内橋克人の名言

内橋克人のプロフィール

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

内橋克人の名言 一覧

企業にとっての今日は5年前に打たれた布石の上にある。今日経営トップが重大な決断を下したとして、その帳尻は5年後のある日、ある朝、人々の目の前に示されているだろう。


内橋克人の経歴・略歴

内橋克人、うちはし・かつと。日本の経済評論家。兵庫県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商学部卒業後、神戸新聞記者を経てフリーとなる。テレビなどでもコメンテーターとして活躍。主な著書に『匠の時代』『技術一流国ニッポンの神話』ほか。イーハトーブ賞、NHK放送文化賞受賞。

他の記事も読んでみる

冨田英揮

リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。


阿部俊則

販売力とはまさに人です。人を活用できるかどうかは、支店長や店長次第です。


土岐大介

相手がプレゼンにまったく興味を示さなくても、空振り三振ではありません。少なくとも、こちらの提案に対する相手の反応を聞くことができます。その内容で、相手のモノの思考法や意思決定法、また現在、相手がどんな状況に置かれているのかを察知できます。新たな精度の高い個人情報を仕入れることができるのです。初回がうまくいかなくても、新たな宿題を見つけ、「次回は○○の分野についてお手伝いをさせていただきたいので、また少しだけお時間をいただけませんか」とつながりを持たせることもできます。


マザー・テレサ

私が喜びと言うとき、それは大声で笑うこと、馬鹿騒ぎをする状態を意味していません。それらは真の幸せな状態とはことなります。人は笑いとか馬鹿騒ぎで何かを誤魔化そうとすることがあるものです。


田中平八

相場は騎虎の勢い。


ローランド・シュミット

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


仲代達矢

エンターテインメントには娯楽性も大切です。しかし、作品を通じて命や生きることを真剣に問う姿勢も忘れてはなりません。


藤澤信義

同じ大失敗は絶対に繰り返さない。半面、小さな失敗は恐れず、挑戦する。


喜久川政樹

私の場合、第二電電からDDIポケットに出向したあと、そのDDIポケットは買収されてウィルコムになりました。でも、やっている仕事は本質的に変わりません。仕事自体が好きなら、社名が変わっても、自分の仕事へのモチベーションが下がったり、気持ちがブレることはないはずです。


小池龍之介(小池龍照)

理解しなければいけないのは、私たちはみな「支配欲」を持っているということ。そのため、自分が指導しても思い通りに動かない部下に「なぜ私のいうことを聞かないんだ」とイライラする感情を持ってしまうわけです。指導する真の目的は部下や後輩を「成長させること」なのに、いつのまにか相手を思い通りに「支配すること」が目的になってしまっているんですね。こういうときはいったん指導するのをやめ、何もしないことです。これまでああだこうだと口うるさくいわれ続けて、後輩はあなたに対して不満を抱いているはず。その状態で指導を続けても、お互いにストレスがかかり、誰も幸せになりません。たとえ部下が失敗しても叱責せずに、まずは「そうだったんだね」と受け止めてあげる。すると部下は安心しますし、あなたへの信頼も回復へ向かう。部下との信頼関係が構築できたらようやく次のステップに進めるのです。


日覺昭廣

趣味の世界では、なんぼでもお金を払ってくれる人がいます。もちろん会社を支えるほどの利益にはなりませんが、そこで細々と培ってきた技術の積み重ねが評価され、当初の目標である航空機への供給が決まりました。
【覚え書き|炭素繊維の開発時、テニスラケット、ゴルフシャフト、釣り竿などから始めたことについて語った言葉】


荒蒔康一郎

そうした経験は、自分自身の視野を大きく広げるきっかけになりました。
【覚書き|小岩井乳業への出向、研究開発部門、新規事業開発部門、医薬品部門など非ビール部門を渡り歩いた経験について語った言葉】


大久保幸夫

これからの人材に求められるのは何をおいても「変化対応力」です。仕事というゲームのルールがどんどん変わっても、それに適応しようとする意欲と能力があるかどうか。これはいま、新入社員から40代、50代のベテランビジネスマンまで共通するキーワードです。


安齋政信

以前、12月の契約がゼロ件、という年がありました。そのときは、年末はお客様も慌ただしくされているだろうから、と考えたのですが、次の年の12月もやはりゼロ件。さすがに落ち込みましたね。しかし、よくよく考えてみると、慌ただしいのは私のほうで、ロクに行動していなかったことが真の原因でした。どんな仕事でも、成果は日ごろの行動の結果、生まれてくるものです。年末で忙しくとも、それを見越して前もって行動することの大切さを痛感しました。


亀井静香

政治資金報告を見てください。私は37年間で個人で250億円以上集めています。でもそのお金は、ひたすら散らすばかりで、自分のために使ったことはない。これは私の力というよりも、私を当選させてきてくれた人たちの思いがそれだけ積もってきたということです。


ページの先頭へ