公文公の名言

公文公のプロフィール

公文公、くもん・とおる。日本の数学教育者。「公文式」学習指導法考案者。高知県出身。大阪帝国大学理学部数学科卒業後、教師を経て大阪数学研究会(のちの公文教育研究会)を設立。

公文公の名言 一覧

未完成であることを自覚せよ。


悪いのは子供ではない。


これを作るのに指導者や生徒にどれだけ話を聞きましたか?
【覚え書き|教材開発の担当者への言葉】


公文公の経歴・略歴

公文公、くもん・とおる。日本の数学教育者。「公文式」学習指導法考案者。高知県出身。大阪帝国大学理学部数学科卒業後、教師を経て大阪数学研究会(のちの公文教育研究会)を設立。

他の記事も読んでみる

藤原和博

自分のキャリアを見つめるときに私がいつも提案しているのは、今の仕事を、「時給」に換算してみることです。ちなみにサラリーマンは、平社員から取締役までだいたい2000~5000円です。1万円以上のエキスパート、あるいはそれより上のプロを目指すなら、組織内での役職や月給よりも、時間あたりの市場価値を意識すべきです。


コシノジュンコ

外国に行ったからこそ、気づくことも少なくありません。「日本らしさ」というのもその一つでしょう。国内から見る日本と、外国から見る日本はかなり違います。その意味では、ずっと国内に留まっていると、日本のことを「知ったつもり」になってしまう恐れがあります。それでは日本ならではのブランドをつくるのは、難しいのではないでしょうか。


樋口武男

時間があればダンベルで筋トレをしています。心身ともに強靱じゃないと挑戦心が薄れますからね。


小林一雅(小林製薬)

商品の改善・改革はメーカーの使命です。


加納裕三

何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。


匠英一

特にデキる人は、他人の提案などを聞いたら弱点を指摘しようとする。マイナスの情報も隠さず話すほうが「嘘がなく信頼できる」と思われ、共感を得やすい。


太田彩子

会社から、「新しい提案を出してほしい」と言われたにもかかわらず、会議で自分のアイデアを叩かれたことがあります。せっかく提案したのに……と悔しい思いをしました。ただ、冷静に考えてみると、最終的なゴールは「自分の企画を実現すること」です。であれば、小さな失敗は気にせず、より良いものにするために他者からのダメ出しにも耳を傾けようと、気持ちを切り替えることができました。


鈴木喬(経営者)

商品数が多ければ、1つが見込み通り売れなくても、別のものでリカバーする余地があるので、リスクは小さいでしょう。しかし品数が多いと、宣伝や営業にかける資金や人的資源が分散してしまい、結果として、どれも売れなくなる恐れがあります。私はリスクを負ってでも、特定の商品に経営資源を集中させて、ヒットを狙うべきだと考えます。


古森重隆

ピンチを変革のためのチャンスととらえれば変わるでしょう。それをどれだけダイナミックにやれるのか。少しずつやっても仕方ありません。


唐池恒二

プロは、ある種の才能を持っていたり、ある段階に至っていれば、いわゆるビッグデータにもとづいてものをつくったりしません。己を頼んで、自身の感性や経験値、そして好みにもとづいたものづくりをし、そしてヒットを飛ばすんです。


川村隆

幸い私の前の社長も、その前の社長も、その前の社長も100%任せてくれた。社長と会長を兼務させてもらったから、スピードが出せた。絶対に1年間で止血しようと思った。まさに出血している、金庫から毎日カネが流れ出ている感じでね。ものすごく怖かった。


本田宗一郎

金なんかなくたって、心が豊かで、誰にも迷惑をかけずに、好きなことをやっていけたら、これが一番幸せな人生なんだろうな。俺は若いころから好きなこととなると無我夢中になった。だって、嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。人間「得手に帆あげて」生きるのが一番良いからね。ただし、俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。


設楽洋

ひとつのシーズンが終わると、店舗では「反省と展望」という作業をします。その際、スタッフ全員が、それぞれ自分が担当するアイテムについて、次のシーズンに何が来るのかを、商品提案書として出せるようになっています。提案は、絵でも写真でもサンプルでもよく、いいものであれば商品にして戻します。


リチャード・ブランソン

冒険しなければ、利益は得られない(Nothing ventured, Nothing gained.)。成功を約束する要素や技術はこの世に存在しない。ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰めにすることはできない。自分自身でやってみて、実践を身につけなければならない。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分から取り除くことのできない悪い癖などひとつもありません。対処できない過ちも、乗り越えられない悲しみもありません。そもそも、自分で克服できないことは、人生に何ひとつないのです。


ページの先頭へ