名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

兼本尚昌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兼本尚昌のプロフィール

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

兼本尚昌の名言 一覧

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。


できるビジネスパーソンは、小さな約束を徹底して守りますし、対応も早い。この積み重ねです。一方、たとえば言い訳つきで、打ち合わせ日時を直前に変更する人、一度決めた会食日時を自分の都合で変えたがる人に、仕事ができるタイプはいません。


猛烈に働いて業績を上げる。このことに尽きるのではないかと思います。


極限状況にあるときほど差がつきやすい。


差がつきやすいのは、どんな状況においてもクイックレスポンスができるかどうか。


「仕事に厳しく、部下とのコミュニケーションが苦手」と自覚するリーダーは、自分と逆のタイプの部下を補助役に使うのが一つの方法です。


もし提出した企画に自信があるなら、転職をする、もしくは起業するという選択肢も検討すべきです。


部下がもし「厳しすぎてついていけません」といっているのだとしても、真の問題は仕事上の要求が厳しすぎることではありません。部下とのコミュニケーションが不足していることが問題なのです。たとえ部下の限界がわからずに負荷をかけすぎていたのだとしても、それによって部下の不満が高まっていることに気づくことができれば、限界に達する前に対処することができるのです。


リーダーになる人は、仕事の能力が高く、ストレス耐性も強いのが普通です。そういうタイプの人は、基本的に他人の能力を推し量るのが苦手です。自分を基準に「これぐらいはできて当然」「自分と同じぐらいまでは耐えられるはず」と思い込んでしまうのです。しかし自分にとっては普通でも、他人にとっては苦痛にすぎないことはままあります。だから、何かのときに部下が反乱を起こすということも不思議ではありません。


最近は会社をつくることが容易になっています。最低資本金制度がなくなり、事務所を構えるコストも当時と比べて下がっています。いまは一流企業を辞めて起業するという人も珍しくありません。大企業にしがみつかなくても、自分のアイデアを形にすることはできるのです。


ある外資系企業の社長に聞くと「できるやつは台風の朝も絶対に来ている」といっていました。電車が動かないので遅刻しますと報告してくる社員と、その電話を社内で受けて「わかった、あとは俺がやっておくから」と対応する社員。上司の身になれば、どちらを先に昇進させるかは簡単にわかると思います。


大企業の社長だった人の話です。その人はオーナー会長に諮(はか)らずに投資を決めたとして、突然解任されてしまいました。その後、私とキャリア面談を重ねるなかで、「やはり元の会社に戻りたいので、直筆の手紙を書いています」といわれました。少し経ったころ、その人は本当に元の会社のグループ企業に復帰しました。オーナー会長に直筆の詫び状を届けたことで、誤解が解けたのだと思います。同様の話は、ほかでも聞いたことがあります。


日本人はつい「きちんと仕事をしていれば、必ず誤解は解ける」という甘い見通しを持ってしまいがち。しかし実際には、本人が釈明しないかぎり誤解は解けません。


組織人には誰でも上司がいます。社長にしても、オーナーやファンドなどの株主が上司にあたります。社長を長期間つとめている人は、株主への丁寧な報連相を心がけています。逆に報連相を疎かにすると、結果を出す前に解任されるおそれがあります。


若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といったニンジンをぶら下げます。なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。


たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防衛大学校や自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられます。上意下達が必要な組織や、軍隊のような規律で動く組織は、すべて自責(自己責任)型。集合場所に遅れたら、戦場なら死ぬ可能性も高いのです。


時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。この場合は「何が駄目だったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、「駄目な理由=犯人探し」でなく、「うまくいった=将来の芽を探させる」。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。


兼本尚昌の経歴・略歴

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

他の記事も読んでみる

田中和彦

会社の先行きに不安を感じたら、できることはふたつしかありません。ひとつは、会社の業績不振や不景気といった不安の原因をなくすために、自力で頑張ること。そしてもうひとつは、たとえいまの会社を離れたとしても、どこでも通用する人材になることです。


田中稔哉

仕事の指示をするときには、「なぜこのような方法をとる必要があるのか」を丁寧に説明することも重要です。「黙って俺の言うとおりにやればいい」とろくに説明しない人がいますが、それでは指示待ち人間が生まれるだけ。「自分の頭で考えられない」のは、教える側の問題です。


藤修

当社では若い人にどんどん任せる風土があります。抜擢人事をして、責任者・リーダーに指名する。失敗したら、またチャレンジすればいい。志ある若い世代が育つために、彼らの活躍を阻害する環境はいけない。彼らが一番伸びる環境を用意することが私の仕事だと思っています。


小松易

「ミスが起きないデスク」の理想の姿は、飛行機のコックピットのような状態。コックピットには数百もの計器や機器がありますが、ムダなものは一切なく、何がどこにあるかも明確。そのためパイロットは緊急を要する場面でも、必要なときに必要な機器を操作し、ミスなく適切な行動をとることができます。一方、デスク周りがコックピット化できていないと、いつも探し物をすることに。自分個人の書類やモノを失くすのならまだいいですが、クライアントから預かった大切な書類やモノを紛失すれば、会社の信用問題にまで発展しかねません。


田中角栄

政治家、リーダーというものは、最後は51%は公に奉ずるべき、私情は49%に止めておくべきだ。公六分で決断した場合、仮に失敗しても逆風をかわすことができる。私情優先では、同情の生まれる余地はない。


金﨑貴弘(金崎貴弘)

たまに店舗スタッフから「それはやめたほうが……」なんて言われることもありますが、思ったときにやらないことには、何も始まりません。


伊東孝紳

一気にシェアを上げようとするのではなく、一つひとつの商品力を高めて、収益性を高めるかということを地道にやるしかない。


沢村一樹

「いつやるかな」と考え始めたら、必ず「あとで」って言葉が浮かんできちゃう。今日から始めましょう。


小笹芳央

夢の役割は、「今」に意味を持たせること。将来が続いていくという前提の下でしか、今、この瞬間は意味を持たないのですから。倒産が決まった会社の社員が、つぶれると知った途端にモチベーションが下がるのと同じです。「3か月後に退職します」と宣言した社員が、1か月以内に周りから「用なし」とされてしまうのも、似たようなものですね。


吉田松陰

事をなすは誠にあり。


小宮一慶

人はそれぞれみんな違います。だから「違う」と断られるのが当たり前。一回で理解されないのは当然と思っておいたほうがいい。一度の失敗で気持ちが沈んで何もしないのはもったいない。


三浦善司

手帳は、日々のわずかな違いを見逃さないライフログとしても、重要な役割を担っています。為替などのビジネスに関する数字を毎日書いておけば、「わずかな変化を見逃さない目」を養えます。