名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

兼本尚昌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兼本尚昌のプロフィール

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

兼本尚昌の名言 一覧

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。


できるビジネスパーソンは、小さな約束を徹底して守りますし、対応も早い。この積み重ねです。一方、たとえば言い訳つきで、打ち合わせ日時を直前に変更する人、一度決めた会食日時を自分の都合で変えたがる人に、仕事ができるタイプはいません。


猛烈に働いて業績を上げる。このことに尽きるのではないかと思います。


極限状況にあるときほど差がつきやすい。


差がつきやすいのは、どんな状況においてもクイックレスポンスができるかどうか。


「仕事に厳しく、部下とのコミュニケーションが苦手」と自覚するリーダーは、自分と逆のタイプの部下を補助役に使うのが一つの方法です。


もし提出した企画に自信があるなら、転職をする、もしくは起業するという選択肢も検討すべきです。


部下がもし「厳しすぎてついていけません」といっているのだとしても、真の問題は仕事上の要求が厳しすぎることではありません。部下とのコミュニケーションが不足していることが問題なのです。たとえ部下の限界がわからずに負荷をかけすぎていたのだとしても、それによって部下の不満が高まっていることに気づくことができれば、限界に達する前に対処することができるのです。


リーダーになる人は、仕事の能力が高く、ストレス耐性も強いのが普通です。そういうタイプの人は、基本的に他人の能力を推し量るのが苦手です。自分を基準に「これぐらいはできて当然」「自分と同じぐらいまでは耐えられるはず」と思い込んでしまうのです。しかし自分にとっては普通でも、他人にとっては苦痛にすぎないことはままあります。だから、何かのときに部下が反乱を起こすということも不思議ではありません。


最近は会社をつくることが容易になっています。最低資本金制度がなくなり、事務所を構えるコストも当時と比べて下がっています。いまは一流企業を辞めて起業するという人も珍しくありません。大企業にしがみつかなくても、自分のアイデアを形にすることはできるのです。


ある外資系企業の社長に聞くと「できるやつは台風の朝も絶対に来ている」といっていました。電車が動かないので遅刻しますと報告してくる社員と、その電話を社内で受けて「わかった、あとは俺がやっておくから」と対応する社員。上司の身になれば、どちらを先に昇進させるかは簡単にわかると思います。


大企業の社長だった人の話です。その人はオーナー会長に諮(はか)らずに投資を決めたとして、突然解任されてしまいました。その後、私とキャリア面談を重ねるなかで、「やはり元の会社に戻りたいので、直筆の手紙を書いています」といわれました。少し経ったころ、その人は本当に元の会社のグループ企業に復帰しました。オーナー会長に直筆の詫び状を届けたことで、誤解が解けたのだと思います。同様の話は、ほかでも聞いたことがあります。


日本人はつい「きちんと仕事をしていれば、必ず誤解は解ける」という甘い見通しを持ってしまいがち。しかし実際には、本人が釈明しないかぎり誤解は解けません。


組織人には誰でも上司がいます。社長にしても、オーナーやファンドなどの株主が上司にあたります。社長を長期間つとめている人は、株主への丁寧な報連相を心がけています。逆に報連相を疎かにすると、結果を出す前に解任されるおそれがあります。


若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といったニンジンをぶら下げます。なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。


たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防衛大学校や自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられます。上意下達が必要な組織や、軍隊のような規律で動く組織は、すべて自責(自己責任)型。集合場所に遅れたら、戦場なら死ぬ可能性も高いのです。


時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。この場合は「何が駄目だったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、「駄目な理由=犯人探し」でなく、「うまくいった=将来の芽を探させる」。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。


兼本尚昌の経歴・略歴

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

他の記事も読んでみる

千原せいじ

高校の頃は親に迷惑ばかりかける悪ガキでしたけど、不思議と芸人で成功するイメージだけはありましたね。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

仕事が速い人というのは、常にゴールイメージが明確。バイヤーにとってゴールといえば、顧客のニーズに他ならない。お客さんが喜ぶものは何か。そのイメージが鮮明に描けていれば、不要なものに惑わされることなく、ゴールまで最短距離で突き進める。


保木将夫

商売がうまくいかない原因とは何か。その根本の原理を突き詰めたいと思うようになりました。理由は三つ。「経営者の公私混同」「主力製品が陳腐化している」「経営に計画性がない」。この反省理論を踏まえて、私は「経営の安全」を実現する事業家になると決めたのです。


吉野聡(産業医)

ストレスに強い人と弱い人の違いは、「出来事」に対する当人の「受け取り方や捉え方」。「これはチャンスだ」「失敗したが、次につながる課題が見つかった」など、合理的(前向き)に捉える人はストレスに強い。


猪子寿之

昔と違って、いままでの概念で言う管理なんて必要ないです。20世紀まではメールもインターネットも、携帯もない時代だったから、情報をやり取りするのも大変でした。1人が情報をやり取りできる人数は限られているから、全体の人数が増えると、あいだに誰か管理者を入れざるをえなかった。そうしてピラミッド型の組織ができたわけです。でも、いまはメールで情報をみんなに一瞬で伝えたり、逆にみんなの情報を一瞬で集めることができるようになった。そうすると、管理職なんていらないかもしれないですね。


石坂茂

ウチの社員、追い込みの馬力があるんですよ。「今月は予算を達成できないかな」と思っていても、月末に一気に数字を上げてきたりする。「どうすれば目標を達成できるか」を常に考えているから、いざという時に頑張りが利くんだと思います。


安田善次郎

苦しい仕事のうちにも愉快があることを発見するまでには、幾多の修養を積まねばならない。


宮嶌裕二

上場によって得られたチャンスは大きく、会社を次のステージに進める原動力になった。


本間義広

強みは鮮度の高さです。当社のスープは甘味を追求していて、これは原料の鮮度が非常に重要です。例えば、地方の養鶏場から朝締めの鶏を関東圏の店舗へ届ける場合、輸送時間の関係で到着は早くても夕方になってしまい、その時点で鮮度が落ちてしまいます。そこで、当社は鹿児島県に製造工場を建て、屠場の隣接地に設置した常圧釜で、朝締めの無農薬鶏を炊き上げることで、完全無添加のストレートスープを製造することに成功しました。原料を店舗に持ってくるのではなく、釜を原料に持っていくことで、原料の鮮度を高める方法をとったのです。


正垣泰彦

世の中の出来事は不連続なもので、まさかということが現実に起きる。そんな窮地に立たされたときこそ、平時ではありえない次元の思考が生み出されるんです。むしろものごとの本質なんて、そんな非常時でもなければ、簡単に向き合えるものではないですよ。


國光宏尚(国光宏尚)

無理だと思われるくらいの野心的な目標を掲げて、それに挑戦し、乗り越えていくのがベンチャー企業のやり方。


近藤宣之

どんなにいい制度も、やはり基本は一人ひとりと向き合うことから。