名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内山理名の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内山理名のプロフィール

内山理名、うちやま・りな。日本の女優。神奈川県出身。高校在学中にスカウトされデビュー。CM、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。エランドール賞新人賞を受賞。

内山理名の名言 一覧

少しでも空き時間があれは、すぐに街に出かけるようにしています。スーパーで野菜を買ったり、ウインドウショッピングしたり、すれ違う人を見て「あの服かわいいな」「2人は親子かな」と考えてみたり。そんなに特別なことはしていませんが、こういう積み重ねが、女優としての引き出しを増やすのかなと思っています。


最近、日常生活の大切さをすごく感じるようになりました。先輩の女優さんの演技を見て、「すごいなぁ」と思うことがよくあるんですけど、その背景には、日常生活での実体験が関係しているようなんです。恋や別れ、買い物や家事……。ドラマのワンシーンを実生活で体験しているかどうかで、演技の質が大きく変わってくる。確かに実体験がないと、いくら考えても、深く理解できないんですよね。


もしお風呂には入れないとしたら、仕事にすごく影響が出ると思います。ドラマや映画の収録が始まると、時間の余裕がなくなってきます。すると気持ちにも余裕がなくなり、仕事にも影響してくるものですが、短時間でもお風呂に入れば、リセットできて、リラックスもできる。そのために、入浴環境は、かなり研究しましたよ。ライティングだけでもローソクを置いたり、浴槽に沈めるタイプのものを使ったり。完璧だと思って、「入りにおいでよ」と友達を誘っても、誰ひとり来てくれないんですけどね(笑)。そういう、瞬時に切り替えられる手段を意識的につくっておくことは、意外と大事な気がしています。


一番大切にしている時間は、迷うことなくバスタイムです。朝、出かける前、帰宅直後、寝る前と1日4回入ることも珍しくないですし、夜、友達と遊んでいても、2軒目に行く前に「ちょっと待ってて。1回帰ってお風呂に入ってから戻ってくる」なんてことをしちゃう。これを理解してくれる友達が、本当にありがたいです(笑)。どうしてこんなに好きなのか、私も不思議なんですけどね。お風呂に入ると、リラックスもできるし、集中力も高まるんです。台本を読むのも、湯船につかりながら。ぬるめのお湯に、酒風呂用の入浴剤を入れると、汗がにじみ出るけど、のぼせることがなくて、最高に集中できるんです。


内山理名の経歴・略歴

内山理名、うちやま・りな。日本の女優。神奈川県出身。高校在学中にスカウトされデビュー。CM、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。エランドール賞新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

永守重信

「若い頃にいろいろなことを経験させてから、専門性を深める」という考え方が日本には根強いようですが、私は逆がいいと思っている。まず深掘りしてから、広げていく。海外ではそれが主流です。私自身も20代は、ひたすらモーターの研究開発に没頭し、それが今の発展の礎となった。


ヨハネ・パウロ・2世

愚かさもまた、神からの恵みである。しかし、決してそれを誤用してはならない。


大野直竹

みんなに良かったと思ってもらえる形を考えていかないと、企業が成長し続ける方向にならない。


松岡修造

人間には叱咤激励されるとかえって気持ちが引けてしまうタイプもいれば、追い詰められた方が力を発揮できるタイプもいます。部下を指導するときも、一人一人の性格をあらかじめ知り、タイプによって対応を決めるべきでしょう。


泉谷直木

今年は昨年の延長線上ではダメで、基本的にはディストラクション・アンド・イノベーション、破壊と創造が問われる年になる。


山本梁介

人に対する感謝の気持ちが強い人ほど、お客様を喜ばせることに積極的で、感動を与える人でもある。


一瀬邦夫

長年経営してきましたが、やはり既存店を重視する経営が大事です。お金を使ってどんどん出店していけば、全体の売り上げは増える。けれども、それは膨張しているだけで中身が伴っていない。既存店の売り上げと利益を伸ばすことが大切なんです。このことはしょっちゅう言っていますから、社員にも浸透していると思います。


稲盛和夫

人は誰でも幸せに生きていける。心のままに人生は存在するんだよ。


石浦章一

自分が損害回避性格が強いと判明したからといってガッカリする必要はありません。損害回避性格は変化に消極的で人見知りしますが、堅実で気が長く、家庭的です。何かに挑むときは、じっくり考えて、石橋を叩いて渡る慎重さもあります。状況に合わせて短所に注意しながら長所を生かし、いいところを伸ばせばいいのです。


カルロス・ゴーン

成功は実績によってしか評価されない。


中田亨

ミスが起きたときに、「これからは気をつけましょう」と注意を促すだけの職場がありますが、これではミスを防ぐことはできません。「ミスを防ぐ手立てはなかったのか」「そもそもミスが起きるような作業をする必要があったのか」など、あらゆる角度から見直す必要があります。


ケリー・マクゴニガル

自分のキャリア、人間関係、社内のプロジェクトについてでも構いません。それを書いて、自分で読んでみるのです。自分の人生に何が起きたのか、そこからどんな意味を見いだせるのか、その中で自分の長所は何か、あるいは何を学んだのか。そのことを自分で書いて読むことによって、逆境を通して力を得ることができます。将来に対する楽観的な見方も、その中から生まれてきます。一番大切なのは、逆境の物語を自分が「レジリエンス(回復)の物語」として読むことによって、マインドセット(考え方)が変わるのです。そして、逆境が力になっていきます。