名言DB

9412 人 / 110637 名言

内山真の名言

twitter Facebook はてブ

内山真のプロフィール

内山真、うちやま・まこと。日本の医師。専門は精神神経学、睡眠学。神奈川県出身。東北大学医学部卒業。国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部室長・部長、日本大学医学部精神医学系教授などを務めた。

内山真の名言 一覧

寝つきの良さは朝の光で決まる。休日もあまり朝寝坊せず、なるべくいつもと同じ時刻に起きて、しっかり朝日を浴びること。


一晩徹夜をすると、簡単な判断を下すにも、ビール1本飲んだ状態と同じぐらい遅くなる。


30~40代の人は仕事が忙しく、睡眠が不足しがち。でも、仕事の効率を高めるためにこそ、睡眠を改善してほしい。


睡眠の「借金」はあとから返すことが可能だ。十分眠れなかった分を、多く睡眠をとることで返済するのだ。


2000年以降、大規模な調査や長年の経過観察の結果、不眠があらゆる病気の悪化要因になることがわかってきた。たとえば、ある時点で寝つきが悪かったり、夜中に目が覚める不眠の症状がある人とそうでない人を比較すると、4年後には高血圧を発症する確率が2倍になる。また、企業の健診データを用いた働き盛りの男性対象の研究では、寝つきが悪い人は8年後に糖尿病になる確率が3倍高いというデータもある。


睡眠のパターンを正常に戻すためにまずやるべきことは「朝起きて陽の光を浴びる」こと。土日であってもいったん朝起きて、日光を浴び、体内時計が乱れないようにする。体の疲れが残っているなら、そのあと少しごろごろするのはかまわない。


内山真の経歴・略歴

内山真、うちやま・まこと。日本の医師。専門は精神神経学、睡眠学。神奈川県出身。東北大学医学部卒業。国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部室長・部長、日本大学医学部精神医学系教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

小堀秀毅

新規事業にトラブルはつきものですが、大切なのはそれが起きた時の対応。覚悟を決めて会社を変えれば誠意が伝わる。


橋本雅博

大きなプレッシャーを感じつつ、じっくり考えて、できるだけいいものにしようと努力する。その結果、いい仕事ができる。


瀧靖之

何かを続けたいと思ったら、まずは、その習慣化したいことの先にある夢や目標を明確化すること。


栗原幹雄

同じ場所を訪れて、同じモノを見ても、そこから何を得るべきかという自分なりの問題意識を持つことは大事でしょう。


星野佳路

限られたリソースを集中させ、お客様からの満足度を高めることが何より大切。


矢野博丈

イトーヨーカ堂の伊藤(雅俊)会長は温かい方だ。以前、うちが倒産するという噂が流れたとき電話をくれて、「矢野さん。一人で苦しむな。何でも俺に相談しろ」と言ってくれた。実際は会社が倒れる心配はなかったけれど、噂が流れただけで離れていく人がいる中で、伊藤会長の励ましには本当に元気づけられた。こういう人間性の持ち主だから、普段は怖くても、みんながついていくんだろう。


伊藤真(弁護士)

問題は、みんなで共有できて初めて意味がある。その意味での問題発見ができる人こそが、リーダーになれる。


山本為三郎(経営者)

渡辺崋山の商人訓のなかで、私の記憶にあるもうひとつの戒めは「近所に同業ができたら、よしみを厚くして相励め」ということである。これは実にいい言葉だと思う。同業は競争者ではないという精神である。この精神があるからこそ、大阪の道修町は町の端から端まで4、5丁の間、全部薬屋でやっているし、また本町といえば、昔から繊維業者ばかりが軒を並べている。ときに消長はあるにしろ、こうしてみんな何代、何十代と続けていくのは結局、よしみを厚くして相励んでいるからではなかろうか。


渋沢栄一

大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。


津田純嗣

当社は海外で製品をつくっても技術流出の心配はまったくないです、それは全くない。モノでは真似できます。見た目や機構といったハードウェアはできます。主要部品のサーボモーターやギア(減速機)を買えば組み上がる。けれど、その次には「制御」の技術が要ります。さらにその先には、塗装や溶接といったアプリケーション(用途)の技術が必要です。塗料をいかに均一に塗るか、そして無駄を省くか、これが意外と難しい。ロボットがなぜそういうソフトウェアを取り入れていて、どこでどう使うのがいいのか。これには相当深い知識が要ります。ロボットは単体のモノではなく、大きな仕組みの中で成り立っているのです。


山里亮太

能力のレーダーチャートをきれいな五角形にする必要はない。二等辺三角形とか、なんなら一直線でもいい。苦手なものを克服しようとしている時間って、案外もったいなかったりするよ。


森田仁基

当時は会社の業績も低迷中で、社員の問にも、「うまくいかなかったらどうしよう」というネガティブな空気が生まれやすかった。だからメンバーとこまめにコミュニケーションを取り、「先の売上げを心配するのではなく、今は良いものを作ることだけに集中しよう」「本当に良いものを作るためならコストもかけていい。必要なら僕が予算を取ってくるから」という話はよくしました。そうして不安の種を取り除くことで、最終的には僕が働きかけなくてもメンバー同士でやる気を高め合う、非常に前向きなチームに成長しました。


安藤忠雄

極限の状況を乗り越えられるのは、「この先にもっと面白いことがあるぞ」と思えるからでしょう。


ビクター・ルイス(経営者)

ブランドを複数持てば、商品分野や消費者層、地域などの面でも、より多様なビジネス展開が可能になる。既に手にしているブランドへの投資を優先しますが、新たな買収も進めていきたい。


佐々木かをり

本当にそれがやりたければ、誰にでも道は開かれているんです。やらないと決めているのも、別世界のものだと決めているのも、自分自身が勝手に決めていることなんだ。ということ。それに気がついて、今日にでも明日にでも行動を起こしたら、あこがれのライフスタイルを手に入れられると思っています。