


石黒不二代

いつもそうですが、私はロングタームで計画を立てず、近い未来を見据えて行動しています。行き当たりばったり、ともいえるかもしれませんが(笑)。いずれにせよ、ロングタームで考えても、制度や社会が変化すれば、計画通りにいかなくなりますし、道程も変わってきます。遠い将来については、曖昧な目標でいいのではないかと思います。