名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内村航平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内村航平のプロフィール

内村航平、うちむら・こうへい。日本の体操選手。福岡県出身。3歳で体操を開始。日本体育大学体育学部体育学科卒業後、コナミスポーツ&ライフ(のちのコナミスポーツクラブ)に入社。オリンピックで金メダル3、銀メダル4を獲得。

内村航平の名言 一覧

世界一の練習をした選手が、世界一になる。帰宅後も体操のことを考えていることが多いですね。気づいたら1時間くらい経っていることがしばしばあります。


皆で力を合わせて取る金メダルは、個人でとる金とは全く違う喜びがある。互いを信じること、チームでカバーし合うことが大事と実感した。


体操といえば僕、と見られている面がある思う。北京五輪で銀メダルを取った後は、注目されることに戸惑いもあったが、今はもっと僕の演技を見てほしい、そして体操の面白さを知ってもらいたいと思っています。


着地は「止める」のではなく、一連の流れをしっかりやることで自然と「止まる」という感覚ですね。


いまは団体総合で金メダルを取ること。それしか考えていません。団体は皆で補い合って戦う。全員がまとまるチームが優勝すると思っています。


内村航平の経歴・略歴

内村航平、うちむら・こうへい。日本の体操選手。福岡県出身。3歳で体操を開始。日本体育大学体育学部体育学科卒業後、コナミスポーツ&ライフ(のちのコナミスポーツクラブ)に入社。オリンピックで金メダル3、銀メダル4を獲得。

他の記事も読んでみる

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

あえて仕事とはまったく関係のない、珍しい資格を取ることもいい。営業マンが顧客に覚えてもらうには、個性やキャラクターが必要ですが、変わった資格を取るとそれだけで覚えてもらえます。「夜景鑑賞士」や「整理収納アドバイザー」のような資格を持っていると、仕事と関係のないところで、話が盛り上がったりアドバイスできたりします。こうした話のネタは、ビジネスマンにとって大きな武器となります。


北澤艶子

お客様に安心感を持っていただけることが、大手にはない強みだと確信しています。何より、顧客を思う心が違うのです。


養老孟司

状況が変わらぬという前提なら、能力は測れるかもしれない。しかし状況が変われば、能力を測る物差しも変わります。


佐藤康博

グループで5万7000人の従業員の融和をどう進めるかが大きな課題です。統合する前の出身銀行の壁、現在の組織体制からくる壁、若い世代と急行出身者との壁、この3つを乗り越えるのは正直、至難の業だと思っています。ですが、私に与えられた大きな責任です。まずは飲み会でも何でも開き、お互いを知ることから始めようと呼びかけています。


野田一夫

僕はもちろん日本が大好きだが、この国では、いつまで経っても不合理な慣行がなくならないことだけは困ったものだ。たとえば、会議の席で誰かの批判めいたことをいうとする。あなたが年長者ならいいのだが、年が若いとか新参者であれば「生意気だ」と決めつけられ、陰口を叩かれ、足を引っ張られる。つまり大方の参加者にとっては、「何をいったか」ではなく「誰がいったか」が重要なのだ。本来、発言で大事なのは「理はどちらにあるか」。反発するなら、発言の内容に対してするべきだ。


島野喜三

量販店に営業に行くとバイヤーは必ず聞いてきます。「ホワッツ・ニュー?(何か新しいものがあるかい?)」新しいアイデア、技術を持っていかないと、受け入れてもらえません。
【覚書き|シマノの米国販売会社立ち上げ当時の営業について語った言葉】


宮内直孝

将来入社する人達のために良い会社にすること。それが私の使命。歴史と伝統に拘ることなく、中計実行に全力で邁進する年とします。


末川久幸

3000円の化粧水でも、それが自分にとって納得性のあるものであれば、1000円の化粧水にはいかない。不景気だからといって、単純に低価格品へ移行することにはならない。


野口実(ABCマート)

みなさん、当社はPB(プライベートブランド)が多いのでそこが利益の源泉だと思っていらっしゃるようですが、PBの方が売れ残ります。年間で1300万足やっていて、しかもドーンと一括で工場から仕入れますので大変です。PBは経費もかかりますので、ものすごく利益貢献が高いかというとそうでもない。むしろPBの役割は、大手メーカーがやらないニッチなところを自分たちで作ってやっていくという発想なんですよ。


清水厚芳

一方通行なコミュニケーションではなく、消費者の反応を正しくフィードバックすることで、マーケティング活動が初めて実のあるものになる。


梅澤高明

多くの仕事をこなしながら、高い成果を出しているハイパフォーマーは、みんな「リセット」をする場を持っている。瞑想に限らず、運動でも、風呂でも、やり方は人それぞれでいい。


柳井正

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。