名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

内山幸樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内山幸樹のプロフィール

内山幸樹、うちやま・こうき。日本の経営者。「ホットリンク」社長。富山県出身。大学在学中に日本最初期の検索エンジンの開発に携わる。東京大学大学院工学系研究科博士課程中退し、デジット常務取締役を経てエージェント研究会(のちのホットリンク)を設立。

内山幸樹の名言 一覧

社長自らが成長するには、様々な自己研鑽が必要。より高いレベルの方々とのお付き合いも大切。


企業は、社長の器以上には成長しないと言われます。社長自らの成長は、企業が成長する上でも重要な課題。


日本の成長には起業家の活躍が不可欠。起業家がヒーローとして尊敬され、それを目指す若者が増える環境を作るためにも、私自身、学び、率先して活動していきたい。


会社が世界を目指すには、私自身が世界各国の社長達と対等にやり合える器を持った人物にならなくてはならないと感じた。


内山幸樹の経歴・略歴

内山幸樹、うちやま・こうき。日本の経営者。「ホットリンク」社長。富山県出身。大学在学中に日本最初期の検索エンジンの開発に携わる。東京大学大学院工学系研究科博士課程中退し、デジット常務取締役を経てエージェント研究会(のちのホットリンク)を設立。

他の記事も読んでみる

松下正寿

一生懸命働いたあとに損失感はない。頭は明晰に、体は軽く、心は確信に満ち、そのうえ周囲がみな愛すべきものになる。対して、怠けたあとの損失は実に莫大だ。頭は重く、体はだるく、自信がなくなり、そのうえ周囲がみな憎らしくなる。


ビル・トッテン

顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


八幡滋行

10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。


田原総一朗

先日、ある番組で本田宗一郎のことをやりました。その前はソニーの盛田昭夫。僕は二人ともよく知っているんだけれど、彼らにはコントロールなんていう言葉はない。二人が意識していたのは、現場がいかにやる気を出すか。つまりボトムアップです。


河合雅司

これほど急激に人口が減っていく国は、世界史上類を見ないと言われています。ですが、厳しければ厳しいほどファイティングスピリットが湧き上がってくるのが日本人です。日本人の底力を見せれば、ダイナミックな社会の作り替えも実現できるはず。人口減少時代に即した成功事例が生まれ、未来に希望を持てる社会が形成されれば、それは一番の少子化対策にもなります。日本人のポテンシャルの高さを思えば、今思いつかないような方策もきっと出てくるでしょう。


北川登士彦

この人の話を聞きたいと思ったら、すぐに連絡を取って会いにいくようにしています。


佐藤浩市

「そんなものつくったって誰も観ないよ、浩市さん」って言われるような作品でも、自分たちがどうしてもやりたいと思って、観たいと思う人が一人でもいてくれたら、つくる意味はある。


安藤忠雄

最近、都市環境にしても個々の商品にしてもそうですが、納得しないでモノができてしまったと思うんです。それをこの10年間くらいは消費者に押し付けていった。それが宣伝効果であったり、いわゆるバブル構造にうまく食い込んだりしながら、発展したと思うんです。今(の不況)はその結果だと思うのです。一歩下がってお互いに納得して前進していればこういうことはなかったでしょう。


堀江貴文

お金というものはお金が好きな人のところに集まってくるとよく言われます。これは当然のことです。お金なんていらないと思っている人が金持ちになれるはずがありません。しかしもっと問題なのはある程度リッチになってしまった人の場合です。リッチになると人間は小さくまとまってしまう傾向があるのです。月収のレベルで100万円や200万円を越えると自分のやりたいことは大抵実現できるようになってきます。しかし、ここで満足してはゼッタイにいけないのです。


酒井秀樹

社内の知識はすぐに陳腐化します。知識が時代遅れになるのを防ぐには、常にクリエイティブなアイデアを取り入れていく必要があります。それこそが私の役割だと自任してきました。


石井淳蔵

イノベーションというとつい技術的革新をイメージしてしまうが、何か新しいものが、すなわちイノベーションであるわけではない。顧客との新しい関係づくり、コマーシャル・イノベーションもまた、ビジネスの世界では大事なイノベーションだ。新製品・新技術も、顧客との関係を新たに創造しないと事業として成功する可能性は小さい。


木本建治

伝統だけで勝てるんだったら苦労はいりません。わたしはいつも学生にいかに創造するかを強調しています。伝統の継承だけでは勝てない。日々創造していく姿勢が大切です。