内村鑑三の名言

内村鑑三のプロフィール

内村鑑三、うちむら・かんぞう。江戸時代から昭和初期の日本のキリスト教思想家、伝道師、文学者、聖書学者。北海道大学の前身である札幌農学校に入学。新渡戸稲造、宮部金吾などとともに学生時代を過ごす。学生時代にキリスト教の洗礼を受ける。教会を重要視しない無教会主義を唱えた。

内村鑑三の名言 一覧

後世への最大遺物は、勇ましい高尚なる生涯である。


貧は自由の伴侶である。束縛は富に伴うものである。富は人の作ったものである。ゆえに富んで人世の束縛より離れることははなはだ難しくある。貧者のひとつの幸福は、世が彼の交際を要求しないことである。


恐るべき者は新聞記者にあらず。彼らは時勢の従属なり。その指導者にあらず。彼らは時勢の要求に反して何事をも語り得る者にあらず。
恐るべき者は宗教家にあらず。彼らは時代の子なり。神のしもべにあらず。彼らは時代の思潮に逆らいて何事をもなし得る者にあらず。


富も財産なり。知識も財産なり。健康も財産なり。才能も財産なり。意志もまた財産たるなり。しかして意志のほかの財産に勝るゆえんは、何人もこれを有すると、これをおのれが欲するままに使用しうることにある。


人は希望的動物なり。彼にありては前を望むは自然にして、後ろを顧みるは不自然なり。希望は健全にして、回顧は不健全なり。


内村鑑三の経歴・略歴

内村鑑三、うちむら・かんぞう。江戸時代から昭和初期の日本のキリスト教思想家、伝道師、文学者、聖書学者。北海道大学の前身である札幌農学校に入学。新渡戸稲造、宮部金吾などとともに学生時代を過ごす。学生時代にキリスト教の洗礼を受ける。教会を重要視しない無教会主義を唱えた。

他の記事も読んでみる

松浦弥太郎

仕事に臨むには社会性、好奇心、美への感受性、マナーのすべてが必要です。それらへのヒントを与えてくれるという点でも、流行に準じたものではない、普遍的な本の価値にぜひ目を向けたいですね。


ハワード・シュルツ

顧客の要求するものを提供するだけでは駄目なのだ。顧客の知らない物や最高級品を提供すれば、顧客の味覚が磨かれるまで多少時間はかかるかもしれない。だが、顧客に発見の喜びと興奮を与え、ロイヤリティを確立することができるのだ。優れた商品を提供しさえすれば、たとえ時間はかかっても顧客は必ずそれを選択するようになる。大衆市場に媚びる必要はないのだ。


稲盛和夫

日本はバブル崩壊後、平穏な状態になりました。あまり悪くもならず、そのまま二十数年間経過した。しかし「可もなく不可もなく」じゃいかんのです。


白河桃子

最近、あるメーカーがウェアラブルセンサーを活用して社員の幸福度を測定したところ、「集団の幸福度が高い職場ほど、業績も高い」という結果が出ました。つまり、社員が幸福に働ける環境を提供すれば、会社にも良い成果がもたらされる。「働き方改革」を進めることは、企業と従業員にとってウィン・ウィンであることが、やっと認知されてきたのかなと思います。


坪田信貴

「したいことがわからない、とくに夢も目標もない」という人もいるでしょう。しかし「それなら勉強など不要」と決めつけるのは間違いです。したいことがないなら、「人が求めていること」をすればいいのです。このアプローチは、生半可な「夢」より大きな可能性を持っています。誰かのニーズこそ、すなわちビジネスチャンスだからです。ぜひ、周囲の不満や不便を掘り起こしてみてください。たとえば、会社の情報管理システムの煩雑さに皆が悩んでいるなら、「プログラミングを学んで、自らシステムを構築する」というのもいいでしょう。どんな分野も、1年もかけて学べば一定のレベルに達するもの。そうなれば周囲にとって貴重な人材になれます。


イセオサム

多くの人に愛されるには、コンセプトがブレないことが大事。


小谷和朗

インドネシアに赴任してすぐにアジア通貨危機があり、1年以内に暴動や政変もあって、経営環境は最悪でした。その時に感じたのが、いかに現地で働く従業員をやる気にさせるかということ。そのためには会社が正しい情報を出して、従業員と誠実に話し合いを続けることしかありません。


大江英樹

銀行や証券会社の窓口担当者や営業マンは「投資のプロ」ではなく「販売のプロ」。判断が難しいからといって、人に委ねたら失敗する。


御手洗瑞子

気仙沼ニッティングのセーターを注文し、着てくださる方にもっと喜んでもらうにはどうしたらいいだろう。何をされたら嫌だろう。どのへんがちょうどいい加減で、どこまで行くと過剰に感じるだろう。そういうことを常に考えている必要があります。


江上治

うちの事務所の人間をみていても、数字を達成できない者は、目標達成に向けた手段・方法がたった1個しかない。「マネーセミナーの集客をどうするか」「PR方法は」と聞くと、新聞折り込みぐらいの知恵しかないのだ。これでは集客できない。フェイスブックがあるだろう、チラシを手渡しする方法もあれば、本をプレゼントしますとPRしてもいいではないか。頭を絞って、7つ以上の作戦を考えろと私は言うのだ。


野津基弘

経営陣の意識がみんなに届く距離にあることが大事。ホールディングスの社員には、現場のためにここでやるんだという意識を持ってほしい。


池本克之

ドクターシーラボが年商3億円から120億円になった原動力は組織改革です。リーダーシップからチームシップを主とする組織に切り替えたことが勝因です。


村上憲郎

グーグルのように技術を追求する会社というのは、どうしても「前のめり」になりがちです。革新的な技術を生み出せる優秀な企業ほど、市場の成熟度やユーザーのニーズといったものを軽視して、「これを使わない奴は馬鹿だ」というアプローチをしてしまう。そのせいで技術的には素晴らしいのに失敗した製品やサービスは数えきれません。その轍を踏まないよう前のめりになりがちな若者の手綱を要所要所で引いてやる必要があります。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

伝統の訪問販売も復活させています。地域によっては、眼鏡店まで来ることができないお客様もいらっしゃいます。これまで訪問販売を手掛けていた企業が手を引く中、逆にチャンスだと捉えています。


ゴードン・ムーア

われわれはホフ氏の発明を画期的な内容だと評価していたが、電卓専門の半導体だと考えていた。パソコンなど思いもよらなかった。(覚書き|ホフ氏=マーシャン・テッド・ホフ、インテルの技術者。インテルにマイクロプロセッサの着想をもたらした人物)


ページの先頭へ