名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内山俊弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内山俊弘のプロフィール

内山俊弘、うちやま・としひろ。日本の経営者。「日本精工(NSK)」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本精工に入社。米州副総支配人、経営企画本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

内山俊弘の名言 一覧

目先のことだけ考えていたら、後でしっぺ返しを受ける。


過大な期待はせず、現実を踏まえた上で、必要性を突き詰める。アライアンスに限りませんが、中途半端なことはやりたくないですね。


甘い考えは持ってはいけない。


アライアンスは双方の冷徹な戦略に基づいた、限られた期間の暫定的な事業の形でしかありません。最終的に自分で引き取るのか、相手に渡してしまうのか。アライアンスがうまくいった時だけでなく、失敗した時も想定しなければいけません。


私は非常に短い間に会社をつくって、墓場まで見送った経験があるんですよ。米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の部品メーカー、デルファイとのブラジルでの合弁事業です。1999年にNSKの工場の一部を貸して生産を始めたんですが、その前の契約交渉から2002年の合弁解消まで携わりました。この間に、多くのことを学びました。


内山俊弘の経歴・略歴

内山俊弘、うちやま・としひろ。日本の経営者。「日本精工(NSK)」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本精工に入社。米州副総支配人、経営企画本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

私自身、大学を卒業して入った碍子メーカーはずっと赤字続きで、給料の遅配も当たり前という状況でした。そんな会社ですから、会社の中には不満が常に充満していました。最初の頃こそ同じく不満を持っていた私ですが、このままではダメだと思い、「少なくとも自分のいる研究部門だけは必死で頑張ろう」と考えを改めた。そして、「不平不満はあるかもしれないが、それを横に置いて、今、目の前にある研究に全身全霊を傾けよう」と呼びかけ、仲間とともに必死に、一生懸命に研究に打ち込みました。その結果、徐々に研究の成果が上がるようになり、社内での評価も高まり、仕事も楽しくなってくるという好循環が生まれたのです。そして、このとき身につけた技術が、京セラの創業にもつながっていきました。


小笹芳央

私が知っている有能な経営者やリーダーのほとんどが若い頃から「上にいきたい」「偉くなりたい」という「野心」を胸に抱き、さまざまな局面で勝負をし、自己精進に励んできた人ばかり。その姿はアスリートとよく似ています。プロのスポーツ選手が常に「勝ち」にこだわって勝負に挑んでいるのと同じように、高みを目指しているビジネスパーソンは勝負師のスタンスを持っています。それが「偉くなりたい」という気持ちの表れだとも言えます。


トム・ケリー(IDEO)

何か新しいことをしようとすると、不確実性を突き詰めるために否定や批判から入ることが当たり前のような風潮が、日本にはあるように感じます。しかし、それではアイデアの芽は育っていかず、自由闊達な議論が起こりにくい。否定から入るのではなく、むしろ私たちは共感からはじめることを大前提に掲げています。


森下篤史

オレの人生も、トライの連続ですよ。36歳で独立してから、いろんな事業をやって、ことごとく失敗した経験もある。それでもトライはやめなかった。


岡崎嘉平太

私たち一緒に仕事をしていた若い人26人で本を読むことにしました。26人全部が1年頑張れば、26年間勉強したのに匹敵する。そうすれば深井さん(深井英五 日銀総裁、世界金融の専門家)に追いつくこともできる。こういうことで共同で一生懸命頑張りました。
【覚書き|日銀で外国為替管理の部署にいた当時を振り返っての発言】


長島一由

「何が何でもやり遂げなければならない」という状況に追い込まれると、集中力を発揮するタイプですから。そういう意味で、「自ら自分を厳しい状況に追い込む」という姿勢も大切にしています。


大宮久

経験というものは次世代に伝える必要がありますが、どの時代にも共通する普遍的なものであることが重要。


張瑞敏

かつて世界を席巻した多くの日本企業の成功の本質は、その品質管理の水準にあると感じました。「壊れない」という信頼にこそ、日本企業の利益の源泉があったのです。だからこそ私は、自分の工場から粗悪品を徹底して排除しました。白物家電で世界トップという当社の現況は、それらを土台に築き上げられています。


岡野雅行(岡野工業)

技術力だけじゃ駄目なんだ。情報収集力がないと、仕事の選び方も間違えちまうし、細かい話、値段の付け方だって失敗しちゃう。それじゃ仕事がうまく回るはずがない。適正な値段をつけて、きっちり稼ぎ、利益を的確に先行投資していく。ホントに大事なのはそこだ。


平野香奈絵

あの頃(リクルート時代)は仕事が忙しいので、不規則な生活が続き、にきびも出るし、肌荒れがすごくて悩んでいたんです。そこで美容クリニックを紹介してもらい、治療したら、見違えるほどツルツルのお肌になりました。肌の悩みは大学生くらいからずっとあったので、本当にすごいなと思いました。人生が変わったといっても過言ではないほどの衝撃でした。そこで思ったのが、同じような悩みを抱える女性は多いですから、美しくなりたいと願う多くの女性に私の経験を伝えることはできないかと。そう考えて、将来は美容業界でも、特に「美容医療」の世界に特化して携わろうと決意しました。


橘玲

別の角度から見て、日本人がお金持ちになれないのは「サラリーマンでいることが好き」だからです。サラリーマンの税金はご存じのように「ガラス張り」で、税金・社会保険料は給料から天引きされます。それぞれの会社が税務署の代理店となって徴収する。そういう仕組みなのです。これに対し、自営業者や個人事業主は所得を自己申告するうえ、年金や健康保険を支払う払わないは本人の自由。年金は現行制度では払った方が得ですが、健康保険は、所得を低く抑えられれば合法的に保険料を節約できます。


出口治明

何かをやり遂げたい強い思いを持ち続ける人は、迷っても失敗しても、何度でも立ち上がる強さがある。周りも手を差し伸べたくなり、思わぬ応援を得られたりもする。