名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

兼重宏行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兼重宏行のプロフィール

兼重宏行、かねしげ・ひろゆき。日本の経営者。日本の経営者。「ビッグモーター」社長。

兼重宏行の名言 一覧

お金をかけて投資して、具体的なアクションを起こさないと変化は訪れない。


環境整備はまさに経営の根幹だと私は考えます。売上や利益を伸ばして、社員を成長させる。そのために組織を束ねる方法はこれしかないと思います。だから、いまも環境整備を続けています。


兼重宏行の経歴・略歴

兼重宏行、かねしげ・ひろゆき。日本の経営者。日本の経営者。「ビッグモーター」社長。

他の記事も読んでみる

水野美紀

「大手の事務所をやめるなんて、もったいない」「劇団運営なんて無理だろ」そんな声も聞こえてきましたが、結果を出して解決するしかない、と気にしませんでした。私、覚悟を決めると強いんです。男前なので(笑)。


近藤史恵

トリックの在庫はゼロです。いつも自転車操業です。


清家篤

慶應義塾塾長時代、厳しい局面がいくつもありましたが、いずれも対処の際に念頭に置いていたのが福沢諭吉が『文明論之概略』で唱えた「公智」です。『文明論之概略』で福沢は、あらゆる事柄を相対的にとらえるべきだと強調しています。そして徳と智をさらに「私徳(心の内側の徳)」「私智(物事を理解する力)」「公徳(対社会的な徳)」「公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)」の4つに分け、そのうち最も大切なのは公智であると説いています。相対的により大切なものは何か。あちらを相対的により大切なものは何か。あちらを立てればこちらが立たずというトレードオフの関係にあるもののうちどちらを優先するのか。若いころから何度も読んできたこの本の中で、公智を働かせ、より大切なものを選び取っていくことの重要性を説いたこの部分こそ、福沢の真骨頂だと思っていました。


若林正恭

キューバの記憶は、ものすごく強く残ったんですよね。別に僕は普段記憶力があるほうでもないんですよ。ここ1週間のうちにあったことは、全部忘れてますから。交通事故を見てしまったらいつまでも忘れられないのと同じで、脳への刺激が強いものは忘れられなくなるのかもしれない。キューバにいたのは、正味3日なんですけど、その3日で何年分かのことを感じたような気がします。子供の時って1日が長いじゃないですか。その感覚もちょっとありました。脳への刺激が強いと、1日が長く感じることにもなるのかもしれない。


ピーター・ドラッカー

自社のもっている、また引き継いできたコア・コンピタンス(中核的競争能力)、独自の専門性を尊重し、それを十二分に活かしていくように人の知恵を結集すべきだ。


林野宏

「勝ちたい」「成功させたい」気持ちがビジネスパーソンに必要なことは、一般論として理解してもらえると思います。しかし、私が言いたいのは、「絶対に勝てる!」という激しすぎるぐらいの闘争心です。それを持つ人は「最後はうまくいく」と思っていますから、どんな困難にぶつかっても諦めません。100%の力を発揮して、難局の苦しさを、エネルギーに変えられます。


福良伴昭

今の経営環境をチャンスととらえ、ワクワクしています。新たな製品やサービスを軌道に乗せるのは簡単なことではありませんが、継続して伸ばしていけるような事業を育てたい。


伊集院静

ある程度、もののできている人は、口には出さないけどみんな苦しい環境を越えてきている。それどころか、自ら苦しいことを選んでいたりする。


片桐孝憲

新しいものを生み出せる人は数も少ないし、僕の中では「天然記念物」みたいな存在ですね。一方で、そういう起業家は繊細で、取り込んでもすぐに辞めてしまう人も少なくない。あとは僕より年下なのにむちゃくちゃ生意気で、ムカつく性格の持ち主とかね。でも、センスはものすごく良くて、若いうちからイケている人は一瞬で分かる。そういう人材をどれだけ見つけて、その才能に懸けられるかが重要。


白石達

「技術の開発力と適用力」「営業の企画提案力」「現場における生産性向上力」の3つの力が必要だと私は考えています。


石川康晴

「経済成長と社会貢献」の両立が、これからの企業、またリーダーにとって大事な概念ではないかと思います。CSR(企業の社会貢献)は、世間体やIR(投資家への広報)的なイメージを意識して行う会社が多いのですが、現場の求めるもの、そしてリーダーが感じたものを行うべきではないかと思います。


山崎将志

時代に合わせて、お客様が求める商品やサービスを生み出していかなければ、組織は存続できません。