兼重宏行の名言

兼重宏行のプロフィール

兼重宏行、かねしげ・ひろゆき。日本の経営者。日本の経営者。「ビッグモーター」社長。

兼重宏行の名言 一覧

お金をかけて投資して、具体的なアクションを起こさないと変化は訪れない。


環境整備はまさに経営の根幹だと私は考えます。売上や利益を伸ばして、社員を成長させる。そのために組織を束ねる方法はこれしかないと思います。だから、いまも環境整備を続けています。


兼重宏行の経歴・略歴

兼重宏行、かねしげ・ひろゆき。日本の経営者。日本の経営者。「ビッグモーター」社長。

他の記事も読んでみる

仲暁子

意外に思われるかもしれませんが、私は本をデジタルではなく、完全に「紙で読む派」です。全体のボリュームや構造を物理的に感じられる「紙の本」の方が、著者の思考をより立体的につかみ取れるように感じるからです。週に1度は書店に行き、好奇心をかき立てられるタイトルを見つけたら買って帰って、週末にゆっくりと読みます。腰を据えて集中して読みたいから、「今週の土曜は読書に充てる」といった具合にあらかじめ時間を確保したうえで臨みます。


ジャン=ジャック・ルソー

過ちを犯すことは恥ずべきことではない。むしろその過ちがわかった後も、その過ちを改めようとしないで、繰り返すのは恥ずかしいことだ。


和田秀樹

「努力してもできない人」は、チャレンジ精神があって努力を厭わないのですから、自分に合うやり方さえ見つかれば、大きく化けるのも夢ではありません。


吉松徹郎

忙しくて休めないときよりも、仕事が進んでいないときにむしろストレスを感じるので、休日も1時間でも仕事をした方が精神的に落ち着きます。


佐藤可士和

セブン‐イレブンの場合は、セブンプレミアムの売れ行きが鈍化している状況でした。約1700アイテムを見ると、ロゴやパッケージがバラバラな状態でした。だから「セブンプレミアム」をブランディングのプロジェクトの最大のメディアととらえて全面リニューアルするのが非常にパワフルで効果的だと提案しました.


白洲次郎

熱意だよ。日本でも明治維新の時の政治家とか実業家は、熱意があったからあれだけの仕事が出来たんだね。


庄田隆

社風のほとんどはみなさんがつくっています。新しい第一三共の社風をつくりましょう。優れたDNAは持ち込んでほしいですが、良くないDNAがあれば捨ててください。
【覚書き|三共と第一製薬の経営統合時、社員に語った言葉】


中鉢良治

大学院を卒業するとき、アカデミズムの世界に残るべきか、ビジネスの世界に進むべきかを悩んだ末、ソニーに入社する道を選択しました。入ってみると、大学で指導を受けた教授に勝るとも劣らない、その分野のスター技術者たちが社内にゴロゴロいました。当時のソニーの社員たちは、とにかくみんなとんがっていて、めちゃくちゃにプライドが高かったものです。並みの会社では許せない。商品開発をするにしても世界ナンバーワン、オンリーワンでなければ挑戦する価値がないという企業風土がありました。そうした思いに支えられた技術者の個性が、それぞれにつながっていたのです。


中村維夫

あんまり深い意味を考えずにやり始めたので、そのように言われると、つらいなぁというのが本音です。社内でも賛否両論でした。物議を醸すこと自体、あまり得ではなかったと思います。もう少し考えなきゃいけませんね。
【覚書き|「そろそろ反撃してもいいですか?」というテレビコマーシャルが不評だったことについて聞かれたときのコメント】


魔裟斗

「勝ち続けるしかない」という状況は続きました。僕自身、K-1を背負っているつもりでしたから。ただ、辛かったですね。毎日のように「いつやめようか」って。それでも、「死合」で勝ったときの達成感というのは、何物にも替え難いというか……。また、何度でも味わいたくなるんですよ。強いて言うなら、登山家と同じ気持ちかな。エベレストに登っていると、途中で死を覚悟することもあるでしょう。その時は苦しくて、「もう二度と登らない」と思っても、チャンスがあるとまた登る。なぜか? 苦しみが大きければ大きいほど、達成感は格別だからです。


北川邦弘

企業に属している場合、目の前の仕事に全力を尽くせばいいでしょう。会社の将来は、経営陣が考えてくれるからです。でも起業家なら、数手先を読み、自力で戦略を立てる必要があります。ですから、会社員として優秀だった人が独立に失敗することもありますし、逆に、ズボラと評価されていた人が、起業家として大成功するケースもあります。


サム・ゴールドウィン

八方ふさがりのなかでも、やれることは必ずある。


田坂広志

一流になれば格好の良い仕事ができ、毎日楽しく働ける。若い人はそう考えがちですが、それはまったくの誤解です。どのような一流のプロフェッショナルも、仕事の9割は地味で単調な作業の連続です。「神は細部に宿る」といいますが、その神をつかまえるには、目に見えない単調な作業の積み重ねが必要です。それがあって初めて、目に見える成果が生まれます。


和地孝

社員の働く喜びややりがいは、究極的には使命感のもと、皆が力を合わせて働くなかから生まれるのではないでしょうか。


池田千恵

朝、手帳を使って1日の準備をすれば、始業後、パフォーマンスが最大限に発揮される。


ページの先頭へ