名言DB

9413 人 / 110706 名言

具志堅用高の名言

twitter Facebook はてブ

具志堅用高のプロフィール

具志堅用高、ぐしけん・ようこう。日本のプロボクサー、タレント。沖縄県出身。高校生時代にボクシングを開始し、インターハイ・モスキート級優勝。卒業後、上京しプロデビュー。WBA世界ライトフライ級王者を獲得。前人未踏の13回の世界王座防衛を成し遂げた。引退後、ジムを開設し後進の指導にあたった。タレントとしても活躍。

具志堅用高の名言 一覧

一夜で人生が変わっちゃうんだから、世界チャンピオンになったら。それを、どうしても若い選手に味わわせたいんだよな。その一歩から彼のボクシング人生が変わるんだ。俺の人生がそうだったんだから。


選手を育てるのは難しい。僕以上の才能、センスを持っている選手はいっぱいいるけど、プライベートの時間を削ってまでボクシングに打ち込める選手は少ない。


センスも必要だけど、技術があって、勇気があって初めていい試合ができる。


僕の座右の銘は、一生「拳」命。


才能のある子もいっぱいいるけど、ボクシングのことをどれだけ考えられるかなんだよね。


ボクシングでも、どんな仕事でも同じ。自分の持っている時間と情熱をどれだけかけられるか。


少なくとも自分の持っている7割ぐらいの時間と情熱を傾けなきゃ勝てない。頭の中をボクシングでいっぱいにしなきゃ世界は狙えない。


試合が終わった瞬間はいつも、もうこれ以上戦いたくないと思う。でも、やっぱりまたやるんだよね。防衛することでどんどん味わっていくボクシングの魅力というのがあるんですよ。


僕は現役時代、自分の部屋にいるときでも、頭の中ではいつもパンチが出ていた。ボクシングのことしか頭になかった。最後は自分を信じて、どれだけ時間と情熱が傾けられるかなんですよ。


40代の半ばから本格的に芸能活動を始めたのも、自分の人生をまだ楽しみたいと思ったから。いや大変な仕事ですよ、芸能活動は。それでも楽しい。


最初は痛いだけだった(笑)。入部して3か月後の新人戦で、いきなり勝てた。さらに2回戦、3回戦と勝ち進んでいくうち、先輩から「根性とスピード、それにボディバランスがいい」と褒められて自信がついて。同時に「もっと強くなりたい」っていう目標ができたんだよね。


ジム経営をしているとき、後援者との夜のつき合いが欠かせないんだけど、番組の収録がある前の晩は一切、表には出ないと決めてる。ボクシングの現役時代と一緒だよね。よく寝て、いいコンディションで臨まないと。二日酔いとか、お酒が残ったりしたら絶対駄目! 脳が回転しないんだもん。そんなことしてたら、今の若いタレントのテンポについていけないって。手を抜いては駄目なの、番組収録は。ボクシングと同じ真剣勝負ですから。


周りからの勧めもあって、40歳でジムを開いたわけだけどさ。ジム経営っていうのは、全然儲からない(笑)。「3、4年後には世界チャンピオンを……」と思って始めたけど、思うようにいかない。ただ「世界チャンピオンを育てあげたい」という夢があるから続けていられるんでね。チケットを売るのだって大変だし、俺なんか後援者に恵まれてる方だけど、それでも興行のために金を集めるのはほんと大変だったよ。何度、やめようと思ったことか……。


人生なんて、わかんないもんだよね。僕だって、生まれ育った石垣島の高校にすんなり入ってたら、いまごろは親父の後を継いでカツオ漁の船長になっていたはず。ところが、入試で数学の解答用紙に名前を書き忘れて、地元の高校に落ちた。それで仕方なく沖縄本島の高校に入学することになり、ボクシングに出会った。


初めて世界チャンピオンになったときは「成し遂げたな……」という感じで終わっちゃったんだけど、世界チャンピオンになってひとつずつ勝ち続けていく夢というか、目標というか、それはもう最高ですよ。刺激と恐怖感がなんともいえない。こんなスポーツは他にないなと思ったし、ボクシング生活が楽しくてしょうがなかった。


何試合も戦って、防衛もしてきたんだけど、実際にリングに上がる前は、いつも逃げることを考えていたよね。とくに世界チャンピオンに初挑戦し、ファン・ホセ・グスマンと戦ったときは、人生最大の賭けというか、正直いって怖かった。夜寝られなくなって、打ち合いの展開を頭のなかで描いては消し、描いては消ししてやっと、もう倒されてもいいから、とにかく「逃げない」と決意した。でも、試合当日に控室で出番を待っている間も、怖くて何度トイレに行ったか! どこも人の目があって、逃げる場所はトイレしかなかったんです。生まれて初めて石垣島のほうに向かって、震えながら「お袋、勝たせてくれ」って祈りましたよね。でも、リングに上がって、ゴングが「カーン」と鳴ると、一瞬にして恐怖心が闘争心に変わるのがわかった。


具志堅用高の経歴・略歴

具志堅用高、ぐしけん・ようこう。日本のプロボクサー、タレント。沖縄県出身。高校生時代にボクシングを開始し、インターハイ・モスキート級優勝。卒業後、上京しプロデビュー。WBA世界ライトフライ級王者を獲得。前人未踏の13回の世界王座防衛を成し遂げた。引退後、ジムを開設し後進の指導にあたった。タレントとしても活躍。

他の記事も読んでみる

中村天風

現在持っているものを価値高く感謝して、それを自分のものにしてゆきなさい。こういう心がけで自分の人生に生きていくと、心のなかの煩(わずら)いというものがなくなっちまいます。


石川純一(経営者)

藤原(秀次郎)さんに食らいついてきたおかげで、無理だと思うことでも決して諦めずに知恵を絞ることが商売人の真髄であることを学ぶことができた。
【覚え書き|NEC時代に「しまむら」のPOSレジを担当した当時を振り返っての発言】


武田信繁

『大公』に「ふたばのうちに絶たねば斧を用いるようになる」という言葉があるとおり、物事は初期に処置しなくては、ついにますます生い茂って後には困難するようになるものだと、樹木にたとえて戒めている。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


林高生

面接ではまずは協調的かどうか、自己中心的ではないかを見ています。思い起こすと自己中心的な人に一番多く振り回されてきました。私達の仕事は、皆で協力する仕事です。チームの調整で無駄なエネルギーを使ってしまうようでは、企業として本末転倒でしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

日本のお金持ちの多くは実は地主や大家さん。安定したお金が自動的に入る。つまり家賃収入など、いわゆるインカムゲインを得ている人。


柳井正

当社の商品の比較対象になるのは洋服だけではなく、例えば携帯電話だったりするわけで、旧態依然として、競争相手は小売業や繊維産業だという狭い範囲に捉われていてはいけない。


シャンタヌ・ナラヤン

反対者の声は、製品をより良くするための大事な声だ。


大屋晋三

私はおこがましくも、また高慢にも、自分の運命は己の意志、己の計画によって切り開いてきたと自負している。事実、私は中学に入る時代から、常に自分で考え処理してきた。私のこれまでの人生行路では、長上の人からとくに引き上げられたことがほとんどない。またとくに師事して直接指導を受けた人もいない。紆余曲折しながらも、大先輩の指導育成のもとに進んだ人と、結局は同じところまでたどり着いたと自負している。


谷好通

お客様の大きな喜びとは、すなわち満足であり、サービス業としての付加価値でもある。またお客様の満足は、私達に感謝として返ってくることも多く、私たちの「やりがい」にもつながる。


古森重隆

自分たちが生き抜き、競争を勝ち抜いていくために「あるべき姿」について徹底して考え、その事業ポートフォリオを形成していくために、いま、何が足りないか、あるいは何が加わることで新しい価値が生み出せるかについて考えることが重要。


石川康晴

当社が駅ビルに進出し始めた頃、当時は駅ビル開発が盛んではなく、「駅ナカ」という言葉もありませんでしたから、アパレル業界からは変人扱いされましたよ。安物のイメージが強い駅ビルなんかをどうして攻めるのかと2年くらい言われ続けました。その後、彼らは今度は「やっぱり駅ビルだよね」と言い出した(笑)。


森川亮

プロセスではなく、結果で評価しましょう。ダメな人は、とかく「私はこんなに頑張ったのに」とプロセスを訴えてきます。しかし、ビジネスは結果がすべてです。結果を出していない人を高く評価すると、本当に結果を出した人が上司や会社に幻滅し、その会社にいるのが嫌になります。「結果を出しても評価しないような会社は、この先きっと伸びないだろう」という未来が見えてしまい、見切りをつけ、辞めてしまう。


森辺一樹

日本では「リスク=悪」という印象をもった人が少なくない。一方で、アジアでは、「リスク=チャンス」であり、多くの企業がリスクを積極的に取ることで成長をしている。


ジョン・デューイ(哲学者)

教育の目的は、各人が自己の教育を継続できるようにすることである。