名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

公文公の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

公文公のプロフィール

公文公、くもん・とおる。日本の数学教育者。「公文式」学習指導法考案者。高知県出身。大阪帝国大学理学部数学科卒業後、教師を経て大阪数学研究会(のちの公文教育研究会)を設立。

公文公の名言 一覧

未完成であることを自覚せよ。


悪いのは子供ではない。


これを作るのに指導者や生徒にどれだけ話を聞きましたか?
【覚え書き|教材開発の担当者への言葉】


公文公の経歴・略歴

公文公、くもん・とおる。日本の数学教育者。「公文式」学習指導法考案者。高知県出身。大阪帝国大学理学部数学科卒業後、教師を経て大阪数学研究会(のちの公文教育研究会)を設立。

他の記事も読んでみる

桜田厚(櫻田厚)

いまはコンプライアンス等の社内整備が必須ですが、それだけで会社が成長するわけではありません。社員のエネルギーが減っているのに、「ちゃんとやっています」では、違法性がないだけで、新しい発想は生まれません。ハイテクとハイタッチ(心と心の理解)の両方が必要です。経営者には頭と体と心のバランスが求められます。親切、善意、愛情、感謝――そうした心の大切さも後進に伝えていきたい。


佐藤可士和

僕の仕事は言いにくいことを言わなきゃいけない仕事ですから、顧客をリスペクトすることが必要です。ビジネスを一緒にやるわけですから、基本的に尊敬しあっていないと、突っ込んだことを言うことができません。


張本邦雄

営業の本質は「個性」だと考えています。話が苦手ならば、相手の話を一生懸命聞く姿勢を強みにしてもいいし、約束の15分前には必ず到着し、自分の熱意や誠実さを伝えてもいい。


加藤俊徳

脳はストーリー性があるものを好みます。「83416544」という数列を覚えるとしたら、語呂合わせで「83416544(やさしいむこようし)」と覚えると、そこにストーリー性が生まれてすんなり頭に入ります。このように情報をストーリー化して思考系脳番地に訴えるようにしたり、替え歌にして聴覚系脳番地を刺激するなど自分の好きなアレンジを加えると脳に定着しやすくなります。


澤村諭

ターゲットとする市場をマクロな視点でとらえて、様々な立場のお客様のニーズを的確に把握し、製品に反映することが重要。


喜多村円

自信を持って良いと思える製品を作り続けていれば、必ずお客さんも認めてくれると思って仕事をしています。


林下清志(ビッグダディ)

将来のことを想像して不安になるとか、自分の中でまったく意味がないことなんですよ。困難が起きた時、初めて困ればいい。何も起きないうちに不安になるなんて、損なだけですよ。


米内山泰

ミスをした本人は、「叱られない」かわりに、ミスの原因を深く掘り下げ、具体的な仕組みにまで落とし込んで対策を考えることを義務づけています。これは正社員もパート社員も、ポジションにかかわらず同じ。「うっかりしていました」は「ミスの理由」として認めないし、「以後、徹底します」「気をつけます」も対策として認めません。「なぜ」を5回繰り返して、ミスが起きた「本当の理由」を特定し、「誰が」「いつ」「どこで」「何をするか」、具体的な対策を考えます。このようにミスと向き合うと、自然と問題解決力が鍛えられます。他の部門への関心も強まり、会社全体の視点から物事をとらえて考える癖もつく。これによって一人ひとりのサービスのレベルが向上し、結果としてミスが減る、というわけです。


宮内義彦

経営トップが6ヶ月休んでも会社はビクともしない。ただし3年さぼったら会社がおかしくなるといった体制を作るのが経営トップの仕事だと思っています。日々のオリックスは、課長クラスが動かしていることになります。もしこのような形で、それぞれの管理職が自らの持ち場を守って仕事ができるとすると、経営トップは自社の三年先の姿を描き、それに向けて大きな戦略的なことに目を向けることができます。


入山章栄

「知の探索」を続けていけるかも課題です。海外の有力企業は広大な土地に全部門を集め、さながら一つのキャンパスを形成しています。異なる部門の社員を物理的に接近させて「知の探索」を加速させようという試みで、これは非常に理にかなっています。物理的な距離を縮めることが次の成長のカギになるでしょう。


大坪勇二

いいアイデアを思いつくには、前日夜の準備がものをいいます。私は就寝前、翌日に会うお客様の資料などをざっと眺めることを習慣にしています。そこでどのような提案をするのかを簡単に考えておくと、睡眠中に脳が働いてくれるのか、翌日お客様の心に刺さりそうなキラートークがふっと思い浮かぶことがあるのです。そのままでは商談に出向く前に忘れてしまいます。そこで、手帳のフリースペースを使い、自宅にいるうちにメモをします。この習慣を身につけてから成約率はグッと上がりました。


西脇文彦

不毛な会議の特徴は、議題が設定されていないこと。様々な調査があるが、世界的な平均としては、約3割の人が「アジェンダが不明」と感じる会議に参加している。日本企業で見た場合、その数字はなんと6割にまで跳ね上がる。