名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内海善雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内海善雄のプロフィール

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

内海善雄の名言 一覧

勝つためには自分の長所を発揮できなければなりません。日本人にはたくさん良いところがあり、それを捨ててしまっては勝つことはできません。


世界のモードと同じにしないと、海外から優秀な人材が来てくれるはずはありません。


ある企業のトップに会ったとき、大卒のすべての新入社員に海外勤務を経験させるという話をしていました。私が「優秀な留学生や帰国子女の学生を採用すればいいのではないですか」と尋ねると、返ってきたのは「うーん」の一言。人材のグローバル化への切り替えがまだできていないんですね。


交渉とは互いに譲り合うことです。主張したり押しつけたりすることは簡単ですが、相手のやり方に溶け込んで、同じレベルになって胸襟を開くことができなければ交渉は上手くいきません。国内であろうと、国際であろうと、それは同じです。


日本では往々にして、「あいつは国際畑だから国内向きではない」という言い方をされますが、それは誤解です。国際社会で通用する人は国内ではもっと活躍できるはずです。ルールや価値観を共有している分だけ、国内の方が簡単だとも言えます。国内で全然通用しないと言われている国際通は、本当のところでは海外でも通用しないということもありえます。


日本では、欧米を知ることが国際通であるかのように言う人もいますが、それは間違った認識です。本当の国際通はそれぞれの世界に通用するルールを十分理解した上で、相手がどういう人なのかを見極めて臨機応変に対応できる能力を持つ人のことを言うのです。外国人でも能力のある人はそうした切り替えができるものです。


内海善雄の経歴・略歴

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

他の記事も読んでみる

和栗清忠

神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。


高松信彦

これまで業界全体にとって厳しい時期が続きましたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。


石井力重

人間には、「空欄があると、なんとかして埋めたくなる」という本能があります。しかしその半面、マス目の数が限られていと、どんどん広がっていく発想を書き留めにくいという弱点があります。


久野康成

人間は、最も大切な基本をおろそかにしがちです。しかし、基本をおろそかにした人が大成することはありません。


森本智子

何のためにというより、もう当たり前のように読書をしているんですよ。仕事をするうえでも、生きていくうえでも欠かせないものとして本を位置づけています。「本があったから今の自分がある」というくらいに。


竹下肥潤

誰でも逆境に出会う。そんなとき相談に乗ってくれる先輩や師がいるかいないか。また座右の書があるかないかは、人生にとって非常に大切である。普段からそのような先輩や座右の書を持つように心がけているか否かにかかっている。


酒巻久

「書く」行為こそ、仕事に向かう姿勢を変え、成長をもたらす。仕事内容や目標を改めて書き出すと、行動を見つめ直すことができ、今後の指標がはっきりする。当事者意識を持って効率的に働けるようになる。逆に書かないと、目標が曖昧なまま、走り続けてしまう。


柳井正

即断、即決、即実行。考えてもわからないことはサイコロを振れ。またわからなかったら周囲の人に聞け。今はスピードが大切。


横山信治(経営者)

人を見下した態度を取る相手ほど、実は上客になる可能性が高い。経験上、よく効いたのは、「○○さんのように成功するにはどうしたらいいでしょう?」という質問。いくらでもしゃべってくれるうえ、ほかの顧客も紹介してくれる。


藤田聰

小遣いが少なくても、自己投資の費用だけは削ってはいけません。そこを削ったら、ますます「仕事がデキない駄目スパイラル」に陥ります。飲み代よりも遊興費よりも大事なのが、勉強のための費用。それを惜しんでいては、出世どころか脱落します。月収がいくらであっても、手取りの10%は自己投資に回すべきです。


アンドリュー・カーネギー

たとえ自分の会社が天災で全滅したとしても、周囲の人材さえ一緒に働いてくれれば、いままで以上に大きな会社を作ることができる。


高野泰明

永遠に降り続ける雨はありません。人生と同じように、会社にだって良いときがあれば、悪いときもある。一喜一憂しないで現場の力を信じられるのも、経営者の条件なのでしょう。