名言DB

9412 人 / 110637 名言

内山雅人の名言

twitter Facebook はてブ

内山雅人のプロフィール

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

内山雅人の名言 一覧

天才たちのノートは、事柄を記録するものではなく、思考を広げるシンキングツールとなっている。


内山雅人の経歴・略歴

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

他の記事も読んでみる

家訓・社是・社訓・経営理念

株式会社アシスト行動指針(アシスト セブンハート)

  1. お客様の声に、耳を傾けよう。
  2. お客様の役に立つ努力をしよう。
  3. 誰に対しても、誠実であろう。
  4. トコトン考え続けよう。
  5. 「やってみる」の気持ちを大切にしよう。
  6. 当たり前のことを、当たり前にしよう。
  7. 1+1=∞(ムゲン)。

細谷功

具体的な事例から何らかの法則を取り出す、いわゆる「抽象化」は、ビジネスマンにとって非常に重要な能力です。抽象化とはすなわち、別々の物事の共通点を見つけ出すということ。この能力を伸ばすには、日頃からあらゆる物事の「共通点」を意識することです。


渡部恒郎

ここ数年、新入社員がぐっと減っているような企業は要注意。経営的な危機が迫っている危険性が高いと判断できます。


岩瀬大輔

悲観的になりがちなときは、こう考えてみてはどうだろう。そもそも世の中においしい話はない。金融的な考え方をすれば、コストとベネフィット(費用と利益)、リスクとリターンは一致します。つまりこの世の中には、楽でつまらないことか、大変ですごくいいことのどちらかしかないのです。


平岡昭良

島田精一(社長)さんからは、自分が分からないから否定するのではなく、認めてやらせてみる大切さを学びました。


宮崎駿

自分が善良な人間だから、善良な映画をつくるんじゃないですよ。自分がくだらない人間だと思ってるから、善良な映画をつくりたいと思うんです。善良なことが自分の中じゃなくても、どっかにそういうものがあるんじゃないかと思う気持ちがなかったら、とても作品をつくれないわけです。


樽見茂

お客さんの立場で考えれば、数字の発想力が磨かれる。そこから仮説を立てて検証し、結果へと繋げていく。自ら数字を作り出せる人が、本当に数字に強いビジネスマン。


高島宏平(髙島宏平)

使った時間に対してリターンはどれだけあったのかを半年ごとに評価しています。投下した時間はスケジュールから定量的に捉えられますし、その時間に対して何が得られたのかすべて書き出していきます。例えば私が3つの社内チームのミーティングに週に1回参加して、何も成果がなければ顔を出すのを1チームだけにしぼり、週3回のミーティングに増やす。ほかはしばらく私は手を出さない。アウトプットにつながる活動なのかを判断し、時間の使い方を見直していきます。


北尾吉孝

オープンイノベーションとAPIの開放がキーワード。イノベーションが1つの企業によって行われる時代は終わった。ソフトウエアの機能も共有するのです。


井上愛一郎

開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


西田文郎

たとえ99パーセントの人が無理だと思うようなことでも、平然と「できる!」と思える人はできちゃうんです。


カルロス・ゴーン

もしみんなが同じ意見を言い出したら要注意。ただ私が喜びそうな意見をみんなで言っているだけだからです。


山下勝(経営学者)

部下が上司の無茶なガミガミに対処するために一番効果的なのは、ひとつ上の上司に頭越しに直訴する方法です。自分の課長が無茶を言うようなら部長に言いつけてしまう。ただこれは、組織論から言えばご法度に近い最終手段です。なるべく避けた方がいいでしょう。そこで重要になってくるのがインフォーマルな「斜交い(はすかい)のコミュニケーション」です。組織上の正式な上下関係ではなく、斜めの関係を利用するのです。たとえば自分の課長に問題がある場合、よその課の優秀な課長に相談して口添えしてもらうのです。


似鳥昭雄

過去の成功はあくまでも過去のもので、現在や将来にはもう通用しない。だから後を継ぐ社長には、5~10年ごとに革命的なことを打ち出してほしい。


富田直美(経営者)

僕は「富田考力塾」という塾を開いています。今の人は考えることをしなくなってしまった。なんでもコピペしてしまうからね。