六角精児の名言

六角精児のプロフィール

六角精児、ろっかく・せいじ。日本の俳優。兵庫県生まれ、神奈川県育ち。高校生時代から演劇を開始。学習院大学を中退し、演劇の道に進む。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。

六角精児の名言 一覧

幸運をゲットする目的でやってきたわけではないですけど、種を蒔かなければ芽も出ないとも思う。


世の中には、効率を第一に考えて生きてらっしゃる方がいるからこそ、僕のようにムダを大切にする人間がいてもいいのかなと思う。


僕は脇役が多いけど、作品を面白くするために、自分の立ち位置を考えながら演じてます。これは主役にはない楽しさだと思いますね。


失敗を怖れ、「失敗をしないようにうまくやろう」なんて思っていると、結局は世の中がわかんないままで終わってしまう。


また失敗もするかもしれないけど、いろんな失敗をして、いろいろと痛めつけられて、それでしか身につかないことってあるんです、きっと。


失敗することで、自分のダメな部分に気づく。失敗することで、人の優しさが身にしみる。


今もお金に関しては、貯めようという意識はないですね。ある程度、取っておかなければいけないと思っているんですけど、お金は使ってなんぼじゃないですか。貯金も大事だろうけど、使うことで生まれてくるものもあると。


心に余裕がないところで物事を考えていると、なかなか周りが見えないですよね。仕事上の悩みにしても、後々になって気づくと、答えはすごく身近な場所に転がっていたりする。ところが、渦中では余裕がないから気づかない。


もし、20代に戻れたとしてもめちゃくちゃしてると思います。世の中には楽しいことがゴマンとありますし、誘惑には飛びこまないと(笑)。


僕は俳優として、人から見てもらえない時期が長かったから、「見てくれ」と出てしまうところがあった。やっと、そういう気持ちが別のものに変化してきた。そう考えると、人はいくつになっても経験に応じて変わっていくことができるんでしょうね。


役者なんていう仕事は、仕事そのものが一種のギャンブルだと思うんです。これから先、いかに演じ、いかに自分を表現していくのか、それを試しながら進んでいく。それこそ、毎日がギャンブルの連続みたいなもんですよ。


『電車男』のスペシャルバージョンみたいなのがあってね。オン・エアされたあと、街を歩いていたら、いきなり視線を感じたんですよ。多分、20パーセント近くの視聴率があったんじゃないでしょうか。僕は、視聴率でドラマの出来、不出来を判断したくはないんですけど、そのときは多くの人に観られていることを実感できて、とても嬉しかったんですよね。「ああ、こうやって世の中に知られていくんだな」って。


30代は借金や離婚など、人生の負の連鎖をいやというほど味わいました。落ちるときは、どこまでも落ちていくんだということを身をもって知りました。40歳を過ぎたばかりの頃が一番大変な時期だったかもしれません。でも、潮目が変わるというか、とりあえず公の借財、つまり消費者金融の借金がなくなったころから、不思議とドラマの仕事が入るようになっていったんですよ。


『相棒』のスピンオフ作品『鑑識・米沢守の事件簿』で初主演した経験も大きいですね。主役という立場の俳優さんが見ている風景、担っている役割を多少なりとも知ることができた。同じ小劇団で育ち、でも、もっと早くから大きな役を掴んだ人たちは、こういうプレッシャーの中にいたのか、と。それをわかった上で、自分も相手もやりやすい状態を作ろう。自分ばかりに重きを置かず、その芝居のためになることを考えたい。そう思えるようになりました。


僕の場合で言えば、ギャンブルが原因で離婚もしましたし、それはつらい経験でした。でも、そのつらさを乗り越えた時、同じような経験をした人の気持ちがわかるようになる。それは俳優としてプラスですよね。他にも、全国各地のギャンブル場に行くため、いろんな路線を利用するうち、電車が好きになり、いまは鉄道番組の仕事が来たりする。すると、「あら? こんな形で返ってきた」と思うわけです。だから、お金を使い、何かを体験することはムダではないし、使えば使った分、返ってくるものがあるんじゃないかと信じています。


ずいぶんとダメなことを繰り返し、そこで改めて感じたのは人のありがたさです。本当にたくさんの人に助けてもらいましたから。だから、僕は人のことを責めることができないんですよね。何か事件が起きて、あいつは困ったヤツだ、ひどいヤツだと噂されていても、周りの環境とか酷かったんだろうな、とか思ってしまう。身近な場所でのトラブルでもそう。僕は大概のことを許してしまいます。怒ったり、責めたりする前に、ダメな自分のことを思い浮かべてしまうから。「俺に人のことをとやかく言う資格はない」と。


正直に言って貧乏は嫌です。お金がないっていうのはさびしい。芝居をやめて、定期収入のある仕事に就いて、貯蓄をして、と。そういう人生を考えたこともありましたが、舞台に上がると、やっぱりダメですよね。お客さんがいて、喜んでくれている。それが伝わってくると、すべてのことを忘れてしまう。ここが芝居の難しいところです。お客さんが本当に面白いと思ってくれた瞬間、貧乏も何も吹き飛んで、「またやろう」と思ってしまう。そうい意味で、支えになるのはお客さんです。


(ドラマ『相棒』に誘ってくれたプロデューサーが)じつは学生の時、僕の舞台を見たことがあったそうなんです。もう20年以上前になると思いますが、札幌で扉座の旅公演を見てくれた。その劇場は100人ちょっとの小屋で、公演も3、4回やった程度。その中に彼がいた。よく「仕事は誰が見ているかわからない」と言いますけど、本当にどこで誰が見ているかわからない。まさに「オレは今後どうすりゃいいんだ?」と思っていた時期に、かつて舞台の上の僕を見てくれていた人が現れ「あの時の芝居を面白いと思ったので一緒に仕事をしよう」と声をかけてくれた。つくづく目の前の仕事に全力を尽くす大切さを感じました。やっぱり、下積みと呼ばれる時代、大変だなと感じる時期に、何かの種が蒔かれているものなんですよ。


六角精児の経歴・略歴

六角精児、ろっかく・せいじ。日本の俳優。兵庫県生まれ、神奈川県育ち。高校生時代から演劇を開始。学習院大学を中退し、演劇の道に進む。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

竹下佳江

チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


東国原英夫(そのまんま東)

光が当たり、人々の注目が集まると、ドンの力は弱体化していくもの。


戸塚隆将

仕事で行き詰まったときは、平日にジムへ行くこともあります。いくら考えてもアイデアが出てこないときなど、気分転換をかねてプールで泳いでいると、ふと良い考えが浮かんだりするからです。


ハロルド・ジェニーン

企業家とは自分自身のために事業に携わっている人間として定義される。彼は事業を組織し、経営し、進んでリスクを冒す。平たく言えば、彼はすべてを賭け、大きな見返りのために大きなリスクを冒す人間である。賭けに勝てば報酬は途方もなく莫大かもしれない。負ければ何もかもおしまいだ。


伊藤隆行

私の仕事の心構えは、「自分の能力の99%は凡人。でも、1%はものすごい天才だ」と信じ込むこと。


ピーター・ベインズ

我々が目指すのは世界的なバイオテクノロジー企業。基本的に地域別に市場を分けて考えることはしない。


川北英貴

余計なことを言ったばっかりに、銀行から融資が出なくなるケースを時々、目にします。経営者の中には、自分の武勇伝として余計なことを銀行に言ってしまう人もいます。昔はやんちゃだったとか、不倫をしているとか、そのような話でも、銀行員や銀行の体質によっては、それを大きくとらえることもあります。そしてその銀行から融資が受けられなくなることがあります。1つの銀行から融資が受けられなくなれば、やがて他の銀行もその事実に気付くため、どの銀行でも融資が受けられなくなる可能性が高いでしょう。余計なことは銀行に言わないこと。武勇伝を話したがる経営者は特に気を付けなければなりません。


林野宏

いまはビジネスマンとして、創業者のような気持ちでリードしなくてはいけない。とりわけ運とツキを味方にするには、他力本願では駄目です。やはり自力でやらねばならない。効率よく集中的に時間を使い、率先して仕事をリードしていく。勝利の女神がほほ笑むのはそうしたビジネスマンだけなのです。


野村克也

人間は、恥ずかしさという思いに比例して進歩する。恥ずかしいと感じることから進歩は始まる。監督になってからも選手たちに「プロとして恥ずかしくないのか」と声をかけてきた。


井上礼之

六分成功すれば四分は失敗してもいいくらいの気持ちの余裕は大切なこと。心理的に遊びをつくっておくことで、実行段階で起きる予期せぬことや変化の兆しに臨機応変に対応できるようになる。


植村直己

いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


平井伯昌

自分のためにやるという意識があるから、自分に厳しくなれる。彼(北島康介)の場合、自分のために頑張ることが、他人のためになることだと分かっており、その立場であることも自覚している。


澤田秀雄

風景だけで人を集められるのならば、誰も苦労しない。「きれいな街並みだったね」と一度は来てもらえる。しかし、二度目はない。素晴らしい景色は、一度見れば十分。


吉松徹郎

他のネット系企業はメディア化していますが、私たちはサプライチェーンのように形を変えています。そのコンセプトをこの3年間で社内外に理解してもらえるようになりました。


林真理子

お金があることで、たとえばある日思い立ってヨーロッパまでオペラの公演を見にいくことができる。そういう時間をつくることができることにも、お金が関わっていますよね。知的な好奇心を満足させるために必要なお金を求めること、そのお金を得られるレベルの人になりたという野心を持つことが、どうしてマイナスのイメージで捉えられるのでしょう。野心は悪者と、なぜ思うのか。私はむしろ、野心を持って自分を引き上げていこうという姿勢を、いまの日本人はもう一度取り戻すべきではないかと思い


ページの先頭へ