名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内山真の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内山真のプロフィール

内山真、うちやま・まこと。日本の医師。専門は精神神経学、睡眠学。神奈川県出身。東北大学医学部卒業。国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部室長・部長、日本大学医学部精神医学系教授などを務めた。

内山真の名言 一覧

寝つきの良さは朝の光で決まる。休日もあまり朝寝坊せず、なるべくいつもと同じ時刻に起きて、しっかり朝日を浴びること。


一晩徹夜をすると、簡単な判断を下すにも、ビール1本飲んだ状態と同じぐらい遅くなる。


30~40代の人は仕事が忙しく、睡眠が不足しがち。でも、仕事の効率を高めるためにこそ、睡眠を改善してほしい。


睡眠の「借金」はあとから返すことが可能だ。十分眠れなかった分を、多く睡眠をとることで返済するのだ。


2000年以降、大規模な調査や長年の経過観察の結果、不眠があらゆる病気の悪化要因になることがわかってきた。たとえば、ある時点で寝つきが悪かったり、夜中に目が覚める不眠の症状がある人とそうでない人を比較すると、4年後には高血圧を発症する確率が2倍になる。また、企業の健診データを用いた働き盛りの男性対象の研究では、寝つきが悪い人は8年後に糖尿病になる確率が3倍高いというデータもある。


睡眠のパターンを正常に戻すためにまずやるべきことは「朝起きて陽の光を浴びる」こと。土日であってもいったん朝起きて、日光を浴び、体内時計が乱れないようにする。体の疲れが残っているなら、そのあと少しごろごろするのはかまわない。


内山真の経歴・略歴

内山真、うちやま・まこと。日本の医師。専門は精神神経学、睡眠学。神奈川県出身。東北大学医学部卒業。国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部室長・部長、日本大学医学部精神医学系教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

倉田浩美

ターゲットとなっている消費者の動向やブランドイメージについてのトレンドをリサーチすることはとても重要です。2年前に行ったマーケットリサーチを今年さらにもう一度実施し、この2年間においてフルラへのイメージがどのように変わっているか動向を追跡しました。プラスに変化した部分を分析し、伸びしろはどこにあるのかを見極めつつ、ブランドのポジショニングをどのように進化させていくかを詰めていきます。


吉本龍司

一見、地味でつまらないように見えるお役所仕事も、主体的に取り組むと楽しくなるのが面白い。


福岡伸一

ほとんどの現代人が同じ病気にかかっています。一定時間におけるパフォーマンスの最大化を目標にする考え方です。一日、一週間単位でノルマを決め、着実に実行することはビジネスで成功するためには欠かせないことかもしれませんが、生命現象を観察している立場から申し上げると一片のむなしさをそこに感じてしまいます。


平野耕太郎

お客様の意識が変化している。環境に優しい機械や、ICT、IoTによる自動化やさらに安全な建設機械を求めている。さらに新車を買うだけでなくレンタル、中古車など選択の幅も広がっており、そうした提案をしてくれるメーカーが望まれている。我々はそのメーカーでありたい。


渡辺明(渡邊明)

プロになるとあまり変わったことをやる人はいないので、基本は正攻法の応酬になる。


白川敬裕

司法試験の時は、大学の図書館や予備校の自習室を利用しました。まわりの皆が集中して勉強しているので、自分も刺激を受けて勉強できる。


林文子

今まであまり褒められなかった人たちは、褒められると俄然やる気になってくれます。雑談の中で何かひとつでも褒めるよう心がければ、組織全体にいい影響をもたらすと思います。


内藤誼人

もしあなたが普段「すみません」と言っているならいますぐ「ごめんなさい」に変えましょう。「すみません」が理性の言葉なのに対し、「ごめんなさい」は感情の言葉。謝罪においてはビジネス的であるよりも、反省の気持ちが伝わりやすいのです。また立場の弱さを強調し、相手の同情心を引き出すことで、怒りが増長するのを防ぐ効果も。結果、真摯な態度をアピールでき、最初のマイナスイメージもプラスに。そして最後に、ゆっくりと45度の深いおじぎをして上司の前から立ち去る。これであなたの申し訳ない気持ちは十分に伝わるはず。


ロバート・キヨサキ

好むと好まざるとにかかわらず、お金は私たちの日常生活で大きな役割を担っていますから、より早いうちからお金のことを理解していれば、そのぶん有利です。


塚越寛

企業のイメージアップも非常に重要です。いくらすぐれた製品をつくっていても、イメージの悪い企業から買おうとは思わないでしょう。


樋口武男

部下に話したのは簡単なことです。なぜ自分が厳しくしてきたのか、それは皆に成果を出してほしいから。同じ働くのならば早く昇給したいだろうし、賞与もたくさん欲しいでしょう。ライバルに負けたくない。自分は君たちよりも働く。管理職だから残業は関係ない。一緒に日本一の支店にしようじゃないかと。自主性を掘り起こすには、自分の胸の内をさらけ出して相手の意見を聞くしかない。相手がわかったと言ったら、あとは任せておけばいいんです。


小泉光臣

リサーチをしてみたら、名前が変わっても味や香りが変わらなければ吸い続けるというお客様がほとんどでした。それどころか、逆にメビウスという新しい名前になったら一度試してみようかという人までいました。むしろ手応えさえ感じるくらいの調査結果でしたので、最後の最後で私の背中を押してくれる、大きな結果でした。
【覚書き|マイルドセブンの名称をメビウスに変えた当時を振り返っての発言】