名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内橋克人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内橋克人のプロフィール

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

内橋克人の名言 一覧

企業にとっての今日は5年前に打たれた布石の上にある。今日経営トップが重大な決断を下したとして、その帳尻は5年後のある日、ある朝、人々の目の前に示されているだろう。


内橋克人の経歴・略歴

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

他の記事も読んでみる

松沢幸一

成果が出ないからといって、状況変化に合わせてガラリと目標を変えるのではなく、変化への対応力を磨くことが重要です。変化への対応力は、周囲とのコミュニケーションを重ねて、自分の価値観や理念をその都度確認しながら、自分はこうだと思う方向で努力を重ねていくことで身につきます。


糸井重里

こういう商品を作ってほしいとか、この商品をこう改良してほしいというご意見は、なるべく聞かないようにしています(笑)。もちろん、お客さんのご意見は聞きますが、モニターとして意識しすぎると、「あぶはち取らず」になってしまう。だから、意識しすぎないようにしています。アンケートも当てにしすぎるといけません。どうしても「考えるために考えた」アイデアが入りますから。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●経験は決して間違えない。間違えるのは人間の判断だ。自分で実験してもいない結果を予測して、判断を間違えるのだ。
●人が一番惑わされやすいのは、自分自身の考えによってだ。
●我々の知識はすべて、我々の知覚に基づいている。
●理解するための最良の手段は、自然の無限の作品をたっぷり鑑賞することだ。
●音楽は絵の妹と呼べるだろう。なぜならそれは聴覚に頼るからで、聴覚は第二番目の感覚だから。絵は何よりも優れていて、音楽より高く位置づけられている。というのも、絵は生まれるやいなや消えてしまうというようなことがないからだ。


藤原和博

私たちのような凡人は複数の軸で勝負すべき。ある分野で「100人に1人」になったと自覚できるようになったら、もう一つ別に「100人に1人」の分野をつくる。すると、100分の1×100分の1で、1万人に1人の人材になれる。


高山なおみ

私の中にはどうしようもない人がいて、それを私は「ふぬふぬ」と呼んでいるんですけど、「ふぬふぬ」っていうのは自分の中にある核みたいなもの。人によっては「魂」って言うのかもしれないけど、そんな立派な言葉じゃないです、私の中にいるのは。それがどうしても出てくるんですよ。


高畑充希

昔は台本を読んで想像した正解に近づくことを目標にしていたし、100%達成できるものがあると思い込んでいた。でもいまは、現場に行って初めて分かること、その場の臨場感で生み出せるものがあるなと。そのぶんダメだったときの落差は激しいけど、それが意外な空気を生み出したり共演者の方に助けられたことで次に繋がったり、面白くなることもあるんだと知りました。


林厚見

いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。


柳井正

つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。


菊地敬一

次第に店のお客さんがバイトになり、バイトが社員になり、そろそろ彼らのために新しい店でもを作るかなぁと。
【覚書き|ヴィレッジヴァンガードの店舗を増やしはじめた理由について語った言葉】


神田昌典

分析的に考えてしまうと、そこにはワクワクが生じませんから、新しい価値をつくりだすことはできません。新しい発想やアイデアは、自分を快の状態にもっていき、脳を活性化することから生まれます。


大友啓史

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、人間は時に、想像を超える行動を取るんです。世の中、こんなにうまく話が進むはずがないと思い返して、脚本を書き直すこともしばしばあります。


朝倉孝景(朝倉敏景)

僧侶にしても、一般民衆にしても、何かの点で他に優れている者は、他領へ引越して行かせないで自領へ止めておくがよい。ただし、持っている才能を誇るだけで奉公を励む心のない者は、この限りでない。