名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

六人部生馬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

六人部生馬のプロフィール

六人部生馬、むとべ・いくま。日本の経営者。ご近所SNS「マチマチ」社長CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、ソフトバンク、UBS証券、サイジニア、オーマイグラス共同創業者などを経て「Proper(のちのマチマチ)」を設立。

六人部生馬の名言 一覧

経営者の仕事は、判断や意思決定の繰り返し。誤った判断を下さないよう、大事な決定は深夜や疲れている時などを避けています。


夜は部屋を真っ暗にしてリラックスしながら、10分程何も考えない時間を作っています。瞑想の時間を設けて、頭をゼロにリセットするのが目的です。経営者は頭の切り替えが重要なので、意識的に頭をオフにしています。


「いかにパフォーマンスを上げられるか」を健康法の念頭に置いています。例えば、一駅分歩いて出社したり、歩きながら社員の個人面談をしたり、休日、子供の遊び相手になったり、日頃から時間を見つけて身体を動かすようにしています。動いていると発想が湧きやすく、会話がしやすいメリットもあります。


六人部生馬の経歴・略歴

六人部生馬、むとべ・いくま。日本の経営者。ご近所SNS「マチマチ」社長CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、ソフトバンク、UBS証券、サイジニア、オーマイグラス共同創業者などを経て「Proper(のちのマチマチ)」を設立。

他の記事も読んでみる

楠木新

巷には「リーダーには決断力が必須」などと書かれたビジネス書があふれていますが、伝統的な大企業では、誰か一人が大きな責任を持って決断を下さなくてはならない場面は非常に少ない。あえて言えば、出世の秘訣の第一は、決断力や実行力ではなく、周りとうまくやっていく協調性ではないでしょうか。


榎本博明

日米の比較調査によると、米国では、何かを成し遂げたいという「達成欲求」が高い人ほど、他人と仲良くしたいという「親和欲求」は低いという結果が出ています。つまり他人を出し抜いたり、蹴落としたりできる人が、高いモチベーションで目標を達成できるわけです。ところが日本では、「親和欲求」が高い人ほど、「達成欲求」も高いという結果が出ました。周囲と親しくしたいと思う人ほど、高いモチベーションで仕事に取り組める。これが「間柄の文化」を生きる日本人の心理的特性です。


岸田一郎

仕事の中で意識しているのはやはり利益追求ですね。いままでの出版業界では、部数をあげることばかりに目が向き、利益追求はあまり重視されていませんでした。部数ばかり追い求めてターゲットを広げても、結局誰にも支持されず、利益もあげられない雑誌になりかねません。


リンダ・グラットン

深く、そして絶えず学び続けることが大切です。企業の枠を超えた普遍的なスキルや知識を学び、実践する必要があります。


斎藤広達

どんなに凄腕のビジネスマンだって、最初からできることばかりだったはずはありません。他人の優れた面を手本にしながら、自分の足りない面を長い年月かけて補っていったに違いないのです。


永瀬昭幸

校舎内で基本ルールとしているのが、「否定語は使わず、お互いを称え合う」ということです。褒められれば誰でも、自分に自信が生まれます。自分が信じられる人は、目標が設定できる。自信がなければ目標もできないし、頑張りようがありませんよね。


幸田シャーミン光代

これからのビジネスパーソンの人生は、「線」ではなく「輪」になっていきます。従来は「勉強して、働いて、休む」という一直線だったのが、もはや10代、20代に学んだことだけで、一生やっていけるような時代ではないのです。多くの人が「勉強して、働いて、休む」というサイクルをずっと回していくことになるでしょう。


田中マルクス闘莉王

負けると悔しい。でも、仮に負けても、あまり落ち込まないんです。次勝つためにどうするか、反省しつつすぐ次に目を向ける性分だから。


鈴木博毅

視野が狭くなるのが顕著なのは、怒りや悲しみなどネガティブな感情に囚われたとき。絶望して落ち込んだり、自暴自棄になりがち。浮かれた感情も危険。足をすくわれる可能性がある。感情的に昂っているときは、視野が狭まっていると、冷静になることが必要。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

世界中で特許を取っておかないと戦えない。攻めの特許戦略が必要。とにかく先に特許を出して技術を守り、市場を押さえることが大切。


三谷宏治

勉強熱心な人ほど、次から次へと新しいことを勉強しようとして、ひとつのことにじっくりと腰を据えて取り組むことが意外とできていないように思います。続けないから成果が出ない、成果が出ないから続かない。こんな悪循環に陥っているのではないでしょうか。


吉澤準特

ミスをしない人とミスをする人の差は、人と話をするという日常的な行動にも、顕著に表れます。ミスにつながる駄目な話し方の代表例が、物事を曖昧に伝えてしまうことです。たとえばあなたが取引先に「来週には、見積書をメールで送っていただけますか」と言ったら、取引先は翌週の何曜日に送ってくれると思いますか。あなたは「週始めの月曜日午前中には送ってもらえる」と思っていたけれど、取引先は「週末の金曜日夕方に届いていれば大丈夫だろう」と考えていた、という事態は起こり得る話です。納期は4営業日も違います。状況次第では、トラブルに発展することもある。相手によって様々な解釈が可能な曖昧な表現は、ビジネスの現場では使わないのが基本です。