名言DB

9412 人 / 110637 名言

内山雅人の名言

twitter Facebook はてブ

内山雅人のプロフィール

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

内山雅人の名言 一覧

天才たちのノートは、事柄を記録するものではなく、思考を広げるシンキングツールとなっている。


内山雅人の経歴・略歴

内山雅人、うちやま・まさと。日本の教育コンサルタント、ITコンサルタント。「学びコミュニケーション協会」代表理事。東京学芸大学卒業。著書に『天才のノート術』。

他の記事も読んでみる

森田正光

僕も最初は先輩たちに習い、淡々と原稿を読んでいました。でも、ラジオに出るようになり、一般の方から天気予報にまつわるお手紙やお葉書をいただくようになったんですよ。すると、叩き込まれた基礎だけでは、十分にお答えできない。このままではマズいな……、と気づいたんですね。そこで、NHKなどで天気解説を務めていた気象学者の倉嶋厚さんの本を読み込むようになりました。倉嶋さんはとにかく博識で、気象の話の中に歴史や文学、暦や自然科学など幅広いネタを盛り込んで聞かせる方でした。そのスタイルを目指して、20代前半から30代後半は人生で一番本を読んだんじゃないかってくらい、様々な本を読み漁りました。


諸戸清六(初代)

どこまでも銭のない顔をせよ、銭のある顔をせば贄費(ぜいひ)多し、たとえ銭なき顔をして人に笑わるることあるも、後日には誉められる。


小島順彦

私は社員に対して「3つのC+C」が大事だと話しています。「Curiosity(好奇心)」「Challenge(挑戦)」「Communication(意思疎通)」。そして「Courtesy(礼儀正しさ)」。


殿村政明

擬音は一瞬で相手に視覚的なイメージを連想させる響きのマジックだ。思わず笑ってしまう一音は、相手の興味をグッと引きつける強い武器になる。


須田将啓

エニグモという社名は謎とか神秘と言う意味のエニグマから取っていて、「謎」と思われるくらい新しいことをやりたい。また、新しいことを始めることで、「変な奴だ、謎な奴だ」と思われても志を持ってやり遂げたいという思いを込めて名づけました。


日覺昭廣

コスト削減はいつの時代も永遠のテーマです。数字を見てもらえば分かりますが、仮にコスト削減がなければ、利益が出ていません。ですからこれからもコスト削減の手綱を緩めるつもりはありません。


室伏重信

中学三年の夏にローマ五輪を見て、投てき競技に興味を持ち、我流で記録を伸ばしてきたんで、指導者の言葉を理解できなかったんです。結局、二年半もスランプが続いてしまいました。でも逆に、スランプは大切です。そこに陥らないと、人はなかなか自分を直そうとしたがりませんから。


井上明義

創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


沢渡あまね

メンバーが独自のやり方で仕事を進める傾向にある会社は、人によって仕事のスピードが違ったり、目標達成までの時間が読めなかったりと、数々のムダが生じます。さらに各々が感覚的に仕事を進めているため期限を守れなかったり、突然のトラブルによって大混乱が起こる危険もあります。対策は「業務プロセス」を整えて共有すること。業務ごとに、最短距離でゴールに到達するためのプロセスを設定し、それをメンバーに伝えて統一を図るのです。こうすることでムダな作業が減るのはもちろん、メンバー間の比較が可能となり、仕事の遅い人が何に時間を取られているかが見えてきます。


ベンジャミン・フランクリン

まもなく兄のくれる金が半分は残ることがわかった。この残った金は本を買う足しにした。
【覚書き|ベンジャミン・フランクリンは16歳のとき、雇い主の兄に「自炊がしたい」と申し出て、自分の食費にあてられていた金額の半分を直接受け取れるようにし、さらにその半分を節約し本を買うために使った】


佐々木常夫

周囲との信頼関係をつくっておくことも重要です。私は「社内のメンターを持て」といっていますが、仕事の計画を立てるのに際しても、その仕事に精通している人や、関連資料のある場所を知っている人の存在はありがたい。そうした人たちと、日ごろから密にコミュニケーションをとっておきます。


西田厚聰

力をすべて出しきらず、来期に残したからといって、来期にその力を使うチャンスがあるかどうかわかりません。だから社内には、最後までギブアップせず、とにかく今期のことを頑張ってほしいと言っています。東芝にはそれだけの潜在力がある。それを引き出すのが私の仕事です。


森和夫

私はノモンハン事件で小隊長を務めた生き残りです。そのときの体験を通して非常に大切なことを学びました。それは「指揮官の判断が多数の部下の徒労を防ぎ、場合によっては生命さえ救う」ということです。戦場ではロシアの戦車が襲ってきたとき、小銃で立ち向かおうとする部隊に、瞬時の判断で「撃つな」と言いました。戦場と同様、経営でもトップの冷静な判断は絶対に欠かせないのです。


長嶋由紀子

将来が不安という人には、「変わるのは必然だ」という感覚を持つことを勧めたいです。たとえば、意に沿わない異動でモチベーションが下がったときには、転職せずに新しいキャリアを積めるなんて組織人ならではの贅沢だし、新たな能力の発見にもつながると考えるのです。


西川光一(経営者)

今、当社の駐車場では1物件当たりの平均契約年数は7.5年で、古いものだと10年以上の物件もあります。これは業界の平均と言われる3年とか3年半より圧倒的に長いんです。とにかく営業は足で稼ぐ。空き地の情報を数多く集めようと思ったら、本来は不動産会社を回るのが手っ取り早いんです。ただ、不動産会社に情報提供する地主さんは、売却したかったり、積極的に運用したい人が多い。そういう土地を駐車場にしても、すぐ解約されるリスクが高いんですね。