名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内橋克人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内橋克人のプロフィール

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

内橋克人の名言 一覧

企業にとっての今日は5年前に打たれた布石の上にある。今日経営トップが重大な決断を下したとして、その帳尻は5年後のある日、ある朝、人々の目の前に示されているだろう。


内橋克人の経歴・略歴

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

他の記事も読んでみる

マイケル・オン

自社のプロダクトについては、いつも「これはまったく新しいコンセプトです」と紹介します。そう紹介できるものしかつくっていないという自信もあります。新しいコンセプトの商品にはライバルがいないから、他社の話をする必要もないのです。


松本正義

BtoBが中心の研究は時間がかかりますが、未来の地図を思い浮かべて出口戦略を描かなければならない。


田中仁(経営者)

打開策が見つからなかったとき、社員と腹を割って話し合いました。すると、みんないいアイデアを持っていたんです。日々、現場でお客さんの声を聞いていますから。


中嶌武夫

掃除は自宅のトイレをきれいにするのは基本。会社でも、地球を磨くくらいのつもりで掃除をする。お店でかたちばかりの礼儀作法や清掃の仕方だけ身につけても、お客様に満足していただける日本一の販売店にはなれません。


赤井益久

本学では毎年10月に渋谷区長を招き、学生が渋谷川再開発などのアイデアをプレゼンしています。その中で何が社会に求められるのか、どんな発表が響くのかを学生は学んでいく。社会との接点を作り、発信する方法を身につけることが大切です。教育の大きな目標は不変ですが、手法は常に変わるもの。それをうまく調整するのが我々の役目なのです。


舟竹泰昭

現金というインフラの持つ安心感や納得感は一定程度残るとは思いますが、やはり従来型のビジネスに頼っていれば先細りは避けられない。全国2万4000台超のATM網という大きな資産を活用しながら、どんな独自サービスを生み出していくのか。社員と一丸となって、考えていきたい。


なぎら健壱

40歳になる直前だったかな? 忙しすぎたということもあって、バラエティ番組の収録中に倒れちゃって。救急車で近くの大学病院に運ばれましてね。入院というと、みなさん「退屈で、あんなつらい時間はなかった」って言うけど、あたしにとっては「あんな楽しい時間はなかった」ですね(笑)。もう仕事、仕事で追われていたでしょう? 病院では本も読めるし、あらためて仕事と自分の関係をじっくり考える時間が持てた。今にして思えば、いい句読点だったんじゃないでしょうか。これから40代を迎えるというところで、少なくとも、もう「来るものは拒まず……」という仕事スタイルはやめようと決心ができました。


三木谷浩史

例えば米グーグルも、検索エンジンのほかにメールなど複数のサービスを抱えています。単品ではなく複数にすることで、利用する頻度を上げたり、ロイヤルティー(忠誠心)を感じてもらったりできる。逆に言うと、こういう時代の中で単品サービスだけをやっている企業は厳しいのではないでしょうか。


高橋祥子

起業のきっかけは、このビジネスモデルを日本に創ったらどうなるのか、どんなに研究が進むのか、を自分の手で創って自分の目で確かめたいという好奇心です。「生命科学分野の研究を発展させたいという想い」と「世界中の研究成果をきちんと社会に役立てる仕組みを作りたいという願望」が根底にはあるのですが、いろんな人に無理なんじゃないのって反対されても起業してしまったのは、好奇心という完全に自己満足的な欲求です。どう考えても今やるしかないと思い込んでしまったんですよね。


鈴木みゆき(経営者)

お互いに意見をぶつけ合う議論を苦手に感じる人も多いかもしれません。しかし、こう考えてみてはどうでしょうか。相手個人を攻撃するのではなく、問題を一緒に解決するという姿勢で臨むのです。そうすれば健全な形で議論を進めることができるはずです。


竹島愼一郎

企画書の最初のページには「はじめに」を書きます。「はじめに」として、あまり意味のない前置きの文章を長々と書く人がいますが、それでは相手が興味をもちません。その企画の「背景」「課題」「目的」を、端的に書くべきです。これらが相手の望むことと一致していてこそ、企画内容に興味をもつのです。「背景」とは、これからプレゼンをする企画の背景となる、相手の状況を指します。


鳥谷綾斗

伝えたかったのは「自分自身を大切にすること」。いじめる側には、概して「敵意」が驚くほどないんです。「楽しいから」「その場の空気を読んで」などが大概の理由で、遊びの範疇だと思っている。被害者が死ぬほど傷ついたとしても、加害者側は「大したことはしていない、ふざけていただけだ」と本気で思う。だから怖いんです。この恐ろしい悪意には、誰もが一人きりで対面することになります。そんなものに負けないくらい強く賢くなるためにも、自分自身を大切にして欲しい。ただ、そのためには他者との出会いが欠かせないと思います。