内海善雄の名言

内海善雄のプロフィール

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

内海善雄の名言 一覧

勝つためには自分の長所を発揮できなければなりません。日本人にはたくさん良いところがあり、それを捨ててしまっては勝つことはできません。


世界のモードと同じにしないと、海外から優秀な人材が来てくれるはずはありません。


ある企業のトップに会ったとき、大卒のすべての新入社員に海外勤務を経験させるという話をしていました。私が「優秀な留学生や帰国子女の学生を採用すればいいのではないですか」と尋ねると、返ってきたのは「うーん」の一言。人材のグローバル化への切り替えがまだできていないんですね。


交渉とは互いに譲り合うことです。主張したり押しつけたりすることは簡単ですが、相手のやり方に溶け込んで、同じレベルになって胸襟を開くことができなければ交渉は上手くいきません。国内であろうと、国際であろうと、それは同じです。


日本では往々にして、「あいつは国際畑だから国内向きではない」という言い方をされますが、それは誤解です。国際社会で通用する人は国内ではもっと活躍できるはずです。ルールや価値観を共有している分だけ、国内の方が簡単だとも言えます。国内で全然通用しないと言われている国際通は、本当のところでは海外でも通用しないということもありえます。


日本では、欧米を知ることが国際通であるかのように言う人もいますが、それは間違った認識です。本当の国際通はそれぞれの世界に通用するルールを十分理解した上で、相手がどういう人なのかを見極めて臨機応変に対応できる能力を持つ人のことを言うのです。外国人でも能力のある人はそうした切り替えができるものです。


内海善雄の経歴・略歴

内海善雄、うつみ・よしお。日本の官僚。東京大学法学部卒業後、東芝を経て郵政省に入省。シカゴ大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省ジュネーブ国際機関代表部一等書記官、放送行政局総務課長、大臣官房文書課長、大臣官房審議官、通信政策局次長、大臣官房国際部長、総務審議官、郵務局長、郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長、トヨタIT開発センター最高顧問などを歴任した。著書に『勝つための国際交渉術』『国連という錯覚』『「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる』ほか。

他の記事も読んでみる

吉山勇樹

成長には「もうこれでいい」という到達点はありません。ですから、明日、将来の行動管理を徹底するため、今晩も手帳を開くのです。


榊原健太郎

イスラエル現地で驚いたことは、物事に対するレスポンスの速さです。誰かに会いたいと頼めば、その場で携帯を取り出し電話してくれます。日本みたいに長々と返事を引き伸ばしたりしません。「48時間以内に返事がなかったら死んでいると恩ってくれ」とイスラエル人は、冗談交じりに言いますが、一日という単位を大切に思っているが故の言葉でしょう。


中村信仁

初対面でも信頼される人は、その場での話し方や振る舞いが人と違うのではなく、そこに至るまでの一日一日が違っているということです。自信や余裕は、毎日の習慣の積み重ねがあって身につけられるものなのです。


眞形隆之

注目度が低く、覚えてもいないようなことを詳細に語ると、事実だと信じ込ませやすい。自信満々に詳しく語ると、それが嘘でも聞いている側は検証のしようがないため、「そんなに細部を覚えているなら、本当なんだろう」と信じてしまう。


尾崎元規

提案と名のつくものはすべて、提案者の作品という側面を持ちます。いろいろな人の意見を入れると、モザイク模様の提案になって鋭さが欠けてしまいます。むろん、理由なく意地を張るのでは困りますが、提案者には「社長の意見も突っぱねる」といった確信を持てるに至るまで、提案の中身を掘り下げてもらいたいのです。


安藤哲也

ワークライフバランスは「早く帰ること」が目的ではなく、「早く帰って何がしたいのか」が重要。


住谷栄之資

毎日同じ新聞を読み、同じテレビを観て、同じような人と会っている。それでは、凡庸な発想しか出てきません。


稲葉善治

目標が定まったら、できるだけ早く目標に到達せよということです。研究開発のスピードは、遅れたら遅れた分だけ命取りになります。ファナックの研究所の玄関には「10倍速く回る時計」があります。商品化のタイミングや開発速度の重要性を研究者全員に意識させるため、創業者の名誉会長(工学博士 稲葉清右衛門)が社長時代に研究所にプレゼントしたものです。


井上高志

何人が相手でも、会話の基本はキャッチボールです。


弘兼憲史

目標を決めたら、そこに向かって周到に準備をしながら、自分の能力をアピールする。それがチャンスを掴むための確実な方法。


橋本若奈

オンリーワンであるべく、オンリーワンになるべく、日々挑戦を続けています。


松岡正剛

松丸本舗ではクリスマスや正月に「ブックギフト」を提案しました。私はもちろん歌手の美輪明宏さんや格闘家の前田日明さん、女優の山口智子さんなどがセレクトした本を何冊か選び、福袋にした。いうまでもなく本は再販制度があり定価販売が原則。つまりセットにしても割引できません。そこで僕は本と共に彼等が選んだ食器や色紙や雑貨を同封した。山本耀司などは、このギフトのためにストールをデザインしてくれました。こうして定価の本の福袋に新たな付加価値がついた。一週間程度で全て完売しました。「本が売れない」「出版不況だ」。よく言われますが、そんなもの書店や出版社が「考えてこなかった」結果ですよ。


音尾琢真

よくも悪くも、TEAM NACSという「団体」で勝負していこうとは思っていなかったから、個人で戦っていこうと頑張っていたよね。それでけんけんした感じというか、あいつのやり方が気に入らない! みたいなこともあったと思うんですけど……男40代、脂がのった時期の始まりにきて、それぞれが安定した何かを得て、今は人としても、社会人としても落ち着いてきた。だから今NACSは、気楽でいられる場所になった。


橘フクシマ咲江

その都度自ら選択し、結果に責任を持つ。この姿勢をつねに保つことが、周囲の信頼へとつながるのではないでしょうか。


北尾吉孝

グループの会社同士が相互にいい影響を与え合う「企業生態系」を作ることができれば、事業はどんどん成長します。


ページの先頭へ