名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内沼晋太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内沼晋太郎のプロフィール

内沼晋太郎、うちぬま・しんたろう。日本のブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター。一橋大学商学部商学科卒業。東京国際ブックフェア主催会社、往来堂書店などを経てネット古書店ブックピックオーケストラ、umabooksを設立。

内沼晋太郎の名言 一覧

「本は最初から最後まで読まなければならない」という「読了教」に、多くの人はとらわれすぎていると思います。「はじめに」だけを読んでも大いに刺激を受ける本もあるし、最初から最後まで読み通しても響くものがない本もあるのですから。


本棚という限られたスペースの中に、できるだけ数多くの本を並べようとすれば、サイズごとに分けて並べるのが合理的です。しかし私は、サイズ別ではなく、内容別に並べています。自分の中で「内容的に近い」と思う本を近くに並べるのです。そうしてこそ、「自分の興味や関心を可視化する」という本棚の機能を発揮させることができるからです。


本棚に収まりきらない本は、思いきって処分するのもよいでしょう。今後も読むことがあるかもしれないと思うものは、私の場合は、スキャンして電子データとして持っておくことにしています。


段ボール箱の中の、能動的に探し出さなければ見つからない本からは、気づきが生まれません。毎日を過ごしている場所で、タイトルが受動的に目に入る状態にしておいてこそ、所有する意味があると思います。


「本棚がいっぱいだから」「まだ読んでいない本があるから」と、新しい本を買うことを躊躇する人がいますが、それはもったいないと思います。今の頭の中の状態を可視化するのが本棚なのですから、どんどん新陳代謝させるべきです。買って、本棚に並べて、毎日、部屋の中でチラチラと目にする。ここまででも、読書体験としては、スタート地点からだいぶ先まで進んでいると私は考えています。そのまま読まずに処分することになったとしても、無数の本からその一冊を選び、毎日、目にしていた時点で、たくさんの刺激を受け取っているわけですから。「積ん読」はどんどんしたほうがいい。


本棚は、収納であると同時に、自分が何に興味や関心を持っているのかを可視化する道具でもあります。一冊ずつの本は書店にある膨大な数の本から選び出したもので、それだけでも自分の興味や関心を自覚することになりますが、さらに本棚に並べることで、自分でも気がつかなかった本同士の関係性を新たに見出すことができます。「3年前に買ったこの本と、これから読もうと思って買ったこの本とは、扱っているテーマが似ているな。自分はずっとこういうことに興味を持っていたのか」というような発見ができるのです。本棚を眺めているだけで、アイデアを得ることもあるでしょう。


内沼晋太郎の経歴・略歴

内沼晋太郎、うちぬま・しんたろう。日本のブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター。一橋大学商学部商学科卒業。東京国際ブックフェア主催会社、往来堂書店などを経てネット古書店ブックピックオーケストラ、umabooksを設立。

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

絵ってフェティシズムの表明じゃないかと思うんですよ。「自分はここにグッときているんだ」とバーンって。とっても恥ずかしい作業。でもそれが強烈に表現されているものは、やっぱり人の心を打つんですよね。


小林喜光

企業文化を根本から変えるのに10年はかかる。


勝海舟

俺が海舟という号を付けたのは、(佐久間)象山の書いた「海舟書屋」という額が良くできていたから、それで思いついたのだ。しかし海舟とは、もと、誰の号だか知らないのだ。安芳というのは、安房守(あわのかみ)の安房と同音だから改めたのよ。実名は義邦だ。


佐々木豊(アートディレクター)

ロングヒット商品「アサヒ・スーパードライ」が生まれた背景には、「新生アサヒ」を表現したいという強い想いがありました。


諸富祥彦

自分の欠点を認めて、ある程度許すこと。それが変化して成長するための出発点です。


金井英之

人間は環境によって心理状態が替わってきます。話を発展させるには、相手の心理状態に合わせて、話題を選ぶことも考えていかなければなりません。たとえば、上司に休暇願を出すときも、1日の仕事が終わった帰社前に話をすれば、「いつもお疲れ様。わかったよ」とすぐにOKをもらえることでしょう。ところが同じ上司でも、出社してすぐに休暇の話をしたら、「朝から何を考えてるんだ!」と思われる可能性が大です。


桜井博志

私が家業を継いだとき、経営状況は惨憺たるありさまで「圧倒的な負け組」でした。子供の寝顔を見ながら、死亡保険金目当てに自殺しようかと思い詰めた時期もありました。「死ぬ前に、やれることはすべてやってみよう。目の前の常識を疑い、新しい挑戦をしてみよう」。そう発想を転換しました。そして小さな酒蔵という強みをどう活かせるか真剣に考えました。


森川亮

現場で汗をかいて働く。営業したり、販売したりして、現場の最前線に立ってみる。すると、自分たちは商品の技術力に自信を持っていたけれども、お客さんは安さを第一に求めていた、など、ギャップに気づくことができる。


小川理子

パナソニックでは冷蔵庫や洗濯機などいわゆる「白物家電」についても今までの機能的価値だけではなく、感性的な価値を重視してプレミアムなものを出していこうという方針になっています。なかでもオーディオ機器というのは、もっとも人間の想像力をかき立てる、感性の一番深いところに触れる商品なので、プレミアムなものに対する需要はあると見ています。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


大山健太郎

迅速さを第一とするのは、日々移り変わる消費者ニーズに素早く応えていくためです。時代や生活環境の変化、それに伴う消費者心理の動きを敏感につかみ、すぐに対応することが必要。


吉山勇樹

仕事にハプニングやトラブルはつきもの。それを前提にしたスケジュールを組まなければ、パンクしてしまうのも当然。リスクを考慮したうえでのスケジュール設定は非常に重要。1日8時間働くとしたら、5時間でできる予定にとどめておく。あるいは、1時間で終わると見積もった仕事でも、1.5時間とっておく。こうした余裕をもったスケジュールのほうが、結局早く仕事が終わることが多い。