名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

具志堅用高の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

具志堅用高のプロフィール

具志堅用高、ぐしけん・ようこう。日本のプロボクサー、タレント。沖縄県出身。高校生時代にボクシングを開始し、インターハイ・モスキート級優勝。卒業後、上京しプロデビュー。WBA世界ライトフライ級王者を獲得。前人未踏の13回の世界王座防衛を成し遂げた。引退後、ジムを開設し後進の指導にあたった。タレントとしても活躍。

具志堅用高の名言 一覧

一夜で人生が変わっちゃうんだから、世界チャンピオンになったら。それを、どうしても若い選手に味わわせたいんだよな。その一歩から彼のボクシング人生が変わるんだ。俺の人生がそうだったんだから。


選手を育てるのは難しい。僕以上の才能、センスを持っている選手はいっぱいいるけど、プライベートの時間を削ってまでボクシングに打ち込める選手は少ない。


センスも必要だけど、技術があって、勇気があって初めていい試合ができる。


僕の座右の銘は、一生「拳」命。


才能のある子もいっぱいいるけど、ボクシングのことをどれだけ考えられるかなんだよね。


ボクシングでも、どんな仕事でも同じ。自分の持っている時間と情熱をどれだけかけられるか。


少なくとも自分の持っている7割ぐらいの時間と情熱を傾けなきゃ勝てない。頭の中をボクシングでいっぱいにしなきゃ世界は狙えない。


試合が終わった瞬間はいつも、もうこれ以上戦いたくないと思う。でも、やっぱりまたやるんだよね。防衛することでどんどん味わっていくボクシングの魅力というのがあるんですよ。


僕は現役時代、自分の部屋にいるときでも、頭の中ではいつもパンチが出ていた。ボクシングのことしか頭になかった。最後は自分を信じて、どれだけ時間と情熱が傾けられるかなんですよ。


40代の半ばから本格的に芸能活動を始めたのも、自分の人生をまだ楽しみたいと思ったから。いや大変な仕事ですよ、芸能活動は。それでも楽しい。


最初は痛いだけだった(笑)。入部して3か月後の新人戦で、いきなり勝てた。さらに2回戦、3回戦と勝ち進んでいくうち、先輩から「根性とスピード、それにボディバランスがいい」と褒められて自信がついて。同時に「もっと強くなりたい」っていう目標ができたんだよね。


ジム経営をしているとき、後援者との夜のつき合いが欠かせないんだけど、番組の収録がある前の晩は一切、表には出ないと決めてる。ボクシングの現役時代と一緒だよね。よく寝て、いいコンディションで臨まないと。二日酔いとか、お酒が残ったりしたら絶対駄目! 脳が回転しないんだもん。そんなことしてたら、今の若いタレントのテンポについていけないって。手を抜いては駄目なの、番組収録は。ボクシングと同じ真剣勝負ですから。


周りからの勧めもあって、40歳でジムを開いたわけだけどさ。ジム経営っていうのは、全然儲からない(笑)。「3、4年後には世界チャンピオンを……」と思って始めたけど、思うようにいかない。ただ「世界チャンピオンを育てあげたい」という夢があるから続けていられるんでね。チケットを売るのだって大変だし、俺なんか後援者に恵まれてる方だけど、それでも興行のために金を集めるのはほんと大変だったよ。何度、やめようと思ったことか……。


人生なんて、わかんないもんだよね。僕だって、生まれ育った石垣島の高校にすんなり入ってたら、いまごろは親父の後を継いでカツオ漁の船長になっていたはず。ところが、入試で数学の解答用紙に名前を書き忘れて、地元の高校に落ちた。それで仕方なく沖縄本島の高校に入学することになり、ボクシングに出会った。


初めて世界チャンピオンになったときは「成し遂げたな……」という感じで終わっちゃったんだけど、世界チャンピオンになってひとつずつ勝ち続けていく夢というか、目標というか、それはもう最高ですよ。刺激と恐怖感がなんともいえない。こんなスポーツは他にないなと思ったし、ボクシング生活が楽しくてしょうがなかった。


何試合も戦って、防衛もしてきたんだけど、実際にリングに上がる前は、いつも逃げることを考えていたよね。とくに世界チャンピオンに初挑戦し、ファン・ホセ・グスマンと戦ったときは、人生最大の賭けというか、正直いって怖かった。夜寝られなくなって、打ち合いの展開を頭のなかで描いては消し、描いては消ししてやっと、もう倒されてもいいから、とにかく「逃げない」と決意した。でも、試合当日に控室で出番を待っている間も、怖くて何度トイレに行ったか! どこも人の目があって、逃げる場所はトイレしかなかったんです。生まれて初めて石垣島のほうに向かって、震えながら「お袋、勝たせてくれ」って祈りましたよね。でも、リングに上がって、ゴングが「カーン」と鳴ると、一瞬にして恐怖心が闘争心に変わるのがわかった。


具志堅用高の経歴・略歴

具志堅用高、ぐしけん・ようこう。日本のプロボクサー、タレント。沖縄県出身。高校生時代にボクシングを開始し、インターハイ・モスキート級優勝。卒業後、上京しプロデビュー。WBA世界ライトフライ級王者を獲得。前人未踏の13回の世界王座防衛を成し遂げた。引退後、ジムを開設し後進の指導にあたった。タレントとしても活躍。

他の記事も読んでみる

松岡修造

最適なサポートの形というのは、相手に寄り添ってみなければわからない。


瀬戸欣哉

前から潮田洋一郎会長「そのうちLIXILに来る気はないか」と声をかけてもらっていた。幸い、MonotaROも東証一部へ上場。後継者が育ったこともあり、新しい挑戦はやりがいがあると考えて受けさせていただいた。
【覚え書き|LIXIL社長に就任したことについて】


杉本博司

価値がなくなりにくいものは、シンプルなものじゃないですか。装飾過多の作品というのも一時は人の目を奪いますが、長くはもたないんですよ。ずっと価値のあるものと思われ続けるかどうかは、やはり人の心の源泉にまで触れられるかどうかにかかっているのではないでしょうか。


岡島悦子

昔の日本的大企業では、社内の空気を鋭敏に読み、男性社員間の暗黙の掟を厳守し、失敗を最小限に抑える、といった戦術が出世競争には有効でした。10年後の組織図を推測し、「次の次の社長」に結婚式の仲人を依頼するといったことを、そつなくできる人が偉くなっていきました。しかし現在は、優良企業ほどそのような戦術は通用しなくなっています。前例を忠実に踏襲するのではなく、環境変化に適応する能力こそが求められているからです。


エウリピデス

幸せに恵まれていると思われている人も、死ぬのを見届けないうちは羨むべからず。運はその日限りなのだから。


細谷功

目の前の情報を疑う力を鍛えるには、物事の「正しい」「間違い」といった意見は絶対的なものではなく、状況によるものだと認識すること。情報発信者の立場により、何が正しくて何が間違っているかは変わるものだからです。そして、得た情報を自分なりに解釈し、アウトプットする習慣を身につける。情報を自分で解釈するためには、自然と「その情報は本当に正しいのか」と深く考える必要が出てくるからです。


生月誠

あなたに必要なのは、ちょっとの勇気と心がけです。自分が話したいことをちょっとガマンして、先に人の話を聞く。人の話にはうなずく。ここで肝心なのは順番です。必ず後から自分の話したいことを話すのです。それを心がけるだけで、ずいぶん印象はよくなります。興味のない話なら、わからないことだらけですが、素直に「わからないから説明してよ」と聞きましょう。


小林喜光

私はもともと、時間を守ることに関しては強迫観念に近いものを持っていました。待ち合わせも必ず5分前に着き、クルマで1時間で行ける所へも交通渋滞を考え、1時間半前には出るのが習性です。自宅にも時計がトイレ、洗面台、階段、そのほかいたるところに置かれ、家内が数えたら全部で22個もありました。朝、歯磨きをしながら時計を見て、出勤時間に間に合うよう段取りを調整します。腕時計も何個も持っていて、どれも時刻は正確に合わせてあります。これも性格なのでしょう。いまでも入学試験に遅刻する夢を見て、ハッと飛び起きることがあるほどです。


大西実(大西實)

経営者自らが高度な需要分析に入り込んだり、精緻な技術分野に終始しても、効果が乏しいばかりか、スピードに負けてしまいます。だからこそ経営者には、自社の現在位置と目標との距離感をつかむ、精度の高い目測の力が問われるのです。


小島慶子

普段から周りの人についても、その人になったつもりで考える習慣をつけた方がいいと思う。「部長はどんな考えから、あんな命令を出したんだろうか」などと思いを巡らせてみれば、相手の気持ちがつかめてきますよ。


出口治明

私が本を読むときは、丁寧に消化して吸収しきってしまうまで読みますので、再読することはあまりありません。読書とは著者とのコミュニケーションです。じっくり読んで著者の思考のプロセスを追体験しない限り、思考力は高まりません。


木南陽介

当社の強みは現場を知っているということ。既存のシンクタンクは机上の論理としては分かっていても、彼らが実際にリサイクル工場や廃棄物処理場に足を運んでいるわけではありません。しかし、当社は現場に足を運んで情報をとってくるしかなかったわけで、そこは他社との大きな違い、言い換えれば当社の強みになっていたのだと思います。