内山幸樹の名言

内山幸樹のプロフィール

内山幸樹、うちやま・こうき。日本の経営者。「ホットリンク」社長。富山県出身。大学在学中に日本最初期の検索エンジンの開発に携わる。東京大学大学院工学系研究科博士課程中退し、デジット常務取締役を経てエージェント研究会(のちのホットリンク)を設立。

内山幸樹の名言 一覧

社長自らが成長するには、様々な自己研鑽が必要。より高いレベルの方々とのお付き合いも大切。


企業は、社長の器以上には成長しないと言われます。社長自らの成長は、企業が成長する上でも重要な課題。


日本の成長には起業家の活躍が不可欠。起業家がヒーローとして尊敬され、それを目指す若者が増える環境を作るためにも、私自身、学び、率先して活動していきたい。


会社が世界を目指すには、私自身が世界各国の社長達と対等にやり合える器を持った人物にならなくてはならないと感じた。


内山幸樹の経歴・略歴

内山幸樹、うちやま・こうき。日本の経営者。「ホットリンク」社長。富山県出身。大学在学中に日本最初期の検索エンジンの開発に携わる。東京大学大学院工学系研究科博士課程中退し、デジット常務取締役を経てエージェント研究会(のちのホットリンク)を設立。

他の記事も読んでみる

大西洋

商品数が減れば、売上が落ちてもおかしくありません。ところが新宿本店の改装で陳列商品点数が12%減りましたが、10%以上も販売額が伸びました。環境空間と売上の関係を定量的に分析するのは簡単ではありませんが、以前にも増してお客様がリラックスし、ワクワクしながら買い物を楽しめるようになったことがひとつの要因だと思っています。


今野由梨

最近の若いベンチャー経営者にも言いたい。お金や名誉を目的にした起業が悪いとは思いません。ただ、自分に課せられた社会的な役割を意識してほしいって。


後藤孝洋

人も社会も豊かになる環境を作っていくことが、会社の本来の姿じゃないかと思います。


午堂登紀雄

仕事をする前に、先送りにならない仕組みを作っておくと、おのずと前倒しになる。


伊達政宗

気ながく心穏やかにして、よろずに倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。


奥田務

私を指名した下村前社長は当時、こう背中を押してくれました。「『先義後利』という社是と大丸ののれんさえ守ってくれたら、後は思い切って何でもやってくれ」。この言葉のおかげで、大胆に改革を進められました。


織田大蔵

会社に事件が発生し、非常事態になったとする。このときぐらい人を見分ける絶好のチャンスはない。人というものは、平穏無事のときには、なかなかその尻尾を出さない。ところが、いったん火災とか、取引先の倒産、大きな交通事故、会社の乗っ取り、国税局の査察など、いろいろな大事件や非常事態が発生すると、どうしてもその人間の地金が出る。付け焼刃はすぐはがれてしまう。


小宮一慶

銀行時代にイヤな上司に出会ったのですが、イヤであっても、言っていることは正しいかもしれない。それが判断できないので、『論語』や仏教など、普遍的に正しいものへの興味を持つようになった。


五木寛之

成長が一段落ついて、その中で付加価値を生み出して行こうというのが成熟の時代。付加価値とは何かといえば、文化的価値ということ。


鉢嶺登

サラリーマンを続けることに比べて起業は、得られる経験・ノウハウ・人脈が圧倒的にプラスになる。


小山昇

私はよく社員と飲みに行っています。私の隣に座るのは、管理職のときもあれば、新入社員やパートさんのときもあります。「最近の若い人は、歳の離れた上司と飲みに行くのを嫌がる」と言う人がいますが、あれはまったくのウソ。上司と飲むのがイヤなのではなく、酒の席で上司の説教を一方的に聞かされるのがイヤなのです。


岩瀬大輔

問題のありかを見極めるには、問題を分解し、掘り下げていく必要があります。いま起こっている問題の裏には、それを引き起こしている別の問題が潜んでいるはずです。それをひたすらたどっていけば、根本的な問題がどこにあるのかを必ず見出すことができます。


永守重信

小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。


佐藤誠治(経営者)

当行が目指す姿は、お客様にとって身近で信頼できる相談相手になるということです。そのために従業員が3人くらいで20坪ほどの小型店舗をこれから増やしていきます。


南壮一郎

初めは緊張して失敗したっていい。失敗した経験があるからこそ、その経験を糧に成功できるのではないでしょうか。


ページの先頭へ