名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

内海善雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内海善雄のプロフィール

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

内海善雄の名言 一覧

勝つためには自分の長所を発揮できなければなりません。日本人にはたくさん良いところがあり、それを捨ててしまっては勝つことはできません。


世界のモードと同じにしないと、海外から優秀な人材が来てくれるはずはありません。


ある企業のトップに会ったとき、大卒のすべての新入社員に海外勤務を経験させるという話をしていました。私が「優秀な留学生や帰国子女の学生を採用すればいいのではないですか」と尋ねると、返ってきたのは「うーん」の一言。人材のグローバル化への切り替えがまだできていないんですね。


交渉とは互いに譲り合うことです。主張したり押しつけたりすることは簡単ですが、相手のやり方に溶け込んで、同じレベルになって胸襟を開くことができなければ交渉は上手くいきません。国内であろうと、国際であろうと、それは同じです。


日本では往々にして、「あいつは国際畑だから国内向きではない」という言い方をされますが、それは誤解です。国際社会で通用する人は国内ではもっと活躍できるはずです。ルールや価値観を共有している分だけ、国内の方が簡単だとも言えます。国内で全然通用しないと言われている国際通は、本当のところでは海外でも通用しないということもありえます。


日本では、欧米を知ることが国際通であるかのように言う人もいますが、それは間違った認識です。本当の国際通はそれぞれの世界に通用するルールを十分理解した上で、相手がどういう人なのかを見極めて臨機応変に対応できる能力を持つ人のことを言うのです。外国人でも能力のある人はそうした切り替えができるものです。


内海善雄の経歴・略歴

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

あなたは常日ごろから「どうせ」「しょせん」という言葉を口にすることが多くありませんか。こういう言葉を使うことであなたの頭には諦めが定着し、日々が味気ないものになっていきます。ですからまず、この2語をあなたの辞書から消しましょう。一切、口にしないと決めるべきです。言葉は恐ろしいもので、何を口にするかによって思考が左右されます。「どうせ」「しょせん」の代わりに「ちょうどよかった」を使うことで、マイナスの条件も闘志をかき立てる材料にできます。


ケリー・マクゴニガル

人生を変えようとしているなら、それがいい考えかどうか聞くのではなく、その変化を実行に移すための「最善の方法」について聞き、サポートしてくれるよう頼みましょう。あなたの目標が何かを知ってもらうことから始めてみましょう。その仕事をするに当たり、どんな希望や抱負が湧き上がったか、その人とシェアすると同時に、その仕事に就くことで感じる葛藤について話してみましょう。希望や抱負を実行に移すための「最善の方法」や、心配を処理するための「最善の方法」を考えるのを手伝ってほしいと、頼んでみましょう。


坪田信貴

本を読むことは偉人との対話だと考えています。ソクラテスの『弁明』やニーチェの『権力への意志』を通じて、昔の人がどんなことに悩んで、どう解決してきたかを教えてもらえるのです。私たちが今悩んでいることは、昔の人の悩みとだいたい同じですから、それに対する偉人の知識や知恵を自分の中に取り入れることで、巨人の肩に乗ることが可能なのです。自分の身近な人に悩みを相談することもいいですが、いわゆる古典的名著と呼ばれる作品に触れることも大切なのではないでしょうか。


佐藤可士和

以前は僕も、アイデアとは自分の頭の中から捻り出すものだと思っていました。しかし、そうではないんだと分かってきた。僕のような何かをデザインする仕事だと、必ず対象があり、相手から依頼されます。すると、その依頼相手の中に大抵、答えがあるんです。僕がアイデアをゼロから考えるのではなくて、実は答えは目の前にあって、よく見れば自然に見えてくるという感覚ですね。


澤田秀雄

小さな器では、小魚しか入れません。一方で海は、サメもクジラも小魚もプランクトンも、すべてを受け入れています。企業も同じように、優秀な人もそうでない人も、ときに手を抜く人も、みんな受け入れてこそ大きくなることができる。


齋藤孝(教育学者)

伝えたい情報は、実は相手に伝わっていない。社会人向けセミナーで伝言ゲームをやるのですが、皆さんあまりに出来が悪くて、会場は笑いに包まれるのがほとんど。最初のお題の言葉は、良くて半分、悪ければ3分の1も伝わりません。


松本晃(経営者)

日本でも「社訓」がある企業は少なくない。だが、実際の行動に結びついている事例は少ないように感じる。なぜそうなってしまうのか。おそらくそれは日本人が「音」や「韻」を重んじる民族だからである。内容のわかりやすさや実用性よりも、声に出して読み上げたときの美しさを大切にする。これでは口から耳に通り抜けてしまうだけだろう。一方、外国人がつくる「クレド」や「ビジョン」は、極めてプラクティカル(実用的)にできている。このため判断に迷ったときやトラブルが発生したときの拠り所になる。


内田勝巳

株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。


津谷祐司

現代に生きる私たちの幸せは、(家族愛を含めた)恋愛と戦いに集約される。この結論に到達したのは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)映画学部で脚本制作に格闘していたときでした。恋愛と戦いは生きる活力ともいえます。これからも、ビジネスでは挑戦し続け、同時にプライベートの時間を大切にしていきたいと思います。


遠藤信博

ひとつひとつ目の前の課題を解決するために最大限、努力することが大切。


江沢伸一

はとバスには屋根がないオープンバスがありますが、冬は寒いので不人気でした。そこで、「寒空の下でカップルが肩を寄せあい、都心の夜景を満喫する」という、冬の都会の、しかもオープンバスだからこそ体験できるシチュエーションを打ち出したところ、若い男女を中心に人気が出ました。いまや冬の定番ツアーとなっています。


ジェイ・エイブラハム

多くの人は新規顧客を獲得することに躍起になりすぎている。いままで一度も購入したことのない人に初めて購入してもらうよりも、以前買ったことのある人に再購入をしていただくほうが、より簡単だということを決して忘れてはならない。