名言DB

9419 人 / 110788 名言

内山理名の名言

twitter Facebook はてブ

内山理名のプロフィール

内山理名、うちやま・りな。日本の女優。神奈川県出身。高校在学中にスカウトされデビュー。CM、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。エランドール賞新人賞を受賞。

内山理名の名言 一覧

少しでも空き時間があれは、すぐに街に出かけるようにしています。スーパーで野菜を買ったり、ウインドウショッピングしたり、すれ違う人を見て「あの服かわいいな」「2人は親子かな」と考えてみたり。そんなに特別なことはしていませんが、こういう積み重ねが、女優としての引き出しを増やすのかなと思っています。


最近、日常生活の大切さをすごく感じるようになりました。先輩の女優さんの演技を見て、「すごいなぁ」と思うことがよくあるんですけど、その背景には、日常生活での実体験が関係しているようなんです。恋や別れ、買い物や家事……。ドラマのワンシーンを実生活で体験しているかどうかで、演技の質が大きく変わってくる。確かに実体験がないと、いくら考えても、深く理解できないんですよね。


もしお風呂には入れないとしたら、仕事にすごく影響が出ると思います。ドラマや映画の収録が始まると、時間の余裕がなくなってきます。すると気持ちにも余裕がなくなり、仕事にも影響してくるものですが、短時間でもお風呂に入れば、リセットできて、リラックスもできる。そのために、入浴環境は、かなり研究しましたよ。ライティングだけでもローソクを置いたり、浴槽に沈めるタイプのものを使ったり。完璧だと思って、「入りにおいでよ」と友達を誘っても、誰ひとり来てくれないんですけどね(笑)。そういう、瞬時に切り替えられる手段を意識的につくっておくことは、意外と大事な気がしています。


一番大切にしている時間は、迷うことなくバスタイムです。朝、出かける前、帰宅直後、寝る前と1日4回入ることも珍しくないですし、夜、友達と遊んでいても、2軒目に行く前に「ちょっと待ってて。1回帰ってお風呂に入ってから戻ってくる」なんてことをしちゃう。これを理解してくれる友達が、本当にありがたいです(笑)。どうしてこんなに好きなのか、私も不思議なんですけどね。お風呂に入ると、リラックスもできるし、集中力も高まるんです。台本を読むのも、湯船につかりながら。ぬるめのお湯に、酒風呂用の入浴剤を入れると、汗がにじみ出るけど、のぼせることがなくて、最高に集中できるんです。


内山理名の経歴・略歴

内山理名、うちやま・りな。日本の女優。神奈川県出身。高校在学中にスカウトされデビュー。CM、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。エランドール賞新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

現場に「素の自分」を持ち込まず、その都度要求される役を演じ続けていくことで、職業人としての自分を形作っていく。それが、ビジネスパーソンには必要なのです。


安藤宏基

ブランドは時代とともに成長する必要がある。創業者は怒るかもしれないけど、どんどん中身は変えていこうと考えています。


鴨下信一

病気によるキャリアの中断というのは、ビジネスパーソンが最も恐れることかもしれませんが、私は自分の体験から、「病気も、キャリアの中断も、なかなかよいものだ」と言いたいのです。不遇な時にこそ、人は気づきを得たり、新たな視点を獲得して従来とは異なるテーマに取り組むようになったりするもの。収穫はむしろ多いのです。


田村潤

主なお客であった飲食店や酒販店のオーナーは、日々の経営に必死です。「もっとお客を呼ぶ手はないか」と悩んでいる。しかも大抵、相談相手がいなくて孤独です。そこで「何かお手伝いできることはありませんか?」と投げかければ、ぐっと心の距離が近づく。


ジョン・キム(経営者)

バーガーキングは現在、98店あります。今後5年間で200か所の出店を見込んでいます。マクドナルドが先行していますが、まず自分たちの市場での位置付けを明確にしなければならない。競合よりも「自分との戦い」が重要です。


梅原勝彦

仮に社員の中に手を抜いている人がいると気付いても、何もしないことにしている。だらけたいモードに入ってしまっているんだから、仕方がないと割り切っている。「働け」と命令するのは簡単だ。だけど、無理やり働かせても、気持ちは付いてこない。それよりも、いずれまた身を入れて働き出すんだから、その時まで放っておいた方がいい。


木暮太一

万人に役立つものがあるとすれば、これからは「人を巻き込む力」でしょう。自分ではできないことを誰かにやってもらうために、声をかけられるか。見返りに自分が提供できる価値を身につけているかどうか。


中村史朗

経営者としては5年10年先をゴールにした晴れ晴れしいビジョンを掲げたいところですが、いまはそれを控えています。社員向けの所信表明では、将来の飛躍に向けた成長の土台を築こうと呼びかけました。顧客と正面から向き合って常に必要とされる企業になることが、再生に向けた全社員共通の目標です。


豊島逸夫

相場の喧噪の中で、どこまで持論の確信を保てるか。絶好のスタートを切った日本株相場だからこそ、個人投資家の「胆力」が試される1年になると筆者は感じている。


原田純子(経営者)

サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。