名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内山雅人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内山雅人のプロフィール

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

内山雅人の名言 一覧

天才たちのノートは、事柄を記録するものではなく、思考を広げるシンキングツールとなっている。


内山雅人の経歴・略歴

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

他の記事も読んでみる

マギー司郎

お客さんは幸せな人間なんて舞台で見たくないと思うんだよ。不幸なんだけど、それにめげない芸人のほうが世間の人は見てくれるんじゃないかなって。本当にそうかどうか、それはわからないよ。でも、僕は自分流にね、そう思ってきたんだよね。


長野慶太

米国のビジネスパーソンは時間給の意識が高い。とくに専門職の人ほど顕著。時間給で考えれば、時間とお金の関係が一目瞭然です。自分の仕事の時間給がいくらなのか、明確にしてみるといろいろ見えてきます。


岩田聡

任天堂の個性のひとつは、ターゲットとするお客様を過剰に絞らないことです。具体的には、「今実際に製品を受け入れていただいているお客様以外にも、私たちの製品を喜んでもらったり楽しんでもらったりする方法が必ずあるはずだ」と常に考えるようにしています。


箭内道彦

波風たてない。人の顔色をうかがう。それでいて器用だから、博報堂に入って広告制作をしていた最初の6年くらいは「そこそこ」のタイプでした。そこそこから抜け出したいと実践したのが金髪でした。34歳にして初めての金髪。金髪のくせに「作るものはその程度か」なんてカッコ悪いじゃないですか。


厳浩(経営者)

我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


北野泰男

当社には、挫折を経て転職してきたスタイリストが少なくありません。パーマ液やカラー液が体質に合わず、ひどい手荒れに悩まされた。トークに自信がなかったり、年齢が上がったりしたことで、指名が取れなくなった。修業期間が長すぎて、なかなかカットを担当させてもらえず、モチベーションが低下してしまった。こうした人たちは、高い技術や「お客様を喜ばせたい」という想いがあるにもかかわらず、従来の美容業界では活躍の場が限られ、美容室を辞めざるを得なくなる。これは非常にもったいない。我々は、そんな人たちの再チャレンジの場になりたい。当社には定年がないので、現在は20歳から80歳まで、幅広い年代の人たちが正社員として働いています。


澤田道隆

聞いた内容を他人事ではなく自分事に落とし込めるかどうかでモチベーションが違ってきます。だからこそ相手に合わせて話すようにしています。


浅野純次

たまたまこの夏、オムロン元副社長の増田英樹さんに頼まれオムロン創業者をしのぶ小冊子「今、なぜ立石一真か」の編集制作に傾注した。私が最も感心したのは一真が目先の利益にはあまり関心を示さず、自分が面白いと思ったことにこだわり続けたことだ。


荘司雅彦

中間管理職は、ある意味孤独なポジションです。リーダーは自分一人で部下は複数という、いわば多勢に無勢。一歩間違うと統率に支障をきたすこともあるでしょう。上司の意向に留意するのはもちろん、部下への配慮も必須です。


前田裕二

将来は起業するつもりだったので、自分が成長できることを一番に考えました。方向性は2つ。一つは成長中のベンチャー企業に入って、新入社員にも多くの仕事を割り当てざるをえない環境に身を置くこと。もう一つは投資銀行に人って、パフォーマンスが悪ければクビになる緊張感の中で働くこと。自分の成長という意味では、どちらでもよかったと思います。


ジョセフ・キャンベル

生きる喜びに従え。そうすれば壁しかなかったところに世界は扉を開いてくれる。


野村文吾

私はこれまでの取り組みを通じて、会社を立て直すためのステップを学びました。まずは社内で危機感を共有すること。次に、売り上げの増加につながるアイデアをお客様から集めて、積極的に採用すること。