内海桂子の名言

内海桂子のプロフィール

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

内海桂子の名言 一覧

小学3年の時に東京・神田にあるおソバ屋さんに奉公に出ました。以来80年、私は自分でお金を稼いできました。学問なし、師匠なし。世間様のこと、芸のこと、お金のこと、すべて見よう見まねで勉強してきました。人が失敗すれば、気をつける。人がうまくいけば、より良いものをと工夫する。私、怒られるのが大嫌いだったから、周りを見てきたんです。


今も浅草で都々逸などを披露しています。ゲストの方と漫才をやることもあります。同じネタでも全く違う雰囲気になるし、相手を思う心ひとつで、最高にも、最悪にもなる。それが芸も人生も、面白いところね。


相方の(内海)好江ちゃんとギクシャクしていたとき、マセキ芸能社の社長とリーガル万吉師匠が「時の氏神様」になってくれ、仲を取り持ってくれたんです。そこで「コンビ永続法」を教えてもらいました。その中に「相手の立場でまず動く」という言葉がありました。相手のことを見て配慮して、先回りして動いてあげる……。確かに、それぐらいでちょうどいいのよ。舞台ではお客様の様子を見て、相方を考える。あたしと相方とお客様。三角形で話すのが漫才。最近の子はお客様を無視して2人で話しているのは困るわね。


(内海)好江ちゃんとコンビを組んだとき最初は相当きつく当たりました。そのとき彼女は何もできなかったので、「ばか」とか「間抜け」とか言いました。でも、あたしゃ江戸っ子だから、そう言っても「こうだからダメなんだよ」とちゃんと理由も説明しましたよ。


これまで10人以上と漫才をしてきたけど、一番長かったのが(内海)好江ちゃん。彼女とコンビを組んだのは、終戦から5年たった1950年。私が28歳の時です。本当は別の相手と姉妹漫才をするつもりだったんだけど、それがダメになり、仲介してくれた人が連れてきたのが、当時14歳のあの子。三味線は弾けない。踊りもダメ。着物も自分では着られなかった。私には夫も子供もいた。こんな若い子と一緒にやって家族を養っていけるかしら…。さすがに一度断ったんだけど、彼女がどうしても「頑張る」と言うから始めることにしたんです。気持ちがなければ、続きませんからね。


内海桂子の経歴・略歴

内海桂子、うつみ・けいこ。日本の芸人、漫才師、女優。大正時代、千葉生まれ、東京育ち。尋常小学校3年時、神田錦町の蕎麦屋「更科」に丁稚奉公に出される。その後、三味線や日本舞踊を習っていたことをきっかけに舞台に上がる。漫才の世界に入り、数々の賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

松井知敬

育児をして気がついたのは、自分がいかに仕事脳だったかということ。仕事脳で育児をするとイライラして仕方がない。起業準備を進めたいのに子供が保育園から帰ってくると中断される、食事をさせるにも寝かしつけるにも時間が惜しい。家庭がみるみる荒んでいきました。近所に響き渡るぐらいの声で怒鳴りつけた時、はっと我に帰りました。俺、何してんのやろ。反対にできるだけ優しく話を聞くようにしたこともありますが、逆効果。親子の信頼関係がないのに甘やかすと好き放題やるんです。結局、仕事第一の頭を家庭第一の頭に切り替えるしかなかった。働いている妻にも分担してもらうと、起業準備を進める余裕もできました。


トマス・J・スタンリー

私たちが定義する金持ちというのは、ものを買って見せびらかすよりも、将来値上がりしそうな資産を有することを選ぶタイプの人のことだ。


成河

見たくない人間の醜悪な部分も、この作品(舞台『人間風車』)の大切な要素。舞台にいる人間が「傷ついているふう」ではいけない。演じる僕が、自分自身に蓋をしてしまっているものや人に絶対見られたくないものに、まず向き合わなければ。すり減るだろうな、キツいなぁ(笑)と思います。けれど、それは役者にとって、大きな醍醐味でもある。久しぶりにその境地に踏み込むことへの覚悟をいま決めているところです。


中川政七・13代目(中川淳)

実家である中川政七商店に戻った際、日本の「工芸」が危機にひんしている現場を目の当たりにしました。年に数社の中小工芸メーカーが、「事業をたたむことにしました」と挨拶に来るような状況だったからです。当社も極めて厳しい状況でした。様々な角度から検討した結果、私が出した答えがSPA(製造小売り)業態への転換でした。消費者に最も近い小売店まで自社で投資し、保有する形態です。これは言葉を換えれば、「モノを売る」から「ブランドを育てる」という視点への転換でした。


島正博

小学校でのあだ名は「喧嘩マサ」。喧嘩に使って算盤が折れても、新しいものは買ってもらえない。だから残った玉で計算する方法を考える。こうした逆転の発想もその後の発明やビジネスに繋がった。


渡瀬謙

雑談のネタは「相手側の話題」であるということが大切です。自分の話ではありません。よく「会話の準備」というと、最新ニュースや天気、あるいは自社のPRポイントなどを考えがちです。ですが、人は自分に近い話題が一番しゃべりやすいもの。初対面の話題探しのポイントは、いかに「相手に近い」話題を探すかです。


久瑠あさ美

義務感だけによる行動であれば、ストレスと疲労感が残るだけ。


金田一秀穂

敬語は「こういうシーンでこの言葉を使えば正しい」なんて言えない。いくら正しい敬語を使っても、腹が立つ相手はいる。逆に敬語が多少間違っていても、敬う気持ちが伝わるときはあるんです。


藤原和博

天才でもない限り、成長する奇策はありません。野球選手のイチローだって同じでしょう。彼は10代のころから千本ノックを受けている。それどころか10万本ノックを受けているかもしれない。表には出さないけれど、とにかく常人とは桁違いの数のノックを受けて、それゆえにあれほどの選手になっているんです。何の努力もしないで、ビジネス界のイチローになれるわけがありません。


法華津寛

若い頃から「なるべく今日できることは今日やろう」と、仕事を後回ししないように努力していました。我々の若い頃は「残業する方が偉い」という風潮がありました。自分の仕事を終えても会社に残っているような悪しき習慣です。私はそれが嫌だったので、やるべき仕事が終われば、上司が残っていようが帰っていましたね。


ウィリアム・エックハート

トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


小笹芳央

戦前は「お国のために」という風潮もあり、自己犠牲の大切さが説かれていました。しかし、太平洋戦争が終わるとそれは「自分らしく」「個性を大事に」というものへと変わっていった。これが子供たちの「勘違い」「自己チュー」を助長させました。それをゆとり教育が加速させ、大量の「自分大好き」な「天動説くん」を送り出した。個性の尊重も、自分が好きだという気持ちも、それ自体が悪いわけではありません。こういった性向がもたらす視野の狭さこそが、ビジネスパーソンとしての成長を妨げる。そこが問題なのです。


岡田尊司

大切なのは、性格のクセや偏りを否定したり矯正しようとするのではなく、それを理解し尊重したうえで、プラスに転じるように対話すること。


立花隆

どんなに堅い板でも粘り強くやっていればやがては穴が開くものだ。私が書いてきた一万枚も、この穴を開けるのに少しは役に立ってきたのだろうと思うと、途中で挫折して書くのをやめなくて良かったと思う。


近藤史朗

会議の在り方は時代時代で変わります。現在は会議を短くする。資料を少なくする方向に改善しています。インタラクティブな意見交換ならいいのですが、黙って2時間も話を聞くのは、暴力です。知と知、経験と経験がぶつかり合って知識創造されるのが会議の素晴らしさです。議論することが大事で、資料の読み込みや説明に時間をかけるべきではないのです。


ページの先頭へ