名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

公孫丑の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

公孫丑のプロフィール

公孫丑、こうそんちゅう。孟子の弟子。孟子の思想を文章化した孟子14巻中の2冊(公孫丑章句上・下)の編纂を担当。

公孫丑の名言 一覧

智恵ありといえども、勢いに乗ずるにしかず。(どんなに智恵があっても、時の勢いに乗る者には敵わない)


公孫丑の経歴・略歴

公孫丑、こうそんちゅう。孟子の弟子。孟子の思想を文章化した孟子14巻中の2冊(公孫丑章句上・下)の編纂を担当。

他の記事も読んでみる

松尾豊

国の研究費を頼りにするより、民間企業さんから支援してもらう仕組みを構築した方が、若いうちから勝負できるはずだと考えました。ただ、最初は苦労しました。そんなとき、大手のコンサルティングファームが3か月で1億円というのを聞いて、何が違うんだろう、自分達はどうしたらいいかを一生懸命考えました。そこで思ったのが、ごくごく当たり前のことですが、企業にとっての価値を考えなければならないということです。企業が持っている課題を引き出し、研究室が手持ちの技術によってそれを解決するお手伝いをする。そうすれば研究の価値が上がると考えました。企業が事業上の大きな成果につながってこそ、高い研究費を出してもらえるわけですから。そうしたところ、200万が1000万、3000万になり、今は億単位になりました。諸外国と比べるとまだまだですが、最初の苦労があったからこそだと思っています。


中野ジェームズ修一

毎日10キロジョギングするとしたら、10キロのコースとは別に5~6キロの2つ目のコースを決めておくといいでしょう。10キロを走るのは気が進まなくても、5キロなら走ろうという発想になりやすい。たとえそうなっても成功体験ゼロではなく、成功体験を50%分得られるから、やる気に重大な影響はありません。


伊藤瞭介

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


中田敦彦

「僕はやりがいだけで十分。お金なんかいらないよ」と考える方もいるでしょう。それならそれでOK……と言いたいところですが、あえて問いたい。3年後、5年後も同じ気持ちでいられるでしょうか。きっと、ジワジワとむなしさがわいてくるに違いない、と僕は思います。それには理由があります。報酬は単なる利益ではなく、評価の基準――ひいてはその人の尊厳の源でもあるからです。


大橋未歩

組織で働くうえで負の感情が生まれるのは、自分の置かれている環境に満足していないからです。ならば自分の居場所を新たにつくればいいのです。それはテレビ局においては、自分で企画書を書いて新番組などを立ち上げることにあたります。これまでの経験や人脈は、組織の中の椅子取りゲームのためではなく、新しいものを生み出すために活用したいのです。容易なことではありません。だからこそ挑戦する意義があるのではないでしょうか。


小坂敬

チャンスは二度と来ない可能性がある。「次に」「今度は」と考えるのではなく、「今、これを覚悟を持ってやり遂げる」。その思いで物事に臨むことが、人生を彩り豊かにするのではないかと思っています。


鈴木雅哉(経営者)

ずっと同じことを繰り返すと社会体制の変化や技術革新に取り残され、働く場所がなくなってしまう。だからこそ、成長し続けることが企業には求められている。


八木洋介

衆議一決したら、今度は「ビジネスに勝つ」という大目標をめざし、全員一丸となって戦い抜く。これをやり遂げる強さが、これからの社長には必要なのだ。


西村克己

ひと昔前までは、前例を重視し、上司に意思決定を任せても仕事はこなせました。しかし今は違います。判断を人任せにしていることで「仕事が遅い使えないヤツ」というレッテルを貼られてしまう。現在のように情報化が進み、日々刻々と変化する社会では、個人で正確な判断をできないことが仕事に大きな支障をきたす。


韓昌祐

日本発の国際文化といえば、安藤百福さんが発明したインスタントラーメンがあります。また、カラオケもそうでしょう。3つ目はパチンコだと確信しているんです。日本で誕生したパチンコを海外に広めるための下調べをしています。


田中和彦

私はコピーライターを志望して入った会社で、人事や広報の仕事に忙殺される20代を送りました。ふてくされた時期もありましたが、会社説明用のビデオ制作を「やります!」と手をあげたのが変化のきっかけだったように思います。少しでも制作職に近い仕事をと思ってのことでしたが、そこから能動的に動けるようになり道が開けました。50歳を過ぎたいまも、チャンスがあればどんどん手をあげたいと思っています。


藤田晋

仕事では相手に対して気遣いのある対応ができているのに、家族にはできていないという人がいます。これは「自分のことを分かってくれている」という甘えが、「気遣いをしなくていい」という行動につながっているのではないかと思います。どんな人であっても「立場や価値観が違う」ことを前提に接し、気遣うことが大切。