名言DB

9412 人 / 110637 名言

兼本尚昌の名言

twitter Facebook はてブ

兼本尚昌のプロフィール

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

兼本尚昌の名言 一覧

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。


できるビジネスパーソンは、小さな約束を徹底して守りますし、対応も早い。この積み重ねです。一方、たとえば言い訳つきで、打ち合わせ日時を直前に変更する人、一度決めた会食日時を自分の都合で変えたがる人に、仕事ができるタイプはいません。


猛烈に働いて業績を上げる。このことに尽きるのではないかと思います。


極限状況にあるときほど差がつきやすい。


差がつきやすいのは、どんな状況においてもクイックレスポンスができるかどうか。


「仕事に厳しく、部下とのコミュニケーションが苦手」と自覚するリーダーは、自分と逆のタイプの部下を補助役に使うのが一つの方法です。


もし提出した企画に自信があるなら、転職をする、もしくは起業するという選択肢も検討すべきです。


部下がもし「厳しすぎてついていけません」といっているのだとしても、真の問題は仕事上の要求が厳しすぎることではありません。部下とのコミュニケーションが不足していることが問題なのです。たとえ部下の限界がわからずに負荷をかけすぎていたのだとしても、それによって部下の不満が高まっていることに気づくことができれば、限界に達する前に対処することができるのです。


リーダーになる人は、仕事の能力が高く、ストレス耐性も強いのが普通です。そういうタイプの人は、基本的に他人の能力を推し量るのが苦手です。自分を基準に「これぐらいはできて当然」「自分と同じぐらいまでは耐えられるはず」と思い込んでしまうのです。しかし自分にとっては普通でも、他人にとっては苦痛にすぎないことはままあります。だから、何かのときに部下が反乱を起こすということも不思議ではありません。


最近は会社をつくることが容易になっています。最低資本金制度がなくなり、事務所を構えるコストも当時と比べて下がっています。いまは一流企業を辞めて起業するという人も珍しくありません。大企業にしがみつかなくても、自分のアイデアを形にすることはできるのです。


ある外資系企業の社長に聞くと「できるやつは台風の朝も絶対に来ている」といっていました。電車が動かないので遅刻しますと報告してくる社員と、その電話を社内で受けて「わかった、あとは俺がやっておくから」と対応する社員。上司の身になれば、どちらを先に昇進させるかは簡単にわかると思います。


大企業の社長だった人の話です。その人はオーナー会長に諮(はか)らずに投資を決めたとして、突然解任されてしまいました。その後、私とキャリア面談を重ねるなかで、「やはり元の会社に戻りたいので、直筆の手紙を書いています」といわれました。少し経ったころ、その人は本当に元の会社のグループ企業に復帰しました。オーナー会長に直筆の詫び状を届けたことで、誤解が解けたのだと思います。同様の話は、ほかでも聞いたことがあります。


日本人はつい「きちんと仕事をしていれば、必ず誤解は解ける」という甘い見通しを持ってしまいがち。しかし実際には、本人が釈明しないかぎり誤解は解けません。


組織人には誰でも上司がいます。社長にしても、オーナーやファンドなどの株主が上司にあたります。社長を長期間つとめている人は、株主への丁寧な報連相を心がけています。逆に報連相を疎かにすると、結果を出す前に解任されるおそれがあります。


若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といったニンジンをぶら下げます。なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。


たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防衛大学校や自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられます。上意下達が必要な組織や、軍隊のような規律で動く組織は、すべて自責(自己責任)型。集合場所に遅れたら、戦場なら死ぬ可能性も高いのです。


時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。この場合は「何が駄目だったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、「駄目な理由=犯人探し」でなく、「うまくいった=将来の芽を探させる」。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。


兼本尚昌の経歴・略歴

兼本尚昌、かねもと・なおまさ。日本のヘッドハンター。山口県出身。防衛大学校人文社会科学科(国際関係論専攻)卒業後、ダンアンドブラッドストリート(D&B)ジャパン、ガートナージャパンなどを経てストラテジックパートナーズジャパンを設立。著書に『プロヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方』『20代から考えたい「新しい働き方」』。

他の記事も読んでみる

西岡喬

私は防衛事業も長くやってきたから、よくわかります。日本が「技術的につくれない」あるいは「やらない」ということになれば、海外の会社がいままでの何倍もの値段で平気で売り込んできます。向こうの言いなりにならざるを得ません。


枡野俊明

仕事が忙しくてすれ違いになることが多くても、家族全員で食卓を囲み、最近の出来事や思っていることを話し合える場をつくりたいものです。そうやってコミュニケーションを重ねれば、会話する時間がとれない日があっても、「仕事で頑張ってるな」と相手のことを受け入れられるのです。


川村益之

部下が仕事に対して生きがいを感じるためには、自分たちの会社が何を目指しているのか、何のために存在しているのか、これら理念やビジョンを部下が共有していることが大切です。これは管理職が自分の部や課を運営するときも同じです。会社の理念やビジョンに基づいて、どんな部や課にしていきたいのか、部下に方向性を示すことが大事です。


クリス・ギレボー

誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。


野部剛

お客様が購入を渋るのには6つの原因があります。(1)無関心(2)不要・不急(3)不審(4)不満(5)誤解(6)優柔不断です。それをどうクリアするかを考えましょう。面談の中で必ず出てくるお客様の難色を想定し、答えを用意する「抵抗の排除」も大切な準備です。


松本晃(経営者)

カルビーにはもともと力がありました。売上高は踊り場で、利益も低迷していましたが、もとの力を引き出してあげれば、良くなることはわかっていました。


吉永泰之

これからの時代、丈夫で壊れないクルマを作っていれば売れるわけではありませんデザインでも機能でも、提案力が勝敗を決めるのです。自由闊達な風土の上でそれぞれの現場が創造性を発揮しなければ、会社は伸びません。


北島義俊

我々の事業を紙の印刷と狭く考えず、いろいろな分野へ関連させることが重要。そのため、事業の成長領域も「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」の4つに分けて設定しました。


大宮英明

当社はこれまで、どちらかというと古典的な輸出事業を行ってきました。それも他人の力はあまり借りずに自分たちだけで行う自前主義です。しかし、ここ5~10年ほど前から、市場の変化をとらえ、自前主義から少し転換しようという動きが起こりつつあります。社会インフラ事業の多くは、国が関わる事業です。その国の制作などに密接にかかわるので、現地の有力企業と組むのがよいでしょう。とくに販売系では現地の生産能力を活用し、我々が技術供与する形で上手く組めないかと考えています。


仲暁子

優秀な方がまわりにたくさんいて、とても刺激になりました。ただ、仕事をゼロイチ(0から1)とイチジュウに切り分けるとすると、私はゼロイチのほうが性に合っていたので、すでにある仕組みを回すことが中心の仕事に物足りなさはありました。

【覚え書き|ゴールドマン・サックス証券時代を振り返って】


小田玄紀

電力小売りへの参入で感じたのは、法改正や規制緩和で生まれる新たな市場では皆が挑戦者ということです。そこなら我々のようなベンチャーでも十分にやっていける余地があると思ったのです。それで法改正や規制緩和で生まれる新たなマーケットを探したところ、ビットコインなどの仮想通貨を円やドルなどの法定通貨に準ずる支払い手段として認め、取引所は金融庁の登録制とする資金決済法の改正案が閣議決定されました。「これは大きな可能性がある」と考えて乗り出しました。


森下裕道

相手への好感――それが気持ちのいい会話の大前提です。


ココロ社

新しいものにためらう上役は多い。そこで、プレゼンでは考えられるリスクを列挙して「これらのリスクを踏まえてこの提案をします」と言うと、信頼感があがり、企画が通りやすくなる。


山田敏夫

事業を軌道に乗せられたのは、私の思いが「沸点」を超えていたからでしょう。喜び、哀しみ、憤りといった感情から生まれる「絶対に実現したい」という思いの強さが、あるレベルを超えていた。そして、「やれるんだ」という前提で、自分に何ができるかを考えた。これが、あらゆる分野で、起業が成功するかどうかのポイントだと思うのです。


泉谷直木

社内外を問わず、ほかの分野では私より優れた能力を持つ人はたくさんいる。私は全能の神ではないので、様々な能力を持つ人から話を聞き、学び続けなくてはならない。